くにさくロゴ
1960/12/12 第37回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第037回国会 議院運営委員会 第2号
姉妹サイト
 
1960/12/12 第37回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第037回国会 議院運営委員会 第2号

#1
第037回国会 議院運営委員会 第2号
昭和三十五年十二月十日(土曜日)委員長の指名
で、次の通り小委員及び小委員長を選任した。
 国会法改正等に関する小委員
        小平 久雄君  福永 健司君
        鈴木 正吾君  塚原 俊郎君
        佐々木秀世君  天野 公義君
        柳田 秀一君  下平 正一君
        小林  進君  佐々木良作君
   国会法改正等に関する小委員長
                福永 健司君
 図書館運営小委員
        飯塚 定輔君  大野 市郎君
        木村 公平君  鈴木 正吾君
        服部 安司君  有馬 輝武君
        阪上安太郎君  下平 正一君
        佐々木良作君
   図書館運営小委員長
                鈴木 正吾君
 院内の警察及び秩序に関する小委員
        内田 常雄君  佐々木秀世君
        田中 榮一君  毛利 松平君
        八木 徹雄君  小林  進君
        安井 吉典君  渡辺 惣蔵君
        佐々木良作君
   院内の警察及び秩序に関する小委員長
                佐々木秀世君
 庶務小委員
        天野 公義君  田邉 國男君
        塚原 俊郎君  服部 安司君
        細田 吉藏君  兒玉 末男君
        下平 正一君  柳田 秀一君
        佐々木良作君
 庶務小委員長
                天野 公義君
―――――――――――――――――――――
昭和三十五年十二月十二日(月曜日)
    午前十一時四十四分開議
 出席委員
   委員長 小平 久雄君
   理事 鈴木 正吾君 理事 塚原 俊郎君
   理事 佐々木秀世君 理事 天野 公義君
   理事 柳田 秀一君
      飯塚 定輔君    田中 榮一君
      細田 吉藏君    有馬 輝武君
      阪上安太郎君    安井 吉典君
      渡辺 惣蔵君    佐々木良作君
 委員外の出席者
      議     長   清瀬 一郎君
      副  議  長   久保田鶴松君
      事 務 総 長   山崎  高君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国務大臣の演説に対する質疑の件
 昭和三十五年度本院、裁判官弾劾裁判所、裁判
 官訴追委員会及び国立国会図書館の補正予算要
 求の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○小平委員長 これより会議を開きます。
 まず、国務大臣の演説についてでありますが、本日の本会議において、池田内閣総理大臣から所信について、水田大蔵大臣から昭和三十五年度補正予算について、それぞれ演説がございます。その所要時間は、総理大臣が十二分程度、大蔵大臣が十五分程度とのことであります。
    ―――――――――――――
#3
○小平委員長 次に、国務大臣の演説に対する質疑についてでありますが、本日、国務大臣の演説終了後本会議を一たん休憩し、参議院における演説終了後、大体五時ごろ本会議を再開して、質疑に入ることとし、本日は、日本社会党の第一陣の山本幸一君が行なうことになっております。
 なお、明日の質疑は、日本社会党の石村英雄君及び民主社会党の鈴木義男君でありますが、その順位は、まず石村英雄君、次に鈴木義男君の順序で行なうこととするに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、その質疑者の要求大臣は、お手元に配付の印刷物にあります通りでございます。
    ―――――――――――――
#5
○小平委員長 次に、昭和三十五年度の本院、裁判官弾劾裁判所、裁判官訴追委員会及び国立国会図書館の補正予算要求の件についてでありますが、従来は、庶務小委員会または図書館運営小委員会の審査を経て、当委員会において決定の上、議長から要求するのが建前でありますが、今回は、委員会の構成等がおくれておりました関係と、事務的な補正でありますので、先般の各派協議会の了承を得まして、その手続を進め、すでに補正予算が提出されている次第でありますから、この際これを御了承願います。
 来年度の本予算につきましては、いずれ御協議を願うことといたします。
    ―――――――――――――
#6
○小平委員長 それでは、本会議は定刻開会することとし、十二時五十分予鈴、正一時から開会することといたします。
    ―――――――――――――
#7
○小平委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、明十三日定刻から開会することといたします。従いまして、次回の委員会は、同日午前十一時から理事会を開き、理事会散会後に委員会を開会することといたします。本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時四十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト