くにさくロゴ
1959/07/03 第32回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第032回国会 懲罰委員会 第1号
姉妹サイト
 
1959/07/03 第32回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第032回国会 懲罰委員会 第1号

#1
第032回国会 懲罰委員会 第1号
本国会召集日(昭和三十四年六月二十二日)(月
曜日)(午前零時現在)における本委員は、次の
通りである。
   委員長 山口 好一君
   理事 河野 一郎君 理事 林  讓治君
   理事 松村 謙三君 理事 風見  章君
   理事 片山  哲君
      石井光次郎君    石橋 湛山君
      大野 伴睦君    川島正次郎君
      堤 康次郎君    吉田  茂君
      淺沼稻次郎君    河上丈太郎君
      鈴木茂三郎君
    ―――――――――――――
六月三十日
 山口好一君委員長辞任につき、その補欠として
 高瀬傳君が議院において委員長に選任された。
―――――――――――――――――――――
昭和三十四年七月三日(金曜日)
    午前十時九分開議
 出席委員
   委員長 高瀬  傳君
   理事 松村 謙三君 理事 風見  章君
   理事 片山  哲君
      石井光次郎君    川島正次郎君
      久野 忠治君    小金 義照君
      藤枝 泉介君    淺沼稻次郎君
    ―――――――――――――
六月三十日
 委員川島正次郎君辞任につき、その補欠として
 高瀬傳君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員山口好一君辞任につき、その補欠として川
 島正次郎君が議長の指名で委員に選任された。
七月二日
 委員淺沼稻次郎君辞任につき、その補欠として
 石村英雄君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員石村英雄君辞任につき、その補欠として淺
 沼稻次郎君が議長の指名で委員に選任された。
同月三日
 委員石橋湛山君、堤康次郎君及び吉田茂君辞任
 につき、その補欠として小金義照君、久野忠治
 君及び藤枝泉介君が議長の指名で委員に選任さ
 れた。
同日
 委員小金義照君、久野忠治君及び藤枝泉介君辞
 任につき、その補欠として石橋湛山君、堤康次
 郎君及び吉田茂君が議長の指名で委員に選任さ
 れた。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○高瀬委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 不肖私、このたびはからずも懲罰委員長の重責をになうことになりましたが、何分にもふなれでありますので、この重責を果し得るかどうかを懸念いたすのであります。しかし、議院の規律保持に関して、当委員会に課せられた任務はまことに重大なるものがあると存じますので、委員長に就任いたしましたからには、誠心誠意努力いたしたいと存じます。委員会の運営につきましても、また委員各位の御理解ある御支援と御協力を得まして、大過なきを期したいと存じますので、何とぞよろしく御指導、御鞭撻のほどをお願い申し上げます。
 簡単ではございますが、一言ごあいさつといたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#3
○高瀬委員長 この際、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。本委員会といたしましては、懲罰制度に関する件について閉会中審査ができるように、議長に対し申し出をいたしておきたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○高瀬委員長 御異議ないものと認め、さよう決定いたします。
 なお、申出書の作成、提出手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○高瀬委員長 御異議ないものと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#6
○高瀬委員長 なお、この際、閉会中の委員派遣に関してお諮りいたします。ただいま御決定願いました閉会中審査の件が付託されまして、閉会中審査いたします際に、委員を派遣して実地調査を行う必要が生じました場合には、議長に対する委員派遣承認申請の手続その他具体的実施計画等は、すべて委員長に御一任を願っておきたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○高瀬委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 なお、閉会中審査雑費に対する課税の関係で、閉会中の毎月一度打合会を開くことといたしたいと存じますが、その開会日時は追って公報をもってお知らせいたしたいと存じますので、御了承願います。
 なお、今月は、明四日、土曜日午前十時から打合会を開く予定でございますが、あらかじめ御了承のほどをお願いいたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト