くにさくロゴ
1959/07/03 第32回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第032回国会 決算委員会 第2号
姉妹サイト
 
1959/07/03 第32回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第032回国会 決算委員会 第2号

#1
第032回国会 決算委員会 第2号
昭和三十四年六月三十日
 田中彰治君委員長辞任につき、その補欠として
 鈴木正吾君が議院において委員長に選任された。
    ―――――――――――――
七月三日(金曜日)委員長の指名で、次
の通り小委員及び小委員長を選任した。
      井原 岸高君    押谷 富三君
      鹿野 彦吉君    鈴木 正吾君
      田中 彰治君    高橋 禎一君
      小川 豊明君    神近 市子君
      森本  靖君    山田 長司君
   閉会中審査小委員長    鈴木 正吾君
―――――――――――――――――――――
昭和三十四年七月三日(金曜日)
    午前十一時三十分開議
 出席委員
   委員長 鈴木 正吾君
   理事 井原 岸高君 理事 田中 彰治君
   理事 山本 猛夫君 理事 小川 豊明君
   理事 神近 市子君 理事 山田 長司君
      賀屋 興宣君    中島 茂喜君
      保岡 武久君    淡谷 悠藏君
      松平 忠久君    森本  靖君
 委員外の出席者
        専  門  員 黒田 久太君
    ―――――――――――――
七月一日
 委員倉石忠雄君及び松田鐵藏君辞任につき、そ
 の補欠として平塚常次郎君及び大倉三郎君が議
 長の指名で委員に選任された。
同月二日
 委員齋藤邦吉君辞任につき、その補欠として福
 永健司君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員福永健司君辞任につき、その補欠として園
 田直君が議長の指名で委員に選任された。
同月三日
 委員高橋英吉君、園田直君、中島茂喜
君及び山本猛夫君辞任につき、その補欠として高
 橋禎一君、田中角榮君、千葉三郎君及び押谷富
 三君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 理事山本猛夫君同日委員辞任につき、その補欠
 として押谷富三君が理事に当選した。
同日
 理事鈴木正吾君六月三十日委員長就任につき、
 その補欠として田中彰治君が理事に当選した。
同日
 理事高橋英吉君同日委員辞任につき、その補欠
 として高橋禎一君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 小委員会設置並びに小委員及び小委員長選任に
 関する件
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○鈴木委員長 これより決算委員会を開会いたします。
 この際一言ごあいさつを申し上げます。
 私、今回はからずも決算委員長に選任せられ、その責任の重きを痛感いたしておる次第であります。第二十九回国会以来理事として当委員会の審査及び調査に携わって参ったとはいえ、まことに微力であります上、委員会の運営等につきましては全くふなれでございまして、何かと不行き届きの点も多々あろうと存じますが、委員各位の御理解ある御協力並びに御鞭撻によりまして、この重責を大過なく果すことができますれば幸いであります。何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#3
○鈴木委員長 まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。当委員会の理事は現在三名欠員となっております。つきましては、理事の補欠選任をいたしたいと存じますが、これは先例により委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○鈴木委員長 御異議なしと認めます。委員長は、理事に
   押谷 富三君  田中彰治君
   高橋 禎一君
の三名を指名いたします。
    ―――――――――――――
#5
○鈴木委員長 次に、閉会中審査申し出の件についてお諮りいたします。第三十二回国会は本日をもって終了いたしますので、当委員会に付託になっております議案全部、すなわち昭和三十一年度及び昭和三十二年度決算、昭和三十一年度及び三十二年度の国有財産増減及び現在額総計算書、国有財産無償貸付状況総計算書、昭和三十二年度物品増減及び現在額総計算書、以上の各件を閉会中も引き続き審査を続けたいと存じます。
 また、歳入歳出の実況に関する件、国有財産の増減及び現況に関する件、政府関係機関の経理に関する件につきましても、同様調査を続けたいと存じます。
 以上の各件の閉会中審査の申し出をしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○鈴木委員長 御異議なしと認め、そのように決しました。
 なお、ただいま御決定のありました閉会中審査の案件が当委員会に付託になり、調査のため現地に委員を派遣する必要の生じました際には、議院運営委員会決定の基準の範囲内において委員長において適宜取り計らうことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○鈴木委員長 御異議なしと認め、さように決しました。
    ―――――――――――――
#8
○鈴木委員長 次に、閉会中審査小委員会の設置についてお諮りいたします。閉会中審査の各案件が付託に相なりました際の審査の便宜上、閉会中審査小委員会を設けたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○鈴木委員長 御異議なしと認め、そのように決しました。
 なお、小委員の員数及び小委員及び小委員長の選任並びに異動の取扱いにつきましては委員長に御一任願います。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○鈴木委員長 本日はこれにて散会いたします。
   午前十一時三十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト