くにさくロゴ
1959/12/18 第33回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第033回国会 懲罰委員会 第1号
姉妹サイト
 
1959/12/18 第33回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第033回国会 懲罰委員会 第1号

#1
第033回国会 懲罰委員会 第1号
本国会召集日(昭和三十四年十一月二十六日)(
木曜日)(午前零時現在)における本委員は、次
の通りである。
   委員長 高瀬  傳君
   理事 河野 一郎君 理事 林  讓治君
   理事 松村 謙三君 理事 風見  章君
   理事 片山  哲君
      石井光次郎君    石橋 湛山君
      大野 伴睦君    川島正次郎君
      堤 康次郎君    吉田  茂君
      淺沼稻次郎君    河上丈太郎君
      鈴木茂三郎君
    ―――――――――――――
昭和三十四年十月二十八日(水曜日)各会派割当
数変更後の本委員は、次の通りである。
   委員長 高瀬  傳君
   理事 河野 一郎君 理事 林  讓治君
   理事 松村 謙三君 理事 風見  章君
   理事 片山  哲君
      石井光次郎君    石橋 湛山君
      大野 伴睦君    川島正次郎君
      堤 康次郎君    福永 健司君
      吉田  茂君    淺沼稻次郎君
      河上丈太郎君    鈴木茂三郎君
      水谷長三郎君
―――――――――――――――――――――
昭和三十四年十二月十八日(金曜日)
    午前十一時三分開議
 出席委員
   委員長 高瀬  傳君
   理事 鍛冶 良作君 理事 小島 徹三君
   理事 田中伊三次君
      天野 光晴君    池田 清志君
      大久保武雄君    清瀬 一郎君
      二階堂 進君    服部 安司君
      濱野 清吾君
    ―――――――――――――
十一月六日
 委員淺沼稻次郎君辞任につき、その補欠として
 原彪君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員原彪君辞任につき、その補欠として淺沼稻
 次郎君が議長の指名で委員に選任された。
同月十二日
 委員堤康次郎君辞任につき、その補欠として田
 中角榮君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十日
 委員淺沼稻次郎君辞任につき、その補欠として
 大西正道君が議長の指名で委員に選任された。
十二月十七日
 委員石井光次郎君、石橋湛山君、大野伴睦君、
 川島正次郎君、河野一郎君、田中角榮君、林讓
 治君、福永健司君、松村謙三君及び吉田茂君辞
 任につき、その補欠として押谷富三君、鍛冶良
 作君、清瀬一郎君、服部安司君、高橋禎一君、
 佐々木盛雄君、田中伊三次君、天野光晴君、濱
 野清吾君及び小島徹三君が議長の指名で委員に
 選任された。
同月十八日
 委員押谷富三君、佐々木盛雄君及び高橋禎一君
 辞任につき、その補欠として二階堂進君、池田
 清志君及び大久保武雄君が議長の指名で委員に
 選任された。
同日
 理事河野一郎君、林讓治君及び松村謙三君同月
 十七日委員辞任につき、その補欠として鍛冶良
 作君、小島徹三君及び田中伊三次君が理事に当
 選した。
    ―――――――――――――
十二月十七日
 議長宣告をもって
  議員淺沼稻次郎君懲罰事犯の件(議長宣告)
  議員岡田春夫君懲罰事犯の件(議長宣告)
  議員柏正男君懲罰事犯の件(議長宣告)
  議員小林進君懲罰事犯の件(議長宣告)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
     ――――◇―――――
#2
○高瀬委員長 これより会議を開きます。
 この際、お諮りいたします。
 理事河野一郎君、同林讓治君及び同松村謙三君が委員を辞任されました結果、三人の理事が欠員となっておりますので、これよりその補欠選任を行ないたいと存じますが、これは先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○高瀬委員長 御異議なしと認めます。よって、鍛冶良作君、小島徹三君及び田中伊三次君を理事に指名いたします。この際、暫時休憩いたします。
    午前十一時四分休憩
     ――――◇―――――
    〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト