くにさくロゴ
1960/12/12 第37回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第037回国会 法務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1960/12/12 第37回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第037回国会 法務委員会 第1号

#1
第037回国会 法務委員会 第1号
本委員は昭和三十五年十二月九日(金曜日)議長
の指名で次の通り選任された。
      井村 重雄君    池田 清志君
      一萬田尚登君    宇野 宗佑君
      上村千一郎君    浦野 幸男君
      唐澤 俊樹君    川島正次郎君
      岸本 義廣君    小島 徹三君
      田中伊三次君    千葉 三郎君
      楢橋  渡君    南條 徳男君
      馬場 元治君    林   博君
      福永 一臣君    牧野 寛索君
      山口六郎次君    阿部 五郎君
      淺沼 享子君    井伊 誠一君
      猪俣 浩三君    坂本 泰良君
      田原 春次君    坪野 米男君
      畑   和君    三宅 正一君
      片山  哲君    志賀 義雄君
十二月九日
 池田清志君が議院において委員長に選任された。
―――――――――――――――――――――
昭和三十五年十二月十二日(月曜日)
    午前十時五十五分開議
 出席委員
   委員長 池田 清志君
   理事 田中伊三次君 理事 馬場 元治君
   理事 林   博君 理事 牧野 寛索君
      一萬田尚登君    宇野 宗佑君
      唐澤 俊樹君    川島正次郎君
      岸本 義廣君    小島 徹三君
      千葉 三郎君    楢橋  渡君
      猪俣 浩三君    田原 春次君
      畑   和君
 出席国務大臣
        法 務 大 臣 植木庚子郎君
 出席政府委員
        法務政務次官  古川 丈吉君
 委員外の出席者
        専  門  員 小木 貞一君
    ―――――――――――――
十二月十二日
 委員福永一臣君辞任につき、その補欠として山
 村新治郎君が議長の指名で委員に選任された。
同日
      田中伊三次君    馬場 元治君
      林   博君    牧野 寛索君
      山口六郎次君    阿部 五郎君
      井伊 誠一君    坂本 泰良君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○池田委員長 これより会議を開きます。
 この際一言ごあいさつ申し上げます。
 今回はからずも私が当法務委員会の委員長の重責をになうことになりました。練達なる委員各位の御協力を得まして大過なきを期して参りたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。
 簡単でございますが、ごあいさつといたします。(拍手)
 この際植木法務大臣及び古川法務政務次官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。植木法務大臣。
#3
○植木国務大臣 今回池田総理の第二次組閣に際しまして、不肖私、法務大臣の重責を命ぜられることになりました。法務行政につきましては、申し上げるまでもなく、全くのしろうとでございまして、私にとって未知の畑でございます。従いまして、はたしてその重責を全うし得るやいなや、非常に懸念にたえないのでございますが、今後誠心誠意事に当たらせていただきまして、大過なきを期して参りたいと存じております。つきましては、委員各位のあたたかい御理解と御支援によりまして、何とか間違いなきを期して参りたい、かように思っておる次第でございます。皆様の御支援を心からお願いいたしまして、ごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#4
○池田委員長 古川法務政務次官。
#5
○古川政府委員 私は今回法務政務次官を命ぜられましたが、ただいま大臣も申されましたけれども、私もこの法務行政につきましては全くのしろうとで、さっぱり見当がつかないのでございまして、皆様方の御支援を得なければ勤まらぬと思いまするが、私もまじめに勤めるつもりでおりますので、皆様方の御声援を切にお願いいたす次第でございます。どうぞよろしくお願いをいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#6
○池田委員長 ただいまから理事の互選を行ないます。
#7
○林委員 動議を提出いたします。理事はその数を八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。
#8
○池田委員長 ただいまの林君の動議に御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○池田委員長 御異議なしと認めます。理事はその数を八名とし、委員長において指名することに決しました。
 それでは、理事に
   田中伊三次君  馬場 元治君
   林   博君  牧野 寛索君
   山口六郎次君  阿部 五郎君
   井伊 誠一君  坂本 泰良君を指名いたします。
     ――――◇―――――
#10
○池田委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 すなわち、裁判所の司法行政、法務行政及び検察行政の適正を期するため、本会期中において裁判所の司法行政に関する事項、法務行政及び検察行政に関する事項、国内治安及び人権擁護に関する事項、以上の各事項につきまして小委員会の設置、関係各方面より説明聴取及び資料の要求等の方法によりまして、国政調査を実施することとし、規則の定めるところにより、書面をもって委員長から議長に対し、その承認を求めることといたしたいと存じます。これに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○池田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 なお、手続は委員長に御一任願うことに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○池田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日はこの程度にとどめ、次会は公報をもってお知らせすることとし、散会いたします。
    午前十一時散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト