くにさくロゴ
1960/10/17 第36回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第036回国会 科学技術振興対策特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1960/10/17 第36回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第036回国会 科学技術振興対策特別委員会 第1号

#1
第036回国会 科学技術振興対策特別委員会 第1号
本特別委員会は昭和三十五年十月十七日(月曜
日)議院において科学技術振興の対策を樹立する
ため設置することに決した。
十月十七日
 本特別委員は議長の指名で次の通り
 選任された。
      赤澤 正道君    天野 公義君
      稻葉  修君    内田 常雄君
      菅野和太郎君    木倉和一郎君
      小平 久雄君    正力松太郎君
      中曽根康弘君    中村 幸八君
      丹羽喬四郎君    平野 三郎君
      保科善四郎君    細田 義安君
      前田 正男君    八木 徹雄君
      石川 次夫君    石野 久男君
      大原  亨君    岡  良一君
      岡本 隆一君    原   茂君
      松前 重義君    内海  清君
      北條 秀一君
―――――――――――――――――――――
昭和三十五年十月十七日(月曜日)
    午後一時二十二分開議
 出席委員
   委員長 稻葉  修君
   理事 中曽根康弘君 理事 平野 三郎君
   理事 前田 正男君
      赤澤 正道君    天野 公義君
      木倉和一郎君    小平 久雄君
      丹羽喬四郎君    細田 義安君
      八木 徹雄君    石川 次夫君
      原   茂君    内海  清君
    ―――――――――――――
十月十七日
 稻葉修君が委員長に当選した。
同日
      菅野和太郎君    中曽根康弘君
      平野 三郎君    保科善四郎君
      前田 正男君    石野 久男君
      岡  良一君    北條 秀一君
が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十月十七日
 原子力損害の賠償に関する法律案(内閣提出、
 第三十四回国会閣法第一三三号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
     ――――◇―――――
    〔内海(清)委員、委員長席に着く〕
#2
○内海(清)委員 これより会議を開きます。
 私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任せられるまで委員長の職務を行ないます。
 これより委員長の互選を行ないます。
#3
○八木(徹)委員 動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を用いず、稻葉修君を委員長に推薦いたしたいと思います。
#4
○内海(清)委員 ただいまの八木徹雄君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○内海(清)委員 御異議なしと認めます。よって、稻葉修君が委員長に御当選になられました。(拍手)
 委員長稻葉修君に本席を譲ります。
    〔稻葉委員長、委員長席に着く〕
#6
○稻葉委員長 この際一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、前回に引き続き委員長の重責をになうことに相なりました。何とぞ委員各位の御協力と御支援をお願い申し上げます。
 簡単でございますが、委員長就任のごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○稻葉委員長 これより理事の互選を行ないます。
 理事の員数及び互選の方法についてお諮りいたします。
#8
○八木(徹)委員 動議を提出いたします。理事はその数を八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。
#9
○稻葉委員長 ただいまの八木徹雄君の動議に御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
     ――――◇―――――
#10
○稻葉委員長 御異議なしと認めます。よって、動議のごとく決しました。
 委員長は理事に
   菅野和太郎君  中曽根康弘君
   平野 三郎君  保科善四郎君
   前田 正男君  石野 久男君
   岡  良一君 北條 秀一君以上、八名の方々を指名いたします。
#11
○稻葉委員長 この際お諮りいたします。
 前国会閉会中に行なわれました委員派遣の調査報告書につきましては、これを参考のため会議録に掲載いたしたいと存じますが、これに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○稻葉委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時二十六分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト