くにさくロゴ
1960/12/12 第37回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第037回国会 外務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1960/12/12 第37回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第037回国会 外務委員会 第1号

#1
第037回国会 外務委員会 第1号
本委員は昭和三十五年十二月九日(金曜日)議長
の指名で次の通り選任された。
      愛知 揆一君    宇都宮徳馬君
      賀屋 興宣君    北澤 直吉君
      小泉 純也君    正示啓次郎君
      園田  直君    竹内 俊吉君
      中山 マサ君    野田 武夫君
      橋本 龍伍君    福田 篤泰君
      堀内 一雄君    前尾繁三郎君
      三和 精一君    森   清君
      森下 國雄君    山村新治郎君
      岡田 春夫君    勝間田清一君
      黒田 寿男君    戸叶 里子君
      成田 知巳君    帆足  計君
      穗積 七郎君    細迫 兼光君
      松本 七郎君    森島 守人君
      西尾 末廣君    川上 貫一君
十二月九日
 堀内一雄君が議院において委員長に選任された。
―――――――――――――――――――――
昭和三十五年十二月十二日(月曜日)
    午前十時五十三分開議
 出席委員
   委員長 堀内 一雄君
   理事 野田 武夫君 理事 森下 國雄君
   理事 岡田 春夫君 理事 戸叶 里子君
   理事 松本 七郎君
      小泉 純也君    正示啓次郎君
      園田  直君    橋本 龍伍君
      黒田 寿男君    穗積 七郎君
      細迫 兼光君    森島 守人君
      川上 貫一君
 委員外の出席者
        専  門  員 佐藤 敏人君
    ―――――――――――――
十二月十二日
 委員山村新治郎君辞任につき、その補欠として
 床次徳二君が議長の指名で委員に選任された。
同日
      北澤 直吉君    竹内 俊吉君
      野田 武夫君    福田 篤泰君
      森下 國雄君    岡田 春夫君
      戸叶 里子君    松本 七郎君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○堀内委員長 これより会議を開きます。
 この際一言ごあいさつを申し上げます。
 今回はからずも私が当委員会の委員長の重責をになうことになりました。私は微力非才でありますので、委員各位の絶大なる御支援をお願いいたす次第でございます。
 まことに簡単でございますが、ごあいさつにかえさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
 この際細迫兼光君より発言を求められておりますので、これを許します。細迫兼光君。
#3
○細迫委員 皆様のお許しを得まして、委員長に対して代表して一言あいさつを申し上げたいと思います。
 このたび堀内委員長には、重責をになわれましてわれわれの委員会の委員長として御職務を尽くされることに相なりました。まことにおめでたいことでございまして、まずお祝詞を申し上げます。
 今や世界はまことに狭く相なりまして、国内のいろいろな問題すら、国際情勢の中においてこれを理解しなくてはならないというような情勢であると思います。従って、われわれの委員会の任務は非常に重いものと相なると思います。従って、われわれ委員はよくその意味を理解いたしまして、その重大な職責を完全に尽くしたいと思います。委員長におかれましては、この委員会の声価を発揮いたしまするよう、よろしく御指導、御指示をお願いいたしたいと思います。
 簡単でございますが、ごあいさつといたします。
#4
○堀内委員長 まことにありがとうございます。先ほども申し上げた次第でございますが、私も微力を尽くしたいと存じますので、どうぞよろしくお願いいたします。
     ――――◇―――――
#5
○堀内委員長 これより理事の互選を行ないます。
 理事の員数は八名といたし、先例により委員長において指名することに御異議はありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○堀内委員長 御異議なしと認めます。よって、その通り決しました。委員長は、理事に、
   北澤 直吉君  竹内 俊吉君
   野田 武夫君  福田 篤泰君
   森下 國雄君  岡田 春夫君
   戸叶 里子君  松本 七郎君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#7
○堀内委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会といたしましては国際情勢に関する事項について調査をいたしたいと存じますので、この旨議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○堀内委員長 御異議がなければさように決定いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時五十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト