くにさくロゴ
1947/08/07 第1回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第001回国会 海外同胞引揚に関する特別委員会 第5号
姉妹サイト
 
1947/08/07 第1回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第001回国会 海外同胞引揚に関する特別委員会 第5号

#1
第001回国会 海外同胞引揚に関する特別委員会 第5号
昭和二十二年八月七日(木曜日)
    午後二時六分開議
 出席委員
   委員長 天野  久君
   理事 庄司 彦男君 理事 中嶋 勝一君
   理事 原   侑君
      川合 彰武君    高瀬  傳君
      松谷天光光君    吉川 兼光君
      和田 敏明君    坂口 主税君
      中曽根康弘君    松本 一郎君
      村瀬 宣親君    竹尾  弌君
      水谷  昇君    亘  四郎君
      受田 新吉君
 出席政府委員
          復員事務官 荒尾 與功君
    ―――――――――――――
本日の會議に付した事件
 海外同胞引揚促進に関する決議案起草に關する
 件
    ―――――――――――――
#2
○天野委員長 これより會議を開きます。
 海外同胞引揚促進に關する決議案起草の小委員長の報告を求めます。
#3
○中嶋(勝)委員 さきにわれわれ小委員會に御委託になりました海外同胞の引揚に關する感謝竝びにその歸還促進に關する決議の案文の作成でございますが、小委員會におきましては愼重審議これの作成を終つたのでございます。ただいま朗讀いたします。
  海外同胞の引揚に關する感謝竝に其の歸還促進に關する決議(案)
  衆議院は、連合軍總司令部が海外同胞の引揚げに關し、多大の盡力を傾倒せられあるに對し、玄に感謝の意を表すると共に、終戰後滿二ケ年を經た今日なお、ソ連管轄地域、中共地區及び英軍管下に殘留する約九十萬同胞の急速なる歸還の實現を期する。
  政府亦之につき全幅の努力を傾注すベきである。
  右決議する。
以上の通りでございます。
 ただいま議題となりましたる海外同胞の引揚げに關する感謝竝びにその歸還促進に關する決議案の趣旨を辯明いたします。まづその全文を朗讀いたします。
 御承知の通り、海外殘留同胞の歸還につきましては、昨昭和二十一年六月二十八日以來數囘にわたり、本院において決議せられ、その都度歸還の促進が全國民の聲として内外に向つて強く叫ばれてまいつたのであります。
 連合國側、殊に總司令部におかれても、此の國民の要望にこたえ、絶体な努力をいたされました結果、終戰時六百數十萬を算えた在外同胞も、終戰後滿二箇年を經た今日では、米軍地域はもちろん、中國地域、蘭軍、濠軍管轄地域からの集團歸還復員は大體終了いたし、ただソ連地域、中共地區及び英軍地域のみに合計約九十萬の同胞が殘留するという、状況と相なつているのであります。
 ここに至るまで連合軍引揚總司令部が關係各國との折衝、その他船舶の増強等なみなみならぬ各般の御努力に對し、われわれ國民として衷心よりの謝意を表明いたすものであります。
 しかし、ただいまも申しましたる通り、殘留同胞の數はなお約九十萬を算えております。しかも殘留がいよいよ長びくに伴つてあらわれてまいりました慘状は、まつたく想像外のものがあります。もとの軍人軍屬の大部分が作業隊とし、最低限の生活條件下に最高度の勞働に服し、酷熱、嚴寒の地に骨身を削り、勞苦の上に勞苦を重ねているのであります。一般居留民もまた極度の生活困窮に直面していると傳えられております。しかも現在のごとき歸還の状況をもつてしては、明後昭和二十四年秋に至らなければ、引揚げ歸還が終了いたさないのであります。
 かような状況におきまして、從來から起つておりましたところの歸還促進に關する民論は、現在の不安な世情を反映し、これまでとはまつたく樣相を異にし、ますます痛烈になつてまいりました。留守宅家族の人々の非痛な心情と悲慘な生活とは、時の經過とともにいよいよ筆舌に盡せぬ深刻さを加えてきました現實の状態は、人道的見地においてもとうてい黙視することができないので、各方面に熾烈な引揚げ促進の國民運動が擡頭するに至りましたことは、まことに當然すぎることといわなければなりません。
 衆議院におきましても、殊に昨年以來、引揚げ歸還の促進に、また歸還後の定著安定に、國民の要望に副い、あらゆる方面にいろいろと盡力をいたしてまいりましたことは、諸君御記憶の通りであります。新憲法のもと新たに國家最高機關としての國會が成立いたしましたる今日、われわれといたしましては、さらにここに決意を新たにし、この問題に處するの要ありと確信いたすものであります。引揚問題の解決は人類普遍の道徳及び正義の當然の要請であります。なお日本國憲法が理想とする世界平和實現のために、各國民の間に永く恨みを殘してならないことは申すまでもないところであります。さらにポツダム宣言第九條により、舊軍人軍屬は速やかにその家庭に復歸せしめられることと相なつております。われわれは今日ここにあらためて廣く世界の人道を愛する公論に訴え、特に關係諸國に對しさらに衷情を披瀝して、在外殘留同胞急速歸還の實現を懇請いたさなければならぬと信ずるものであります。
 現に南方英軍管下の殘留者の實情は、ここ一、二ヶ月以内、すなわち秋に入る前にこれを全部歸還せしめなければならぬ必要に迫られております。また北方ソ連管下からも、今後さらに二冬を過すというがごとき事態の發生せぬよう、歸還速度を極力早め、遲くも本年内に全員歸還をみるように努力いたさなければならないのであります。
 政府においても、去る七月一日、片山總理の施政方針演説で述べられましたごとく、殘留同胞の急速歸還の實現に努力することを決意せられております。事態は遷延を許しません。われわれはこの際あらためて殘留同胞全員が、さきに申しましたごとく可能の限り迅速に故郷に歸還し得るよう、あらゆる效果的手段を構ぜられんことを強く要望いたすものであります。
 以上申述べましたごとく、われわれはここに決意を新たにいたし、殘留同胞約九十萬の急速歸還の實現を期して萬全の努力をなすことを誓いますとともに、政府に對し最善の努力を要求いたしますることが本決議案の趣旨であります。
 何とぞ新憲法下の新しい衆議院として、本問題の根本的解決を促進しますため、本決議案に對し全員こぞつて御贊成くださるよう念願しつつ、趣旨の辯明を終る次第であります。以上。
#4
○天野委員長 ただいま小委員長の報告の通り決定するに御異議はございませんか。
#5
○天野委員長 御異議ないと認めまして、小委員長の報告通り決定いたします。
 なおお諮りいたしますが、本決議案の提出その他に關して委員長に御一任願うことに御異議はございませんでしようか。
#6
○天野委員長 それでは御異議がないと認めましてさよう決定いたします。
 なおお諮りいたしますが、本決議案が通過いたしました後におきまして、關係各方面にそれぞれ陳情をいたしたいと考えておりますが、その順序、人選等につきましても委員長において取計らうことに御異議はありませんでしようか。
#7
○天野委員長 ちよつと速記を止めてください。
#8
○天野委員長 それではこれで散會いたします。
   午後二時二十一分散會
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト