くにさくロゴ
1960/12/14 第37回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第037回国会 法務委員会 第2号
姉妹サイト
 
1960/12/14 第37回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第037回国会 法務委員会 第2号

#1
第037回国会 法務委員会 第2号
昭和三十五年十二月十四日(水曜日)
    午前十一時五十六分開議
 出席委員
   委員長 池田 清志君
   理事 田中伊三次君 理事 林   博君
   理事 牧野 寛索君 理事 山口六郎次君
      井村 重雄君    上村千一郎君
      岸本 義廣君    小島 徹三君
      楢橋  渡君    山村新治郎君
      田原 春次君    坪野 米男君
      三宅 正一君    志賀 義雄君
 出席政府委員
        法務政務次官  古川 丈吉君
        検     事
        (大臣官房司法
        法制調査部長) 津田  實君
 委員外の出席者
        最高裁判所事務
        総局事務次長  内藤 頼博君
        専  門  員 小木 貞一君
    ―――――――――――――
十二月十三日
 委員宇野宗佑君辞任につき、その補欠として山
 口好一君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
十二月十四日
 裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する
 法律案(内閣提出第一〇号)
 検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する
 法律案(内閣提出第一〇号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する
 法律案(内閣提出第一〇号)
 検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する
 法律案(内閣提出第一一号)
     ――――◇―――――
#2
○池田委員長 これより会議を開きます。
 この際、国会法第七十二条の規定による最高裁判所の長官またはその指定する代理者の、出席説明に関する件についてお諮りいたします。
 今会期中におきまして、本委員会の審査または調査に関し、最高裁判所の長官またはその指定する代理者から、出席説明の要求がありましたとき、その承認に関する決定につきましては、その取り扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、これに御異議はございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○池田委員長 これより裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案及び検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括議題とし、まず提案理由の説明を聴取することにいたします。古川法務政務次官。
    ―――――――――――――
#4
○古川政府委員 裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案及び検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案について、その趣旨を便宜一括して説明いたします。
 政府は、人事院勧告の趣旨にかんがみ、一般の政府職員の給与を改善する必要を認め、今国会に一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案及び特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案を提出いたしましたことは、御承知の通りであります。そこで、裁判官及び検察官につきましても、一般の政府職員の例に準じて、その給与を改善する措置を講ずるため、この両法律案を提出した次第であります。
 この両法律案は、右の趣旨に従い、裁判官の報酬等に関する法律の別表及び第十五条に定める裁判官の報酬並びに検察官の俸給等に関する法律の別表及び第九条に定める検察官の俸給の各月額を増加しようとするものでありまして、改正後の裁判官の報酬及び検察官の俸給の各月額を現行のそれに比較いたしますと、その増加比率は、一般の政府職員についてのこれらに対応する各俸給月額の増加比率と同様となっております。
 なお、両法律案の附則におきましては、一般の政府職員の場合と同様、この報酬及び俸給の月額の改定を本年十月一日にさかのぼって適用すること等必要な措置を定めております。
 以上が裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案及び検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案の趣旨であります。
 何とぞ慎重御審議の上、すみやかに御可決下さいますよう、お願いいたします。
#5
○池田委員長 以上で両案に対する提案理由の説明は終わりました。
 次会は公報をもってお知らせすることとし、本日はこれにて散会いたします。正午散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト