くにさくロゴ
1957/11/14 第27回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第027回国会 議院運営委員会 第10号
姉妹サイト
 
1957/11/14 第27回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第027回国会 議院運営委員会 第10号

#1
第027回国会 議院運営委員会 第10号
昭和三十二年十一月十四日(木曜日)
    午後十一時一分開議
 出席委員
   委員長 保利  茂君
   理事 荒舩清十郎君 理事 佐々木秀世君
   理事 園田  直君 理事 福永 健司君
   理事 山中 貞則君 理事 池田 禎治君
   理事 野原  覺君
      内田 常雄君    草野一郎平君
      古川 丈吉君    松澤 雄藏君
      栗原 俊夫君    小牧 次生君
      吉川 兼光君    渡辺 惣蔵君
 委員外の出席者
        議     長 益谷 秀次君
        副  議  長 杉山元治郎君
        衆議院参事
        (事務次長)  山崎  高君
    ―――――――――――――
十一月十三日
 一、国会議員の退職金制度に関する件
 二、国会法等改正に関する件
 三、議長よりの諮問事項
 四、その他議院運営委員会の所管に属する事項
の閉会中審査を本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 地方行政委員会及び商工委員会の閉会中審査申
 出の件
 本日の本会議の議事に関する件
    ―――――――――――――
#2
○保利委員長 開会いたします。
 緊急上程の請願についてでありますが、本日の議事日程に掲載せられておるもの以外に、逓信委員会において本日十七件の請願の審査を終了し、採択すべきものと決しましたので、これを本日の本会議に、日程に掲載せられておる請願と一括して上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○保利委員長 そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○保利委員長 次に、委員会の閉会中審査申し出の件についてお諮りいたします。本件につきましては、昨日本会議において議決いたしましたが、その後本日お手元に配付の印刷物にあります通り、商工委員会から申し出が参り、また地方行政委員会から追加申し出が参っております。本件は、本日の本会議において、閉会中審査の議決をするに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○保利委員長 そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
地方行政委員会
 一、寄附募集の規制に関する法律案
  (北山愛郎君外十名提出、衆法第
  一一号)商工委員会
 一、小売商業特別措置法案(内閣提
  出、第二十六回国会閣法第一五七
  号)
 二、中小企業の産業分野の確保に関
  する法律案(水谷長三郎君外二十
  三名提出、第二十六回国会衆法第
  五号)
 三、商業調整法案(水谷長三郎君外
  二十三名提出、第二十六回国会衆
  法第六号)
 四、中小企業に対する官公需の確保
  に関する法律案(水谷長三郎君外
  十三名提出、第二十六回国会衆法
  第三〇号)
 五、下請代金支払遅延等防止法の一
  部を改正する法律案(水谷長三郎
  君外十三名提出、第二十六回国会
  衆法第三一号)
 六、百貨店法の一部を改正する法律
  案(水谷長三郎君外十三名提出、
  第二十六回国会衆法第三二号)
 七、日本経済の総合的基本施策に関
  する件
 八、電気及びガスに関する件
 九、鉱業、鉄鋼業、繊維工業、化学
  工業、機械工業その他一般鉱工業
  及び特許に関する件
 一〇、通商に関する件
 一一、中小企業に関する件
 一二、私的独占禁止及び公正取引に
  関する件
    ―――――――――――――
#6
○保利委員長 それでは、本日の本会議はどうでしょう、十五分開会でよろしゅうございましょうか。
#7
○池田(禎)委員 ちょっと待って下さい。その前に今の継続審議の問題について申し上げたいと思います。本日の法務委員会におきまして継続審査に関する案件を提出したところ、これにつきましてはいろいろと疑義もある、かつまた、手続上において若干の不備もあるやに聞いておることは、私どもとしては、これはある程度了承するにやぶさかでありません。ただ、この案件につきましては、社会党は社会党だけの立場でも、これは一つ提出して継続審査にしてもらいたいという希望を申し上げておきます。もちろん今日の状態から見まして委員会が開かれるわけではありませんので、このことは、事実上希望にとどまるものであるかと私は思うのでありますが、社会党のたっての要望であるということを、この際記録にとどめていただきたいと思います。
#8
○野原委員 なお、私から申し上げたい点は、去る今月の十一日に、社会党から議員立法を提出いたしておるのであります。その案件は、皆さんも御承知のように、地すべり等による災害の防止等に関する法律案で、十一月十一日にわが党の井手以誠君外二十五名の提出で、青野武一君外百二十九名が賛成の署名をいたしまして、成規の手続によってこの案件を提出いたしたのであります。しかるに成規の手続で提出されましたこの案件が、いずれの委員会にも付託されないで、本日臨時国会は幕をおろそうとしておることは、きわめて遺憾にたえないのであります。私どもの見解としては、国会法の五十六条によりまして、「議案が発議又は提出されたときは、議長は、これを適当の委員会に付託し、」とあって、成規の手続で提出された限りにおいては、これは付託されることは当然であります。付託をしなければならないことに、国会法に規定があるにもかかわらず、建設委員会か、もしくは農林委員会か、委員長同士の話し合いがまとまらないからということの理由によって、これが放擲されておったことを、私はきわめて残念に思うのであります。しかしながら、時間的に無理でもありまするから、この際は私は要求はあえていたしませんけれども、わが党としては、今後議員立法が、しかも権限として認められておる議員立法の提出権が、かくのごとき事情によって等閑に付されるということのないように、議運の委員会としては十分考えなければならぬ、このことを自民党側としても御了承願いたいということを申し上げまして、この点は終ります。
#9
○保利委員長 それでは、本日の本会議は……。
#10
○荒舩委員 十分開会。
#11
○保利委員長 十一時十分開会でいいですか。
#12
○荒舩委員 予鈴なし。
#13
○保利委員長 予鈴なし十一時十分開会ということに、御協力をお願いいたします。
#14
○池田(禎)委員 十分は無理だ。
#15
○野原委員 いろいろ事情があったのだから、それは本会議を混乱させないためにも、僕はやはり説明してやらなければならぬと思う。五分間でやるなんということは、それは無理だ。
#16
○荒舩委員 では、十一時十五分。
#17
○保利委員長 十一時十五分、予鈴なしで開会いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
    午後十一時七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト