くにさくロゴ
1960/12/17 第37回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第037回国会 議院運営委員会 第4号
姉妹サイト
 
1960/12/17 第37回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第037回国会 議院運営委員会 第4号

#1
第037回国会 議院運営委員会 第4号
昭和三十五年十二月十七日(土曜日)
    午後一時二十九分開議
 出席委員
   委員長 小平 久雄君
   理事 鈴木 正吾君 理事 塚原 俊郎君
   理事 佐々木秀世君 理事 天野 公義君
   理事 柳田 秀一君 理事 下平 正一君
   理事 小林  進君
      飯塚 定輔君    宇野 宗佑君
      大野 市郎君    田邉 國男君
      服部 安司君    細田 吉藏君
      毛利 松平君    阪上安太郎君
      安井 吉典君    渡辺 惣蔵君
 委員外の出席者
        議     長 清瀬 一郎君
        副  議  長 久保田鶴松君
        事 務 総 長 山崎  高君
    ―――――――――――――
十二月十六日
 委員木村公平君辞任につき、その補欠として高
 碕達之助君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 日本銀行政策委員会委員任命につき同意を求め
 るの件
 公共企業体等労働委員会委員任命につき同意を
 求めるの件
 社会保険審査会委員任命につき事後承認を求め
 るの件
 議院運営委員の割当のない会派の出席発言に関
 する件
 次回の本会議の件本日の本会議の議事等に関す
 る件
     ――――◇―――――
#2
○小平委員長 これより会議を開きます。
 まず、各種委員任命につき同意または事後承認を求めるの件についてでありますが、お手元に配付の印刷物にあります通り、日本銀行政策委員会委員、公共企業体等労働委員会委員、社会保険、審査会委員任命につき、内閣から本院の同意または事後承認を求めて参っております。日本銀行政策委員会委員に千金良宗三郎君を任命し、公共企業体等労働委員会委員に峯村光郎君、阪田泰二君、兼子二君、石川吉右衛門君、飼手真吾君を任命し、社会保険審査会委員に隈部英雄君、細田徳寿君、石井通則君を任命につき、内閣から、本院の同意または事後承認を求めて参っております。
    ―――――――――――――
#3
○小平委員長 右各件は、いずれもこれに同意または事後承認を与えることとし、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#5
○小平委員長 次に、緊急上程予定議案についてでありますが、本日委員会の審査を終了した議案または終了する予定になっている議案について、事務総長から説明を願います。
#6
○山崎事務総長 本日委員会審査終了予定議案は、お手元に配付してあります印刷物にあります通り、内閣委員会で四本、まず、一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案、次に、防衛庁職員給与法の一部を改正する法律案、特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案、行政機関職員定員法等の一部を改正する法律案の四件でございますが、前の三件は社会党、民社党、共産党が反対でございます。次の行政機関職員定員法等の一部を改正する法律案は、三党の共同修正がなりまして、これは全会一致の予定でございます。これにつきまして、社会党の西宮さんから討論のお申し出がございます。その次に、地方行政委員会から、昭和三十五年五月のチリ地震津波による災害を受けた地方公共団体の起債の特例に関する法律の一部を改正する法律案と、昭和三十五年度分の地方交付税の特例に関する法律案の二本が上がる予定になっております。前の分は全会一致でございますが、あとの分につきましては社会党、民社党が反対ということを承っております。次に予算委員会でございますが、昭和三十五年度一般会計予算補正、昭和三十五年度特別会計予算補正が上がって参る予定になっております。反対が社会党民社党共産党でございます。
 以上でございます。
#7
○小平委員長 ただいま御説明の各件は、本日の本会議に緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#9
○小平委員長 次に、補正予算の議事について、事務総長から説明を願います。
#10
○山崎事務総長 お手元に配付の補正予算の議事順序につきまして御説明申し上げます。
 補正予算につきましては、まず第一に予算委員長の報告がございます。次に、社会党から出て参りましたこの補正予算に対します編成替えを求めるの動議の趣旨弁明が野原覺さんからございます。次に、民社党から出て参りました編成替えを求めるの動議につき井堀繁雄さんから趣旨弁明がございます。討論に入りまして、野田卯一さん、社会党の小松幹さん、民社党の受田新吉さんから、それぞれ通告がございます。次に採決でございますが、まず先に、社会党の編成替えを求めるの動議を採決いたしまして、次に民社党の動議を採決し、次に原案につきまして両案を一括して採決をお願いいたしたいと思います。この採決は起立でお願いいたします。
#11
○小平委員長 それでは、補正予算の議事は、ただいま事務総長から説明がありました通りに取り運ぶこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#13
○小平委員長 なお、本日の本会議における討論時間の件についてでありますが、補正予算につきましてはおのおの十五分程度とし、その他につきましても十五分程度とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#15
○小平委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長から説明を願います。
#16
○山崎事務総長 まず第一に、先ほど御決定になりました人事三件、日本銀行政策委員会委員と、公共企業体等労働委員会委員の任命の同意と、社会保険審査会委員任命の事後承認、この三件をお諮りいたしまして、その次に補正予算の緊急上程をお願いいたします。それから日程に入りまして、日程の第一、第二、第三は一括いたしまして、大蔵委員会理事の山中さんが委員長報告をなさいます。日程第一、第二は、社会党、共産党が反対でございます。日程第三は全会一致でございます。日程第四は、建設の加藤委員長が御報告になりまして、全会一致でございます。日程第五は、商工委員長の中川さんが御報告になりまして、共産党が反対でございます。日程六、七は一括いたしまして、国土総合開発特別委員長の辻さんが御報告になりまして、全会一致でございます。日程の第八、第九は、法務委員長の池田さんが御報告になりまして、反対は社会党、民社党、共産党でございます。これが終わりましてから、先ほど御報告申し上げました委員会審査終了予定議案を続きまして緊急上程をお願いいたしたいと思います。内閣関係の四法律案につきましては、内閣委員長の久野さんが御報告になる予定になっております。地方行政の二法律案につきましては、委員長の濱田さんが御報告になります。
 以上でございます。
#17
○柳田委員 そこで、先ほどの理事会で話し合いましたように、こういうふうに大体日程がきまりましたら、三階の傍聴人の控室に、本日の議事次第というものを日程順序に従って、これは黒板に白墨で書くとか、紙に書いて張りつけるとか、何らかの方法をして、国の主権者である傍聴者に、きょうの議事がどういうふうに運ばれるかということが――緊急なものはやむを得ませんが、間に合うものは控室にこれを書いて、きょうはどういうふうに本会議の議事が運ばれるかということがわかるようにきょうから実行してほしい。
#18
○山崎事務総長 承知いたしました。
    ―――――――――――――
#19
○小平委員長 それでは、本会議は大体三時五十分予鈴、四時から開会することといたし、あらためて御連絡いたします。
    ―――――――――――――
#20
○小平委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、来週は会期末になりますので、先ほどの理事会における話し合いの通り、二十日より連日本会議を開くこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、次回の委員会は、来たる二十日午前十一時から理事会を開き、理事会散会後に委員会を開会することといたします。
    ―――――――――――――
#22
○小平委員長 なお、この際、お諮りいたします。
 先般来問題になっております議院運営委員の割当のない小会派のオブザーバーの件についてでありますが、先ほどの理事会における話し合いの通り、従来の例によりまして、当委員会の委員の割当のない日本共産党の議員に対し、今後、オブザーバーとして、常時当委員会に出席し、発言することを許可することといたしますが、このオブザーバーの方は、同党の控室を同じくする他の小会派の人に対しても、当委員会における協議事項をよく連絡願うこととし、これを許可することとするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 この際本会議もありますから、一応、暫時休憩いたしまして、必要のないときは休憩のまま流会のことといたします。
    午後一時三十九分休憩
     ――――◇―――――
    〔休憩後は会議を開くに至らな
  かった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト