くにさくロゴ
1958/01/29 第31回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第031回国会 商工委員会 第6号
姉妹サイト
 
1958/01/29 第31回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第031回国会 商工委員会 第6号

#1
第031回国会 商工委員会 第6号
昭和三十四年一月二十九日(木曜日)
    午前十一時七分開議
 出席委員
   委員長 長谷川四郎君
   理事 小川 平二君 理事 中村 幸八君
   理事 加藤 鐐造君 理事 松平 忠久君
      岡部 得三君    岡本  茂君
      鹿野 彦吉君    久野 忠治君
      坂田 英一君    關谷 勝利君
      中井 一夫君    野田 武夫君
      濱田 正信君    南  好雄君
      渡邊 本治君    板川 正吾君
      堂森 芳夫君    永井勝次郎君
      水谷長三郎君
 出席政府委員
        通商産業事務官
        (大臣官房長) 齋藤 正年君
        通商産業事務官
        (重工業局長) 小出 榮一君
 委員外の出席者
        通商産業事務官
        (重工業局産業
        機械課長)   乙竹 虔三君
        専  門  員 越田 清七君
    ―――――――――――――
昭和三十三年十二月二十三日
 委員加藤高藏君辞任につき、その補欠として夏
 堀源三朗君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員夏堀源三郎君辞任につき、その補欠として
 加藤高藏君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十四日
 委員南好雄君及び赤路友藏君辞任につき、その
 補欠として久野忠治君及び水谷長三郎君が議長
 の指名で委員に選任された。
昭和三十四年一月二十九日
 委員久野忠治君辞任につき、その補欠として南
 好雄君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
昭和三十四年一月二十六日
 特定物資輸入臨時措置法の一部を改正する法律
 案(内閣提出第六〇号)
 商工組合中央金庫法の一部を改正する法律案(
 内閣提出第六一号)
 中小企業信用保険公庫法の一部を改正する法律
 案(内閣提出第六二号)
昭和三十三年十二月二十五日
 輸出入取引法の一部を改正する法律案反対に関
 する請願(阿部五郎君紹介)(第二九七号)
 同(西村力弥君紹介)(第二九八号)
 小売商業特別措置法案の一部改正に関する請願
 (阿部五郎君紹介)(第二九九号)
 同(西村力弥君紹介)(第三〇〇号)
 諸物価の値上げ反対に関する請願(五島虎雄君
 紹介)(第四三七号)
 小売商振興のための法律制定に関する請願(松
 浦周太郎君紹介)(第四九一号)
 奄美大島のパインアップル産業保護育成に関す
 る請願(保岡武久君紹介)(第四九二号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
昭和三十三年十二月二十五日
 中小企業金融公庫神戸支店設置に関する陳情書
 (兵庫県氷上郡柏原町兵庫県中小企業団体中央
 会長森本精一郎)(第二七号)
 輸出向雑貨のデザインに関する陳情書(大阪商
 工会議所会頭杉道助)(第四五号)
 臨海工業用地造成公団法制定に関する陳情書
 (愛媛県議会議長西田唯次)(第八六号)
 昭和三十四年度中小企業関係予算拡大等に関す
 る陳情書(関東商工会議所連合会長足立正)
 (第八七号)
 繊維不況対策等に関する陳情書(倉敷市議会議
 長三宅為一)(第八八号)
 日中貿易再開による漆輸入に関する陳情書(京
 都市下京区高倉通万寿寺下る京都府仏具協同組
 合理事長吉田治市外四名)(第八九号)
 対岸貿易再開促進等に関する陳情書(新潟市長
 村田三郎)(第九〇号)
昭和三十四年一月二十七日
 中小企業設備費補助に関する陳情書(東京都千
 代田区大手町産経会館社団法人日本機械工業連
 合会長倉田主税外三十二名)(第一四三号)
 日中貿易再開に関する陳情書(大阪府会議長辰
 巳佐太郎)(第一六三号)
 中小企業技術指導費補助金交付に関する陳情書
 (一宮市長伊藤一外八名)(第一八三号)
 小売商業特別措置法制定促進に関する陳情書
 (日本商工会議所会頭足立正)(第一八四号)
 対外技術協力推進に関する陳情書(日本商工会
 議所会頭足立正)(第一八五号)
 石油資源開発五箇年計画に基く国家投資増額等
 に関する陳情書(見附市議会議長山谷甲次郎)
 (第一八六号)
 昭和三十四年度石油資源開発株式会社の所要資
 金全額国家投資に関する陳情書(酒田市長本間
 重三)(第一八七号)
 街路灯特別料金制度設定に関する陳情書(日本
 商工会議所会頭足立正)(第一九二号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 参考人出頭要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○長谷川委員長 これより会議を開きます。
 まず参考人出頭要求の件についてお諮りをいたします。小売商業特別措置法案及び商業調整法案の両案審査のため、来たる二月五日、参考人として学識経験者並びに実務に携わっておられる方々等に御出席を願い、意見を聴取することとし、その人選、手続等に関しましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○長谷川委員長 御異議なしと認め、そのように決します。
 なお、この参考人には、理事会で取りきめました通り、現在のところ、全日本小売商団体連盟理事長高橋貞治君、全国商店連盟専務理事の三浦正義君、五大市小売市場総連合会会長坪上和一君、大阪府商店街協同組合連合会会長田中鋳三君、青山学院大学教授向井鹿松君、日本生活協同組合連合会専務理事中林貞男君、日本石炭協会専務理事佐久洋君、消費者代表の方一名、以上八名の方を予定しております。
 本日はこれにて散会いたします。次会は明三十日午前十時より理事会、十時二十分より委員会を開会いたします。
    午前十一時九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト