くにさくロゴ
1960/10/17 第36回国会 参議院 参議院会議録情報 第036回国会 建設委員会 第1号
姉妹サイト
 
1960/10/17 第36回国会 参議院

参議院会議録情報 第036回国会 建設委員会 第1号

#1
第036回国会 建設委員会 第1号
昭和三十五年十月十七日(月曜日)
   午前十一時四十六分開会
  ―――――――――――――
 委員氏名
   委員長     稲浦 鹿藏君
   理事      松野 孝一君
   理事      武藤 常介君
   理事      田中  一君
           岩沢 忠恭君
           小沢久太郎君
           大沢 雄一君
           太田 正孝君
           小山邦太郎君
           田中 清一君
           平井 太郎君
           米田 正文君
           秋山 長造君
           内村 清次君
           武内 五郎君
           安田 敏雄君
           田上 松衞君
           小平 芳平君
           村上 義一君
           野坂 参三君
  ―――――――――――――
  委員の異動
本日委員秋山長造君辞任のため、その
補欠として永岡光治君を議長において
指名した。
  ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     稲浦 鹿藏君
   理事
           松野 孝一君
           武藤 常介君
           米田 正文君
           田中  一君
   委員
           岩沢 忠恭君
           内村 清次君
           武内 五郎君
           永岡 光治君
           田上 松衞君
           村上 義一君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       武井  篤君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事補欠互選の件
○調査承認要求に関する件
○継続調査要求に関する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(稲浦鹿藏君) ただいまから建設委員会を開会いたします。
 初めに理事補欠互選についてお諮りいたします。開会中の委員の異動に伴いまして、理事に欠員が生じましたので、この際その補欠互選をいたしたいと存じます。互選は前例によりまして、省略して委員長の指名に一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(稲浦鹿藏君) 御異議ないと認めます。それでは委員長から米田正文君を理事に指名いたします。
  ―――――――――――――
#4
○委員長(稲浦鹿藏君) 次に調査承認要求についてお諮りいたします。
 当委員会におきましては、従来から建設事業並びに建設諸計画に関する調査を行なって参りましたが、今国会におきましても本件調査を実施することにいたしたいと存じますが、さよう決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(稲浦鹿藏君) 御異議ないと認めます。
 なお議事の都合によりあらかじめ御承認願っておきたいと存じますが、本件調査につきましては臨時国会が閉会中になりました場合、継続して調査を行なうこととし、その取り扱いにつきましてはあらかじめ委員長に御一任願いたいと存じますが、さよう決定を願うことに御異議ございませんか。
#6
○田中一君 それにね、その簡単にこう言わないで、やはりいろいろ疑義もあり、理屈もあるのだから、議運でこういう取りきめをしたということ、前例等を説明してほしいのだ。
#7
○委員長(稲浦鹿藏君) 衆議院の解散の場合における継続審査、調査等の取り扱いにつきましては、当委員会におきましても、先般の委員長理事打合会におきまして問題とされましたところでありますが、この問題につきまして、去る十月十五日、本院議院運営委員会委員長及び理事打合会におきまして、次の通りその取り扱いが決定されておりますので、御報告いたします。
 一、国会の議決を要する案件につきましては、継続審査の要求をすることができない。
 二、調査事件につきましては、継続調査の要求をすることができるものとする。
 以上は従来からの取り扱いを再確認したものであります。それで御異議ございませんですか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(稲浦鹿藏君) ちょっと速記をとめて下さい。
   午前十一時五十分速記中止
   ―――――・―――――
   午後零時四分速記開始
#9
○委員長(稲浦鹿藏君) 速記をつけて。
 それでは、本日はこれにて散会いたします。
   午後零時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト