くにさくロゴ
1960/12/13 第37回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第037回国会 議院運営委員会 第3号
姉妹サイト
 
1960/12/13 第37回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第037回国会 議院運営委員会 第3号

#1
第037回国会 議院運営委員会 第3号
昭和三十五年十二月十三日(火曜日)
    午後一時四十九分開議
 出席委員
   委員長 小平 久雄君
   理事 鈴木 正吾君 理事 塚原 俊郎君
   理事 佐々木秀世君 理事 天野 公義君
   理事 柳田 秀一君 理事 下平 正一君
   理事 小林  進君
      飯塚 定輔君    大野 市郎君
      田邉 國男君    服部 安司君
      細田 吉藏君    毛利 松平君
      兒玉 末男君    渡辺 惣蔵君
 委員外の出席者
        議     長 清瀬 一郎君
        副  議  長 久保田鶴松君
        事 務 総 長 山崎  高君
    ―――――――――――――
十二月十一日
 委員八木徹雄君辞任につき、その補欠として宇
 野宗佑君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 衆議院予備金支出の件
 特別委員会設置の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○小平委員長 これより会議を開きます。
 まず、本日の本会議は、国務大臣の演説に対する質疑の前会の続きを行なうことになっておりまして、最初に日本社会党の石村英雄君、次に民主社会党の鈴木義男君の順序で行ない、本日をもって質疑を全部終了することになっております。
 なお、両君の要求大臣は、お手元に配付の印刷物にあります通りでございます。
    ―――――――――――――
一、国務大臣の演説に対する質疑(前
 会の続)
   石村 英雄君(社) 総、大、通、
    農、運、経企、厚、労
   鈴木 義男君(民社)総、大
    ―――――――――――――
#3
○小平委員長 次に、衆議院予備金支出の件についてでありますが、事務総長から説明を願います。
#4
○山崎事務総長 去る昭和三十四年四月一日永年在職議員として院議をもって表彰せられました水谷長三郎君の肖像画が、川端弥之助画伯の揮毫によりましてでき上がって参っておりますので、お手元に配付の国会予備金使用承認要求書にあります通り、これに要する経費二十万円を本院予備金から支出することについて、当委員会の御承認をお願いいたしたいと存じます。
#5
○小平委員長 それでは、本件は、これを承認するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり]
#6
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
#7
○小平委員長 次に、特別委員会設置の件についてでありますが、従来は、委員おのおの二十五人よりなる公職選挙法改正に関する調査特別委員会、科学技術振興対策特別委員会、国土総合開発特別委員会の三特別委員会が設けられておりましたが、今国会はいかがいたしますか、御協議願います。
#8
○下平委員 特別委員会については、今回だけでなく、長い間存続について議論がし尽くされてきておると思います。この前の国会のときも、私の方では、特別委員会については、本来が特別な案件を処理するためとか、あるいは各委員会にまたがった関連性のあるものとか、そういう限定された姿に戻ることが正しいではないかということで、全部廃止ということではなしに、特別委員会については再検討をする、こういう申し合わせが各党間で数回なされてきておるわけなんです。私は、今度の特別国会は、選挙が終わりましたあとで、非常にいい機会だと思いますので、特別委員会を整理して本来の姿に戻し、廃すべきものは廃し、必要なものは、国会法改正の手続を経て常任委員会に繰り入れる、時期としては大へんいい時期だと思います。しかし、各党間にいろいろの事情等のあることもわかりますので、私はこの際自民党さんの御意見もお伺いして、次期通常国会においては、特別委員会について、外交辞令でなしに、真剣な検討をするというふうな形をぜひ私は望みたいと思うのです。自民党さんのこの特別委員会に対する態度をまずお伺いをして、それから、今国会どうするかということは、その後に私たちの態度をきめたいと思います。
#9
○佐々木(秀)委員 ただいま社会党さんからお話のありました通り、数年来、特別委員会の問題については、当委員会においていろいろとお話し合いがありましたし、ただいまの御意見はごもっともと私たちも思いますので、できるだけ早くこの問題を解決したいと思っております。しかし、ただいまお話のように、何せ急いで特別委員会に提出しなければならぬ案件等もあるようでございますから、できますなら、今特別国会においてはこれを認めていただきまして、早急に、われわれは与党といたしまして、責任を持って、ただいまの社会党さんの御趣旨に沿うような結果を見るために御努力申し上げることを確約申し上げておきます。
#10
○下平委員 大体佐々木さんのお話で了解いたしますが、できることなら速記に残していただくということで、できるだけ早くということでなしに、次期の通常国会にはこの問題を解決する、そういう形にお願いできれば、大へん私たちもやりよいと思います。
#11
○佐々木(秀)委員 それでは、御趣旨に沿うように一生懸命努力をいたします。
#12
○小平委員長 それでは、ただいまの御意見の趣旨を了として、今会期は、従来通り、委員おのおの二十五人よりなる公職選挙法改正に関する調査特別委員会、科学技術振興対策特別委員会、国土総合開発特別委員会の三特別委員会を設置することとし、本日の本会議において、その設置を議決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、委員二十五人の各会派割当数は、自由民主党十六人、日本社会党八人、民主社会党一人と相なりますから、御了承を願います。
 委員は、設置決議の後、各派からの申し出によりまして、議長が追って、指名することとなりますので、これも御了承を願います。
    ―――――――――――――
#14
○小平委員長 それでは、本日の本会議は、参議院の関係でおくれましたが、午後二時二十分予鈴、二時三十分から開会することといたします。
    ―――――――――――――
#15
○小平委員長 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせすることといたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時五十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト