くにさくロゴ
1959/07/03 第32回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第032回国会 議院運営委員会 第7号
姉妹サイト
 
1959/07/03 第32回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第032回国会 議院運営委員会 第7号

#1
第032回国会 議院運営委員会 第7号
昭和三十四年七月三日(金曜日)
    午後一時十二分開議
 出席委員
   委員長 荒舩清十郎君
   理事 佐々木盛雄君 理事 長谷川 峻君
   理事 松澤 雄藏君 理事 三和 精一君
   理事 山村新治郎君 理事 池田 禎治君
   理事 佐々木良作君
      安倍晋太郎君    天野 公義君
      飯塚 定輔君    古川 丈吉君
      毛利 松平君    栗原 俊夫君
      兒玉 末男君    下平 正一君
 委員外の出席者
        議     長 加藤鐐五郎君
        副  議  長 正木  清君
        事 務 総 長 鈴木 隆夫君
    ―――――――――――――
七月一日
 委員大倉三郎君辞任につき、その補欠として天
 野光晴君が議長の指名で委員に選任された。
同月二日
 委員福永健司君及び下平正一君辞任につき、そ
 の補欠として園田直君及び大西正道君が議長の
 指名で委員に選任された。
同日
 委員園田直君及び大西正道君辞任につき、その
 補欠として福永健司君及び下平正一君が議長の
 指名で委員に選任された。
七月一日
 理事荒舩清十郎君六月三十日委員長就任につき、
 その補欠として長谷川峻君が委員長の指名で
 理事に選任された。
同日
 理事大倉三郎君同日委員辞任につき、その補欠
 として佐々木盛雄君が委員長の指名で理事に選
 任された。
    ―――――――――――――
七月一日
 議会政治の運営に関する陳情書(大阪市北区堂
 島西町一関西経済同友会代表幹事谷口豊三郎外
 一名)(第六〇号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員会審査省略要求の件
 皇室経済会議予備議員の選挙
 裁判官訴追委員及び同予備員辞任の件
 裁判官訴追委員及び同予備員の選挙
 中央青少年問題協議会委員の選挙
 国土総合開発審議会委員の選挙
 九州地方開発審議会委員の選挙
 台風常襲地帯対策審議会委員の選挙
 首都圏整備審議会委員の選挙
 日本ユネスコ国内委員会委員の選挙
 飼料需給安定審議会委員の選挙
 海岸砂地地帯農業振興対策審議会委員の選挙
 湿田単作地域農業改良促進対策審議会委員の選
 挙
 畑地農業改良促進対策審議会委員の選挙
 積雪寒冷単作地帯振興対策審議会委員の選挙
 社会保障制度審議会委員推薦の件
 地方制度調査会委員推薦の件
 国立近代美術館評議員会評議員任命につき国会
 法第三十九条但書の規定により議決を求めるの
 件
 米価審議会委員任命につき国会法第三十九条但
 書の規定により議決を求めるの件
 海外移住審議会委員任命につき国会法第三十九
 条但書の規定により議決を求めるの件
 蚕糸業振興審議会委員任命につき国会法第三十
 九条但書の規定により議決を求めるの件
 庶務小委員長の報告
 衆議院事務局職員定員規程の一部改正の件
 議会手当支給に関する件
 各委員会からの閉会中審査申出の件
 閉会中の委員派遣に関する件
 本日の本会議の議事に関する件
     ――――◇―――――
#2
○荒舩委員長 これより会議を開きます。
 まず、委員会審査省略要求の件についてでありますが、昨日内閣から、行政機関職員定員法等の一部を改正する法律案、及び、裁判所職員定員法の一部を改正する法律案が提出されました。右両案につきましては内閣から成規の手続により、委員会審査を省略されたい旨の申し出があります。
 右両案の取り扱いについて御協議を願います。
#3
○佐々木(盛)委員 内閣から要求の通り、委員会の審査を省略して、直ちに本会議に上程するようにお願いいたしたいと思います。
#4
○荒舩委員長 それでは、右両案は、内閣からの要求の通り、委員会の審査を省略するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○荒舩委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、日程第一の行政機関職員定員法等の一部を改正する法律案の趣旨弁明は、益谷国務大臣が行い、日程第二の裁判所職員定員法の一部を改正する法律案の趣旨弁明は、井野法務大臣が行います。
    ―――――――――――――
#6
○荒舩委員長 次に、各種委員の選挙社会保障制度審議会委員等の推薦の件、及び、各種委員任命につき国会法第三十九条但書の規定により議決を求めるの件についてでありますが、お手元に配付の印刷物にあります通り、本院議員の中から選挙し、または任命することになっております。各種委員につきまして、各党からその後任候補者の届出があり、また内閣から任命につき議決を求めて参っております。
 つきましては、いかがいたしますか、御協議を願います。
    ―――――――――――――
    ―――――――――――――
#7
○佐々木(盛)委員 本日の本会議におきまして、全部これを議決されるようお願いします。
#8
○池田(禎)委員 異議ありません。
#9
○荒舩委員長 それでは、各種委員十三件の選挙等を本日の本会議において行うこととし、また委員推薦の二件につきましては、議長から内閣に御推薦願うこととし、内閣から任命につき議決を求めて参った四件につきましては、本日の本会議において議決するにそれぞれ御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○荒舩委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、各種委員の選挙は、先例によりまして、その手続を省略して議長において指名することと相なります。
    ―――――――――――――
#11
○荒舩委員長 次に、庶務小委員長から報告のため発言を求められております。これを許します。三和精一君。
#12
○三和委員 本日の庶務小委員会で協議決定いたしました一、二の案件につきまして御報告いたします。
 第一は、事務局職員の定員規程の一部改正であります。これは、今回の行政機関職員定員法の改正に準じ、常勤労務者のうち四名を定員化するとともに、来年一月一日から尾崎記念会館の要員として七名の定員を増加しようとするものであります。案文はお手元にあります通りであります。
 第二は、議会手当支給の件であります。国会職員給与規程第十三条の規定により、開会中勤労著しい者には、議長は、議院運営委員会に諮り、特別の手当を支給することができるようになっておりまして、毎年本委員会の承認を得て、参議院と同様に支給いたしておりますが、本年もこれを支給してやりたいと存じます。
 以上、いずれも庶務小委員会において全会一致をもって決定したものでありますから、何とぞ御了承を願いたいと存じます。
 以上御報告申し上げます。
    ―――――――――――――
#13
○荒舩委員長 ただいまの庶務小委員長の御報告に対しまして、何か御発言はありませんか。
#14
○池田(禎)委員 異議ありません。
#15
○荒舩委員長 それでは、ただいま庶務小委員長から御報告のありました、衆議院事務局職員定員規程の一部改正の件、及び議会手当支給の件は、それぞれ報告の通り決定するに御異議はありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○荒舩委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、ただいま決定いたしました衆議院事務局職員定員規程の一部改正の件につきましては、お手元に配付の案を委員会の成案とし、これを委員会提出の規程案として、本日の本会議において議決することとするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○荒舩委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#18
○荒舩委員長 次に、緊急上程の請願についてでありますが、内閣、地方行政、外務、社会労働、農林水産、運輸及び建設の各委員会の請願七十七件が、本日の委員会において採択すべきものと決しております。
 つきましては、右各請願は本日の本会議に緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○荒舩委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#20
○荒舩委員長 次に、各委員会の閉会中審査申し出の件についてでありますが、お手元に配付の印刷物にあります通り、各委員会から閉会中審査の申し出をいたして参っております。本件につきましては、本日の本会議において、閉会中審査の議決をするに御異議はありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○荒舩委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#22
○荒舩委員長 次に、閉会中の委員派遣に関する件についてでありますが、閉会中の各委員会の委員派遣の基準につきましては、先刻の理事会での話し合いによりまして、お手元に配付の印刷物にあります通りといたしまして、各委員会から委員派遣の承認申請が提出されて参りました場合には、右の基準の範囲内において、議長において、議院運営委員長と協議の上、決定することに御一任願いたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○荒舩委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#24
○荒舩委員長 次に、本日の本会議の議事について事務総長から説明を願います。
#25
○鈴木事務総長 御説明申し上げます。日程第一と第二は、内閣から委員会審査省略の要求が参っておりますので、これを一括議題といたしまして、委員会の審査省略を承諾すべきやいなやをお諮りいたします。省略が決定いたしますれば、一括議題にいたしまして、逐次趣旨の弁明を求めまして、日程第一については益谷国務大臣、日程第二については井野法務大臣が御説明に相なることになっております。そうして討論もございませんので、一括して採決いたします。それが終りましたら、ただいまおきめいただきました、衆議院の事務局職員定員規程の一部を改正する規程案を緊急上程いたしまして、御決定願いたいと存じます。それから日程第三から日程第十五までは選挙でございますが、これはいつもの例に従いまして、選挙の手続を省略いたしまして、議長指名にお願いしたいと考えております。それから日程第十六から第十九までは、これは三十九条但書により議決を求めて参っておりますので、順次これをお諮りいたします。そこで一たん休憩いたしまして、あと、請願と、それから閉会中の審査案件を再開後の会議でお諮りし、そうして最後に議長からごあいさつがあることになっておりますから、御了承いただきたいと存じます。
    ―――――――――――――
#26
○荒舩委員長 それでは、本日の本会議は何時にいたしましょうか。
#27
○佐々木(盛)委員 一時三十分予鈴、四十分開会。
#28
○荒舩委員長 それでは、一時三十分予鈴、一時四十分本鈴ということでよろしゅうございますか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#29
○荒舩委員長 それではさようにいたします。
 この際暫時休憩いたします。
    午後一時二十五分休憩
     ――――◇―――――
    〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト