くにさくロゴ
1947/07/06 第2回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第002回国会 電気委員会 第8号
姉妹サイト
 
1947/07/06 第2回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第002回国会 電気委員会 第8号

#1
第002回国会 電気委員会 第8号
昭和二十三年七月六日(火曜日)
    午前十一時二十四分開議
 出席委員
   委員長 前田榮之助君
   理事 村上  勇君 理事 櫻内 義雄君
      加藤隆太郎君    夏堀源三郎君
      根本龍太郎君    水田三喜男君
      石野 久男君    上林與市郎君
      境  一雄君    成瀬喜五郎君
      栗田 英男君    川越  博君
      内藤 友明君    岡部 得三君
 委員外の出席者
        專門調査員   大石 主計君
    ―――――――――――――
七月五日
 電氣事業の再編成に關する件
 電力擴充に關する件
 の閉会中の審査を本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 委員派遣承認申請に関する請
 小委員長選任に関する件
 小委員選任に関する件
    ―――――――――――――
    〔筆 記〕
#2
○前田委員長 これより会議を開きます。
 昨五日、委員大内一郎君及び坪井亀藏君が委員を辞任せられ、その補欠として井上知治君及び内藤友明君が議長において委員に指名せられました。以上御報告いたしておきます。
 次に昨五日、本委員会において閉会中に電氣事業の再編成に関する件、電力拡充に関する件について審査をすべき申し出の件は、院議をもつて許可せられました。なお、本件につきましては議長より次のごとき通知がありました。すなわち、閉会中の開会日数は十日以内、委員派遣の期間も十日間以内、委員の派遣は一人一回を限ること、委員会開会決定数等を勘案して、小委員を選定して審査に当らしめること等であります。つきましては第一に電氣事業の再編成に関する小委員会、第二に電力拡充に関する小委員会を設置いたしたいと思いますが、右両小委員会を設置するに御異議はありませんか
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○前田委員長 御異議なしと認めます。よつて両小委員会を設置するに決しました。それではこれよりただちに小委員の選定をいたします。
#4
○櫻内委員 両小委員の数は各各五名とし、選挙の手続を省畧して、ただちに委員長において指名せられんことを望みます。
#5
○前田委員長 ただいまの櫻内君の動議に御異議はありませんか
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○前田委員長 御異議なしと認めます。それではただちに指名いたします。
電氣事業の再編成に関する小委員として、
 加藤隆太郎君  石野 久男君
 栗田 英男君  川越  博君
 前田榮之助君
電力拡充に関する小委員として
 平島 良一君  村上  勇君
 金子益太郎君  八百板 正君
 櫻内 義雄君
を指名いたします。
#7
○櫻内委員 この際、委員長においてただちに小委員長を指名されんことを望みます。
#8
○前田委員長 ただいまの櫻内君の動議に御異議はありませんか
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○前田委員長 御異議なしと認めますそれでは電氣事業の再編成に関する小委員長としては不肖私前田榮之助が、電力拡充に関する小委員長として櫻内義雄君を指名いたします。
    ―――――――――――――
#10
○前田委員長 次に委員派遣承認中請の件を議題といたします。閉会中の審査のために、電力事業の再編成及び電力拡充に関する調査のために、電力施設を実地に調査する必要があり、この点、すでに委員各位とお打合せをいたしてまいつたのでありますが、本日これを正式に決定し、議長に承認を求める運びにいたしたいと存じます。すなわち
  第一班は富山及び岐阜両縣の飛騨川水系で派遣委員は
 前田榮之助と  加藤隆太郎君
 成瀬喜五郎君  川越  博君
  第二班 新潟縣信濃川水系で
 櫻内 義雄君  境  一雄君
 栗田 英男君
 第三班は新潟縣千手発電所で
 内藤 友明君
 第四班は新潟縣鹿渡発電所で
 村上  勇君  石野 久男君
 上林與市郎君
に御足労をお願いいたしたいと存じます。期間は各班とも七月七日より十二日まで六日間であります。
以上の通り、委員派遣承認申請をいたすことに御異議はありませんか
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○前田委員長 御異議なしと認めます。よつて、そのように決定いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
    午前十一時二十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト