くにさくロゴ
1958/03/18 第31回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第031回国会 議院運営委員会 第24号
姉妹サイト
 
1958/03/18 第31回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第031回国会 議院運営委員会 第24号

#1
第031回国会 議院運営委員会 第24号
昭和三十四年三月十八日(水曜日)
    午後三時七分開議
 出席委員
   委員長 江崎 真澄君
   理事 荒舩清十郎君 理事 大倉 三郎君
   理事 三和 精一君 理事 山村新治郎君
   理事 池田 禎治君 理事 山本 幸一君
      安倍晋太郎君    佐藤虎次郎君
      長谷川 峻君    古川 丈吉君
      毛利 松平君    小林  進君
      小林 正美君
 委員外の出席者
        議     長 加藤鐐五郎君
        副  議  長 正木  清君
        事 務 総 長 鈴木 隆夫君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 議員山村庄之助君逝去につき院議をもって弔詞
 贈呈の件
 決議案の取扱の件
 緊急質問の取扱の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○江崎委員長 これより会議を開きます。
 議員山村庄之助君逝去につき、院議をもって弔詞贈呈の件についてでありますが、今十八日、大阪府第一区選出の山村庄之助君が逝去せられました。ここにつつしんで哀悼の意を表します。
 つきましては、同君に対する弔詞贈呈についてでありますが、御葬儀が、明日行われます関係上、本日の本会議において、弔詞文だけを例文により作成したお手元に配付の案の通り決定し、贈呈することとするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 次に、追悼演説の日取りについてでありますが、追悼演説は、来週の適当な日の本会議において行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よってさよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#5
○江崎委員長 次に、弔慰金支出の件についてでありますが、故山村庄之助君の御遺族に対しましては、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律第十二条の規定によりまして、歳費一カ年分に相当する金額を弔慰金として贈呈することに相なっておりますが、予備金が不足いたしておりますので、右弔慰金は、別途本院経費から支出することにいたしたいと思いますから、御了承を願います。
 次に、議員一同から香典贈呈についてでありますが、慣例によりまして、議員一同から一人五百円あて拠出願い、香典として贈呈することに相なっておりますので、この点もあわせ御了承を願います。
    ―――――――――――――
#6
○江崎委員長 それでは、まず、決議案の取扱いについてでありますが、河野密君外十二名から提出されました、国際労働条約第八十七号批准に関する決議案の取扱いにつきましては、前回の委員会において留保となっておりましたが、いかがいたしますか、御協議を願います。
#7
○山本(幸)委員 昨日、荒船自民党理事から、一日、二日のうちに、この扱い方を相談をして御返事を申し上げるというお答えでございました。すでにきょうは一日ですから、この際、御返事を願いたいと思います。
#8
○荒舩委員 明日御返事を申し上げます。
#9
○江崎委員長 それでは、本決議案の取扱いにつきましては本日のところは留保することにいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#11
○江崎委員長 次に、河野密君外四名から提出されました、オホーツク海におけるさけ、ます漁業に関する決議案の取扱いにつきましては、前回の委員会において留保となっておりましたが、この取扱いをいかがいたしますか、御協議を願います。
#12
○荒舩委員 オホーツク海におけるさけ、ます漁業に関する決議案の取扱いでございますが、これは、わが党といたしましては、両党共同の決議案といたしたいと思います。従いまして、社会党さんの国会対策とわが党の国会対策と、決議案につきまして協議をいたしまして、明日上程せられるように取り運びたいと思っております。
#13
○江崎委員長 それでは、本決議案の取扱いにつきましては、両党共同提案にすることに両党間で御努力をいただくことといたしまして、本日のところは留保するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○江崎委員長 御異議がないようでありますから、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#15
○江崎委員長 次に、日本社会党の松本七郎君から提出されました、ベトナム賠償に関する緊急質問の取扱いをいかがいたしますか、御協議を願います。
#16
○山本(幸)委員 本緊急質問は、私は、当該委員でございませんので詳しいことは存じませんけれども、聞くところによると、久保田大使が帰国をして政府側と打ち合せをした結果、ベトナムの賠償について大体方針をきめたということです。それは、われわれの想像では、おそらく南ベトナムを対象にする賠償ではないかと考えるのですが、わが党は、かねがね予算委員会で質問いたしております通りに、ベトナム賠償はやはり南北一本の形で行うべきだ、こう主張をいたしているわけです。そういう非常に重要なときに、急に南ベトナムに対しての賠償が打ち合せをせられたということについては、その真意を早急に聞く必要が国会としてあると思います。従って、その意味においてきわめて緊急性を持っておりますので、この際、この緊急質問に御同意を願いたいと思うわけでございます。
#17
○荒舩委員 本問題も、明日回答を申し上げることにいたしたいと思います。
#18
○江崎委員長 それでは、本緊急質問の取扱いは、本日のところ留保することにいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#20
○江崎委員長 次に、緊急上程予定議案についてでありますが、地方行政委員会の地方税法等の一部を改正する法律案、地方交付税法の一部を改正する法律案、地方税法の一部を改正する法律案が、本日すでに委員会の審査を終了いたしております。また、農林水産委員会から、漁港法の一部を改正する法律案が提出いたされております。
 つきましては、右各案は、本日の本会議に緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、地方税法等の一部を改正する法律案、地方交付税法の一部を改正する法律案に対しては、日本社会党の阪上安太郎君から反対討論の通告があり、また、自由民主党の渡海元三郎君から賛成討論の通告があります。その討論時間は、前例通り、それぞれ十五分程度とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#22
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#23
○江崎委員長 次に、本日の本会議の議事について、事務総長から説明を願います。
#24
○鈴木事務総長 本日なくなられました山村さんに対しまして、議長発議で弔詞贈呈の件をお諮りいたします。この場合、まだ叙位叙勲の決定を見ておりませんので、その点は御了承いただきたいと存じます。それから日程第一と第二は、全会一致でございまして、これは、決算委員会の理事の高橋さんが御報告に相なります。それから日程第三も、全会一致でありまして、これは、運輸委員会の理事の堀内さんが御報告に相なります。それから日程第四も、全会一致でございまして、これは、内閣委員会の理事の高橋禎一さんが御報告に相なります。それから緊急上程でございますが、地方行政委員会から上って参っております、地方税法等の一部を改正する法律案、それから地方交付税法の一部を改正する法律案の二案は、社会党が反対でございます。従いまして、この採決は起立でお願いいたします。それから地方税法の一部を改正する法律案、これは全会一致でございます。この三案は、地方行政委員長の鈴木さんが御報告に相なります。それから農林永産委員会から、漁港法の一部を改正する法律案が提出されておりますが、この趣旨弁明は田口長治郎さんがおやりになりまして、これは全会一致でございます。以上でございます。
    ―――――――――――――
#25
○江崎委員長 なお、この際申し上げますが、来週火曜日、二十四日の定例日に、当委員会に青木国務大臣及び関係者を呼びまして、質疑を行いたいと思いますから、御了承を願います。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#26
○江崎委員長 それでは、本日の本会議は、どういうことにしますか。
#27
○山本(幸)委員 三時二十五分予鈴、三十五分開会。
#28
○江崎委員長 それでは、本日の本会議は、三時二十五分予鈴、三十五分から開会することといたします。
    ―――――――――――――
#29
○江崎委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、明十九日午後三時から開会することといたします。従いまして、次会の委員会は、同日午後一時から理事会を開き、理事会散会後に委員会を開会することといたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後三時十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト