くにさくロゴ
1959/06/24 第32回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第032回国会 本会議 第2号
姉妹サイト
 
1959/06/24 第32回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第032回国会 本会議 第2号

#1
第032回国会 本会議 第2号
昭和三十四年六月二十四日(水曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第二号
  昭和三十四年六月二十四日
    午後一時開議
 第一 予算委員長の選挙
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 野口忠夫君の故議員助川良正平君に対する追悼演説
 片山哲君の故議員芦田均君に対する追悼演説
    午後一時二十七分開議
#2
○議長(加藤鐐五郎君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
#3
○議長(加藤鐐五郎君) 去る十五日逝去いたされました議員助川良平君に対し野口忠夫君から、去る二十日逝去いたされました議員芦田均君に対し片山哲君から、弔意を表するため、それぞれ発言を求められております。順次これを許します。
 野口忠夫君。
    〔野口忠夫君登壇〕
#4
○野口忠夫君 私はここに、諸君の御同意を得て、議員一同を代表し、去る六月十五日逝去せられました故衆議院議員正五位勲三等助川良平君に対し、つつしんで哀悼の言葉を申し述べたいと存じます。(拍手)
 私は、助川君とは郷里を同じくし、ことに県立田村中学校の同窓として親交を重ねて参ったものでありますが、君がかねて病気のため御静養中と承わり、御全快の一日も早からんことを心から祈っていたのであります。しかるに、思いがけない計報に接し、驚愕悲痛おくところを知らなかった次第であります。
 助川君は、農政通として令名の高かった元本院議員助川啓四郎先生の長男でありまして、大正十年福島県田村郡船引町に生まれ、長じて、浦和高等学校を経て東京大学法学部に学ばれました。
 父君助川先生は、去る昭和十八年、太平洋戦争がようやく重大な段階に入ったとき、食糧問題解決の重要使命を帯びて満州に渡る途中、不幸にも遭難、殉職せられたのでありますが、その二ヵ月後には、君も学徒動員によって軍務につき、はるばる南方に出征せられたのであります。
 終戦後、無事復員された君は、直ちに郷里に帰り、平和日本の基礎となるべき新農村を建設するため、若き農村の指導者として、みずから農民とともに耕し、ともに語り、農業の多角的、合理的経営を奨励、指導されました。
 しかして、昭和二十三年、船引町の農業協同組合長及び農業共済組合長に推されたのを初め、多数の県下農業諸団体の役職を兼ね、あらゆる農業生産の増強に、農家経営の安定に努力されたのでありまして、君の献身的努力と誠実無比な人柄とは、県民、ことに青年層の絶大なる信望を得るに至ったのであります。
 かくて、君が、やがて父君の志を継いで、わが国の農業政策の確立を目ざして政界に入られたことは、むしろ当然でありました。
 昭和二十六年、君は、衆望をになって福島県議会議員に選ばれ、その卓越した識見をもって大いに県政に貢献するところがありましたが、二十八年の第二十六回衆議院議員総選挙には、福島県第二区より出馬し、三十二才の若さをもって、みごと当選せられ、親子二代にわたり本院議員たるの栄誉をになわれたのであります。(拍手)その後、総選挙ごとに当選すること三回、在職六年三カ月に及んでおられます。
 本院においては、君は、農村問題の権威者として、主として農林水産委員会の委員または理事として活躍せられ、よく委員長を助けて、諸案件の審査、調査に、また委員会の円満な運営に終始努力してこられました。中でも、農業災害補償法の抜本的改正あるいは農林漁業団体職員共済組合法、酪農振興基金法の制定の際などに示された君の活躍は、特に目ざましいものがあったのであります。また、第三十回国会において、台風第二十二号による伊豆地方等の災害に対処するため農林漁業災害対策に関する小委員会が設けられた際には、君は、その小委員長に推され、復興対策を樹立、促進するために日夜あらゆる労苦を惜しまず、著しい成果をおさめられたのであります。かくして、精励もって国政審議に当り、よく議員の職責を果された君の功績は、まことに大なるものがあります。
 君は、また、一昨年六月、招かれて中華人民共和国に渡り、わが国の農業技術を紹介するとともに、つぶさにその農政を調査、視察されました。また、同年以来、蚕糸業振興審議会委員として活躍し、また、自由民主党にあっては、青年部副部長及び政調会農林部長、農林金融小委員長、酪農対策副委員長等を歴任し、中堅幹部として大いに将来を嘱目されておられたのであります。(拍手)
 助川君は、まことに穏やかな、まじめな人柄で、しかも円満な人格者であり、また、まれに見る努力家でありました。常に、農林部門のみならず、広く国政全般にわたって、たゆまぬ研究を続け、その識見を高め、その才幹を伸ばすとともに、大局的立場に立って判断を下されたのであります。従って、君は、与野党を問わず、あまねく同僚議員諸君から多大の信望を寄せられ、また、生前君が限りない愛情を抱いていた郷土福島の人士から深い敬愛を受けておられたのであります。(拍手)
 助川君、また、平素きわめて健康で、病気にかかられたことがなく、本年度予算の編成に際しましても、年末年始にわたって文字通り不眠不体の活躍を続け、その調整に当られました。しかるに、この活動がはからずも災いを招いたのか、本年に入ってから健康を害し、静養に努められておられました。しかし、病は快方に向わず、去る十四日、福島医大病院に入院して手術を受けられたのであります。君の病あつしとの報に、県下各地から多数の人々が病院にはせつけ、進んで輸血を申し出たとのことでありまして、これは郷里における君の徳望がいかに高いかを雄弁に物語るものと存ずる次第であります。(拍手)しかるに、御家族の手厚い看護も、郷党の人々の心からの祈りもむなしく、ついに御本復を見るに至らなかったのであります。
 私どもは、君が今後ますます活躍し、政治家として大成される日の近きことを信じていたのでありますが、三十八才の前途ある身をもって卒然としてゆかれましたことは、痛措きわまりない次第であります。
 思うに、古来、農は国のもとと申します。国土狭小、人工過剰のわが国において、しかも、近来著しく高度化された産業組織の中にあって、農業の生産機構を改善し、国民の半ばを占める農民の生活の安定と向上とをはかることは、現下における最も重要なる政治問題の一つであるのは申すまでもありません。この課題を解決し、国家百年の大計を確立するには、助川君のごとき、農村はえ抜きの、しかも視野の広い近代的感覚の持ち主たる政治家の手腕に待つところがはなはだ多いのでありますが、今にわかに君を失い、この期待のむなしくなったことは、本院にとり、邦家にとり、まことに大きな損失であります。(拍手)君御自身におかれても、さだめし多大の抱負を持たれたことと存じますが、その達成半ばならずして長逝されましたことを思うとき、哀惜の情いよいよ切なるものを覚えるのであります。
 ここに、助川君生前の事績を追懐し、その人となりをしのび、つつしんで君の御冥福をお祈りして、哀悼の言葉といたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#5
○議長(加藤鐐五郎君) 片山哲君。
    〔片山哲君登壇〕
#6
○片山哲君 私は、諸君の御同意を得まして、議員一同を代表し、故衆議院議員従二位勲一等芦田均君に対し、つつしんで哀悼の辞を申し述べたいのであります。(拍手)
 芦田君は、去る六月二十日午後十時五十七分、病のために芝白金の自邸において逝去せられたのであります。
 私は、芦田君とは大学時代の同級の友として、以後半世紀の長きにわたって親交を重ねて参り、また、かつて相ともに国政を担当したのでありまして、今この友を失って、心から深い悲しみに打たれておるものであります。(拍手)
 顧みれば、君、昨年九月、この壇上において、故松岡元議長の功をたたえ、徳を慕う言葉を述べられ、私どもは粛然としてえりを正し、傾聴いたしたのでありまするが、これが芦田君の最後の演説となったのでありまして、もはや君のけいがいに接することができなくなったことを思うとき、限りないさびしさに身を包まれるのを覚える次第であります。(拍手)
 芦田君は、京都府福知山市中六人部の旧家の出でありまして、明治二十年十一月、元本院議員芦田鹿之助氏の次男として生まれ、長じて第一高等学校を経て東京大学法学部に学ばれました。親子二代本院の議員として活動されたのであります。(拍手)
 君は、学生時代から英才の誉れ高く、ことに、その弁論は、当時、学外にまで響いておったのでありまして、在学中、すでに外交官及び領事官試験に合格せられたのであります。
 明治四十五年、卒業とともに、露国在勤の外交官補として赴任せられ、外交官生活の第一歩を踏み出されたのであります。(拍手)その後、大使館三等書記官、外務書記官兼参事官、大使館一等書記官として欧州各国に歴任せられたのでありますが、在勤中、多忙なる時間をさいて常に国際法、外交史について研さんを重ね、特に、トルコ在勤当時の研究の成果たる「君府海峡通航制度史論」によって、昭和四年、東京大学から法学博士の学位を授与せられたのであります。(拍手)
 昭和七年、ベルギー在勤の大使館参事官を最後として退官し、当時横暴をきわめておりましたる軍部外交と戦わんがために、直ちに立憲政友会に入党し、同年二月の第十八回衆議院議員総選挙に京都府第二区から立って、みごと当選の栄冠を得られたのであります。本院に議席を占められるや、君は外交問題に関する豊富なる知識と、みずからの信念に従って、当時ようやく軍部の圧力に屈しがちとなっておりました政府の外交方針に対し、ほとんど毎会期質問演説に立って舌端鋭く政府に迫り、党の内外から注目を集められたのであります。(拍手)
 君は、つとに、自由主義者として、民主主義者として、令名をはせておられたのでありますが、ことに言論の自由の尊重と議会政治の擁護については終始変らざる情熱を持っておられ、昭和十一年に美濃部達吉博士排斥事件が起った際には、率先して博士擁護のために奔走せられたのであります。また、昭和十五年、大政翼賛会運動が起ったときには、議会政治を否定するものとして敢然としてこれに反対し、翌年九月の翼賛議員同盟の結成にもあえて参加せず、言論の府たる議会を守り抜かんとの決意を持って、尾崎行雄、鳩山一郎、川崎克氏らの諸先輩とともに同交会を組織し、次いで、翌十七年の翼賛選挙には非推薦で出馬し、幾多の弾圧を排して当選せられたのであります。(拍手)
 終戦とともに、君は、国家の再建にはまず政策を中心とする本格的政党の結成が急務であることを感ぜられ、新党の樹立に奔走せられ、故鳩山一郎君ら同志とともに、日本自由党の結成に力を尽されたのであります。また、幣原内閣に厚生大臣として入閣し、多年懸案であった労働組合法の制定に力をいたし、わが国労働運動史上輝かしい一ページを加えられたのであります。(拍手)
 次いで、第九十回議会に憲法改正案が提出せられた際には、君は、卓越した識見をもって、衆望を負うてその特別委員長となり、日夜審議に献身努力を重ね、よくその重責を果されたのでありますが、本会議における君の声涙ともに下る委員長報告は、芦田君の生涯における名演説として、われわれに多大の感銘を与えたものであります。(拍手)
 昭和二十二年、新憲法下第一回の総選挙には、君は、新たに結成した民主党を率いてこれに臨まれたのでありますが、選挙後、第一党たる社会党を中心に内閣を組織すべきであるとして、われわれに協力せられ、社会党内閣に副総理兼外務大臣として入閣し、幾多の困難を克服して、警察法、民法及び刑法の改正その他わが国民主化のための諸法律の制定に力をいたされたのであります。(拍手)これは、ひとえに君の進歩的な民主主義政治家の信念に基くものでありまして、私の敬服の至りにたえないところであります。
 社会党内閣総辞職後には、君は、内閣の首班として、みずから国政を担当し、日本民主化のための諸政策の推進にさらに努力されたのでありました。
 かくして、戦後わが国の再建と民主化のために尽された君の功績はまことに偉大であり、永久に伝うべきものであると信ずるのであります。(拍手)
 君は、本院議員に当選すること連続十一回、在職二十七年二カ月に及び、一昨年五月には永年在職議員として院議をもって表彰の栄誉を受けられましたことは、諸君のよく御承知の通りであります。その後は、政界の長老として、自由民主党顧問の地位にあり、また、その外交調査会の会長として、党内外から多大の信望を一身に集められておったのであります。
 しこうして、君は、政界に身を処するに当って、常に鋭い洞察力によってよく将来を見きわめ、終始、国家国民の利益を念頭に置いて行動せられたことは、敬服の至りであります。多年激しき風雪と幾多の試練に耐え、常に自己の信念を貫き通された君の孤高の姿は、忘れられざる君のよき印象であります。(拍手)
 君は、また文章に長じ、かつてジャパン・タイムス社長として健筆をふるい、また、多忙なる政治生活の中にあって、外交関係の多数の著書を出版せられておるのであります。最近は第二次世界大戦外交史の著述に専念しておられ、今春以来、不幸にも病床につかれたのにもかかわらず、文字通り骨身を削る苦心努力の末、その原稿を完成せられたのであります。しかるに、病状はようやくあつく、私ども君を知る者の切なる祈りもむなしく、ついに永眠せられたことは、まことに痛惜の至りにたえない次第であります。(拍手)病の床にありましても、なおその筆を休めることなく、ついに畢生の大著を脱稿せられたその不撓不屈の精神力は、信念の人、芦田均君の真骨頂を発揮されたものと思うのであります。(拍手)
 近来、私どもと政治上の意見が必ずしも一致しなかったこともありまするけれども、これはお互いに政治家としてやむを得ないことと存ずるのであります。しかしながら、君の民主政治の確立についての信念と、さらには国権の最高機関である国会擁護の熱意とは、過般の国会の審議が停頓いたした際に、いち早くその収拾策について憂いを同じゅうする者に呼びかけられたことに徴しても明らかであって、私どもの深く尊敬してやまざるゆえんであります。
 現下、複雑多岐なる国際情勢の間に処して、わが国の外交の進路を誤まらず、国運の進展をはかり、国民生活の安定と向上を期することは、まことに容易ならざるものがあります。このときに当り、外交界の長老であり、民主主義に徹した政治指導者である芦田均君を本院から失いましたことは、国家にとってこの上ない不幸でありまして、哀惜の情ひとしお切なるものを覚える次第であります。(拍手)
 ここに、芦田君の長逝に対し、その功をたたえ、その風格をしのび、つつしんで私の追悼の言葉といたしたいのであります。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○松澤雄藏君 議事日程を延期し、本日はこれにて散会せられんことを望みます。
#8
○議長(加藤鐐五郎君) 松澤君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○議長(加藤鐐五郎君) 御異議なしと認めます。よって、動議のごとく決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時五十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト