くにさくロゴ
1956/12/11 第25回国会 参議院 参議院会議録情報 第025回国会 議院運営委員会 第17号
姉妹サイト
 
1956/12/11 第25回国会 参議院

参議院会議録情報 第025回国会 議院運営委員会 第17号

#1
第025回国会 議院運営委員会 第17号
昭和三十一年十二月十一日(火曜日)
   午前十一時四十五分開会
    ―――――――――――――
  委員の異動
十二月七日委員佐藤清一郎君辞任につ
き、その補欠として青柳秀夫君を議長
において指名した。
十二月八日委員青柳秀夫君辞任につ
き、その補欠として佐藤清一郎君を議
長において指名した。
    ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     石原幹市郎君
   理事
           寺本 広作君
           小酒井義男君
           藤田  進君
           上林 忠次君
   委員
           斎藤  昇君
           高野 一夫君
           西田 信一君
           横川 信夫君
           阿部 竹松君
           坂本  昭君
           成瀬 幡治君
           光村 甚助君
           森田 義衞君
        ―――――
   副  議  長 寺尾  豊君
        ―――――
  政府委員
   内閣官房副長官 田中 榮一君
  事務局側
   事 務 総 長 芥川  治君
   参     事
   (事務次長)  河野 義克君
   参     事
   (委員部長)  宮坂 完孝君
   参     事
   (記録部長)  丹羽 寒月君
   参     事
   (警務部長)  佐藤 忠雄君
   参     事
   (庶務部長)  渡邊  猛君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○日本銀行政策委員会委員任命につき
 本院の同意を求めるの件
○住宅、道路、ダム等の建設事業に関
 する実地調査のための委員派遣承認
 要求の件
○教育、文化及び学術等に関する実情
 調査のための委員派遣承認要求の件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(石原幹市郎君) ただいまより議院運営委員会を開会いたします。
 まず、日本銀行政策委員会委員任命につき本院の同意を求めるの件を議題に供します。
 別に御発言もなければ、千金良宗三郎君及び原邦造君の任命につき承認を与えることに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(石原幹市郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(石原幹市郎君) 次に、委員派遣承認要求の取扱いに関する件を議題に供します。
#5
○参事(宮坂完孝君) 承認要求は二件提出されております。
 建設委員会、目的は住宅、道路、ダム等の建設事業を実地に調査し、もって今後の委員会における審議に資する。
 派遣委員は、第一班、小澤久太郎君、西田信一君、重盛壽治君。第二班、石井桂君、内村清次君、北勝太郎君。第三班、稲浦鹿藏君、小山邦太郎君、坂本昭君。
 第一班は宮城県、岩手県。第二班は愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県。第三班は奈良県、和歌山県、三重県であります。
 いずれも期間は十二月十四日から十二月十九日までの六日間。費用概算は十三万七千八百円、予算の範囲内でございます。
 文教委員会、目的は教育、文化及び学術について、特に地方教育職員の昇給、昇格問題、新教育委員会の運営の実態及び文化財の保護、保存の状況等について実情調査を行い、委員会の審議に資する。
 派遣委員、第一班、有馬英二君、松澤靖介君、常岡一郎君。第二班、林田正治君、高田なほ子君。第三班、関根久藏君、松永忠二君。
 第一班が鳥取県、島根県。第二班が千葉県、茨城県、福島県。第三班が新潟県、群馬県。
 期間は三班とも十四日から十九日までの六日間。費用概算は十万四千円であります。予算の範囲内であります。
#6
○委員長(石原幹市郎君) 本要求を承認することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(石原幹市郎君) 御異議ないと認め、さよう決します。
 本日はこれにて散会いたします。
  午前十一時四十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト