くにさくロゴ
1959/07/03 第32回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第032回国会 内閣委員会 第1号
姉妹サイト
 
1959/07/03 第32回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第032回国会 内閣委員会 第1号

#1
第032回国会 内閣委員会 第1号
昭和三十四年六月二十二日(月曜日)(午前零時
現在)における本委員は、次の通りである。
   委員長 内海 安吉君
   理事 岡崎 英城君 理事 高瀬  傳君
   理事 高橋 禎一君 理事 平井 義一君
   理事 前田 正男君 理事 飛鳥田一雄君
   理事 受田 新吉君 理事 木原津與志君
      今松 治郎君    植木庚子郎君
      小金 義照君    纐纈 彌三君
      始関 伊平君    田中 龍夫君
      田村  元君    高橋  等君
      谷川 和穗君    富田 健治君
      橋本 正之君    船田  中君
      保科善四郎君   茜ケ久保重光君
      石橋 政嗣君    石山 權作君
      柏  正男君    中原 健次君
      西尾 末廣君    八木  昇君
      柳田 秀一君
    ―――――――――――――
六月三十日
 内海安吉君委員長辞任につき、その補欠として
 福田一君が議院において委員長に選任された。
―――――――――――――――――――――
昭和三十四年七月三日(金曜日)
    午前十時四十六分開議
 出席委員
   委員長 福田  一君
   理事 岡崎 英城君 理事 高橋 禎一君
   理事 高橋  等君 理事 辻  寛一君
   理事 前田 正男君 理事 飛鳥田一雄君
   理事 受田 新吉君 理事 木原津與志君
      谷川 和穗君    富田 健治君
      石橋 政嗣君    石山 權作君
      柏  正男君    中原 健次君
      西尾 末廣君    八木  昇君
 委員外の出席者
        専  門  員 安倍 三郎君
    ―――――――――――――
六月三十日
 委員植木庚子郎君、高瀬傳君及び平井義一君辞
 任につき、その補欠として福田一君、川島正次
 郎君及び平塚常次郎君が議長の指名で委員に選
 任された。
同日
 委員川島正次郎君辞任につき、その補欠として
 山口好一君が議長の指名で委員に選任された。
七月一日
 委員平塚常次郎君辞任につき、その補欠として
 辻寛一君が議長の指名で委員に選任された。
同月二日
 委員田中龍夫君及び船田中君辞任につき、その
 補欠として正力松太郎君及び中川俊思君が議長
 の指名で委員に選任された。
七月三日
 理事高瀬傳君及び平井義一君六月三十日委員辞
 任につき、その補欠として高橋等君及び辻寛一
 君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
六月二十二日
 駐留軍関係離職者等臨時措置法の一部を改正す
 る法律案(石橋政嗣君外二十二名提出、第三十
 一回国会衆法第六九号)
同月三十日
 召集旧軍人恩給の加算制復元に関する請願(前
 尾繁三郎君紹介)(第一号)
 同(逢澤寛君紹介)(第二号)
 文官恩給調整に関する請願外二件(中井一夫君
 紹介)(第三号)
 旧軍人恩給是正に関する請願(飯塚定輔君紹
 介)(第二二号)
七月一日
 建設省定員外職員の定員化に関する請願(原茂
 君紹介)(第四六号)
 召集旧軍人恩給の加算制復元に関する請願(前
 尾繁三郎君紹介)(第六三号)
 鹿屋市に航空工廠設置に関する請願(二階堂進
 君紹介)(第七二号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
七月二日
 召集旧軍人恩給の加算制復元に関する陳情書(
 山梨県中巨摩郡櫛形町議会議長青柳真)(第一
 号)
 同(山梨県北巨摩郡白州町議会議長山田容男)
 (第二号)
 同(山梨県東八代郡八代町議会議長高橋正信)
 (第三号)
 同(島根県那賀郡国府町大字下府河野希賢外十
 九名)(第四号)
 同(倉敷市日出町四一六中野杉造外一名)(第
 五号)
 伊勢神宮の国家保護反対に関する陳情書(東京
 都新宿区市ケ谷砂土原町一の一日本福音ルーテ
 ル教会岸千年)(第九号)
 自治省設置等に関する陳情書(全国市長会長金
 刺不二太郎)(第一〇七号)
同月二日
 統計調査員の増員等に関する陳情書(全国市長
 会長金刺不二太郎)(第一二四号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
 小委員会設置に関する件
 閉会中審査に関する件
  請願
 一 召集旧軍人恩給の加算制復元に関する請願
   (前尾繁三郎君紹介)(第一号)
 二 同(逢澤寛君紹介)(第二号)
 三 文官恩給調整に関する請願外二件(中井一
   夫君紹介)(第三号)
 四 旧軍人恩給是正に関する請願(飯塚定輔君
   紹介)(第二二号)
 五 建設省定員外職員の定員化に関する請願(
   原茂君紹介)(第四六号)
 六 召集旧軍人恩給の加算制復元に関する請願
   (前尾繁三郎君紹介)(第六三号)
 七 鹿屋市に航空工廠設置に関する請願(二階
   堂進君紹介)(第七二号)
     ――――◇―――――
#2
○福田委員長 これより会議を開きます。
 この際一言ごあついさつを申し上げます。このたび内閣委員長を仰せつかったわけでありますが、私はまことにふなれでありますし、議事その他の取り運び等もうまくいくかどうか、これはもう全く皆さんに御協力を願わなければできないのでありまして、どうか一つふつつか者でありますが、よろしくお願いいたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#3
○福田委員長 それではまず理事の補欠選任の件についてお諮りをいたします。理事高瀬傳君及び平井義一君が委員を辞任されました結果、二人の理事が欠員となっておりますので、これよりその補欠選任を行いたいと存じますが、これは先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○福田委員長 御異議なしと認めます。よって高橋等君及び辻寛一君を理事に指名いたします。
    ―――――――――――――
#5
○福田委員長 次に国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。本会期は本日をもって終了するのでありますが、前国会通り調査する事項といたしまして、一、行政機構並びにその運営に関する事項、二、恩給及び法制一般に関する事項、三、国の防衛に関する事項、四、公務員の制度及び給与に関する事項、五、栄典制度調査並びに栄典法案起草に関する事項といたしまして、議長の承認を得たいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○福田委員長 御異議なしと認めます。よってそのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#7
○福田委員長 これより請願の審査を行います。昨二日までに本委員会に付託されました請願は、本日の請願日程に掲載いたしました通り七件であります。この際本日の請願日程全部を一括議題といたします。
 お諮りいたします。これら各請願の趣旨は、すでに配付せられておりまする文書表により御承知のことと存じますので、紹介議員の説明並びに政府の所見聴取等は省略し、直ちにその採否を決定いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○福田委員長 御異議なしと認めます。よってそのように決定いたしました。
 これより採否の決定をいたします。先ほどの理事会で協議いたしました通り本日の請願日程中、第一ないし第四、第六の各請願の趣旨はいずれも妥当と認められますので、これらの各請願はいずれも議院の会議に付して採択の上、内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○福田委員長 御異議なしと認めます。よってそのように決定いたしました。
 ただいま審査を終りました格請願の委員会報告書等の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○福田委員長 御異議なしと認めます。よってそのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#11
○福田委員長 次に小委員会設置に関する件についてお諮りいたします。本委員会といたしましては栄典制度を調査するため、小委員十三名よりなる栄典制度調査並びに栄典法案起草小委員会を設置いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○福田委員長 御異議なしと認めます。よってそのように決定いたしました。
 なお小委員及び小委員長の選任については委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○福田委員長 御異議なしと認めます。よってそのように決定いたしました。
 なお小委員及び小委員長は追って指名いたします。
    ―――――――――――――
#14
○福田委員長 次に閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。委員会は、議院の議決で特に付託された案件について閉会中これを審査することができることになっております。当委員会といたしましては閉会中その審査を進めて参りたいと存じます。つきましては駐留軍関係離職者等臨時措置法の一部を改正する法律案、行政機構並びにその運営に関する件、恩給及び法制一般に関する件、国の防衛に関する件、公務員の制度及び給与に関する件、栄典制度調査並びに栄典法案起草に関する件を閉会中審査案件といたしまして、その旨議長に申し出ることといたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○福田委員長 御異議なしと認めます。よってそのように決定いたしました。
 なおお諮りをいたします。ただいま議長に申し出ることに決定しました閉会中審査案件が議院の議決で付託になりましたならば、先ほど設置いたしました栄典制度調査並びに栄典法案起草小委員会を閉会中も引き続き設け、調査を進めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○福田委員長 御異議なしと認めます。よってそのように決定いたしました。
 なお委員の異動等に伴う小委員の補欠選任につきましては、閉会中においても委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○福田委員長 御異議なしと認めます。よってそのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#18
○福田委員長 次に閉会中委員派遣に関する件についてお諮りいたします。閉会中におきまして行政機構並びにその運営、自衛隊及び公務員制度等の実情調査のため、各地に委員を派遣したいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○福田委員長 御異議なしと認めます。よってそのように決定いたしました。
 なお派遣委員の選任、派遣期間、派遣地並びに申請書の提出手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○福田委員長 御異議なしと認めます。よってそのように決定いたしました。
 次会は公報をもってお知らせすることとし、本日はこれにて散会いたします。
    午前十時五十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト