くにさくロゴ
1957/11/04 第27回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第027回国会 予算委員会 第1号
姉妹サイト
 
1957/11/04 第27回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第027回国会 予算委員会 第1号

#1
第027回国会 予算委員会 第1号
昭和三十二年十一月四日(月曜日)
    午前十時二十一分開議
 出席委員
   委員長 江崎 真澄君
   理事 今井  耕君 理事 川崎 秀二君
   理事 重政 誠之君 理事 田中 久雄君
   理事 橋本 龍伍君 理事 川俣 清音君
   理事 柳田 秀一君
      小川 半次君    太田 正孝君
      大橋 武夫君    上林山榮吉君
      坂田 道太君    周東 英雄君
      須磨彌吉郎君    竹山祐太郎君
      中曽根康弘君    野田 卯一君
      船田  中君    古井 喜實君
      牧野 良三君    南  好雄君
      八木 一郎君   山口喜久一郎君
      山崎  巖君    山本 勝市君
      山本 猛夫君    井手 以誠君
      井堀 繁雄君    石村 英雄君
      今澄  勇君    岡田 春夫君
      小平  忠君    小松  幹君
      河野  密君    島上善五郎君
      田原 春次君    辻原 弘市君
      成田 知巳君    矢尾喜三郎君
 出席国務大臣
        大 蔵 大 臣 一萬田尚登君
 出席政府委員
        大蔵事務官
        (主計局長)  石原 周夫君
        農林政務次官  本名  武君
        通商産業政務次
        官       白浜 仁吉君
 委員外の出席者
        専  門  員 岡林 清英君
    ―――――――――――――
四月二十七日
 委員山本猛夫君辞任につき、その補欠として菅
 太郎君が議長の指名で委員に選任された。
同日
委員菅太郎君辞任につき、その補欠として山本猛
 夫君が議長の指名で委員に選任された。
五月六日
 委員臼井莊一君辞任につき、その補欠として楢
 橋渡君が議長の指名で委員に選任された。
同月七日
 委員志村茂治君及び森本靖君辞任につき、その
 補欠として勝間田清一君及び大西正道君が議長
 の指名で委員に選任された。
同月八日
 委員小川半次君、大西正道君及び横山利秋君辞
 任につき、その補欠として田村元君、八百板正
 君及び安平鹿一君が議長の指名で委員に選任さ
 れた。
同日
 委員田村元君辞任につき、その補欠として小川
 半次君が議長の指名で委員に選任された。
同月十三日
 委員片島港君辞任につき、その補欠として堂森
 芳夫君が議長の指名で委員に選任された。
同月十四日
 委員田原春次君辞任につき、その補欠として岡
 本隆一君が議長の指名で委員に選任された。
同月十五日
 委員岡本隆一君、多賀谷真稔君及び古屋貞雄君
 辞任につき、その補欠として福田昌子君、伊藤
 卯四郎君及び山花秀雄君が議長の指名で委員に
 選任された。
同月十六日
 委員有馬輝武君、辻原弘市君及び山花秀雄君辞
 任につき、その補欠として上林與市郎君、鈴木
 義男君及び森三樹二君が議長の指名で委員に選
 任された。
同月十七日
 委員上林山榮吉君、野澤清人君、三浦一雄君及
 び福田昌子君辞任につき、その補欠として正力
 松太郎君、松田竹千代君、夏堀源三郎君及び岡
 良一君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員松田竹千代君辞任につき、その補欠として
 野澤清人君が議長の指名で委員に選任された。
同月十八日
 委員大橋忠一君、正力松太郎君、竹山祐太郎君、
 野澤清人君、野田卯一君、伊藤卯四郎君、岡良
 一君、上林與市郎君、鈴木義男君、堂森芳夫君、
 成田知巳君、八百板正君及び安平鹿一君辞任に
 つき、その補欠として松本瀧藏君、上林山榮吉
 君、前田房之助君、大橋武夫君、三浦一雄君、
 河野密君、中村高一君、岡田春夫君、小松幹君、
 辻原弘市君、阿部五郎君、古屋貞雄君及び西村
 榮一君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員夏堀源三郎君、前田房之助君、阿部五郎君
 及び中村高一君辞任につき、その補欠として野
 田卯一、竹山祐太郎君、成田知巳君及び田原春
 次君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十日
 委員古屋貞雄君辞任につき、その補欠として風
 見章君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十八日
 委員植木庚子郎君辞任につき、その補欠として
 鈴木周次郎君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員鈴木周次郎君辞任につき、その補欠として
 植木庚子郎君が議長の指名で委員に選任された。
同月三十一日
 委員河野密君辞任につき、その補欠として永井
 勝次郎君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員永井勝次郎君辞任につき、その補欠として
 河野密君が議長の指名で委員に選任された。
六月十日
 委員辻原弘市君辞任につき、その補欠として中
 島巖君が議長の指名で委員に選任された。
同月十四日
 委員大橋武夫君、上林山榮吉君、北村徳太郎君、
 須磨彌吉郎君、中曽根康弘君、船田中君、古井
 喜實君、松本瀧藏君、南好雄君、山本勝市君及
 び山本猛夫君辞任につき、その補欠として加藤
 精三君、高橋等君、北澤直吉君、中垣國男君、
 稻葉修君、福永一臣君、長谷川四郎君、秋田大
 助君、中山榮一君、楠美省吾君及び八木一郎君
 が議長の指名で委員に選任された。
同月十八日
 委員高橋等君、中垣國男君及び八木一郎君辞任
 につき、上林山榮吉君、須磨彌吉郎君及び山本
 猛夫君が議長の指名で委員に選任された。
七月九日
 委員中島巖君辞任につき、その補欠として鈴木
 義男君が議長の指名で委員に選任された。
同月十日
 委員上林山榮吉君、井堀繁雄君及び鈴木義男君
 辞任につき、その補欠として高橋等君、岡良一
 君及び中島巖君が議長の指名で委員に選任され
 た。
同月二十二日
 委員稻葉修君辞任につき、その補欠として菅野
 和太郎君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十三日
 委員秋田大助君、加藤精三君、菅野和太郎君、
 北澤直吉君、楠美省吾君、高橋等君、中山榮一
 君及び長谷川四郎君辞任につき、その補欠とし
 て船田中君、大橋武夫君、中曽根康弘君、北村
 徳太郎君、山本勝市君、上林山榮吉君、南好雄
 君及び古井喜實君が議長の指名で委員に選任さ
 れた。同月三十一日
 委員勝間田清一君辞任につき、その補欠として
 八百板正君が議長の指名で委員に選任された。
八月二日
 委員大橋武夫君、上林山榮吉君、北村徳太郎君、
 坂田道太君、須磨彌吉郎君、中曽根康弘君、船
 田中君、古井喜實君、南好雄君、山本勝市君及
 び山本猛夫君辞任につき、その補欠として松本
 瀧藏君、坊秀男君、臼井莊一君、米田吉盛君、
 本名武君、瀬戸山三男君、小笠公韶君、木村俊
 夫君、白浜仁吉君、二階堂進君及び堀内一雄君
 が議長の指名で委員に選任された。
同月九日
 委員島上善五郎君辞任につき、その補欠として
 安平鹿一君が議長の指名で委員に選任された。
九月二日
 委員岡田春夫君辞任につき、その補欠として勝
 間田清一君が議長の指名で委員に選任された。
同月四日
 委員井手以誠君辞任につき、その補欠として石
 野久男君が議長の指名で委員に選任された。
同月六日
 委員石野久男君辞任につき、その補欠として井
 手以誠君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十七日
 委員成田知巳君辞任につき、その補欠として阿
 部五郎君が議長の指名で委員に選任された。
十月二日
 委員井手以誠君辞任につき、その補欠として石
 野久男君が議長の指名で委員に選任された。
同月五日
 委員石野久男君辞任につき、その補欠として井
 手以誠君が議長の指名で委員に選任された。
同月八日
 委員勝間田清一君辞任につき、その補欠として
 淡谷悠藏君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十五日
 委員井手以誠君辞任につき、その補欠として森
 島守人君が議長の指名で委員に選任された。
同月三十日
 委員福田赳夫君及び三浦一雄君辞任につき、そ
 の補欠として牧野良三君及び八木一郎君が議長
 の指名で委員に選任された。
同月三十一日
 委員臼井莊一君、小笠公韶君、木村俊夫君、白
 浜仁吉君、瀬戸山三男君、二階堂進君、坊秀男
 君、堀内一雄君、本名武君、松本瀧藏君、米田
 吉盛君、阿部五郎君、淡谷悠藏君、岡良一君、
 風見章君、中島巖君、森島守人君、安平鹿一君
 及び八百板正君辞任につき、その補欠として北
 村徳太郎君、船田中君、古井喜實君、南好雄君、
 中曽根康弘君、山本勝市君、上林山榮吉君、山
 本猛夫君、須磨彌吉郎君、大橋武夫君、坂田道
 太君、成田知巳君、古屋貞雄君、井堀繁雄君、
 岡田春夫君、勝間田清一君、井手以誠君、辻原
 弘市君及び島上善五郎君が議長の指名で委員に
 選任された。
十一月一日
 委員長山崎巖君辞任につき、その補欠として江
 崎真澄君が議院において委員長に選任された。
同月二日
 委員宇都宮徳馬君及び河野金昇君辞任につき、
 その補欠として戸塚九一郎君及び田中久雄君が
 議長の指名で委員に選任された。
同月四日
 委員勝間田清一君辞任につき、その補欠として
 石村英雄君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 理事江崎真澄君委員長就任につき、その補欠と
 して今井耕君が理事に当選した。
同日
 理事宇都宮徳馬君、坂田道太君及び河野金昇君
 委員辞任につき、その補欠として川崎秀二君、
 重政誠之君及び田中久雄君が理事に当選した。
同日
 理事小坂善太郎君辞任につき、その補欠として
 橋本龍伍君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十一月一日
 昭和三十二年度一般会計予算補正(第1号)
 昭和三十二年度特別会計予算補正(特第3号)
 昭和三十二年度政府関係機関予算補正(機第2号)
の審査を本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 昭和三十二年度一般会計予算補正(第1号)
 昭和三十二年度特別会計予算補正(特第3号)
 昭和三十二年度政府関係機関予算補正(機第2号)
    ―――――――――――――
#2
○江崎委員長 これより会議を開きます。
 この際一言ごあいさつを申し上げます。
 山崎前委員長が憲法調査会委員に就任をされ、委員長を辞任いたしましたので、不肖私が、このたびはからずも予算委員長に選任せられ、その重責をになうことに相なったのであります。もとより不敏不徳、加うるに万事ふなれでございまするが、幸いに委員皆様方の御協力と御理解によりまして、委員会の円満なる運営に努め、大過なきを期して参りたいと存じます。何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#3
○江崎委員長 お諮りをいたします。理事小坂善太郎君より理事を辞任いたしたいとの申し出があります。これを許可するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
 つきましてはただいま辞任せられました理事の補欠一名及び委員の異動に伴う欠員三名並びに私の委員長就任に伴う欠員一名、計五名の補欠を選任いたしたいと存じまするが、これは先例によりまして委員長において指名するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、理事に
   今井  耕君  川崎 秀二君
   重政 誠之君  田中 久雄君
   橋本 龍伍君
を指名いたします。
    ―――――――――――――
#6
○江崎委員長 去る一日付託になりました昭和三十二年度一般会計予算補正(第1号)、同特別会計予算補正(特第3号)、同政府関係機関予算補正(機第2号)、以上三案を一括して議題といたします。
 まず提案理由の説明を求めます。大蔵大臣一萬田尚登君。
#7
○一萬田国務大臣 政府は今回、昭和三十二年度一般会計予算補正第一号、特別会計予算補正第三号及び政府関係機関予算補正第二号を国会に提出いたしましたが、ここに予算委員会の御審議をお願いするに当りまして、その概要を御説明いたしたいと存じます。
 今回の予算補正は、中小企業金融対策を中心といたしまして、あわせて時期的な関係でぜひとも今国会において予算措置を講ずることが必要となって参りました事項につきまして編成いたしたものであります。
 第一は、一般会計の予算補正でありますが、これは、過般来取り進めておりました国際復興開発銀行との借款交渉がごく最近に至りまして急速に進んで参りまして、その一部につきましては本年度内に借款が成立する見込みとなりましたので、借入元木額が七千五百万ドル、邦貨換算二百七十億円相当額に達するまで、政府が日本開発銀行の債務の保証を行い得ることについての規定を一般会計予算の総則に加えるものでございます。
 第二は、特別会計の予算補正でありまして、これは昭和三十二年度特別会計予算の総則におきまして、本年度におきまして政府が結ふ輸出手形保険の契約限度額を八十億円と定められておりますか、最近におきまして輸出手形保険を必要といたします輸出が急に増しておる実情でありますので、この契約限度額を百六十億円に引き上げるため、特別会計の予算総則を改定するものでございます。
 第三は、政府関係機関予算補正でございます。政府は、さきに国際収支改善緊急対策の一環といたしまして、国民金融公庫及び中小企業金融公庫に対しまして、第四・四半期借り入れ予定の政府資金の繰り上げ使用を行わしめ、一般の金融引き締めが中小企業に不当にしわ寄せされるごときことのないよう配慮いたしたのでございますが、今回、この繰り上げ分を補てんするのにあわせまして中小企業に対する年末金融対策に万全を期するため、両公庫に対する財政資金の供給を合計百七十億円増加することといたしました。すなわち、本年度における国民金融公庫の借入金限度額二百億円を二百七十億円に、同じく中小企業金融公庫の借入金限度額二百億円を三百億円に、それぞれ引き上げるため、政府関係機関予算につきまして所要の補正を行うものでございます。
 以上、昭和三十二年度予算補正につきまして、その概略を申し述べましたがなお、政府委員をして若干説明を補足いたさせたいと存じます。なにとぞすみやかに御審議をお願いいたします。
#8
○江崎委員長 次に補足説明を求めます。主計局長石原君。
#9
○石原政府委員 ただいま大臣から御説明のございました昭和三十二年度予算補正、一般会計の第一号、特別会計第三号、政府関係機関第二号、以上の議案につきまして、ごく簡単に補足説明をさせていただきます。
 まず一般会計でございますが、御承知のように鉄綱でありますとか、電力でありますとか、国の重要産業が国際復興開発銀行、いわゆる世界銀行から借款をいたしまするのに、政府が元金、利子の支払いを保証いたすということがありまして、従来から御議決を得ましてやっておるわけでございます。今回も鉄鋼及び電力の一部につきまして、先ほど大臣から御説明がございましたように、本年度内に話し合いがつきまする可能性が高くなって参りましたので、今例予算総則の改正をお願いいたしまして、その関係の外貨債七千五百万ドル、これに当りまする元金、利子及び手数料の支払いを保証いたすその関係の補正をお願いいたしておるわけでございます。
 第二は、特別会計でございますが、輸出保険の特別会計というものがございまして、これは八種類ほどございまして、そのうちの一つでありまする輸出手形の保険、これは信用状を伴いませんいわゆるDA手形、DP手形というものに属するわけでございますが、最近の海外におきます支払い条件の緩和というようなことに伴いまして、相当この額が増加をいたしておるわけであります。従いまして、今回補正をいたして、予算総則におきまする保険契約の限度を上げませんと、増加に対応し切れないという状況に相なりましたので、これまた予算総則の改正を行いまして、従来の八十億円という限度を百六十億円に引き上げるというのが第二点。
 第三点は、政府関係機関でございますが、これはただいまも御説明がございましたように、国際収支の緊急改善対策ということによりまして、先ごろ貸付ベースといたしまして百三十億円の繰り上げを、中小企業金融公庫と国民金融公庫の両方において行なったわけであります。これに今回の年末金融の問題も加わりまして、合せて百七十億円の増加を政府機関であるこれらの両公庫に対しまして預金部から融資を増加いたしました。そういたしますと、国民金融公庫におきましては、従来預金部から二百億円の借り入れを予定いたしておりまして、合計六百八十六億円という貸付の予定をいたしておったのでありますが、今申し上げました資金運用部資金を七十億円追加いたしますと、これで融資が合計いたしまして七百八十億円、回収の増加も加わりまして、九十四億円の貸付増加ができる、こういう数字に国民金融公庫は相なるわけであります。また中小企業金融公庫におきましては、当初資金運用部から同じく借り入れ予定二百億でありまして、これに伴いまして四百十五億円の貸付予定でございましたが、資金運用部の資金を百億円追加いたしますので、これに回収の増加と合せまして、百三十三億円の貸付が増加できまして、四百十五億円の貸付予定が五百四十八億円に増加できる、こういうのが予算総則におきまして、おのおの両公庫の資金運用部から借り入れをいたします限度を引き上げました点であります。
 なお、これらの融資の増加あるいは貸付の増加に伴いまして、両公庫におきましては、貸付金利息の収入が増加し、それに対して、預金部に支払います借入金の利息が増加いたします。また中小企業金融公庫におきましては、非常に多くの部分がいわゆる代理貸しに相なっておりますので、その関係で業務の委託手数料が増加いたしますが、これらをあわせまして、政府関係機関の予算の補正におきまして、おのおの収入支出の増加をいたしておるわけであります。国民金融公庫におきまして、収入で五億二千四百万円、支出で一億八千万円、中小企業金融公庫におきまして、収入が六億三百万円、支出が三億五千八百万円、これだけの収入支出の予算の補正をいたしまして、以上の収入の増加、支出の増加に対応するわけであります。
 以上をもちまして、一般会計、特別会計、政府関係機関、三案の補正の御説明を終ります。
#10
○江崎委員長 以上をもちまして、提案理由の説明は終りました。
#11
○江崎委員長 山崎前委員長より発言を求められておりますので、これを許します。山崎君。
#12
○山崎(巖)委員 過般、憲法調査会の発足と同時に予算委員長を辞任いたしました。在任中、ことに昭和三十二年度予算の審議に当りましては、皆様の非常なる御協力によりまして大過なきを得ましたことは、心から感激にたえません。今後ともよろしくお願いいたします。(拍手)
#13
○江崎委員長 明日は午前十時より開会することといたしまして、本日はこれにて散会いたします。
    午前十時三十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト