くにさくロゴ
1956/03/29 第26回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第026回国会 議院運営委員会 第27号
姉妹サイト
 
1956/03/29 第26回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第026回国会 議院運営委員会 第27号

#1
第026回国会 議院運営委員会 第27号
昭和三十二年三月二十九日(金曜日)
    午後一時五十六分開議
 出席委員
   委員長 保利  茂君
   理事 佐々木秀世君 理事 園田  直君
   理事 福永 健司君 理事 山中 貞則君
   理事 池田 禎治君 理事 野原  覺君
      岡崎 英城君    鹿野 彦吉君
      古川 丈吉君    栗原 俊夫君
      小牧 次生君    渡邊 惣藏君
 委員外の出席者
        議     長 益谷 秀次君
        副  議  長 杉山元治郎君
        事 務 総 長 鈴木 隆夫君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 検察官適格審査会委員及び同予備委員指名の件
 本日の本会議の議事に関する件
 次回の本会議の件
    ―――――――――――――
#2
○保利委員長 ただいまから会議を開きます。
 検察官適格審査会委員及び同予備委員の選挙についてでありますが、お手元の案件にありますように、委員池田正之輔君の再任と、細迫兼光君の後任として飛鳥田一雄君、予備委員山本利壽君の再任と、飛鳥田一雄君の後任として吉田賢一君を、それぞれ本日の本会議において決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○保利委員長 さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#4
○保利委員長 本日の日程につきまして、事務総長より御説明申し上げます。
#5
○鈴木事務総長 ただいまおきめいただきました検察官適格審査会委員及び同予備委員の選挙を劈頭に行いまして、これは選挙の手続を省略いたしまして、議長指名にお願いいたしたいと思います。それから日程第一、特定多目的ダム法案は、全会一致でございまして、これは建設委員会の理事、荻野さんが御報告に相なります。それから第二は、大蔵委員会の提案のものでありますので、報告でなしに、これは委員長が趣旨の説明を行います。そうして採決いたしますが、これは全会一致でございます。それから日程第三、第四は、社会党が反対でございまして、これは大蔵委員長の報告の後、神田大作さんの反対討論がございまして、採決は起立にお願いいたします。日程第五の理科教育振興法の一部を改正する法律案は、全会一致でございまして、これと関連して上っております文教委員会からの、私立大学の研究設備に対する国の補助に関する法律案を、一括上程願いたいと思います。そうして委員長の長谷川さんが御報告に相なります。それから緊急上程でございますが、内閣委員会から、行政機関職員定員法の一部を改正する法律案が上っております。これは全会一致でございまして、理事の保科さんが御報告相なることになっております。それから大蔵委員会から、とん税法案と特別とん税法案、それから特定多目的ダム建設工事特別会計法案が上ってきております。最初のとん税法案と特別とん税法案には社会党が反対でございます。それから特定多目的ダム建設工事特別会計法案は全会一致でございます。御報告は委員長の山本さんがなさることになっております。それから農林水産委員会から、開拓融資保証法の一部を改正する法律案が全会一致で上っておりまして、これは委員長の小枝さんが御報告相なります。また逓信委員会から公衆電気通信法の一部を改正する法律案が全会一致で上ってきておりまして、これは委員長の松井さんが御報告相なることになっております。以上でございます。
#6
○保利委員長 大体本会は二時半で……。さらに大蔵委員会で、揮発油税法案が夕刻までに上るような予想をせられますので、一応ただいまの日程を議了しまして、休憩をして、夕刻再開することになろうかと思いますから、その点を御了承願っておきます。
 なお、三十一日は年度末でございまして、現在、四月一日から実施を予定せられておる議案が、参議院の方にかなりたくさん審議されておりまして、三十一日に参議院で議了予定の議案が相当あるわけであります。従いまして、参議院の審議の事特等によって、どうしても三十一日に本会議を持たなければならない事情が発生するだろうと存じますから、三十一日に、開会時刻はまた理事会で御相談を願うといたしまして、本会議を開くということに御了承を願っておきたいと思います。どうぞそういうふうにお願いいたします。
#7
○野原委員 何かあるのですか。
#8
○保利委員長 ちょっと懇談にします。
  〔速記中止〕
#9
○保利委員長 こういうふうにお願いしたらいかがでございましょうか。参議院が三十一日に本会議を開くことなく、何も審議しない。年度末に上げなければならぬことは、みなあした中にやってしまうということであれば、また後刻理事会をお願いしまして、明日本会議をこっちも開くということにして、開会時刻並びに年末度の不都合の生じない処置だけは、理事会の方におまかせ願います。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○山中委員 神田君の反対討論の時間は……。
#11
○保利委員長 これは十分。
#12
○山中委員 一応きめておかないと、きのうみたいにやられるから……。
#13
○鈴木事務総長 ただいま申し上げましたうちで、逓信委員会から上って参りましたものは、委員長の御都合で、きょうは上程しないということでございます。公衆電気通信法の一部を改正する法律案でございます。
#14
○保利委員長 それでは、本会議の開会は二時半にお願いいたしたいと思います。本会議は、一応議了いたしましたら、休憩としておきたいと思います。本日はこれにて散会いたします。
   午時二時六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト