くにさくロゴ
1960/12/14 第37回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第037回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1960/12/14 第37回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第037回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号

#1
第037回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号
本特別委員会は昭和三十五年十二月十二日(火曜
日)議院において公職選挙法改正に関する調査を
なすため設置することに決した。
十二月十三日
 本特別委員は議長の指名で次の通り選任され
 た。
      青木  正君    金子 岩三君
      仮谷 忠男君    岸本 義廣君
      薩摩 雄次君    首藤 新八君
      田中 榮一君    高橋 英吉君
      竹山祐太郎君    丹羽喬四郎君
      長谷川 峻君    林   博君
      松浦周太郎君    山中 貞則君
      米田 吉盛君  早稻田柳右エ門君
      片島  港君    佐野 憲治君
      坂本 泰良君    島上善五郎君
      滝井 義高君    堀  昌雄君
      安井 吉典君    安平 鹿一君
      井堀 繁雄君
―――――――――――――――――――――
昭和三十五年十二月十四日(水曜日)
    午前十時二十三分開議
 出席委員
   委員長 竹山祐太郎君
   理事 青木  正君 理事 薩摩 雄次君
 理事 首藤 新八君 理事 早稻田柳右エ門君
   理事 佐野 憲治君 理事 堀  昌雄君
      岸本 義廣君    田中 榮一君
      林   博君    松浦周太郎君
      米田 吉盛君    片島  港君
    ―――――――――――――
十二月十四日
 委員松浦周太郎君辞任につき、その補欠として
 早川崇君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
十二月十四日
 竹山祐太郎君が委員長に当選した。
同日
      青木  正君    薩摩 雄次君
      首藤 新八君    丹羽喬四郎君
    早稻田柳右エ門君    佐野 憲治君
      島上善五郎君    堀  昌雄君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
     ――――◇―――――
    〔首藤委員、委員長席に着く]
#2
○首藤委員 これより会議を開きます。
 私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されますまで委員長の職務を行ないます。
 これより委員長の互選を行ないます。
#3
○青木委員 この際、動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、委員長に竹山祐太郎君を推薦いたします。
#4
○首藤委員 ただいまの青木正君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○首藤委員 御異議なしと認めます。よって、竹山君が委員長に当選されました。
 竹山祐太郎君に本席を譲ります。
    〔竹山委員長、委員長席に着く〕
#6
○竹山委員長 ただいま皆様の御推挙によりまして、不肖私が委員長の重責をお引き受けすることになりました。まことに光栄に存じます。
 御承知のごとく、選挙法の改正については、毎国会に特別委員会が設けられ、各位の御熱心な御討議をいただいておるわけであります。前国会におきましては、本院において公明選挙推進に関する決議もなされております。かかる時期に設置されました当委員会の使命は、まことに重かつ大なるものがあると存じます。ふなれな私でございますが、委員各位の御支援と御協力によりまして、公正円満な委員会の運営に努めたいと存じます。よろしくお願いをいたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#7
○竹山委員長 これより理事の互選を行ないます。
#8
○青木委員 動議を提出いたします。すなわち、理事は、その数を八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。
#9
○竹山委員長 ただいまの青木君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○竹山委員長 御異議なしと認めます。よって、理事には
   青木  正君  薩摩 雄次君
   首藤 新八君  丹羽喬四郎君
   早稻田柳右エ門君 佐野 憲治君
   島上善五郎君  堀  昌雄君
以上八名の諸君を理事に指名いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時二十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト