くにさくロゴ
1960/12/12 第37回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第037回国会 大蔵委員会 第1号
姉妹サイト
 
1960/12/12 第37回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第037回国会 大蔵委員会 第1号

#1
第037回国会 大蔵委員会 第1号
本委員は昭和三十五年十二月九日(金曜日)議長
の指名で次の通り選任された。
      足立 篤郎君    伊藤 五郎君
      宇都宮徳馬君    大橋 武夫君
      岡田 修一君    金子 一平君
      鴨田 宗一君    川村善八郎君
      簡牛 凡夫君    藏内 修治君
      黒金 泰美君    小泉 純也君
      篠田 弘作君    田澤 吉郎君
      高田 富與君    高見 三郎君
      竹下  登君    谷垣 專一君
      津雲 國利君    塚田十一郎君
      西村 英一君    藤井 勝志君
      坊  秀男君    細田 義安君
      毛利 松平君    山中 貞則君
      米山 恒治君    石村 英雄君
      加藤 勘十君    栗林 三郎君
      佐藤觀次郎君    下平 正一君
      平岡忠次郎君    広瀬 秀吉君
      藤原豊次郎君    堀  昌雄君
      武藤 山治君    山本 幸一君
      横山 利秋君    春日 一幸君
十二月九日
 足立篤郎君が議院において委員長に選任された。
―――――――――――――――――――――
昭和三十五年十二月十二日(月曜日)
    午前十時二十五分開議
 出席委員
   委員長 足立 篤郎君
   理事 鴨田 宗一君 理事 毛利 松平君
   理事 山中 貞則君 理事 石村 英雄君
   理事 佐藤觀次郎君 理事 平岡忠次郎君
      伊藤 五郎君    岡田 修一君
      金子 一平君    川村善八郎君
      簡牛 凡夫君    藏内 修治君
      田澤 吉郎君    高田 富與君
      永田 亮一君    藤井 勝志君
      坊  秀男君    米山 恒治君
      広瀬 秀吉君    藤原豊次郎君
      武藤 山治君
 委員外の出席者
        大蔵政務次官  大久保武雄君
        大蔵事務官
        (大臣官房文書
        課長)     鳩山威一郎君
        専  門  員 抜井 光三君
    ―――――――――――――
十二月十日
 委員小泉純也君辞任につき、その補欠として永
 田亮一君が議長の指名で委員に選任された。
同月十二日
      鴨田 宗一君    黒金 泰美君
      細田 義安君    毛利 松平君
      山中 貞則君    石村 英雄君
      佐藤觀次郎君    平岡忠次郎君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十二月九日
 国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律
 案(内閣提出第一号)
 日本開発銀行法の一部を改正する法律案(内閣
 提出第二号)
 製造たばこの定価の決定又は改定に関する法律
 の一部を改正する法律案(内閣提出第四号)(
 予)
同月十日
 食糧管理特別会計法の一部を改正する法律案(
 内閣提出第五号)
 昭和三十五年産米穀についての所得税の臨時特
 例に関する法律案(内閣提出第六号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○足立委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 私このたびはからずも大蔵委員長に選任されました。不敏の身でございますが、皆様の御協力によりまして、この重責を全うしたいと存じておる次第でございます。委員各位の御指導、御鞭撻を切にお願いいたします。
 きわめて簡単ではございますが、委員長就任のごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○足立委員長 これより理事の互選を行ないます。
 理事の員数は議院運営委員会決定の基準に従いまして八人とし、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○足立委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 委員長は、理事に
   鴨田 宗一君  黒金 泰美君
   細田 義安君  毛利 松平君
   山中 貞則君  石村 英雄君
   佐藤觀次郎君  平岡忠次郎君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○足立委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 国の会計に関する事項、税制に関する事項、金融に関する事項、証券取引に関する事項、外国為替に関する事項、国有財産に関する事項、専売事業に関する事項、印刷事業に関する事項及び造幣事業に関する事項の各事項につきまして、本会期中国政に関する調査を行なうため、議長に対し承認要求を行なうこととし、その手続につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○足立委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#7
○足立委員長 この際、大久保大蔵政務次官より発言を求められております。これを許します。大蔵政務次官大久保武雄君。
#8
○大久保政府委員 私は今回はからずも大蔵政務次官に就任をいたしました。何かと皆様にお世話になることと存じますが、どうぞ今後よろしくお願いを申し上げる次第でございます。(拍手)
#9
○足立委員長 次会は追って御通知することとし、本日はこれにて散会いたします。
    午前十時二十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト