くにさくロゴ
1960/10/18 第36回国会 参議院 参議院会議録情報 第036回国会 本会議 第2号
姉妹サイト
 
1960/10/18 第36回国会 参議院

参議院会議録情報 第036回国会 本会議 第2号

#1
第036回国会 本会議 第2号
昭和三十五年十月十八日(火曜日)
   〇開 会 式
 午前十時五十八分 参議院議長、衆議院参議院の副議長、常任委員長及び議員、内閣総理大臣その他の国務大臣、最高裁判所長官及び会計検査院長は、式場に入り、所定の位置に着いた。
午前十一時 天皇陛下は衆議院議長の前行で式場に入られ、お席に着かれた。
   〔諸員敬礼〕
 午前十一時一分 衆議院議長清瀬一郎君は式場の中央に進み、次の式辞を述べた。
   式 辞
  天皇陛下の御臨席をいただき、第三十六回国会の開会式をあげるにあたり、衆議院及び参議院を代表して、式辞を申し述べます。
  さきにわが国会議事堂で開催された列国議会同盟会議は、大なる成功をもって終了し、国際平和及び国際協力の推進に貢献し得たのでありますが、現下のわが国の状況にかんがみ、われわれはこの際、諸般の態勢を整え、道義の高揚と秩序の尊重により、民主主義に基く真の平和的文化国家としての実をあげる必要を痛感いたすものであります。
  ここに開会式を行なうにあたり、われわれに負荷された使命達成のために最善を尽くし、もって国民の委託にこたえようとするものであります。
 次いで、天皇陛下から次のおことばを賜わった。
   おことば
  本日、第三十六回国会の開会式に臨み、全国民を代表する諸君と親しく一堂に会することは、わたくしの深く喜びとするところであります。
  内外の諸情勢まことに重大な今日、全国民が、遵法の精神を重んじ、互いに協和し、民主主義の本義に即しておのおの最善を尽くし、国運の伸長をはかるとともに、世界の信頼を高めることが緊要であると思います。
  ここに、国会が、国権の最高機関として、その使命を遺憾なく果たし、よく国民の信託にこたえることを切に望みます。
   〔諸員敬礼〕
 衆議院議長はおことば書をお受けした。
 天皇陛下は参議院議長の前行で式場を出られた。
 次いで諸員は式場を出た。
   午前十一時七分式終わる
     ─────・─────
昭和三十五年十月十八日(火曜日)
   午後一時八分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
 議事日程 第二号
  昭和三十五年十月十八日
   午後一時開議
 第一 衆議院議員淺沼稻次郎君逝去につき弔意を表する件
    ━━━━━━━━━━━━━○議長(松野鶴平君) 諸般の報告は、朗読を省略いたします。
     ―――――・―――――
#2
○議長(松野鶴平君) これより本日の会議を開きます。
 日程第一、衆議院議員淺沼稻次郎君逝去につき弔意を表する件。
 去る十二日、多年わが国民主政治発展のため力を尽くされました衆議院議員淺沼稻次郎君は、兇手にかかり不慮の死を遂げられました。まことに痛惜哀悼の至りにたえません。
#3
○重宗雄三君 ただいま議長から御報告がありました通り、多年憲政のため貢献されました衆議院議員淺沼稻次郎君が、兇手にかかり不慮の死を遂げられましたことは、まことに哀悼にたえないところであります。この際、参議院は、同君に対し、院議をもって弔詞を贈呈することとし、その弔詞は議長に一任することの動議を提出いたします。
#4
○棚橋小虎君 ただいまの重宗君の動議に賛成をいたします。
#5
○議長(松野鶴平君) 重宗君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○議長(松野鶴平君) 御異議ないと認めます。
 議長において起草いたしました弔詞を朗読いたします。
   〔総員起立〕
  参議院は多年わが国民主政治発展のため力を尽くされました衆議院議員淺沼稻次郎君が不幸兇手にかかり急逝せられましたことに深く哀悼の意を表しここにうやうやしく弔詞をささげます。
    ―――――――――――――
 弔詞の贈呈方は、議長において取り計らいます。
     ―――――・―――――
#7
○議長(松野鶴平君) この際、お諮りいたします。
 杉原荒太君から海外旅行のため、鳥畠徳次郎君から病気のため、いずれも会期中請暇の申し出がございました。いずれも許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○議長(松野鶴平君) 御異議ないと認めます。よっていずれも許可することに決しました。
 次会の議事日程は、決定次第、公報をもって御通知いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後一時十二分散会
     ―――――・―――――
○本日の会議に付した案件
 一、日程第一 衆議院議員淺沼稻次郎君逝去につき弔意を表する件
 一、請暇の件
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト