くにさくロゴ
1959/06/25 第32回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第032回国会 議院運営委員会 第3号
姉妹サイト
 
1959/06/25 第32回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第032回国会 議院運営委員会 第3号

#1
第032回国会 議院運営委員会 第3号
昭和三十四年六月二十五日(木曜日)
    午後一時三十三分開議
 出席委員
   委員長 江崎 真澄君
   理事 荒舩清十郎君 理事 松澤 雄藏君
   理事 三和 精一君 理事 山村新治郎君
   理事 池田 禎治君 理事 佐々木良作君
   理事 山本 幸一君
      安倍晋太郎君    天野 公義君
      佐々木盛雄君    長谷川 峻君
      原田  憲君    毛利 松平君
      木下  哲君    栗原 俊夫君
      小林  進君    小林 正美君
      兒玉 末男君    下平 正一君
 委員外の出席者
        議     長 加藤鐐五郎君
        副  議  長 正木  清君
        事 務 総 長 鈴木 隆夫君
        衆議院参事
        (事務次長)  山崎  高君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国務大臣の演説及び質疑に関する件
 議員五十嵐吉藏君逝去につき院議をもって弔詞
 贈呈等の件
 本院予備経費支出承認に関する件
 本日の本会議の議事に関する件
 次回の本会議の件
     ――――◇―――――
#2
○江崎委員長 これより会議を開きます。
 まず、本日の議事についてでありまするが、先般来の理事会における話し合いにより、本日午後一時から本会議を開いて、国務大臣の演説を行うことになっておりますが、昨日の委員会において、社会党の方から、総理大臣の所信についての演説のほかに、外務大臣及び大蔵大臣の演説をも行うべきであるとの意見が述べられ、御協議を願ったのであります。これについては、椎名官房長官が、この申し入れについて協議いたしました上、返答することになっておりました。先ほど私のところまで、いろいろと相談をしてみたが、今回は総理の所信表明の中にそれらの点についても触れられることと思われるので、外務、大蔵両大臣は本日は別に発言いたさないとのことであります。なお、自民党の方においても、政府にその点はお話し合いをいたされることになっておりましたので、この際、荒船君からその経過等を御報告願いたいと存じます。
#3
○荒舩委員 ただいま委員長がお読みになったような趣旨でございまして、社会党さんの、外務、大蔵の両大臣が所信を披瀝すべきだという御意見に基きまして、党と政府と協議をいたしましたが、この際は総理大臣の所信表明だけにとどめさせていただくよう――また、今回の議会は参議院の構成に重点が置かれているというような点もありますので、ぜひ一つ総理の所信表明だけにとどめさせていただきたい、こういうことでございますので、一応御了解を得たいと存じます。
#4
○池田(禎)委員 私どもは、今日の重要段階に当って、外務大臣、大蔵大臣のそれぞれの当面する問題について所信の表明を求め、それに対する質疑を行いたいという主張は今日も変りありません。ただ、政府においても与党においても、社会党の希望については深甚なる考慮を払うという御意向を十分私は尊重し参酌することによって、一応きょうはこの問題は打ち切ります。
#5
○江崎委員長 それでは、本日の本会議において、午後二時から岸内閣総理大臣の所信についての演説を行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#7
○江崎委員長 次に、国務大臣の演説に対する質疑についてでありますが、先般来の理事会における話し合いの通り、質疑は、本日の本会議における国務大臣の演説終了後、一たん本会議を休憩し、参議院における国務大臣の演説が終りましてから本会議を再開し、質疑に入ることとし、本日は第一陣の片山哲君が行うこととといたし、質疑日数は、本日を含めて二日間とし、質疑者の数は、自由民主党は一応保留し、日本社会党は三人とし、発言時間は、従前の例にならって、社会党の持ち時間は一時間三十分程度、これは一人が大体三十分程度という意味ですが、その範囲内で適宜行うことといたし、発言順位は、自由民主党が第一陣たるの発言順位は原則通りとするが、今回は日本社会党に譲ることとし、第二陣は自由民主党が行い、以後の順位は交互とすること、また、第二陣以降の質疑は、明二十六日に行い、これを全部終了することとするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#8
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、自由民主党からの質疑通告者は、ただいまのところ申し出がありません。日本社会党からの質疑通告者は、片山哲君、足鹿覺君、春日一幸君であります。片山君の要求大臣は総理大臣であります。足鹿君の要求大臣は、総理大臣、農林大臣、労働大臣、大蔵大臣、経済企画庁長官であります。なお、春日君の要求大臣は、総理大臣、大蔵大臣、通商産業大臣、労働大臣、経済企画庁長官であります。
    ―――――――――――――
#9
○江崎委員長 次に、議員五十嵐吉藏君逝去につき、院議をもって弔詞贈呈の件についてでありますが、昨二十四日、群馬県第一区選出の五十嵐吉藏君が逝去せられました。ここにつつしんで哀悼の意を表します。
 つきましては、同君に対する弔詞贈呈についてお諮りいたします。弔詞文につきましては、同君は十年六カ月在職せられ、また特別委員長として国会審議のために尽された方でありますので、これらの趣旨を織り込みました特別弔詞の案文をお手元に配付いたしてあります。事務次長から朗読を願います。
#10
○山崎事務次長 朗読いたします。
 衆議院は多年憲政のため尽力しさきに本院国土総合開発特別委員長の重職にあたられた議員位勲等五十嵐吉藏君の長逝を哀悼しつつしんで弔詞をささげます。
#11
○江崎委員長 弔詞文につき何か御発言はありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○江崎委員長 それでは、弔詞文はお手元に配付の案文の通り決定するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、追悼演説者は、理事会での話し合いの通り、社会党の茜ケ久保重光君にお願いすることに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 その日取り等につきましては、追って御協議を願うことといたします。
    ―――――――――――――
#15
○江崎委員長 次に、弔慰金支出の件についてでありますが、お手元に配付の国会予備金使用承認要求書にあります通り、歳費一カ年分の金額を本院予備経費から支出することを承認するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 次に、議員一同から香典贈呈についてでありますが、慣例によりまして、議員一同から一人五百円あて拠出願い、香典として贈呈することと相なっておりますので、御了承を願います。
    ―――――――――――――
#17
○江崎委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、明二十六日午後一時から開会し、国務大臣の演説に対する残余の質疑を行い、これを終了することといたします。従いまして、次回の委員会は、同日午前十一時から理事会を開き、理事会散会後に委員会を開会することといたします。
    ―――――――――――――
#18
○江崎委員長 それでは、本日の本会議はどういうことにいたしましょうか。
#19
○山本(幸)委員 一時五十分予鈴、二時開会。
#20
○江崎委員長 それでは、本日の本会議は、一時五十分予鈴、二時から開会することといたします。なお、質疑は、三時再開の予定でございますから、御了承を願っておきます。
 本日はこれにて散会いたします。
    午後一時四十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト