くにさくロゴ
1959/07/02 第32回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第032回国会 逓信委員会 第1号
姉妹サイト
 
1959/07/02 第32回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第032回国会 逓信委員会 第1号

#1
第032回国会 逓信委員会 第1号
昭和三十四年六月二十二日(月曜日)(午前零時
現在)における本委員は、次の通りである。
   委員長 淺香 忠雄君
   理事 秋田 大助君 理事 上林山榮吉君
  理事 進藤 一馬君 理事 橋本登美三郎君
   理事 粟山  博君 理事 片島  港君
   理事 小松信太郎君 理事 森本  靖君
      木村 武雄君    藏内 修治君
      椎熊 三郎君    正力松太郎君
      武知 勇記君    塚田十一郎君
      根本龍太郎君    服部 安司君
      平野 三郎君    星島 二郎君
    早稻田柳右エ門君    渡邊 本治君
      小沢 貞孝君    大野 幸一君
      風見  章君    金丸 徳重君
      木下  哲君    栗原 俊夫君
      佐々木更三君    原   茂君
      松前 重義君
    ―――――――――――――
六月三十日
 淺香忠雄君委員長辞任につき、その補欠として
 佐藤洋之助君が議院において委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和三十四年七月二日(木曜日)
    午前十時五十三分開議
 出席委員
   委員長 佐藤洋之助君
   理事 秋田 大助君 理事 淺香 忠雄君
  理事 進藤 一馬君 理事 橋本登美三郎君
   理事 片島  港君 理事 小松信太郎君
   理事 森本  靖君
      木村 武雄君    椎熊 三郎君
      塚田十一郎君    小沢 貞孝君
      大野 幸一君    金丸 徳重君
      栗原 俊夫君
 出席国務大臣
        郵 政 大 臣 植竹 春彦君
 出席政府委員
        郵政政務次官  佐藤虎次郎君
 委員外の出席者
        郵政事務次官  加藤 桂一君
        郵政事務官
        (電波管理局
        長)      甘利 省吾君
        日本電信電話公
        社総裁     大橋 八郎君
        専  門  員 吉田 弘苗君
    ―――――――――――――
六月三十日
 委員服部安司君辞任につき、その補欠として佐
 藤洋之助君が議長の指名で委員に選任された。
七月二日
 理事上林山榮吉君及び粟山博君同日理事辞任に
 つき、その補欠として早稻田柳右エ門君及び淺
 香忠雄君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
六月二十二日
 日本放送協会昭和三十二年度財産目録、貸借対
 照表及び損益計算書
同月三十日
 吉井局の電話自動化に関する請願(荒木萬壽夫
 君紹介)(第二一号)
 間下、日浦及び井ノ岡部落に農村電話架設の請
 願(森本靖君紹介)(第三七号)
 入田部落上組に農村電話架設の請願(森本靖君
 紹介)(第三八号)
七月一日
 日本電信電話公社京都総合局舎新築工事に伴う
 損害補償に関する請願(水谷長三郎君紹介)(
 第七三号)
同月二日
 長嶺に無集配特定郵便局設置に関する請願(山
 本猛夫君紹介)(第一〇〇号)
 西春郵便局の普通加入区域拡張に関する請願(
 早稻田柳右エ門君紹介)(第一〇一号)
 小牧電信電話局新設に伴う加入区域に関する請
 願(早稻田柳右エ門君紹介)(第一〇二号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
七月一日
 荒谷部落に公衆電話架設に関する陳情書(岩手
 県九戸郡九戸村長佐々木忠三外九十一名)(第
 一九号)
 鹿児島県下の電話増設促進に関する陳情書(鹿
 児島県町村議会議長会会長宮田実)(第五六
 号)
 名瀬市に放送局設置に関する陳情書(名瀬市長
 大津鉄治外二名)(第五七号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
 閉会中審査に関する件
 郵政行政及び日本電信電話公社の事業概況に関
 する件
  請 願
 一 吉井局の電話自動化に関する請願(荒木萬
   壽夫君紹介)(第二一号)
 二 間下、日浦及び井ノ岡部落に農村電話架設
   の請願(森本靖君紹介)(第三七号)
 三 入田部落上組に農村電話架設の請願(森本
   靖君紹介)(第三八号)
 四 日本電信電話公社京都総合局舎新築工事に
   伴う損害補償に関する請願(水谷長三郎君
   紹介)(第七三号)
 追加日程
 一 長嶺に無集配特定郵便局設置に関する請願
   (山本猛夫君紹介)(第一〇〇号)
 二 西春郵便局の普通加入区域拡張に関する請
   願(早稻田柳右エ門君紹介)(第一〇一
   号)
 三 小牧電信電話局新設に伴う加入区域に関す
   る請願(早稻田柳右エ門君紹介)(第一〇
   二号)
     ――――◇―――――
#2
○佐藤委員長 これより会議を開きます。
 議事に入るに先だちまして、一言ごあいさつを申し上げたいと存じます。
 私、今回はからずも逓信委員長に選任されましたが、まことにふなれでございます。しかし職責の重大なるにかんがみまして、微力ではございますが、誠心誠意努力して遺憾なきを期したいと存じます。何とぞ委員各位におかれましても、御援助、御協力のほどを切にお願い申し上げたいと存じます。
 簡単でございますが、一言ごあいさつにかえます。(拍手)
    ―――――――――――――
#3
○佐藤委員長 この際、理事の補欠選任についてお諮りいたします。すなわち、理事粟山博君が理事を辞任いたしたいとの申し出がありますので、これを許可し、その補欠選任については先例により委員長において指名いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と、呼ぶ者あり〕
#4
○佐藤委員長 御異議なしと認め、淺香忠雄君を理事に御指名申し上げます。
    ―――――――――――――
#5
○佐藤委員長 次いで国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。今国会におきましても、前国会同様に、郵政事業に関する事項、郵政監察に関する事項、電気通信に関する事項、電波監理及び放送に関する事項につきまして、国政調査をするため、その承認を得たいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○佐藤委員長 御異議なしと認めまして、さよう決します。
 なお、議長に提出すべき国政調査承認要求書の作成並びに提出の手続等につきましては、委員長に御一任をお願い申し上げます。
    ―――――――――――――
#7
○佐藤委員長 これより請願の審査に入りますが、本日の請願日程のほかに、本日新しく長嶺に無集配特定郵便局設置に関する請願(第一〇〇号)、西春郵便局の普通加入区域拡張に関する請願(第一〇一号)、小牧電信電話局新設に伴う加入区域に関する請願(第一〇二号)、以上三件が付託されましたので、これを日程に追加し、審査いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○佐藤委員長 御異議なしと認めまして、さよう決します。
 先ほど理事会におきまして協議いたしました結果、本日の請願日程第一ないし第三、及びただいま追加された請願第一〇〇号、第一〇一号、第一〇二号については、その趣旨が妥当と思われますので、いずれも採択の上、内閣に送付すべきものと委員会において議決せられたいと決定いたしましたが、この理事会の決定通り、委員会においても決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○佐藤委員長 御異議なしと認めまして、さよう決します。
 なお、本請願に関する報告書の作成等については、委員長に御一任を願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○佐藤委員長 御異議なしと認め、さよう決します。
    ―――――――――――――
#11
○佐藤委員長 この際、御報告申し上げます。現在まで本委員会に参考送付されました陳情書は三件でありますので、お知らせいたします。
    ―――――――――――――
#12
○佐藤委員長 本委員会における閉会中審査申し出の件についてお諮り申し上げます。すなわち、郵政事業に関する件、郵政監察に関する件、電気通信に関する件、並びに電波監理及び放送に関する件について、閉会中も調査をいたしたいと存じますので、この旨議長に申し出るに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○佐藤委員長 御異議なしと認め、さよう決します。
 なお、閉会中審査を申し出ました各件が本委員会に付託になりました場合には、その調査方法といたしまして、委員を現地に派遣して実情を調査する必要も起ると思われますので、議長に対する承認申請その他の手続につきましては、委員長に御一任を願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○佐藤委員長 御異議なしと認め、さよう決します。
 この際、大臣が来るまで暫時休憩いたします。
    午前十時五十七分休憩
     ――――◇―――――
    午前十一時十八分開議
#15
○佐藤委員長 休憩前に引き続いて会議を開きます。
 この際、理事の補欠選任についてお諮りいたします。理事上林山榮吉君が理事を辞任いたしたいとの申し出がありますので、これを許可し、その補欠選任については先例により委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○佐藤委員長 御異議なしと認め、理事に早稻田柳右エ門君を御指名いたします。
    ―――――――――――――
#17
○佐藤委員長 この際、植竹郵政大臣、佐藤郵政政務次官及び大橋電電公社総裁より発言を求められております。これを許します。
 植竹郵政大臣。
#18
○植竹国務大臣 ごあいさつを申し上げたいと存じます。
 私、今回郵政大臣に就任いたしたのでございますが、郵政省関係の行政につきましては、今後解決をしなければならない幾多の重要課題が山積いたしております。これらの懸案の解決に、これから佐藤政務次官ともども努力をいたす所存でございまするので、委員の皆様におかれましても、何とぞ御教示、御支援を賜わりますようにお願い申し上げます。本日は、当委員会に初めて出席いたしましたので、この機会に簡単に郵政省の当面いたしまする諸問題につきまして御説明を申し上げまして、御参考に供したいと存じます。
 まず労働問題でございまするが、全逓信労働組合との間に団体交渉が今なお行われていない状態にございます。私たちは、全逓が一日もすみやかに現在のような状態ではなく、政府並びに組合お互いに正常明朗な労使関係に立ち至るようになることを強く念願する次第でございます。
 郵政事業につきましては、郵便は引き続いて順調な進展を続けております。郵便貯金につきましても、前年度はやや不調でございましたけれども、本年度はかなり好調な出足を見せております。また簡保につきましても、おおむね所期の成果を示しておるのでございます。しかし、これらの事業経営上にはいろいろな問題もございますので、その改善等につきましては、目下検討中でございます。
 次に、電気通信関係につきましては本年八月からジュネーブで行われまする通常無線主管庁会議及び十月の全権委員会議はいずれも今後の国際電気通信政策及び電波権益等に直接大きな関係がございまするので、政府といたしましては、世界の電気通信界の向上発展に寄与いたしまするとともに、わが国の電波権益の確保、拡充をはかるために鋭意準備中でございます。
 放送関係につきましては、外国電波による混信の被害の増大に対処いたしまして、さらにまた、あわせてわが国の使用できる周波数を最大限に利用するために、さきに標準放送用周波数割当計画表を相当大幅に修正はいたして参ったのでありまするが、さらにカラー・テレビの本格的実施方法、時期等につきまして、あらゆる角度から慎重に検討中でございます。またFM放送の実施につきましても、その基本的なあり方につきましては、目下検討を進めている次第でございます。
 電信電話拡充計画につきましても、目下公社におきまして第二次の五カ年計画の修正案の整備を急いでおりまするけれども、郵政省といたしましても、これに対しまして適切なる措置を講じなければならないと考えております。
 以上、ごあいさつを兼ねまして、所管行政につきまして触れました次第でございまするが、これらの懸案がスムーズに解決していきまするように、何とぞ委員の皆様によろしく御協力を賜わりまするように、切にお願い申し上げましてごあいさつといたす次第でございます。(拍手)
#19
○佐藤委員長 佐藤政務次官。
#20
○佐藤(虎)政府委員 このたび政府当局より郵政政務次官をやれという仰せつけを受けまして、実はただいま参議院の方でだいぶおしかりを受けて参ったのですが、何か郵政省は郵便配達のようなことだからお前さんはいやだと言ったじゃないかというようなお話でございましたけれども、率直に申し上げますと、私は逓信行政に対してはいまだ一度も勉強をしたことがないのでございます。それで自分のいまだ勉強もしなければ関知したこともないという関係で、むしろベテランの皆さんの前へおしかりを受けに来る、同時にりっぱな大臣の足手まといになってはいかぬじゃないか、こういうのでみずからを知って実は御遠慮を申し上げて辞退いたしたのでありますが、実は自民党の諸君あるいは社会党の友人諸君が、まあそう言わないで一ぺん勉強のし直しにやれということで、昨日引き受けたようなわけであります。どうか一つ、これから大臣の命令に服しまして、皆さんのおしかりと御教示によって、皆さんの御支援を得て無事に任期中務めさせていただきたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#21
○佐藤委員長 大橋総裁。
#22
○大橋説明員 電信電話事業に対して平素格別の御配慮と御支援を賜わっておりますことについて、この機会に厚くお礼申し上げます。
 おかげをもちまして公社の経営状態はおおむね順調に推移いたしておるのでありますが、最近における加入電話並びに市外通話の需要の伸びはまことに目ざましいものがございまして、このまま推移いたしますと、昭和三十三年度を初年度とする総額四千百億円に上る第二次五カ年計画を実行いたしましても、電話の需給状況は逐年かえって悪化することとなり、所期のサービス改善目標を達成することはとうてい不可能である見通しが明らかとなって参りました。このため、公社といたしましては、昨年以来すでに第二次五カ年計画の拡大修正の心要性を痛感いたしまして、鋭意検討を続けて参り、七月中旬には成案を得る運びになるかと思います。
 本改訂計画に関しましては資金調達方法その他あらゆる面におきまして、特に本委員会の御審議をわずらわすことが多いかと存じますが、電信電話設備拡充の重要性にかんがみまして、皆様の深甚なる御理解と御鞭撻を切にお願いいたしまして、以上簡単ではございますが、ごあいさつを兼ねて事業概況の御報告を終りたいと思います。(拍手)
#23
○佐藤委員長 この際森本委員より発言を求められております。これを許します。森本委員。
#24
○森本委員 新しい大臣と政務次官を迎えまして、今大臣から所管事項の簡単なる御説明がございましたが、これについて、いろいろ基本的な問題等についての質問がたくさんございますけれども、もう国会も末期になりましたし、近く閉会中にもやる予定をしておるようでありますから、その際にいろいろ各事業別にそれぞれ質問をしてみたいと思いますが、きょうはちょっと簡単な事項で電波監理局長に――これも新しい局長でございますが、聞いておきたいと思います。
 それは、今テレビの全国的なチャンネル・プランによっての開局が行われておりまするが、あのテレビのチャンネル・プランにないところの地方局については、これを重要度合いに応じては、まだ第二次チャンネル・プランができておらないけれども、免許しても差しつかえないというところについては、これを逐次やっていきたいということは前の局長も言っております。これは結局中都市になるわけでありまするが、特にNHKが順次やっていく、こういうことになろうと思いますが、この問題については今どうなっておりますか。
#25
○甘利説明員 現在主要な都市その他につきましては昨年度の大量免許によりましてかなりな範囲にテレビを普及することができるようになっておりまして、その建設工事等それぞれ関係の向きで急いでおるような状況でございます。またNHKのテレビ放送網は、逐次許される予算の範囲内で計画的な建設計画が進められております。一面、このようなテレビ網に対して、これが完全に運営されました場合に、果してその経営、また視聴者の要求、そういうものがどのような結果になりますか、今後の小局の免許につきましては、そういった実績を十分調査しまして、それに応じて逐次サテライト局あるいはブースター局といったものを免許していく方針でございます。
#26
○森本委員 率直に申し上げまして、前の局長が言っておりましたように、第二次チャンネル・プランができ上らなくても、それまでの間にすでにNHKが計画をし、また中都市からも相当要望がある、また将来の第二次チャンネル・プランから見ても差しつかえがない、そういうあらゆる条件が成熟した場合には、従来通りそういうところについても免許をしていく、前の方針と変りがない、こういうことですね。
#27
○甘利説明員 NHKの計画につきましては、まだ僻地においてラジオすら聞けないというようなところもかなりございます。また一般放送のテレビの経営というものは、局がふえるに従ってそう簡単に経営が楽に成り立つというようなことも地方においては予想されない節もございます。そういった面を考え合せまして多くのテレビ、ラジオの聴視を望んでおります地方の都市について逐次検討して免許していく、こういう方針でございます。
#28
○森本委員 私は何もラジオが聞けぬところが云々というようなことを金言っておるわけじゃないのです。それはあなたに教えてもらわなくても十分に知っておるわけであります。そういうことになれば将来のFM放送の問題についてもいろいろ質問が出てくるわけでありますが、今私はそれを言っておるのじゃないのであって、現にNHKあたりでも、率直なところを言って、個所を私が、指名してもいいですが、舞鶴とか日立とか、あるいはもう二、三カ所あったと思いますが、そういうようなところについてはすでにNHKとしても計画をしておりますし、また電波監理当局としても大体いいのじゃないかというようなことを前から言っておったわけでございますので、特にNHKの放送は公共放送でございますから、一般民間放送と違って別に利権の問題その他も全然ないわけでありまして、そういう面については従来通りの方針でやっていかれる、こういうことの御答弁で私はけっこうです。こう考えておりますが、妙にあとさきのつけ足しが長いので、今はっきりしておきたいと思いますけれども、中都市におけるNHKのテレビの免許については、従来通りあらゆる条件が整って、よろしいということになれば、第二次チャンネル・プランができなくても許可していく方針である、こういうことでよろしいのですか。
#29
○甘利説明員 ただいまの通りでございます。
#30
○森本委員 ついででございますのでこの際申し上げておきたいと思います。これはどうなるかわかりませんけれども、今度の公職選挙法の改正が、おそらく臨時国会か通常国会に出ると思いますが、もうすでにテレビを選挙放送に使ってもいいではないかというふうな意見も今出つつあるようでありますが、今のNHKの全国放送網を見た場合に、大体本年度中には各県庁所在地にはほとんど許可になり、開局せられる方針であるけれども、具体的になりますとまだ県庁所在地でもなってないところもありますし、それからカメラその他の点からいっても、いわゆる現地放送ができ得るというテレビのNHKの放送局は数少いという状況でありますが、そういう点については電波監理当局もこの政治のテンポと歩調を合せた推進の仕方をぜひやっていただきたい。今そういう要望が非常に強いということで、かりに東京なら東京だけにそういうものを許すということになりますと、地方とは非常に不公平になってくるわけであります。そういう点で県庁所在地、そういうところについても現地放送もでき得るというような形を急ピッチでとる必要があるのではないか。特に今公職選挙法の改正案をめぐる論議から見て必要性が出てくるのではないか。そういう点についても次会に各事業別の質問を行いたいと思いますので、その際に十分お答えができるように研究をしておいてもらいたいと思います。
#31
○佐藤委員長 次会は明三日午後一時より理事会、午後一時半より委員会、及び来たる六日午前十時より理事会、十時半より委員会を開くこととし、本日はこれにて散会いたします。
    午前十一時三十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト