くにさくロゴ
1947/12/08 第1回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第001回国会 水産委員会 第32号
姉妹サイト
 
1947/12/08 第1回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第001回国会 水産委員会 第32号

#1
第001回国会 水産委員会 第32号
昭和二十二年十二月八日(月曜日)
    午後三時三十分開議
 出席委員
   委員長 青木清左ヱ門君
   理事 庄司 彦男君 理事 鈴木 善幸君
   理事 馬越  晃君 理事 三好 竹勇君
   理事 西村 久之君
      加藤 靜雄君    鈴木 雄二君
      藤原繁太郎君    宇都宮則綱君
      神山 榮一君    小松 勇次君
      石原 圓吉君    坂本  實君
      關内 正一君    冨永格五郎君
 出席政府委員
        農林事務官   藤田  巖君
 委員外の出席者
        農 林 技 官 林  眞治君
    ―――――――――――――
十二月五日
 氷見漁港浚渫の請願(内藤友明君紹介)(第一
 三五四號)
 魚の公定價格改定に關する請願(原健三郎君紹
 介)(第一三五一號)
 美川漁港修築の請願(竹田儀一君紹介)(第一
 三八七號)
 久遠漁港擴張工事施行の請願(冨永格五郎君紹
 介)(第一三九〇號)
 瀬棚港を漁港として修築竝びに瀬棚町大字島歌
 村に船溜築設の請願(冨永格五郎君紹介)(第
 一三九三號)
 青森縣漁港修築の請願(山崎岩男外一名紹介)
 (第一四一二號)
 釣縣船入澗擴張及び青苗小漁港擴張竝びに稻穂
 に船入澗築設の請願(冨永格五郎君紹介)(第
 一四四四號)
 穴部、竹浦兩漁港の復舊竝びに本浦漁港修築の
 請願(福田繁芳君紹介)(第一四八一號)
 奥尻村に船入澗築設の請願(冨永格五郎君紹
 介)(第一五〇〇號)
 魚類配給機構改善に關する請願(青木清左ヱ門
 君紹介)(第一五二〇號)
の審査を本委員會に付託された。
十二月七日
 手打港築港工事施行に關する陳情書(鹿兒島縣
 薩摩郡下甑村手打港期成同盟委員長吉永秀一外
 八十九名)(第七二二號)
 漁船技術員養成事業委託費増額に關する陳情書
 (大日本水産會長鍋島熊道)(第七二七號)
 遠洋漁業技術員養成に關する陳情書(日本鰹鮪
 遠洋漁業者組合連合會長横山登志丸)(第七三
 四號)
を本委員會に送付された。
    ―――――――――――――
本日の會議に付した事件
 一 大澤村字大澤に船入澗築設の請願(川村善
   八郎君紹介)(第七五三號)
 二 涌元に漁港築設の請願(川村善八郎君紹
   介)(第七五四號)
 三 松前町に漁港築設の請願(川村善八郎君紹
   介)(第七五五號)
 四 大島村原口に船入澗築設の請願(川村善八
   郎君紹介)(第七八二號)
 五 小島村館濱に船入澗築設の請願(川村善八
   郎君紹介)(第七八三號)
 六 大島村清部に船入澗築設の請願(川村善八
   郎君紹介)(第七八五號)
 七 様似村に漁港築設の請願(三好竹勇君紹介
   )(第一二八二號)
 八 鹿部村船入澗修築の請願(川村善八郎君紹
   介)(第一二九五號)
 九 尾札部村船入澗擴張工事施行の請願(川村
   善八郎君紹介)(第一三一〇號)
一〇 尾札部村字木直に船入澗築設の請願(川村
   善八郎君紹介)(第一三一九號)
一一 氷見漁港浚渫の請願(内藤友明君紹介)(
   第一三四五號)
一二 魚の公定價格改定に關する請願(原健三郎
   君紹介)(第一三五一號)
一三 美川漁港修築の請願(竹田儀一君紹介)(
   第一三八七號)
一四 久遠漁港擴張工事施行の請願(冨永格五郎
   君紹介)(第一三九〇號)
一五 瀬棚港を漁港として修築竝びに瀬棚町大字
   島歌村に船溜築設の請願(冨永格五郎君紹
   介)(第一三九三號)
一六 青森縣漁港修築の請願(山崎岩男君外一名
   紹介)(第一四一二號)
一七 釣縣船入澗擴張及び青苗小漁港擴張竝びに
   稻穂に船入澗築設の請願(冨永格五郎君紹
   介)(第一四四四號)
一八 穴部、竹浦兩漁港の復舊竝びに本浦漁港修
   築の請願(福田繁芳君紹介)(第一四八一
   號)
一九 奧尻村に船入澗築設の請願(冨永格五郎君
   紹介)(第一五〇〇號)
二〇 魚類配給機構改善に關する請願(青木清左
   ヱ門君紹介)(第一五二〇號)
二一 鴛泊村に漁港築設の請願(坂東幸太郎君紹
   介)(第一六號)
二二 稚内町字抜海に船入澗築設の請願(坂東幸
   太郎君紹介)(第一八號)
二三 奈良尾漁港修築に關する請願(西村久之君
   外二名紹介)(第九二號)
二四 臼尻漁港修築に關する請願(川村善八郎君
   紹介)(第一〇八號)
二五 飯岡町に船溜工事施行の請願(寺島隆太郎
   君紹介)(第二〇六號)
二六 斜里漁港修築竝びに斜里川河口改修の請願
   (永井勝次郎君紹介)(第二五七號)
二七 濱坂漁港修築に關する請願(後藤悦治君紹
   介)(第二七〇號)
二八 丸山漁港修築の請願(原健三郎君紹介)(
   第三二二號)
二九 柴山漁港改修工事施行の請願(小島徹三君
   紹介)(第三六〇號)
三〇 仙法志村に船入澗築設の請願(坂東幸太郎
   君紹介)(第三六八號)
三一 大津漁港修築の請願(菊池豐君紹介)(第
   三六九號)
三二 牛深漁港修築の請願(園田直君外一名紹
   介)(第三七八號)
三三 崎山村に防波堤築設促進の請願(西村久之
   君紹介第三九二號)
三四 苫前村力晝に漁港築設の請願(坂東幸太郎
   君紹介)(第四〇〇號)
三五 小串漁港築設の請願(西村久之君外二名紹
   介)(第四〇四號)
三六 佐尾船溜修築費國庫補助の請願(藤原繁太
   郎君紹介)(第四七六號)
三七 廣田漁港修築工事繼續施行の請願(小澤佐
   重喜君紹介)(第四九五號)
三八 雄武村に漁港築設の請願(飯田義茂君外一
   名紹介)(第五三七號)
三九 燒尻村に漁港築設の請願(坂東幸太郎君紹
   介)(第五四七號)
四〇 式見漁港浚渫に關する請願(北村徳太郎君
   外一名紹介)(第五五五號)
四一 雄武村に漁港築設の請願(坂東幸太郎君紹
   介)(第五七五號)
四二 廣田漁港修築工事繼續施工の請願(志賀健
   次郎君紹介)(第五八九號)
四三 鹿折村を氣仙沼漁港修築計畫地域に編入の
   上埋立工事施行の請願(佐々木秀世君紹
   介)(第五九五號)
四四 師崎漁港修築の請願(深津玉一郎君紹介)
   (第六一六號)
四五 浦安町逢束船溜擴張工事施工の請願(堀江
   實藏君紹介)(第六三四號)
四六 長崎漁港施設修築の請願(本田英作君外一
   名紹介)(第六五一號)
四七 蛟燒村の船溜修築費國庫補助に關する請願
   (本田英作君外一名紹介)(第六五二號)
四八 宇治山田港を漁港として築設の請願(石原
   圓吉君紹介)(第六八九號)
四九 小濱漁港浚渫に關する請願(青木清左ヱ門
   君紹介)(第六九二
   號)
五〇 江良船入澗擴張工事施行の請願(冨永格五
   郎君外一名紹介)(第七三一號)
五一 伊東漁港修築工事を國費又は縣費を以て施
   行の請願(小松勇次君紹介)(第七三二
   號)
五二 出雲崎漁港修築の請願(神山榮一君紹介)
   (第七三七號)
五三 燒津漁港築設促進の請願(加藤靜雄君外三
   名紹介)(第七五二號)
五四 魚津漁港擴張工事施行の請願(佐伯宗義君
   外二名紹介)(第七八七號)
五五 増毛町所有の漁業權存續に關する請願(坂
   東幸太郎君紹介)(第八一〇號)
五六 増毛漁港の擴張竝びに増毛町別苅、雄冬及
   び阿分に船入澗築設の請願(坂東幸太郎君
   紹介)(第八一一號)
五七 蒲江漁港修築の請願(宇都宮則綱君外一名
   紹介)(第八二八號)
五八 富來漁港修築の請願(大森玉木君紹介)(
   第八五二號)
五九 漁業制度の改正に關する請願(三好竹勇君
   紹介)(第八六二號)
六〇 舞阪漁港の防波堤修築に關する請願(小松
   勇次君外四名紹介)(第八七〇號)
六一 和田漁港修築の請願(青木清左ヱ門君紹
   介)(第八九五號)
六二 鷹巣漁港修築の請願(青木清左ヱ門君紹
   介)(第八九六號)
六三 稚鮎の保護に關する請願(青木清左ヱ門君
   紹介)(第八九七號)
六四 樺島村本竃に船入澗築設の請願(西村久之
   君紹介)(第九〇二號)
六五 鴛泊村に漁港築設の請願(佐々木秀世君外
   五名紹介)(第九〇五號)
六六 三島村下泊に漁港築設の請願(赤松明勅君
   紹介)(第九三三號)
六七 船泊船入澗擴張工事施行の請願(坂東幸太
   郎君紹介)(第九六一號)
六八 城崎村厨に船溜及び船揚場擴張工事施行の
   請願(青木清左ヱ門君紹介)(第九八九
   號)
六九 城崎村米ノに船溜及び船揚場の第二工事施
   行の請願(青木清左ヱ門君紹介)(第九九
   〇號)
七〇 蒲生船溜工事に國庫補助増額の請願(青木
   清左ヱ門君紹介)(第九九四號)
七一 保戸島漁業組合に漁船配給の請願(梅林時
   雄君外一名紹介)(第一〇〇〇號)
七二 遠別村に船入澗築設の請願(坂東幸太郎君
   紹介)(第一〇二四號)
七三 清水漁港築設の請願(岡野繁藏君外三名紹
   介)(第一〇三二號)
七四 四ヶ浦船舶工事繼續の請願(青木清左ヱ門
   君紹介)(第一〇七三號)
七五 豐濱船入澗築設の請願(冨永格五郎君外二
   名紹介紹介)(第一〇七七號)
七六 乙部漁港修築の請願(冨永格五郎君外二名
   紹介(第一〇七八號)
七七 原町に船溜工事施行の請願(小澤專七郎君
   紹介)(第一〇九一號)
七八 入舸村船入澗擴張工事施行の請願(小川原
   政信君紹介)(第一〇九五號)
七九 四倉漁港修築の請願(關内正一君外三名紹
   介)(第一一〇八號)
八〇 江良船入澗擴張工事施行の請願(冨永格五
   郎君外一名紹介)(第一一七七號)
八一 厚田村に船入澗築設の請願(椎熊三郎君紹
   介)(第一一八〇號)
八二 燒尻村に漁港築設の請願(佐々木秀世君外
   三名紹介)(第一一九〇號)
八三 舟見町に漁港築設の請願(三好竹勇君紹
   介)(第一二三三號)
八四 苫小牧町勇拂に漁港築設の請願(三好竹勇
   君紹介)(第一二三四號)
八五 苫小牧町に漁港築設の請願(三好竹勇君紹
   介)(第一二三五號)
八六 豐浦町禮文に漁港築設の請願(三好竹勇君
   紹介)(第一二三六號)
八七 伏古別に漁港築設の請願(三好竹勇君紹
   介)(第一二三七號)
八八 有珠漁港修築の請願(三好竹勇君紹介)(
   第一二三八號)
八九 虻田町に漁港築設の請願(三好竹勇君紹
   介)(第一二三九號)
九〇 豐浦漁港修築の請願(三好竹勇君紹介)(
   第一二四八號)
九一 眞鍋島村本村に船溜築設の請願(多賀安郎
   君紹介)(第一二五八號)
九二 小田原市に漁港築設の請願(鈴木雄二君紹
   介)(第一三三六號)
九三 出雲崎港を漁港に指定の請願(稻村順三君
   外一名紹介)(第一三三七號)
 一 專用漁業權開放に關する陳情書(新潟縣佐
   渡郡加茂村齋藤善一外二名)(第六六一
   號)
 二 魚の統制撤廢に關する陳情書(福島縣相馬
   郡中村町加藤吉太郎)(第一三號)
 三 沿岸捕鯨以西底曳等に高能率漁業を小漁民
   大衆に開放の陳情書(全國漁村青年同盟第
   二囘全國大會)(第一六號)
 四 第四次漁船建造計畫實現に關する陳情書(
   全日本造船勞働組合中央執行委員長安江義
   藏)(第五二號)
 五 マニラ麻等漁業用綱索原料繊維輸入懇請に
   關する陳情書(青森、岩手、宮城、福島マ
   ニラ麻等輸入懇請協會長、岩手縣水産業會
   長佐藤佐十郎外十五名)(第一〇二號)
 六 魚價引上等に關する陳情書(佐賀縣水産會
   副會長原口熊一)(第一三三號)
 七 生鮮魚介の配給促進に關する陳情書(神戸
   商工會議所會頭菊地義藏)(第一七四號)
 八 式見漁港浚渫工事施行に關する陳情書(長
   崎縣西彼杵郡式見村長高守正俊外四名)(
   第二五六號)
 九 魚價引上竝びに統制撤廢に關する陳情書(
   西日本水産協議會福岡縣水産業會長理事田
   村延一外八名)(第二七九號)
一〇 水産物増産對策に關する陳情書外一件(岡
   山縣兒島、都窪兩郡漁民大會外一名)(第
   三六五號)
一一 鰹節類の公定價格撤廢に關する陳情書(全
   國鰹節業聯合會代表者松村良太郎外一名)
   (第三六六號)
一二 漁業生産維持増強對策に關する陳情書(全
   國漁民大會實行委員代表奧村伊三郎)(第
   三六七號)
一三 大津漁港擴張工事施行促進に關する陳情(
   茨城縣多賀郡大津町長村山清藏外一名)
   (第四〇四號)
一四 臨時資金調整法による漁船資金借入促進に
   關する陳情書(茨城縣久慈町漁業會長田所
   初太郎外七名)(第四〇六號)
一五 川尻漁港修築工事施行促進に關する陳情書
   (茨城縣多賀郡豐浦町長日渡和一郎外十七
   名)(第四一二號)
一六 生鮮食品竝びに水産加工品統制撤廢に關す
   る陳情書(福島縣議會議長稻員稔)(第四
   一六號)
一七 田之浦漁港増築竝びに浚渫工事施行促進に
   關する陳情書(岡山縣兒島郡下津井町田之
   浦漁業會長中西松之助)(第五一四號)
一八 生鮮食糧品の統制撤廢に關する陳情書(九
   州各縣議會正副議長會幹事福岡縣議會議長
   稻員稔)(第六三五號)
    ―――――――――――――
#2
○青木委員長 これより會議を開きます。
 まず請願を議題に供します。第一より第九三まで一括議題といたします。
 請願第一、第二、第三、第四、第五、第六、第八、第九、第一〇、第一一、第一二はいずれも紹介議員の出席なく、審議に入るに先だち衆議院規則第四十四條の規定に依り紹介議員よりの紹介を求むることができませんから、これが審議は後廻しといたします。
 次に請願第七、第一三、第一四、第一五、第一六、第一七、第一八、第一九、第二〇は審議の都合上紹介議員の紹介は文書をもつて御提出を願い、速記録中に記載することといたしたいと存じます。御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○青木委員長 御異議なければさよう決定いたします。
 次に請願第一五、第一七、第二一、第二九、第三九、第五六、第六五、第八二は運輸省の所管に屬するものでありまして、その漁業關係の施設は農林省として施行すべきものと認め、請願は採擇いたしたいと存じます。
 次に第七、第一四、第一六、第一八、第一九、第二三、第二四、第二七、第二八、第三〇、第三一、第三二、第三五、第四六、第五三、第五四、第五七、第六二、第六六、第六八、第六九、第七六、第七七、第七九、第八一、第八八の請願はいずれも漁港關係のものでありまして、昭和二十三年度に施行すべく農林省においてすでに計畫を樹立し、關係方面と折衝中でございますから、本委員會としてはこれが實現を希望いたしまして採擇することに決したいと存じます。
 次に請願第二二、第二五、第二六、第三三、第三四、第三六、第三七、第三八、第四〇、第四一、第四二、第四五、第四七、第四九、第五一、第五八、第六〇、第七〇、第七三、第七五、第八三、第八七、第九二の各請願はいずれも漁港關係のものでありまして、近き將來において速やかに實施すべきものと認め、これが豫算化を要求することとし、採擇いたしたいと存じます。
 次に第一三、第四八、第五二、第六四、第六七、第七四、第八五、第八九、第九〇、第九三の各請願はいずれも漁港關係のものでありまして、未だ具體的設計その他が未完成のものもあり、地もとの府縣より農林當局に對し連絡がないもようでありますが、本委員會としては前二者に劣ることなく急速にこれが實施をみるべき性質のものと考えまして、これら請願は採擇することにいたしたいと存じます。
 次に第四三、第四四、第五〇、第六一、第七二、第七八、第八〇、第八四、第八六、第九一の各請願はいずれも漁港關係のものでありますが、未だ具體的なる計畫が樹立されておらないもようでありますから、これは委員會においてその請願の趣旨を了承するに止め、本會議には付議いたさないことに決定いたしたいと存じます。
 次に第二〇の請願はこれを採擇することに決したいと存じます。第二〇の請願は魚類の配給機構に關するものでありまして、この請願の趣旨は十分了承するに足るものと存じまするゆえに採擇に決したいと存じます。
 次に第五五は町有漁業組合の存續でありまして、來るべき漁業組合の改革の場合と言えども、この種のものは何らかの方法をもつて存續せしむる必要があるものと存じまするゆえに採擇いたしたいと存じます。
 次に第五九、これは漁業制度の改正に關する請願でありますが、これまた十分請願の趣旨を了承すべきものと信じますがゆえに、採擇いたしたいと存じます。
 次に第六三、これは稚魚の保護でありますが、採擇に決したいと存じます。
 次に第七一は資材關係のものでありますが、採擇に決したいと存じます。
 以上請願全部さきに申しました通りの方法によつて、採擇もしくは本會議に付議せざるものと決定いたしたいと存じます。御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○青木委員長 御異議なければさよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#5
○青木委員長 次に陳情書を議題に供します。第一より第一八まで全部一括して議題に供したいと存じます。
 第一兩津灣における專用漁業組合の解放に關しましては、漁業組合等のごときものはこれを開放すべしとなすもの、開放すべからずとなすもの等、それぞれ論議あるものと存じまするがゆえに、本陳情書の反對意見を有すものについてもこれが事情を聽取する必要があると存じますがゆえに、ただいま本國會の會期も切迫しております關係上、これは留保いたしたいと存じます。御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○青木委員長 次に第二、第六、第七、第九、第一一、第一六、第一八はいずれも魚價引上げもしくは魚類の公定價格ないし統制の撤廢の請願でありまして、その趣旨は了承すべきものがありまするがゆえにいずれも採擇に決したいと存じます。
 次に第三の陳情は沿岸捕鯨、以西底引等を、特權を有する會社の專用に歸することなく、一般漁民大衆に開放されたき旨の陳情であります。これまたその内容において了承すべき點がございまするがゆえに採擇いたしたいと存じます。
 次に第四の第四次造船計畫實現及び第五のマニラ麻等漁業用綱索原料繊維輸入懇請等、いずれも日本の水産の將來を確保する面において、ぜひとも實現いたされたき陳情の趣旨と存じまするから、いずれも採擇に決したいと存じます。
 次に第一〇、水産物の増強對策の陳情、干拓の事項を除く。日程一二、漁業生産維持増強に對する陳情は、いずれも陳情の趣旨において了承すべきものがございますがゆえに、これまた採擇に決したいと存じます。
 次に第八、式見漁港は速やかに實施すべきものと考えられまするがゆえに、これを採擇いたしたいと存じます。
 第一三、大津漁港は二十三年度において實施すべきものと認め採擇に決したいと存じます。
 第一五及び第一七はいまだ具體的な計畫が樹立しておらず、地元縣當局より農林省に對する連絡もない模様でありますから、具體的計畫の樹立をまつてこれを審議すべきものと存じ、これが審議を留保いたしたいと存じます。
 以上第一より第一八までの陳情はいずれも先に申し上げた通りにおのおの處置したいと存じます。御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○青木委員長 御異議なければさよう決定いたします。
 漁港修築に關する水産委員會としての方針は、さきに本委員會において決定をみておるのでありますが、右調査資料の蒐集草案の起草については、とりあえず本委員會の專門委員を中心とする專門的調査機關によつて急速に立案せしむることとすることに了承を願つておるのでありますが、その專門的調査機關の内容につきましては、委員長において適宜取計ろうことにいたしたいと存じます。御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○青木委員長 御異議がなければさよう決定いたします。
 第一囘國會開會以來長日月にわたしまして、委員各位には精勵そのもののごとく、委員會の運營に對して御協力されましたことを委員長としてあつく感謝にたえません。本委員會としては水産廳の設置の問題を初めといたしまして、漁港關係魚價及集配機構關係、資材關係、金融關係、漁業權の問題その他水産萬般について、特に政府提出の議案わずかに一件にすぎなかつたのでありますけれども、今後起るべき水産振興上のあらゆる問題について事前に檢討を加えてきたのでありますが、本日第一囘國會における水産委員會の最終の會議を閉ずるにあたりまして感慨無量のものがあるのであります。もちろん本委員會において審議いたしたものの中で、未だ實現をみないものもあるのでございますが、それは各位の御努力によりまして、次の第二囘國會に持越して、これが實現に向つて渾身の努力をもつて萬進いたしたいと存じます。各位の御精勵を感謝し、御挨拶にかえる次第でございます。
 本日はこれをもつて散會いたします。
   午後三時五十二分散會
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト