くにさくロゴ
1947/06/25 第2回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第002回国会 電気委員会 第5号
姉妹サイト
 
1947/06/25 第2回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第002回国会 電気委員会 第5号

#1
第002回国会 電気委員会 第5号
昭和二十三年六月二十五日(金曜日)
    午後二時二十五分開議
 出席委員
   委員長 前田榮之助君
   理事 金子益太郎君 理事 櫻内 義雄君
      大内 一郎君    加藤隆太郎君
      夏堀源三郎君    平島 良一君
      石野 久男君    境  一雄君
      八百板 正君    川越  博君
      秋田 大助君    岡部 得三君
 出席政府委員
        商工事務官   玉置 敬三君
 委員外の出席者
        総理廳事務官  吉岡 俊男君
        專門調査員   落合 高次君
        專門調査員   大石 主計君
六月九日委員吉田安君辞任につき、その補欠とし
て飯村泉君が議長の指名で委員に選任された。
同月十四日委員小平久雄君辞任につき、その補欠
として山口喜久一郎君が議長の指名で委員に選任
された。
同月二十三日委員三木武夫君辞任につき、その補
欠として内藤友明君が議長の指名で委員に選任さ
れた。
    ―――――――――――――
六月十七日
 日本軽金属株式会社に対する電氣需給調整規則
 の適用解除の請願(櫻内義雄君紹介)(第一四
 五五号)
同月二十四日
 電氣料金の適正價格決定に関する請願(的場金
 右衞門君紹介)(第一六六五号)
 配電業務を町村に移管の請願(的場金右衞門君
 紹介)(第一六六六号)
 電力使用超過料金徴收並びに電氣ガス税創設反
 対の請願(前田榮之助君紹介)(第一七二四
 号)
 超重点産業復興のための電力開発並びに鉄道電
 化促進に関する請願(石野久男君紹介)(第一
 七六四号)
の審査を本委員会に付託された。
六月十五日
 電氣配給事業の縣有縣営に関する陳情書(富山
 縣議会議長前田治吉)(第五七九号)
 電氣配給事業を都道府縣に移管の陳情書(配電
 事業全國都道府縣営期成同盟会)(第六九五
 号)
 同(岡山縣議会議長長友保知)(第七二六号)
同月十九日
 灌漑排水用電力の確保等に関する陳情書(宮城
 縣桃生郡赤井村長菊地千代治外十五名)(第七
 三八号)
 電氣事業再編成に関する陳情書(岐阜商工会議
 所会頭佐藤潔)(第七七六号)
 電氣事業の細分化反対の陳情書(電産小野田発
 電所分会大会)(第八一一号)
 電氣配給事業を縣営に移管の陳情書(青森縣議
 会議長櫻田清芽)(第八四一号)
 灌漑排水用電力料金引上反対の陳情書(宮城縣
 伊具郡角田町内川尾袋川普通水利組合管理者佐
 治秀松外十四名)(第八四五号)
 電氣配給事業を縣営に移管の陳情書(神奈川縣
 議会議長堀内萬吉)(第八七五号)
 電氣配給事業を都市に移管の陳情書(横須賀市
 議会議長小澤二郎)(第八七六号)
同月二十五日
 電氣配給事業を縣営に移管の陳情書(奈良縣議
 会議長植田周一)(第八八六号)
を本委員会に送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 電力行政に関する件
  請 願
 一 絹人絹織物業者に電力割当増加の請願(川
   合彰武君紹介)(第七〇〇号)
 二 電力復興に関する請願(山本幸一君紹介)
   (第七〇二号)
 三 南那珂郡の電氣事業を公営復元に関する請
   願(川越博君外一名紹介)(第一〇二八
   号)
 四 本島、廣島及び與島三村の電化に関する請
   願(福田繁芳君紹介)(第一〇九二号)
    ―――――――――――――
#2
○前田委員長 これより会議を開きます。
 議事に入る前に、委員の異動について御報告をいたします。去る六月九日、民主党の吉田安君が委員を辞任せられ、その補欠として同じく民主党の飯村泉君が議長において委員に指名せられました。六月十四日、民主自由党の小平久雄君が委員を辞任せられ、その補欠として同じく民主自由党の山口喜久一郎君が議長において委員に指名されました。六月二十四日、國民協同党の三木武夫君が委員を辞任せられ、その補欠として同じく國民協同党の内藤友明君が議長において委員に指名せられました。
 それでは請願の審査に移ります。なお請願の審査は從前の通りいたしまして、その可否は後日一括して決することにいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○前田委員長 御異議なしと認めましてそのように取扱うことにいたします。なお紹介議員の御都合によりまして日程の順序を変更いたすことがありますからあらかじめ御了承を願つておきます。
 日程第一、絹人絹織物業者に電力割当増加の請願を議題といたします。紹介説明を求めます。金田益太郎君。
#4
○金子委員 紹介議員の川合君が見えられませんから、代つて御説明申し上げます。本請願の要旨は、昨年末よりの電力事情は主要産業である織物業界にも極度の制限を加えているが、先般綿スフ織物業者のみは輸出織物のゆえをもつて大幅の電力割当を受けている。しかるに同一組合員でありながら絹人絹織物業者は内需織物なるのゆえをもつて一馬力当り五十キロワツト時内外の割当しかなく、指定生産数量の一割生産もできない状態である。ついては報奨物資用並びに國民衣料切符の裏付として最も必要な絹人絹織物業者に対しても電力割当を増加されたいというのであります。何とぞ御審議の上御採択くださるよう、よろくお願いしたいと思います。
#5
○前田委員長 本請願に対する政府の所見を質します。
#6
○玉置政府委員 從來電力の割当につきましては、その重要性に鑑みまして、いろいろ特別の措置を講じてまいつたのでありますが、ただいまのお話の点につきましても、十分重要性を認めますので、報奨用、リンク制のものにつきましてはできる限りの措置を講じたいと思います。
#7
○前田委員長 御意見ありませんか。――御意見がないようでありますから、次に移ります。
    ―――――――――――――
#8
○前田委員長 日程第二、電力復興に関する請願を議題といたします。紹介議員の説明を求めます。
#9
○金子委員 紹介議員の山本幸一君が見えられませんから、私代つて御説明申し上げます。本請願の要旨は、電力は基礎産業であるが、昨冬よりの電力危機は産業の再建を阻害し、又民生の安定に多大の支障を來している、ついては(一)電源の開発促進(二)資材の確保(三)電力の天下り割当反対並びに適正配分(四)産業用電力確保のため綜合燃料対策の確定(五)電球の確保等を速かに実施されたいというのであります。これまた何とぞ御審議の上御採択あらんことをお願いいたします。
#10
○前田委員長 本請願に対する政府の所見を質します。
#11
○玉置政府委員 電力の復興につきましては、昨年の衆議院の決議も基きまして、われわれも一路これに邁進しておるところであります。今後におきましても電源の増強、供給力の確保につきましては、なお一層努力をいたしたいと考えておりますが、何ぶんにも需要の状況も非常に多い関係上、今後も需要の調整を公正に円滑に進めていきたいと思つております。これらの方法につきましては、政府の責任におきまして改むべきところは改め、政処していく方針をとつております。
#12
○前田委員長 御意見ありませんか――御意見がないようであります。
    ―――――――――――――
#13
○前田委員長 次に移ります。日程第三、南那珂郡の電氣事業を公営復元に関する請願福書表第一〇二八号と議題にいたします。紹介議員の説明を求めます。川越博君。
#14
○川越委員 本請願の要旨は、かつて宮崎縣南那珂郡が経営いたしておりました電氣事業は、創業以來二十七年、郡民の電氣としてその経営を維持してまいりまして、農林水産業等に多大の貢献をしてまいりました。しかるに昭和十七年國策遂行上、強制的に配会会社に統合されましたが、終戰後間郡の財政は窮乏の極に沢しまして、各種緊急を要する事業は遅々として進まず、まだ六・三制の実施並びに造林事業等、多大の経費を要するが、これらに充当する財源は皆無の現状であります。つきましては配電会社解体後の今日、これが打開策として地方産業開発の原動力である本郡の電氣事業を公営に復元されたいというのであります。
#15
○前田委員長 本請願に対する政府の所見を質します。
#16
○玉置政府委員 電氣事業の企業形体の問題につきましては、大きく電氣事業の再編成という角度から目下商工省におきましても関係各方面の方にお寄り願いまして、委員会におきましてせつかく研究中でございます。これらの成果をまちまして、私どもとしては十分審議を盡していきたいと考えております。
#17
○前田委員長 御意見はございませんか。御意見がないようであります。
    ―――――――――――――
#18
○前田委員長 次に移ります。日程第四、本島、廣島及び與島三村の電化に関する請願、文書表第一〇九二号を議題といたしまして紹介議員の説明を求めます。
#19
○金子委員 紹介議員の福田君が見えられませんから、私が代つて御説明を申し上げます。本請願の要旨は、香川縣仲多度郡に属する本島、廣島及び與島三村は、瀬戸内海國立公園の中心に位し、風光明美で、その勝れた観光資源は各方面に認められております。また交通上において阪神地方と近距離で海上交通の要路に当る等、観光地区としての素地を有しております。しかるに三島には電氣施設がなく、観光事業上支障を來しておる次第であります。ついては該三島の電化を実現されたい。これが本請願を趣旨であります。何とぞ御審議の上御採央あらんことをお願いいたします。
#20
○前田委員長 本請願に対する政府の所見を質ます。
#21
○玉置政府委員 電氣事業の復活、電化促進というような点につきましては、われわれとしても事情の許す限り最善の努力をしておるところでありまして、ただいま御指摘の点につきましても十分調査の上許す限度におきまして至急善処いたしたいと考えております。
#22
○前田委員長 御意見ございませんか。――御意見がないようであります。
 それでは前会に引続いて電力行政の件を議題として懇談会を開きます。
 次会は公報をもつてお知らせすることにして本委員会はこれにて散会いたします。
    午後二時三十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト