くにさくロゴ
1957/11/11 第27回国会 参議院 参議院会議録情報 第027回国会 運輸委員会 第4号
姉妹サイト
 
1957/11/11 第27回国会 参議院

参議院会議録情報 第027回国会 運輸委員会 第4号

#1
第027回国会 運輸委員会 第4号
昭和三十二年十一月十一日(月曜日)
   午前十時二十三分開会
    ―――――――――――――
  委員の異動
十一月九日委員植竹春彦君辞任につ
き、その補欠として林屋亀次郎君を議
長において指名した。
本日委員林屋亀次郎君辞任につき、そ
の補欠として植竹春彦君を議長におい
て指名した。
    ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     天田 勝正君
   理事
           成田 一郎君
           三木與吉郎君
   委員
           植竹 春彦君
           後藤 義隆君
           平島 敏夫君
           柴谷  要君
           松浦 清一君
           早川 愼一君
           市川 房枝君
           岩間 正男君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       古谷 善亮君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○九州地方の私鉄水害復旧に関する請
 願(第三七号)
○熊本空港整備に関する請願(第三八
 号)(第二一八号)(第四一四号)
○豊肥線鉄道ジーゼル化促進に関する
 請願(第三九号)
○智頭、上郡両駅間鉄道敷設促進に関
 する請願(第六一号)(第五一一
 号)
○信越本線の電車化等に関する請願
 (第六二号)(第五一五号)
○特定水域航行令第四条改正に関する
 請願(第六三号)
○大糸線鉄道輸送力増強に関する請願
 (第七七号)
○中央線鉄道輸送力緊急増強に関する
 請願(第七八号)
○私鉄等の通学定期券割引率の適正化
 に関する請願(第七九号)
○広島県黒瀬町の国鉄バス営業所存置
 に関する請願(第一九〇号)
○常磐線鉄道電化促進に関する請願
 (第一九一号)
○北広島、追分両駅間鉄道敷設に関す
 る請願(第二八九号)
○山形鉄道管理部新設等に関する請願
 (第四五八号)
○瀬ノ上、槻ノ木両駅間鉄道敷設促進
 に関する請願(第四七四号)
○野沢、会津西万両駅間鉄道敷設促進
 に関する請願(第四八七号)
○野岩羽線鉄道開通促進に関する請願
 (第四八八号)
○八一二列車を我孫子駅から上野駅ま
 での直通列車とするの請願(第四八
 九号)
○魚沼線鉄道延長敷設に関する請願
 (第五〇七号)
○水害による熊本県山鹿温泉鉄道株式
 会社の被害復旧対策の請願(第五一
 三号)
○豊肥線鉄道にジーゼル機関車運行等
 の請願(第五一四号)
○継続調査要求の件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(天田勝正君) これより運輸委員会を開会いたします。
 委員の変更について報告いたします。十一月九日植竹春彦君辞任、林屋亀次郎君補欠、同月十一日林屋亀次郎君辞任、植竹春彦君補欠選任せられました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(天田勝正君) これより請願の審査に入ります。
 速記をとめて下さい。
  午前十時二十四分速記中止
     ―――――・―――――
  午前十時四十一分速記開始
○委員長(天田勝正君)速記を始めて下さい。
 本会議が開かれるようでありますので、暫時休憩いたします。
  午前十時四十二分休憩
     ―――――・―――――
  午前十一時三十七分開会
#4
○委員長(天田勝正君) それではこれより委員会を再開いたします。
 引続き請願の審査に入ります。
 速記をとめて下さい。
  午前十一時三十八分速記中止
     ―――――・―――――
  午後零時四十一分速記開始
#5
○委員長(天田勝正君) 速記を始めて下さい。
 それでは御審議いただきました請願第三十七号、九州地方の私鉄水害復旧に関する請願外十七件は、議院の会議に付するを要するものとして、内閣に送付することに決しまして御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(天田勝正君) 御異議ないと認めます。よってさように決定いたします。
 なお、報告書については、先例により委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#7
○委員長(天田勝正君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
#8
○委員長(天田勝正君) 次に、運輸事情等に関する調査についてお諮りいたします。本件につきましては、従来より調査して参りましたが、会期も切迫し、会期中に調査を完了することが困難でありますので、本院規則第五十三条によりまして継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(天田勝正君) 御異議ないと認め、さように決定いたします。
 なお、要求書の内容及びその提出の時期等の手続は、これまた委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(天田勝正君) 御異議ないと認め、さように決定いたしました。
 本日は、これにて散会いたします。
  午後零時四十二分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト