くにさくロゴ
1959/06/30 第32回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第032回国会 議院運営委員会 第5号
姉妹サイト
 
1959/06/30 第32回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第032回国会 議院運営委員会 第5号

#1
第032回国会 議院運営委員会 第5号
昭和三十四年六月三十日(火曜日)
    午後六時七分開議
 出席委員
   委員長 江崎 真澄君
   理事 荒舩清十郎君 理事 松澤 雄藏君
   理事 三和 精一君 理事 山村新治郎君
   理事 池田 禎治君 理事 佐々木良作君
   理事 山本 幸一君
      安倍晋太郎君    天野 公義君
      佐々木盛雄君    長谷川 峻君
      原田  憲君    山口六郎次君
      小林  進君    小林 正美君
      兒玉 末男君    下平 正一君
 委員外の出席者
        議     長 加藤鐐五郎君
        副  議  長 正木  清君
        事 務 総 長 鈴木 隆夫君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 常任委員長辞任の件
 常任委員長の選挙
 特別委員会設置の件
 緊急質問の取扱の件
 議員五十嵐吉藏君逝去にっき院議をもって弔詞
 贈呈等の件
 本日の本会議の議事に関する件
 次回の本会議の件
     ――――◇―――――
#2
○江崎委員長 これより会議を開きます。
 まず、常任委員長辞任の件についてでありますが、本日、議院運営委員長外十四の各常任委員長から辞任願が提出されております。右の各常任委員長辞任の件につきましては、本日の本会議においてこれを決定するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○江崎委員長 次に、常任委員長の選挙についてでありますが、ただいま御協議願いました各常任委員長の辞任願が本会議において許可されましたならば、引き続いて、本日の本会議において予算委員長も含めた全部の常任委員長の選挙を行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 ついては、この選挙をどういうふうに取り運びますか、この際御協議を願います。
#6
○池田(禎)委員 私どもは、常任委員長の辞任があれば、選挙を行うことが当然のコースかと心得ております。国会法におきましても、明らかにこれを規定しておるのであります。ただ、今回は両党間の話し合いもあって、できるだけその煩瑣を避けるために、両党で意見の一致したものについては、これを前例としないということで、選挙の方式については御相談を申し上げたことがあることを、私どもはそれぞれの対策委員長から承わっておりますので、この際においては、それを前例としないということの原則を確認するならば、私は、野党なるがゆえに対立候補を出したり、いやがらせのための投票によるところの行為を避けたいと思っております。この点につきましては、前例としないということでお取り計らいを願いたいと思います。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり]
#7
○江崎委員長 それでは、本件につきましては、ただいま池田さんの御意見、お聞きの通りであります。また、先ほどの理事会でも、それぞれ御意見のありましたように、今後の前例とはせず、両党間に話し合いがつかない場合は原則通り選挙によることを確認し、今回は議長指名とすることの動議は起立をもって採決するということで御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○江崎委員長 御異議がなければさように決定いたします。
 なお、自由民主党から推薦して参っております新委員長の候補者は、お手元に配付の印刷物の通りであります。
    ―――――――――――――
#9
○江崎委員長 次に、特別委員会設置の件についてでありますが、本件は先般の委員会において留保になっておりましたが、いかがいたしますか、御協議を願います。
#10
○山村委員 この特別委員会につきましては、これも国会対策委員長会談で話し合いがついておるのでありまして、今回は、この四つの委員会のうち、引き揚げの関係だけを除きまして、あとの科学技術振興並びに国土総合開発及び公職選挙法の改正に関する三つの委員会は、これを作ることに社会党さんの御賛成を願いたいと思います。
#11
○池田(禎)委員 これは前国会におきましても、私どもは、この特別委員会を作るのは今回をもって終りとする、どうしても必要なものについては国会法を改正して常設委員会に切りかえるべきである、こういうことを主張して参りました。これは、近年毎国会ごとにこういうことが論議になっておるが、そのつど、いずれ次に協議、次に協議ということで繰り延べて、何ら着手しておらないのでありまして、この委員会で論議されたことがこういうふうに等閑に付されることは、はなはだ私ども委員としての職責に欠くるところもあり、公党としての発言についても何らの権威がないということは、まことに私は残念なことだと思っております。従って、本来ならば、前国会の発言を今日ここで検討しますならば、当然与党といえども、野党といえども、この特別委員会を廃止して、必要なものがあるならば、国会法を改正して常設委員会とすることが当然行われなければならぬのであります。こういうことが、ただ単に言葉の上だけで残されているということは、非常に私遺憾に思います。特に今回の場合、両党の話し合いもあったことですから、私はあえて異説は唱えませんけれども、どうしても必要なものなら、常設委員会にすべきである。特別委員会はその会期だけをもって終るということになっておりますから、そのことをもう一度各委員で確認をして、次の国会からは、必要なものは常設の委員会とする、特別委員会というものは、そのときに発生された、その国会限りの特別的な任務を持った、案件を持った委員会として、ほんとうに効力を発生することが必要である。私はそういうことがあると思う。たとえば、ただいま問題になっている志免炭鉱のごときは、こういうものこそ特別委員会を作って、国会が国権の最高機関たるの立場からその検討をゆだねることが望ましいことであって、こんな五年も八年も十年も作られている委員会を、特別委員会としておくことそれ自体が非常な誤まりでありますから、このことを私はもう一度申し上げて、同時にすべての人が同意をなさるならば、次の国会には、単にそういうおざなりのことでなくて、根本的に検討し、着手するということを、全員の総意でもっておきめを願いたい、こう申し上げておきまして、今回は会期もあと三日しかないことでありますから、私は、この点につきましてはあえて異説を唱えようとも思いません。このことだけは、重ねて前国会に引き続いて、念を押して私は申し上げておきます。
#12
○山村委員 自由民主党といたしましても、この際、特別委員会の問題につきましては、発言しておきたいと思います。この問題につきましては、ただいま池田君からお話がありましたように、国会のたびごとに問題になっている点でございまして、先国会におきましても、今度新しく委員長になられます荒舩清十郎君が、自民党のキャップといたしまして、社会党の諸君の御意見を肯定したこともある次第でございます。もとより、われわれといたしましては、今までありました海外同胞引揚を含めましたこの四つの委員会というものは、いずれも重要な委員会であると思います。また、相当効果も上り、国会がこのことを重要視して審議をしなくちゃならぬ問題がたくさん関係している委員会だと考えております。しかし、海外同胞の問題につきましては、社会労働委員会もあることでありまして、ここで十分調査、研究をされていることと存じます。あとの科学技術振興並びに国土総合開発及び選挙法の特別委員会は、それぞれ一つ一つを取り上げても、全部重要な問題が関連している委員会でございますが、確かに池田さんのおっしゃる通りに、こういう委員会が必要だからといって、のんべんだらりと何年も特別委員会として繰り返すということは、国会のあり方として考えなくちゃならぬ点がございます。従いまして、この問題につきましては、先般の国会におきましてもお話がありましたように、われわれといたしましても十分検討するつもりでございますが、これを常任委員会にいたす場合におきましては、国会法改正という問題が関連いたしまして、参議院とのかね合い等もございますから、十分私どもも検討いたしまして、ぜひ必要なものは、また恒久的に置かなければならぬものにつきましては、常任委員会にするために努力いたすことを、われわれ自民党といたしましても考えている次第でございます。従いまして、今回のこの三つの委員会ができましても、ただいま池田さんから御発言がありましたように、この問題につきましては十分検討いたしまして、国会法のかね合い、参議院とのかね合いを検討いたしまして、お互いに十分話し合いをいたしたいと考えておる次第でございます。
#13
○江崎委員長 ただいまそれぞれの御意見がございましたが、これを十分尊重することを確認いたしまして、それでは、今臨時会におきましても、おのおの委員二十五人よりなる公職選挙法改正に関する調査特別委員会、科学技術振興対策特別委員会、国土総合開発特別委員会の三特別委員会を設置することとし、本日の本会議においてその設置を議決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、各特別委員会の委員の各会派割当数は、自由民主党十六人、日本社会党九人と相なりますから、御了承を願います。
    ―――――――――――――
#15
○江崎委員長 次に、日本社会党の中村高一君から提出されました沖縄布令二十三号(新刑法)に関する緊急質問、及び日本社会党の櫻井奎夫君から提出されました新潟地区地盤沈下に関する緊急質問の取扱いについてでありますが、いかがいたしますか、御協議を願います。
#16
○池田(禎)委員 これは、かねてわが党から要求しておりましたものであります。かつまた、この中村高一君の沖縄布令二十三号に関する緊急質問は、きょう聞くところによりますと、何か米軍のジェット機の墜落があって、学校に墜落したとか校庭に墜落したとかいうようなことで、多くの死傷者も出しておる、こういうほんとうに緊急に発生した事態もありますので、これはぜひともお許しを願いたい。さらにまた、櫻井奎夫君から提出されておりますところの新潟地区地盤沈下に関する緊急質問につきましては、委員長がきまらず、長い間質問もできないで、たなざらしにされておったのでございますが、きょうは、いろいろな選挙等も、手続を省略したにしても、あるのですから、明日の本会議において、この二つの緊急質問を許可されるよう、この際お願いいたします。
#17
○荒舩委員 ただいま御発言の、沖縄布令二十三号の件、及び新潟地区地盤沈下に関する緊急質問等の問題は、わが党としては、明日本会議を開く予定でございますので、明日、これを議題として本会議で取り扱うことにいたしたいと考えております。さよう御了承を願います。
#18
○江崎委員長 それでは本緊急質問二件は、明日の本会議で行うこととするに御異議ありませんか。
  [「異議なし」と呼ぶ者あり]
#19
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#20
○江崎委員長 次に、議員五十嵐吉藏君逝去につき院議をもって弔詞贈呈の件についてでありますが、先般の委員会において、弔詞文についてはすでに御決定を願い、また、追悼演説者につきましては、日本社会党の茜ケ久保重光君にお願いすることになっておりましたが、先ほどの理事会での話し合いの通り、追悼演説は本日の本会議において行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#22
○江崎委員長 次に、本日の本会議の議事についてでありますが、事務総長から説明を願います。
#23
○鈴木事務総長 御説明申し上げます。
 まず最初に、常任委員長から提出されております辞任の件をお諮りいたしまして、それが許可に相なりますれば、直ちに常任委員長の選挙を日程に追加して行うことに相なります。その除、選挙の手続を省略して議長指名に願いたいとの動議が出ますれば、これは先ほどの御協議に従いまして、起立採決でお願いいたします。次に、ただいまおきめいただきました特別委員会の設置の件を議長発議でお諮りいたします。それから、ただいまお話がございました五十嵐さんの弔詞贈呈の件につきまして、議長発議で文案をお諮りいたしまして、そのあとに追悼演説をお願いすることになっております。
 以上でございます。
    ―――――――――――――
#24
○江崎委員長 それでは、本日の本会議はどうしますか。
#25
○山村委員 六時二十五分予鈴、三十五分開会。
#26
○江崎委員長 それでは本日の本会議は、六時二十五分予鈴、六時三十五分から開会することといたします。
    ―――――――――――――
#27
○江崎委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、明七月一日は定例日ではございませんが、特に同日定刻から本会議を開くこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり]
#28
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。従いまして、次回の委員会は、同日午前十一時から理事会を開き、理事会散会後に委員会を開会することにいたします。
 本日はこれにて散会いたします。
    午後六時二十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト