くにさくロゴ
1956/12/04 第25回国会 参議院 参議院会議録情報 第025回国会 外務委員会 第10号
姉妹サイト
 
1956/12/04 第25回国会 参議院

参議院会議録情報 第025回国会 外務委員会 第10号

#1
第025回国会 外務委員会 第10号
昭和三十一年十二月四日(火曜日)
   午前十時三十六分開会
    ―――――――――――――
  委員の異動
十二月三日委員苫米地英俊君辞任につ
き、その補欠として小林武治君を議長
において指名した。
本日委員海野三朗君辞任につき、その
補欠として山下義信君を議長において
指名した。
    ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     小滝  彬君
   理事
           川村 松助君
           杉原 荒太君
           曾祢  益君
           梶原 茂嘉君
   委員
           鹿島守之助君
           小林 武治君
           重宗 雄三君
           津島 壽一君
           鶴見 祐輔君
           永野  護君
           野村吉三郎君
           加藤シヅエ君
           佐多 忠隆君
           竹中 勝男君
           森 元治郎君
           山下 義信君
           吉田 法晴君
           石黒 忠篤君
           佐藤 尚武君
  国務大臣
   内閣総理大臣  鳩山 一郎君
   外 務 大 臣 重光  葵君
   厚 生 大 臣 小林 英三君
   農 林 大 臣 河野 一郎君
   通商産業大臣  石橋 湛山君
  政府委員
   内閣官房副長官 松本 瀧藏君
   法制局長官   林  修三君
   法制局次長   高辻 正巳君
   外務参事官   法眼 晋作君
   外務審議官   森  治樹君
   外務省条約局長 下田 武三君
   農林大臣官房長 永野 正二君
    ―――――――――――――
   全 権 委 員 松本 俊一君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       渡辺 信雄君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○日本国とソヴィエト社会主義共和国
 連邦との共同宣言の批准について承
 認を求めるの件(内閣提出、衆議院
 送付)
○貿易の発展及び最恵国待遇の相互許
 与に関する日本国とソヴィエト社会
 主義共和国連邦との間の議定書の批
 准について承認を求めるの件(内閣
 提出、衆議院送付)
○北西太平洋の公海における漁業に関
 する日本国とソヴィエト社会主義共
 和国連邦との間の条約の締結につい
 て承認を求めるの件(内閣提出、衆
 議院送付)
○海上において遭難した人の救助のた
 めの協力に関する日本国とソヴィエ
 ト社会主義共和国連邦との間の協定
 の締結について承認を求めるの件(
 内閣提出、衆議院送付)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(小滝彬君) ただいまから外務委員会を開会いたします。
 まず委員の異動について御報告いたします。
 昨三日、苫米地英俊君が委員を辞任せられ、その補欠として小林武治君が委員となり、本日海野三朗君が委員を辞任せられ、山下義信君が委員になられましたので、御報告申し上げます。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(小滝彬君) 次に、日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との共同宣言の批准について承認を求めるの件
 貿易の発展及び最悪国待遇の相互許与に関する日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との間の議定書の批准について承認を求めるの件
 北西太平洋の公海における漁業に関する日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との間の条約の締結について承認を求めるの件
 海上において遭難した人の救助のための協力に関する日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との間の協定の締結について承認を求めるの件
 以上四件を一括して議題といたします。
#4
○佐多忠隆君 松本・グロムイコ公文の点について、ちょっとだけお尋ねをしておきたいと思います。と申しますのは、この問題は、いずれ後刻同僚曽祢委員によっていろいろ質問がなされるときに、きっと関連する問題になると思いますので、そちらで詳しくはお尋ねをいたしますが、ただ簡単にお答えを願っておきます。この交換公文の交渉の時期の問題でありますが、どうも今までの質疑応答を聞いておりますと、これは、はっきりしないのですが、一体これは、今後の共同宣言ができるまでの準備的な書簡として、その準備手続その他の書簡として、共同宣言ができると同時にこれは失効をして共同宣言にかわるのか、そうでなくて、あるいは平和条約の交渉開始のとき、そこまで依然として効力が発生をし続けているのか、その辺は、政府の考え方と同時に、向うとの間にはどういう話し合いを正確に取りつけておられるか、その一点だけを簡単でいいですからはっきりしておいて下さい。
#5
○全権委員(松本俊一君) それじゃ私から簡単に御説明申し上げます。
 この交換文書は、元来、鳩山総理大臣とブルガーニン首相との間の交換文書につきまして、領土問題を含む平和条約の交渉が国交正常化後といえども継続されるかどうかということを明らかにする趣旨で、先方と交渉いたしまして作ったものでございます。で、この効力の点は、私はかように解しております。この文書は先方も非常に重きを置きまして、元来、今度参りますフェドレンコと私が交渉をいたしまして、この文書を交換しようということに決定いたしました。そのあて先は、私はソ連の外務大臣を希望いたしました。ところが、当時は外務大臣はモスクワにおりませんでしたので、その代理をいたしておりますグロムイコ第一次官と私との間にこの文書を交換することにいたしまして、そのために私とグロムイコはこの文書を作成して、同席いたしましたが、特にそのほかの人も立ち会いました。フェドレンコもそれからわが方の随員も立ち会いまして交換いたしました。相当正式な形式で交換いたしました。それからこの文書の公表問題につきましては、共同宣言署名後に私みずからグロムイコ第一次官に公表方を申し入れました。それで先方はその点について考究するということで、一たん表示を留保いたしましたが、シェピーロフ外務大臣並びにブルガーニン総理大臣と相談をいたしました結果、これを公表するに異議はないと申して参りました。従いまして私といたしましては、この文書の効力は今日もなおそのまま継続しておるものと思っております。従ってこの文書は今度の共同宣言の解釈上有力にして且つ決定的な意義を持つものだ、かように私は解しております。これは政府においてもさように解釈することに一定いたしております。さよう御了承願います。
#6
○佐多忠隆君 当事者松本全権あるいは政府としての心組みだけは承わって、経過も今の御説明でわかるのですが、ただそういうものが向うとの関係において、効力の時期その他のことについてどういう話し合い、合意ができているかということが問題なんですが、これはおそらく後ほど曽祢同僚委員のときにさらに問題になると思いますから、その場合に問題を残しておきまして、次の問題に入ります。
 第二は、日ソ友好同盟条約と今度の日本の日ソ国交回復との関連の問題でありますが、この条約が日本を対象としたものであり、しかも日本にあるいは日本と同盟をする国の侵略の危険性があり、それをまごうかたなく明瞭に打ち出して、そしてそれに対抗するものとして作られた友好同盟あるいは相互援助の条約であるということは、これはまごうかたなく明瞭であると思うのであります。そうだとすると、これが日ソの国交回復の問題、さらには今後さらに友好関係を増進する上において非常な障害だというかになることは明瞭であり、そして今度の国交回復によってはこの精神はすでに消されているはずのものであると思うのであります。これまでの質疑応答を聞いておりますと、首相にしても、外相にしても、大体そういう話し合いがあったというようなことをばく然とは答弁をしておられますが、この点については基本的な態度としてどういうふうな話し合いになったのか、そこの話し合いの経緯その他についても詳しく御説明を願いたいのですが、まず首相、外相に、基本的にこの条約をどう考えられるか、それから向うは今度の国交回復と同時にこれをどういうふうに扱い、どういうふうに考えようとしているか、その基本的な態度と同時に、それに関するいろいろな折衝の経過はさらに詳しくは松本全権にお尋ねをしたいと思います。まず総理から。
#7
○国務大臣(鳩山一郎君) 日ソ友好同盟条約は、ブルガーニンから直接に聞きましたのですが、決して日本を目指して作ったものではないという話でありました。
#8
○国務大臣(重光葵君) 私は中ソ同盟条約はこの日ソ国交回復に非常にじゃまになると思っておりました。そこで、この問題を、これに関するソ連側の意向を突きとめなくてはならぬと考えておりました。しかしかような問題について、これを根本的にその存在を否認するような処置までするということになれば、またソ連側も日本に対していろいろ要求があることが想像されまして、その意思を突きとめておけばその程度で交渉を進めるということが日ソ国交回復の目的に沿うゆえんだと考えました。そうして先方の意向を突きとめてみますというと、今日においてはいろいろその締結当時の考えとはまた違って、その当時の説明としては、これは日本に向けられた、日本に敵意を表示した条約ではないという意向をはっきり表示しましたので、今申し上げましたような趣旨によりまして、そのままにして交渉を進めたわけでございます。
#9
○佐多忠隆君 松本全権のもっと詳しい御説明を聞く前に、ちょっと総理、外務大臣にお尋ねしますが、総理はこれまでの答弁のときに、いつもこの問題が出ますと、ブルガーニンはこれは日本を目あてにしたものでないといいましたからといって、非常にけろっとしておる、ああそうですかといって受け取られたのですか。さらに外務大臣も、いろいろ考えてはみたけれども、どうもこれをやるとめんどうなことになりそうだから、しかもブルガーニンは、いやそうじゃないといっているから、まあそれに信頼してというようなことで簡単に扱っておったのでありますか。しかしこの条約は、私からあらためて申し上げるまでもなくはっきりして、その前文には、「日本帝国主義の復活及び日本国の侵略又は侵略行為について何らかの形式で日本国と連合する他の国の侵略の繰返しを共同で防止する決意にみたされ、」この条約を結ぶのだ、こう前文に明瞭に書いてある。しかも第一条には「両締約国は、日本国又は直接に若しくは間接に日本国と侵略行為について連合する他の国の侵略の繰返し及び平和の侵害を防止するため、両国のなしうるすべての必要な措置を共同して執ることを約束する。」ということを明瞭に明記いたしておりますので、これが日本を相手にしたものでないとか何とかいったからといって、ああそうですかと簡単に引き下れる性質のものではないと思うのです。そこでこれはもっと基本的な問題として取り上げて、少くとも今度の共同宣言に平和共存をうたわれるのならば、この問題を十分に究明をしておかなければならないはずのものだと思うのです。外務大臣はそれをほじくり出すと、たとえば日本に軍国主義を復活させないためのどういう保証があるかとか、あるいは日本国が侵略することをおそれられておるその危惧をどういうふうにして取り除くか、その処置をどうすればいいかということについて、相当むずかしい問題が出てくるので、これには触れなかったというふうにして問題をごまかしておられるのかもしれないが、これはごまかせないはずの問題ではないかと思うのです、なおしかしその後の経緯その他を考えますと、申し上げるまでもなく、一九五四年ですか、昭和二十九年になりますか、ちょうどわれわれが第一回に国会議員団を中共に派遣をし私自身も参りましたが、そのときにちょうどフルシチョフ、ブルガーニンもでしたか、ミコヤン等が中国に来ていて、例の有名な一九五四年十月十二日の中ソ共同宣言を出しております。このころになると相当態度は変って参っておりますし、共同宣言を非常にいろいろ出しておりますが、その共同宣言の中の一つに、申し上げるまでもなく中ソ両国の日本に対する関係についての共同宣言なるものを発表いたしております。ここでもなるほど同盟条約と同じような精神、日本がいまだ軍国主義化しあるいは侵略の危険性なきにしもあらずと思うけれども、同町に日本にも民主的な平和的な空気が非常に強くなってきているので、それらの点を考慮して、むしろ対日関係としては、中華人民共和国政府とソ連邦政府の日本に対する政策は、社会制度を異にする国家も平和に共存できるという原則に基いており、また両国はこれが各国人民の切実な利益に合致するものであることを信じている。両国政府は互恵の条件によって日本と広範な貿易関係を発展させ並びに日本と密接な文化上の連携を樹立することを主張をするという宣言を発表して、対日政策を非常に変えて参ってきておると思うのですが、従ってそういう意味においては条約としては残っておるけれども、その精神その他は変ってきておるし、それから条約よりものちに出されたこの共同宣言においては、その点が非常に修正をされてきておる。で、それらの点を一体明瞭に討議をし、合意に到達をされたのかどうか。しかもそういう考え方は、今総理がお答えになったような言質は、議事録等外交上の拘束力を持つ形にしてちゃんと残されているのかどうか、その辺を明瞭に一つお示しを願いたいと思います。まず外務大臣に、そして次には松本全権にその点の経緯をくわしく御説明願いたい。
#10
○国務大臣(重光葵君) 元来日ソ交渉は、日ソ両国がそれぞれ置かれておる国際的地位は不問にこれを付して交渉を進めるということを前提として始められたわけでございます。そこで、そういうわけでありますから、その前の中ソ同盟条約はどういうふうに解釈をせられるというようなことについては、ソ連側が十分これに対する説明を行い、釈明をしたのであります。それでもって、その言明のもとに、双方とも置かれた国際的立場はあえてその変更を要求しないという建前で始めることになったわけでございます。それからまた議事録等の問題は、一々議事録をとっていなかったと思います。それがまあ普通の形式でありますから、議事録はないと思います。しかしすべてのソ連代表の説明は十分にそれが効力を持っておるものと、こう考えます。
#11
○全権委員(松本俊一君) ただいまのお尋ねは外務大臣から御答弁になりました通りでございます。私もそういう趣旨の訓令を受けました。その通り交渉をいたしました。向うから確かにそういう言明を得たのであります。それを報告いたしましたのが私の交渉の経緯でありますから、さよう御了承願いたいと思います。
#12
○佐多忠隆君 その言明を得ておるし、それは報告となっておる、日本側としてはそういうことになっていましょうが、同時にそれは、あなたと向うとの討議の過程における議事録その他に正確に記録をされておるのですか、どうですか。
#13
○全権委員(松本俊一君) 私とマリクの交渉につきましては、合意された議事録というものは作ってございません。これはこの種の会談の普通の形式であります。必要があれば作りますが。その点につきましても従って別に合意された議事録はございませんけれども、しかしこの問題は御想像にも相成るかと存じまするが、きわめて重大な点でありまして、しかもほかの問題にも関連してくることは御想像の通りであります。従いまして決して単なる普通の言明をこちらが了承した程度ではないのであります。それから他の問題もおのずから発展してくるのでありますから、いささかも疑念は残っていないわけでございますから、さよう御了承願います。
#14
○佐多忠隆君 そこのところがいささかも疑念が残らない形で了承はできておるという御答弁でありますが、同時に外務大臣は既成のいろいろな体制なり何なりは崩さないでそのままにしておいてやるんだという最初の了解があったからというお話もあったのですが、一応のあいさつとしてはそういうことであるかもしれないけれども、先ほど申しましたように、そしてまた総理自身が言っておられるように、この条約は日本を対象としたものでないということを明瞭に言っておる。もしそれが明瞭であり今外務大臣、松本全権が言われるように、まごうかなき正確な事実であり、向うもそれははっきりしておるとおっしゃるのであるならば、実質的にはこれは日ソ友好同盟はあとからのいろいろな行為によって消される形になっている。そこのところは明瞭にしなければならないとしてわれわれ社会党としては、申し上げるまでもなく、この条約が非常に日ソとの、あるいは日中との友好関係を推進する上においてじゃまになるから、これは廃棄をしてもらいたい。少くともこの第一条、第二条は取ってもらいたい。それから、そのためにはわが国として日本国が軍国主義の復活をしない、あるいは他の国と連合して侵略行為等々のことを絶対にやらない、そのまた危険を感ぜしめるような体制もこれは変えていくのだという、こちらの力のいろいろな措置もしなければならないと思うのです。そういう基本的な問題として、むしろ私はあなた方が固執された平和条約方式であるならば、この点も、もっと根本的に検討をされてしかるべき問題ではなかろうか。ことに今度の東欧の問題なり、あるいはエジプトの問題なりをめぐって明瞭になったことは、軍事協定あるいは軍事同盟方式はもはや国際問題の解決策でないということが明瞭になったし、この体制自体が基本的に検討されなければならないことにもなって来ております。これくらいのことはすでに外交に従事しておられる専門家の皆さん方がよくすでにあの時期に御承知であったはずだと思う。それならばそういう問題として論議をされなければならなかったと思うが、これは非常にあいまいな形にされておる。そこで私は、今後さらに日ソとの関係においてはさらに友好を増進することを進めていかなければならないし、それからこれは時期の問題にもなりましょうが、基本的な平和条約の問題等においては、この問題を逸することなく、正確に討議をし、話し合いを進めていかなければならない筋のものになる。今後はそういうものになると思いますが、それらの点を総理はどういうふうにお考えになるか。少くとも今後はこの問題をごまかさないで、正式な問題として取り上げて、本格的に討議をしていって体制を変えていく決意をこの際しなければならないし、そういう方向に進める措置、準備をしなければならないと思いますが、総理はどういうふうにお考えですか。
#15
○国務大臣(鳩山一郎君) この日ソ友好同盟は日本の侵略行為というものを前提として作られたものであります。日本は、侵略行為は、将来そういうような疑いを起すような行動は日本国としてはとるはずがないと信じます。将来どういうような方針で進むか、平和外交方針をとっているわれわれとしては、そういう平和を固める上においてできるだけ努力はいたしますが、これはむしろ今後の問題でありますから、ただいまそういうことを答弁する必要はないと考えております。
#16
○佐多忠隆君 今後の問題とおっしゃまいすが、今後の問題であることはその通りでありますが、平和条約の審議は引き続きやらなければならない。しかもこれまでの総理の御答弁を聞いていると、鳩山総理は近く引退をされる、しかし引退をされても、これは鳩山総理個人が引退をされるので、鳩山内閣の延長ができるだろうというようなふうのことを言っておられる。私は鳩山総理が引退をされ、従ってそれはもう全部保守党自民党自体の行き詰りとして、先もどうもよくわからぬから、全部あとは白紙にして他の者に譲るのだというお考えであるならば、今の答弁でちっとも差しつかえないと思うけれども、そうでなくて、自分は個人的な意味でやめるが鳩山内閣の延長として次の内閣もできるだろうというような予想のもとにやっておられるとすれば、そういう、先はわかりませんというような無責任な答弁では許されないと思います。もっとその点をはっきり明瞭にしていただきたいと思う。特に先ほど読みましたように、共同宣言その他の形では向うの考え方も変えて参っておるのでありますから、それらをさらに押し進めると同時に、今度の事件その他を通じていろいろ体制が変ってくる時期でもあるのだから、この時期にその問題を押し進めるということこそは必要な問題だと思う、それらの点をどういうふうにお考えですか。
#17
○国務大臣(鳩山一郎君) 世界の緊張を緩和するということは必要なことだと思いまするが、その方針において行動をとります。
#18
○佐多忠隆君 どうも非常に抽象的なあれで、もっと具体的に今の問題をお尋ねしているのですが、今の問題はそれじゃ後ほどもう一ぺんほかの問題と関連して御質問をいたしますから、次の問題に移ります。
 抑留者の帰国の問題ですが、幸いに鳩山総理がブルガーニン首相に書簡を送られ、それの返書も参った。そして抑留行の年内送還のために必要な準備手続をとっておるということが返事されて参ったのでありますが、すでにブルガーニン首相からそういう最高方針が決定をされ、それが通告済みである以上、それに対する必要な準備措置が向うの側としてどういうふうにとられているか、従ってそれに対応して日本側はどういう準備措置をとっておられるか、それらの点を具体的に御説明を願いたい。
#19
○政府委員(法眼晋作君) お答えいたします。批准書が交換されますと、先方から大体いつごろという通告があるはずでございます。それに応じまして、こちらは厚生省、日赤その他の関係者と打ち合せまして、船はいつでも出せるという態勢を整えておるわけであります。しかも受け取る港としましては、従来ナホトカでございましたが、日本側としましてはナホトカと言わず、必要があればどこでも行けるのだという通告を出しておりますから、準備は着々進んでおるわけでございます。
#20
○佐多忠隆君 ソ連側がどういう準備をしているのか、その点をもう少し具体的に御説明を願いたい。これらの点は最高首脳部の間で今みたいな原則的な了解ができているのだから、その了解ができるまでのいろいろな事務的な折衝その他でも準備はしておられるはずだし、あるいはそれはまだできなかったのだと言われるならば、少くとも、返書が来た直後からはいろいろな折衝を行なっていなければならないはずだから、それらを通じて一体向うはどういう準備をしているのか。たとえば引揚事務は今度は赤十字がやるのか、政府自体がやるのか、それから引揚げ準備として、今どこどこにどういうふうに分散所在している者たちがいつごろからどういうふうな移動なり何なりをして集められることになっているのか。それは必要な準備手続をとっているということ、でありますから、事実とっているのだから、打ち合せその他折衝しておられれば、そういうことは具体的にわかっているはずだと思う。その点をもう少し具体的に御説明願いたい。
#21
○政府委員(法眼晋作君) これは先方は準備は進めておりますから御心配なくという返事でございます、私とチフヴィンスキー氏と話をいたしまして、今後は政府レベルで話をすることになっております。その政府レベルの話では、先方は着々進んでいるから御心配なくということを申しておりました。そこで、これは一応信頼しなければならない、こう思います。
#22
○佐多忠隆君 着々準備を進めておられるということは、これはブルガーニンが総理に対する返事はそれでいいです。しかしそれ以上は事務手続の問題で、その事務手続の問題を遅滞なく具体的に進め、話し合いをしておかれることがあなた方の任務なんです。それをただ向うがやっておりますからと言ってそれを信頼してあれしているのじゃ、総理の答弁ならばそれでいいが、しかし事務当局がやらなければならないあれとしては、何ら答弁になっていない。それを明瞭にしていただきたい、さらに、一体あなた方がお調べになって、抑留者はどこにどのくらいいて、それが向うの準備はどうかわかりませんが、自分たちの見込み、予想として、ここからここまでどのくらい、これがどう集められるだろう、これがどういうふうに大体なるだろうと、それらの研究なり準備なりは、こちらの受入れ態勢を考えられる限りやっておかなければならない。そこらはどうなっているか。
#23
○政府委員(法眼晋作君) これは従来一応ソ連の説明を信頼いたしておりまして、そうして、こちらといたしましては、たとえばハバロフスクからナホトカに来るのは二日かかる、三日かかる、そういうわけで、前からやっているということをだめを押しているのであります。従いまして批准書を交換すると、そういうことはすぐ発動するということになるわけであります。
#24
○委員長(小滝彬君) 佐多君に御注意申し上げますが、厚生大臣も参りました。
#25
○佐多忠隆君 それならば、先ほどから言っているように、どこどこにどういうふうに分散し、ここからここまで来るのには幾日かかる、こういう調査なり見込みを立てておられるか、そこを事務当局らしく具体的に詳しく御説明願いたい。
#26
○政府委員(法眼晋作君) 抑留邦人の所在する場所はわかっております。たとえばハバロフスクその他のラーゲルに行っているようであります。これから現地のナホトカまで来る時間はわかっているのであります。従いましてそれはすでに既定の計画でありまして、これは両方の事務当局は適去何回となく引揚げをやっておりますから、これは一つのルティーンの仕事として確定しておるわけでございます。問題はそれを発動することが今回一番大事なことでございます。それは批准書を交換したあと発動する。こういう先方と固い約束でございます。
#27
○委員長(小滝彬君) 佐多君にちょっとお願いがあるのですが、厚生大臣は衆議院の決算委員会から出席を要求されておりますから、なるべく先に御質問願います。
#28
○佐多忠隆君 はあ、これに関連してやります。
 いや、そこのところはさまっているのだ。そこがどういうふうな状況になっているのかということを聞いているのです。たとえはハバロフスクなりその他のラーゲルにいる、そういうことは聞かないでもわかっている。ハバロフスクにはどのくらいいて、その他のラーゲルにどういうふうに散在しているのか、従ってハバロフスクからここまで行くにはどういう日程がいるのか、その他のいろいろのところから、どのくらいかかるのか、従ってそれらが集まるのにどのくらい日数を要するのか、そういうことを向うも準備しておるのでしょうが、こっちはこっちとして予想なり調査なりは立てておられる。それをもう少し詳しく御説明いただきたいと思うのです。
#29
○政府委員(法眼晋作君) これは通例われわれがソ連と交渉いたしますときには、ソ連の方は事前にはそういうことはなかなかわかってこないのでございます。それをプレスする手段としては、常に過去における約束にこちらは依拠しまして、その履行を迫るということが通例過去においてとっておる手でございます。今回においてもその例に漏れませんで、従いまして鳩山首相とブルガーニンの書簡の交換、約束、それを実行するため、事務当局側としても交渉相手の方に約束の履行を迫るということでやっておるわけでございます。それは先方は言はないのでございますから、これは言わせる力がないとおっしゃれば、それまででございますけれども、言わせんと努力しても言わんということは事実でございますから、それ以上私たちは申せない。はなはだ努力が足らんとおっしゃれば、その通りでございますけれども、努力を続けますけれども、先方が話さないという事実が現在まで変らないということは事実でございます。
#30
○佐多忠隆君 これまでは日赤がやっていたから、政府はこの点において怠慢だと思うのですけれども、日赤に任せっきりにして、日赤の事務運営に任しておられた。従ってそれがわからないと言っても、あなたの責任じゃないかもしれない。しかし今度は、問題は政府自体がやるということに移ってきているのですよ、これは一体今度の引き揚げその他は政府自体がやるのか、日赤がやるのか、そこらはどういうふうに大臣の間で、今度の文書その他にも関連して、機構、人員、その他をどういうふうに政府としておきめになったのか、それをまず方針的な問題として外務大臣並びに厚生大臣にお尋ねをしたい。
#31
○国務大臣(重光葵君) そういう問題は、実効を上げる方法によってやらなければならぬと思います。そこでむろん今回は政府がやるのです。政府が抑留者を受け取って、そうして送還する手続をやるのでありますが、しかし政府がやるにしても、日赤をわずらわすことが実効を上げる方法でありますから、日赤をわずらわして配船などをやってきておるわけでございます。しかしそれが向うが送り帰すのはこれだけの人数である、ソ連側から日本に送り帰す人間はこれだけの人数である。マリク名簿とかいろいろなものを出しておるわけです。それによってこれはやるつもりであります。しかしその向うに抑留されている人間が、個人々々、どうしていつ汽車でどこに行ってどうするか、こういうようなことまでは私は打ち合せをする必要は少しもないと思います。これはこっちに帰ってくる乗船までをはっきりやってくれれば、それでいいと思っております。それは向うはやる意志を持っておるのでありますから、それによって仕事を進めていくことが適当であろうと考えております。向うに信頼すべきは向うに信頼して差しつかえない、こういうふうに考えておるのでございます。
#32
○佐多忠隆君 その信頼することと、必要な準備手続を巨細に打ち合せてスムーズに問題を運ぶこととは別なんですよ。信頼は信頼、信頼を何にもしないでほったらかしておけとはいいません。しかし信頼をすると同時に、準備手続は遅滞なく具体的な打ち合せ交渉その他をやらなければならない。それを今の御答弁では何らやっておられないじゃないですか。それはもうやれる段階にきている。やらなければならない。
#33
○国務大臣(河野一郎君) 今のお話しでございますが、実は私はつい最近チフヴィンスキー氏にお会いしました。そのときに相当強く私もその点をどういうふうになっておるか、どういうことかということを前から引き続きのことでございまするから申しました。ところがチフヴィンスキー氏の答弁は、依然として日ソ両国が今日友交の立場に立っておる。また将来もその立場を続けていくということに信頼をしてくれ。今具体的のことを申し上げるわけには参らぬからということでございまして、これはそれ以上のことを現在の両国間の関係におきましてはソ連側に確める、打ち合せをすることがちょっと困難じゃないか、こう思うのでございます。しかし結果におきましては相当信頼していい状況になっておるのじゃないかという気持を持って、それを信頼して、今事務当局から申しましたように、当方の準備は遅滞なく進めておるということで御了承いただきたいと思います。
#34
○佐多忠隆君 おそらく河野さんのいろいろと話されたのは、アルガーニン返書がくる前の話だと思うのです。きてからは事態は非常に違っているのだと思うのです。すでに送還のための必要な準備手続をやるということをいったんだから、その準備手続その他がどういうふうになっているか等々のことは話し合いがあってしかるべきだ。しかもその河野さんさえやっているのに、こういう問題まで河野さんなんかにやらすということ自体がおかしいのだ。こういう事務的な問題こそ、遅滞なく外務省が事務的な行政処理としておやりにならなければならないことで、河野さんなんかにやってもらう必要もないくらいだ。そこをあなた方がちっともやっておられないから河野さんがわざわざ、これはたまたまやられたのであろうけれども、これは筋でも何でもないのだ。従ってそれらの点をもう少し具体的に外務省がやられる必要があるのじゃないか。さらに先ほどから聞いておりますように、一体今度の引き揚げは、政府が面接にやることになったのですが、そのためにそれに対応する事務機構なり人員なり、それらはどういうふうにやっておられるか。これは外務大臣は、何か向うからこっちへ来る以後のことは全部こっちで手配しているというお話しですから、それならば厚生大臣の方でいろいろな準備の手続その他をしておられるのでしょうが、厚生大臣は、一体それではこっちに受け取ってから以後の準備なり受け取るためには、どういう予想を立てていろいろな準備を進めておられるのか、そこのところを詳しく御説明願いたい。
#35
○国務大臣(小林英三君) 引き揚げの問題につきましては、かねてこのことあるを予期いたしておりますので、受け入れにつきましては万全の措置を講じておるのであります。たとえばナホトカに集結いたしました人たちを、海路におきましては興安丸を舞鶴に待期させておき、批准が交換されまして、内地に送還する場合におきましては、直ちに興安丸が参ることになっております。それから帰りました方たちを内地で輸送いたしますには、運輸省と連絡いたしまして、特別列車を出すことにいたしております。
 それから引揚者に対する援護の問題でありまするが、これは従来は御承知のように引揚手当一万円を差し上げておったのでありますが、この春から実施いたしておりまするさらに一万円を差し上げる。また冬に向いまするから毛布等を差し上げたいと思います。
 それから引揚者の方たちが一番御心配になっておりますることは、何と申しましても就職の問題と思います。就職の問題につきましては、労働省と十分に連絡をいたしまして、お帰りになった方たちが就職あるいは就業できるような工合にいろいろ手配をいたしております。
 それから住宅の問題でございまするが、住宅の問題につきましては、これらの人たちが定養いたしまする都道府県とも連絡をいたしておりまして、これに当るためには、建設省の第二種公営住宅を充てることにいたしております。
#36
○佐多忠隆君 国内のいろいろな準備措置は大体それで聞いたんですが、たとえば、さっきから聞いておりますように、一体どこにどういうふうに散在して、そこへ引き揚げてくるのに、どういうような時間がかかるかというような検討は何らしてないと、ただ向うに信頼しているだけだといってけろっとしておられるのだが、それで引き揚げまでの問題は外務省の問題だから、厚生省は関知するところでないというので、厚生省はその点について触れられない。外務省は向うに信頼しているからそれでいいというようなことでほったらかしになっておる。これじゃ引き揚げの問題その他に全力をあげておられるとはどうも受け取れない。
 たとえば、われわれが帰国集団長あたりから聞いたところによると、抑留者の九〇%以上がハバロフスクに集まっておる。あるいはモスクワ付近のラーゲルには二、三十人いると、あるいは韓国に二百四十人くらいはいるだろう。その他シベリアの中部あたりに若干名いる。あるいはいろいろな鉄道沿線に散在しているというような程度のことは報告は来ておる。これらの報告その他を集め、そして正確にあれされただけでも、向うに聞くまでもなく、そういうことは一応わかるはずだし、そういう調査をし、そういう者が引き揚げてくるのにどのくらいの日数がかかるか等の配慮はして、向うの必要な準備手続と対応した準備は外務省で事務当局がしかるべくやられておらなければならないし、そのためには中国その他とこの基本的な問題その他についてあなた方は、そうやられる必要はないのでしょうか。それは外務大臣なり何なりがやりましょう。特にこういう問題こそもっと身を入れて、もっと具体的に、もっと誠実におやりになることを私はこの際切に希望しておく。
 それでないからこりて外務省の事務とそうでないところの答弁とが混淆してしまって、一体外務省があるのかないのかということくらいいわれる結果になってしまう。その点は一つ十分今後配慮を願いたい。外務大臣も特にその点は一つよく御注意を願いたい。
 次に、国連加盟の問題でありますが、これが共同宣言が承認をされ、批准されると、直ちに国連加盟という問題が起きると思いますが、その場合に、しばしば今までも問題になりましたように、単独に無条件で加盟をするということが簡単にすらすらとゆくというふうにお見込みであるかどうか。そうしてその辺については確と確約されておるのかどうか、その辺をまず総理大臣から御答弁願いたい。
#37
○委員長(小滝彬君) 佐多君にお尋ねしますが、厚生大臣はよろしいのですか。
#38
○佐多忠隆君 はい。
#39
○国務大臣(鳩山一郎君) その点については、たびたび御答弁をしております。ブルガーニンに対して、以前のようにモンゴールを抱き合せて、そうして日本が加盟できなかった場合があるが、そういうような事実のないようにしてもらいたいということをブルガーニンに申しました。ブルガーニンは、誠意をもって日本が連合に加盟することを支持するという返事でありましたので、それを誠意をもってやってくれるものと考えております。
#40
○佐多忠隆君 そうすると抱き合せ等のことはやらないというふうに了承しておられるのですか。
#41
○国務大臣(鳩山一郎君) そういう意味です。
#42
○佐多忠隆君 外務大臣はどうですか。
#43
○国務大臣(重光葵君) 総理のお答えの通りでございます。
#44
○佐多忠隆君 そうすると外務省としてそういう見通しをつけておられるわけですね、外務大臣としてもちろん……。
#45
○国務大臣(重光葵君) もちろん外務大臣として、政府としてもそういう……。
#46
○佐多忠隆君 そうすると河崎外務省国際協力局長が十一月二十九日、日本国際連合協会の第八回理事会において述べておる。これは関係者であり、しかも、ほかならぬ国際連合協会の理事会で述べておられることだから、これれは外務省の見解を考えていいと、思いますが、日本の国連加盟が単独の加入の形で安全保障会議に提案をされた場合、ソ連は外モンゴールと一括加盟を一応提案してくるだろう、こういう見通しを立てておる。これは総理大臣なり外務大臣が今まで御答弁になったことと違った見通しを立てておられるが、外務省の専務当局はそういうような見通しを立て、それに対処するいろいろの措置をやっておられるのかどうか、それを外務大臣は聞いておられるのかどうか、その辺のことを明瞭にしていただきたい。
#47
○国務大臣(重光葵君) その外務省の局長の説明は私は聞いてはおりません。おりませんが、それはこういうことじゃないでしょうか。ソ連としてはやっぱり外蒙古の加盟ということも出す意向を持っておる、こういう情報はあるのでしょう。しかしわれわれが、日ソ交渉を通じ、またソ連と直接国連事務総長あたりを通じてやっておるところによると、出すことは出すけれども、それは何も日本の何を阻止するという意味じゃないのだ、こういう説明でございます。つまりいわゆる抱き合せではないのだというような説明でございますので、これは私はそういうことだろうと思います。だからその点を何じゃないでしょうか、聞かれる説明がどうあったか、私は知りませんけれども、そういう点から誤報されたのじゃないでしょうか。これは私はあり得ることだと思います。あり得ることでありますけれども、それは決して日本が単独に加盟をするということに故障を差しはさむ意向じゃないのだということがはっきりしておりますから、今、総理の御答弁の通りになると思います。
#48
○佐多忠隆君 河崎局長の話も今、外務大臣がおっしゃったように、最終的には拒否権を発動しないで、単独加入することになるだろう。しかし市の経過の過程においてはそうでないことが見通されるというお話のようであります。それならばそういう重要な同僚があるのならば、先ほどから、あるいはこれまで衆参両院で総理なり外務大臣が、事もなげに、外蒙古と抱き介せはしないでやることを向うは言っております、これを確信しております――そういう事もなげの問題ではなくて、もっとそこは複雑なんだ。しかも折衝の過程においてそれを詰められなかったのかどうか、そういう問題こそもう少しはっきりと具体的に詰めて交渉をしておくことこそ、この交渉の眼目であり、重点である。特に外務大臣は、今度の国連加盟を非常に重大な問題としておられる。それならばそれだけにその問題は……しかも外務省当局がそういうことを情勢から予想するような状態であるならば、その問題をもう少し詰めて、十分に討議をし、はっきりしておかなければならない問題で、そうしてわれわれとしては、もちろん、初めからそういうややこしいことのないように、一括加盟とか何とかいうことのないように、単独で無条件で加盟をすることをやらなければならない。それを主張し、それを取りつけてこなければならない。それをやったかのごとく言っておられるが、どうもそれもやっていない。しかし結果から見れば、そういうことになると思うから安心しておるのです。まことに何の交渉をしてこられたのかわからぬような状態としか受けとれないのですが、これらの点はどうなんですか。
#49
○国務大臣(重光葵君) どうも御質問のことはわかりません。さようなこともいろいろ情報があったことは事実であります。私はありのままを申し上げておるのであります。しかしながら、その結果はどうであるかというと、そういうことじゃない。われわれが繰り返し繰り返し申し上げる通りの状況であるのでございます。この問題は、交渉の一々の経過を申し上げれば、それはもう非常にたくさんの国との間に日本の連盟加入の支持を要請したり、いろいろなことはございます。ございますが、結局はソ連もそこまできたのでありますから、そのきた結果をはっきりと申し上げてきておる次第であります。
#50
○佐多忠隆君 いや、今の討論の過程においていろいろ紆余曲折はあっただろうけれども、結果においては単独加入が実現をすることになるだろうというふうな答弁になってきておるのですが、そうすると、少くとも今までわれわれが衆参両院を通じての討論の過程においてはそういうふうには聞かなくて、もっと簡単な問題として拝聴をしておる。特に今総理大臣がおっしゃった場合も、そういう点は問題なしに一直線にスムーズにいくふうな印象しか国民には与えておらない。まことに今考えてみると相当の紆余曲折があることも予想される。それならばその点をもう少し明瞭にはっきりと討議をしておくべきじゃなかったか。従ってそれらの点について松本全権なり、河野全権は、何かもう少しはっきりした話し合い、そうして紆余曲折の見通し、そういうものをお話し合いになって、ちゃんと話し合いが取りつけてあるかどうか、もう少しそこを具体的に明瞭にしていただきたい。
#51
○国務大臣(河野一郎君) これは総理からお答えになる方が適当と思いますが、そういう点につきましては総理とブルガーニン氏との間における会談におきましても、私とフルシチョフとの会談におきましても、慎重に話し合いました結果、明瞭にいたしたわけであります。
#52
○佐多忠隆君 非常に明瞭にいたしておるようなことを言われるが、今までの質疑応答の過程においては明瞭でなくて、いろいろ紆余曲折はあるだろう。しかし結局においてはそういうことになりましょうという外務省の見解だ、こういうふうにおっしゃるのですよ。そういう結論だったのかどうか、ちょっと……。
#53
○国務大臣(河野一郎君) モスクワにおいてどういう交渉をしたかというお尋ねでございましたから、モスクワにおきましては慎重に打ち合せをいたしました結果、討議いたしました結果、結論におきましては明瞭に加盟に対して同意をするという話をいたしております。こういうモスクワの交渉の経過を私は申し上げたのでありまして、外務大臣のお答えは、私は、モスクワの話し合いについてお話しになったのではないと思います。
#54
○佐多忠隆君 いや、結論だけをあなたはいっている。経過をだからもっと詳細にお話しを願ってそうしていろいろな紆余曲折はあるだろうけれども、結果においてはこうなることに話し合いはついておるのですというならば、それはそれでいいのです。そこいらをもう少し明瞭にしておかるべきではないか。それを聞いた上で、あなた方が一体交渉において十分にそういう問題をやられたか、あるいは手ぬかりがあったか、そこいらを正確に判定をしなければならない。
#55
○国務大臣(河野一郎君) 私申し上げましたのは、モスクワでどういうふうに慎重に交渉したかどうかということでございましたから、慎重に交渉いたしまして、しかもその点につきましては、いろいろの点から、これは衆議院でも総理が申されましたように、いろいろな場合を総理は例示いたしまして、そういうことのないようにしてほしいということの御意見を申されました。それに対してブルガーニン氏から、いや、承知したという返事を聞いておりますから、なお私もそういう点についてはいろいろな点で話し合いをしておりますから、今申し上げましたように慎重に交渉した結果、結論を得ておりますと、こう申し上げたのであります。
#56
○佐多忠隆君 そうすると、さっき外務省が見通したようなことはないのだ、総理が繰り返しいっておられるように、そういう問題なしに通るのだという話し合いはちゃんとついているのだということになるわけです。ところが外務大臣なり外務省当局は、そう見ていない見通しなり見解を発表している、それはどうなんです。
#57
○国務大臣(重光葵君) それはどうも私は質問の趣旨がわからないのでありますが、外務省の局長が情勢を、こういう工合な情勢もあるといって説明したということでございます。しかも、それは結論的にいえば、結局単独加入に何も故障は起らぬだろうという結論をしていると、こういうお話でございます。それはこの交渉は最後的にはこれは総理がモスクワでやっておられるので、しかも最高首脳が向うの首脳との間に話をされておる。そうでありますから、これが最終的の向うの態度であるとはっきりと判断をして申し上げておるのでございます。しかし、それは評論家がいろいろソ連がどういうような提案をするだろうといって……。
#58
○佐多忠隆君 評論家じゃないのですよ。国際協力局長ですよ、いっているのは……。
#59
○国務大臣(重光葵君) いや、それはよくわかりませんが、そういう情報もあると、こういって説明したのだろうと思いますが、しかしそれはありましょう。ありましょうけれども、ソ連の態度ははっきりいたしておりますから、はっきりしておった通りに私も回答しているわけであります。そこで私は、局長がどこでどういう話をしたということを追及する意向もございませんが、それはどういう価値を持っているかというと、これはわれわれの答弁が、これがほんとうの価値を持った政府の考え方でありますことは御承知願いたいと思います。
#60
○佐多忠隆君 そういうふうに総理大臣なり、あるいは河野全権は、今のような問題を簡単に、ブルガーニンがちゃんと外蒙古と抱き合すようなことはないのだから、それを信頼せよということだったから、それを信頼をするというふうにいっておられる。外務省責任者はそうでない見通しを持っておる。そうしてそこらを外務大臣がいろいろな合理づけをされようとするけれども、それは何ら合理づけになっていない。ちっともそういう問題が明瞭に取りつけられていないのじゃないか。もし明瞭に取りつけられているとするならば、今のような少くとも経過的には抱き合わした、そういうトラブルなりあるいはジグザグがあるのだというようなことは、それがほんとうであるのならば、何らはっきりした話し合いがついていないままに簡単にこれは引き揚げてきておられると思う。そうでないならば、こういうものを無責任に、ただ単に見通しその他をばあなたの外務省の下僚が言っているということは、無責任なそしりを免れないだろうし、そこらがしつかりした、外務省、それから全権、それらの間にはっきりとそういう点が一体ぴったり呼吸が合って、ちゃんとそこらの情報その他もそしゃくしつつ問題を進めておられるのかどうか。非常に疑問なきを得ないのであります。この点も一つ、光の問題と同様に、もう少し外務省のそういう外交折衝あるいは見通し、調査、そういう点にもっとしっかりしたものを持ってほしいし、同時に、もし外務省の事務当局がそういう見通しなり、何なりを持っているなら、その見通しに基いて全権も大臣もいろいろ措置することを具体的にお考え願わなければならないのじゃないか。その点はもう少し外交技術といいますか、秩序と申しますか、それを一つはっきり確立をしていただきたい。これを繰り返し注意をいたしておきたい。
 それから、それではまあいろいろ見通しがありますが、簡単でもなさそうだし、特にアメリカその他では日本が楽観し過ぎているという忠告なり勧告もあったやに新聞は伝えております。それらでいろいろ心配になるのですが、にもかかわらず、外務大臣は心うきうきもう数日中には陣立を整えて出発をするということに非常に御執心なようでありますが、それだけ御執心なことは、これはこの意義から見て非常に重要なことだから大いによしとして、それならばそういう加盟をスムーズに実現するためにどういういろいろな措置をとられてきて、そうしてどういう経過をたどるように運んでいこうと準備をしておられるか、その辺について御報告願いたいと思います。
#61
○国務大臣(重光葵君) 御質問の趣旨は、私は実ははなはだ汲みかねてきておるのでありますが、しかし、どういう手続で今後進めたいかという点の問題は、具体的な問題でございます。そこでその点を御説明申し上げます。
 そこでこの国際連合加入に対して従来の経緯を詳しく申し上げる左でもなく、日本の加盟に対して故障のあったのは何であるかというと、ソ連の拒否権であったことはいうまでもございません。そこでソ連に拒否権を使ってもらわないということにしなければならない。それで日ソ交渉の共同宣言においても、その交渉の結果、今総理の御説明の通りに、その故障は排除せられたということにわれわれは思っておるわけであります。さて、それには早く一つこの委員会の仕事も進められて、批准を早くしていただかなければならない。あまり……(「関連性なし」と呼ぶ者あり、佐多忠隆君「同時にはっきりしておかにゃいかんの、ですからね」と述ぶ)あまりそう派生的の御質問ばかりで何するということもどうかと思うので、なるたけ早く一つやってもらう。そして向うはこういう打ち合せになっております。前会でしたか申し上げた通り、日本側ではもう衆議院も通過しておる、参議院も各方面とも御了解を得て、最短期間にもうこの問題は承認をするという御了解を得ておるから、ソ連側も一つ急いでもらいたいということを進めて、ソ連も、自分らも大いに促進したいのだと言って、特に批准交換のために外務次官のフェデレンコが五日に出発して九日に着くからと言って参りました。そこでまあ私らの方では五日には、今日は四日です。今日中には一つ何とかして下さい。(笑声)五日の出発を延ばすなんと言われては……。
#62
○委員長(小滝彬君) 簡単にお願いいたします。
#63
○国務大臣(重光葵君) そこでです、まあ一つ御無理のないようにして…・(「答弁になっていない」と呼ぶ者あり)そうすると九日に着きます。九日に着きますれば、十日にはもう批准交換ができます。批准交換ができて、初めてこの手続が日ソ間に済むのでありますから、ソ連としてもあそこまでくるならば、約束通りに、国連加盟の問題なんか何も異存はないのだということになるわけです。そこでそのためには国連の安全保障理事会で日本の加盟ということを国連に取り次ぐという形式になるわけですから、そこですぐもう遅滞なく理来会を開いてもらいたい、こういう要請を今しつつあるわけです。と申しますのは……。
#64
○委員長(小滝彬君) なるべく簡単にお願いいたします。
#65
○国務大臣(重光葵君) 簡単にと言ってもわからないから言うわけです。
#66
○佐多忠隆君 重要な問題だから、妙な注意をしなくてもいい。
#67
○国務大臣(重光葵君) それでここで打ち切ってよろしければ打ち切ります。しかし、国連の、今の御承知のように中東問題、東欧問題、非常に山積して、毎日委員会や総会を開いて、新聞にはちょいちょいとしか出ていないようですが、非常な仕事が山積しておる。そこで日本の加盟の問題を取り扱ってもらうというのも、よほど割り込みをうまくしなければいかぬ、まあ国会の運営もよく見てみますが……。(笑声)そこでその割り近みを今策して、大体できそうなんです。十二日には何とかしてくれるだろう。こういう見込みをもって進んでおるわけです。そうすると十二日に理事会が開かれて、日本の加盟大いに賛成だ、こう言ってくれて、そのときにソ連が拒否権も使わず、どういう……、それは外蒙古も国連に加入させてくれというようなことを言ってくれても少しも差しつかえはございません。日本が単独でどんどん加入ができるということになれば、それはそれでよかろうかと思います、そういう点は、現地でなければ情勢はよくわかりません。ここでいろいろ想像してみてもわかりません。しかしこれだけは確かです。ソ連は今総理の言われる通りの言質を重んじてくれる、こういうふうにわれわれが信じておることは、確かに根拠のあることでございます。そこでそれが済めば、今度総会の問題になります。そうして総会にこれが委譲されて、総会の決定、こういうことになるわけです。その総会はいつ開かれるかということは、まだ今予定がございません。二十二日までにぜひやってもらわなければならぬ。二十二日に休会になります。だからその前にやってもらわなければならぬ、こういう段取りで進んでいく。その道順を進むためには、できるだけ早く御批准を終っていただきたい。むろん代表とか何とかいうことは、それがきまらなければほんとうは代表というものかないのだけれども、しかしそれも手回しよくやるということによって形勢が促進されることと思ってやっておるわけでございます。
#68
○委員長(小滝彬君) ちょっと御注意申し上げますが、本日はもう理事会でもすでに十二時に質疑を打ち切るということになっておりますので、政府側においてもなるべく簡単な、しかもはっきりとした御答弁をお願いいたします。
 佐多君に申し上げますが、時間が参りましたから質疑を終了していただきたいと存じます。曽祢君の質問も残っておりますし、社会党の持ち時間はもうすでに三十分も経過したのを、私はしんぼうして、今までの申し合せはございますけれども、やっておりますから、どうぞそのようにお願いいたします。
#69
○佐多忠隆君 それは委員長が御指摘になったように、政府がどうもポイントをはずして、肝心のところを答えられないから……。
#70
○委員長(小滝彬君) だから政府に対しても注意をしております。
#71
○佐多忠隆君 そっちで時間を食ってしまうから時間がこんなにずれているので、その点は、こっちの責任ではないのです。私は簡単明瞭にやります。外務大臣が非常に御心配になって、ぜひこれを早く上げることをやってくれということをおっしゃる。私たちは明日上げることは太鼓判を押してこれは保証をいたしますから、その点はちっとも御心配にならなくてもいいのですよ。それよりもわれわれが心配するのは、それを前提にして、国連加盟がどういうふうにスムーズに非常にいい雰囲気の中に運び込まれるか、その点にどういう努力なり手順をやっておられるかということを聞いている。肝心なそこの問題になるとちっともお話しにならない。
 そこで私がもう少し具体的に申しますが、何かわれわれが附き及ぶところによると、日本の、こちら側では十一カ国の常任理事国全部、少くとも米ソを含む数カ国の共同提案にして、加盟を実現をするということがいいのじゃないかというようなことで、こっちからはそういう指示をやっておられるらしいという情報もあります。ところが現地においては、空気は、今は国連はそういう大国主義ではないのみならず、米ソが共同してそういうことをやるということに可能性があるかどうか、さらにはこういう時期であるから、英仏がこれに入るというようなことにはむしろかえって逆効果があるのじゃないか、そういう意味で月並みな十一カ国常任理事国、少くとも米ソというような考え方なり、英仏というような考え方は、むしろ現地の空気その他としてはおかしいじゃないか。外務省がもしそういう意向を持っておられるならば、その辺はおかしいじゃないか、それよりも現地ではむしろ安保理市会の議長のペルー代表を中心にしたペルー、アメリカ、それにどこかというような国が共同提案をしてやることの方がスムーズじゃないかという見通しも行われておる。さらにはもう一つ重要な問題は、そうでなくて、今度の、最近の国連の動きその他を見れば、むしろAAグループの比重が非常に大きくなっておるし、しかも日本は今後はAAグループで同一の歩調をとって進まなければならないというような考え方からして、むしろAAグループが中心になって提案した方がいいじゃないか、そうしてまたイランもその希望、その意図を持ちながら、いろいろ働きかけておるというような情報も行われておる。これらの情勢を外務省としてはどういうふうに察知し、どういう報告も受けておられるか、それらに対して外務省としてはどういう手順、どういう方針でこれを実現するようにはかっておられるのか、そこいらを一つ詳しく御説明を願いたい。そのことがさらにわれわれが国連に加盟した後に、国連において、あるいは一般の外交方針として、日本がどういう方針で進むべきかということをきめるよすがにもなると思うので、それらの点をどういうふうにお考えになっておるか。ことにあなたが代表としてお行きになれば、国連加盟後の方針その他も詳しくお述べにならなければならない、それらをどういうふうなお考えを持っておられるか、そこいらを、そういう重要な点こそ一つ詳しく御説明を願いたい。
#72
○国務大臣(重光葵君) 国際連合の加盟に対する日本の支持国ですか、推薦国ですかスポンサーの意味ですか、それはいろいろ考え方はあると思います。そこで今その点について、特にこの国際連合の事務総長なんぞの考えも聞かなければなりません。それと打ち合せをして、いろいろ意見を総合して集めておるわけであります。いずれそのことについても近く決定はいたさなければなりませんから、いろいろな打ち合せをいたしておるわけでございます。それから……、それで御了承願いたい。
#73
○佐多忠隆君 いやいや、ちっとも答えになっていない。
#74
○委員長(小滝彬君) 佐多君に申し上げますが、もう一時間二十五分かかっておりますので、一つもうこれで済まして曽祢君に足りないところは質問してもらうことにしていただきます。
#75
○佐多忠隆君 いやいや、この問題は重要な問題ですから……。
#76
○委員長(小滝彬君) しかし、とにかく申し合せは十二時になっておりますから……。
#77
○佐多忠隆君 答弁になっておらないから、途中で打ち切れるはずはないじゃないか。
#78
○委員長(小滝彬君) そうなれば曽祢君の方は遠慮してもらうことになりますが……。
#79
○佐多忠隆君 通商航海条約なり貿易の問題なり、さらには一般の今後の外交方針なりを論議をしなければならないのであるが、それは割愛しますよ、あなた非常にやかましく切れとおっしゃるから。しかし少くともこの問題だけはけりをつけなければならない。
#80
○委員長(小滝彬君) ではその問題だけを大至急、政府側はなるべく簡単に……。
#81
○佐多忠隆君 私は一応国連その他の動きそのものについて、簡単に私が知っていることをちょっと申し上げて、しかしわれわれは、その辺がよくわからぬから、外務省がどういうふうにお考えになっておるか、どういうふうにその状況を報告を受けておられ、どういうものとして知っておられるのか、それに対応してスムーズにいく方針、方策をどういうふうにしようとしておられるのか、それを聞いているのです。そこをもう少し詳しく言って下さい。
#82
○国務大臣(重光葵君) 今お答えした通りです。その問題は後日決定をしなければならぬ、今打ち合せをしておる次第です。
#83
○佐多忠隆君 それじゃまだそれらの進め方なり何なりについては決定をしていないが、その方針なり態度を決定する前に、情勢はどういうふうに見ておられるのか、どういう報告を受けておられるのか、こっちからはどういうふうに見ておられるのか、そこいらを一つ説明していただきたい。
#84
○委員長(小滝彬君) 佐多君、もう五分で十二時になります。十二時できちんと打ち切って下さい。
#85
○国務大臣(重光葵君) その打ち合せをしておる内容はいろいろございます。それは現に総会の議長はタイの外務大臣でございます。これはまあ非常に日本との関係もよく、隣国の関係におるのでありますから、タイの総会の議長の提案にするということも非常にこれはいい案だと考えております。しかしまだそれは日本側の希望を決定したわけじゃございません。
#86
○佐多忠隆君 それは総会の議長の問題もさることながら、総会より問題は安保理事会の問題でしょう。従ってさっき申し上げたように、安保理事会の議長は、自分のところを中心にしてやろうというし、イランはイランで自分のところを中心にしてAAグループでやろうと考えているが、それらを考えて、まずそのタイの総会議長の問題よりも、そのもう一つ前に、安保理事会のそういう状況をどういうふうに察知しておられるのか、それに対してどういう態度をとろうとしておられるのか、そこいらを一つ詳しく説明をして下さい。そんなにピントをはずれた答弁でなしに……。
#87
○国務大臣(重光葵君) それはまあ総会が最も重要でございますが、その前の安保理事会、これはむろん実質的には重要であります。それは議長その他、日本側としては理事会においてはなるべく多数の国を希望はいたしておりますが、まだそれ以上に決定した何はございません。
#88
○佐多忠隆君 どうもちっとも答弁になっておらないので、外務省がもしそういうことを正確に調査、把握しておられないし、従ってそういう知識なりあれを外務大臣にはっきりさせておられないのならば、外務省の事務当局の非常な怠慢で、ここにも外交事務なり何なりは何をしておられるのかと言いたいので、この点も先ほどとあわせてよく注意をしておきたいと思いますが、もしそうでなくて、そういう事情は、もう私から申し上げるまでもなく、あなた方は十分御存じのはずだけれども、それにもかかわらず、それはちっとも言わないで、口をぬぐってすましてしゃあしゃあと国連加盟の会議に出ていこうとされるのであるならば、これはもう秘密外交というか、おれらが全部やればいいじゃないかというような、まことに独善的な外交政策、それでいて議員団も参加したらどうだ、ぞろぞろついてこいというようなことまでちらちら言うようなことに至っては心外だと思う。こういうような点は外務大臣が一つお考えを願いたい。しかしこれらのことを論議していたら時間もありませんから、最後にもう一ぺん、国連加盟後の日本の外交方針をはっきりただしておきたいのですが、これは今度の中東の問題なり、あるいはハンガリアの問題等にしましても、武力で軍隊によって問題を解決しようとすることは失敗に終った。しかも国際世論の袋だたきにあって孤立してしまうということが非常に明瞭になったと思うのです。従ってあの大国主義、権力による大国主義のやり方自体も非常な批判をされ、変えていかなければならないことになっておるし、英仏はそれをしみて考ておるだろうし、ソ連に対してもわれわれに同じような主張なり要求を今後いろいろな折衝、その他でし続けていかなければならない。そうすれば日本はやっぱり本来の形における武力を持たない中小国として、外交方針はどういうふうに進めていけばいいかということが中心に考えられなければならなくなってきている。しかもその武力を持たないでやる場合には、あくまでも国連を中心にした問題の解決にしていかなければならないことも、これも当然なことだと思うのです。特に軍事同盟方式で問題を進めていこうとしていたアメリカすら、最近はその軍事同盟方式をやめてきている。そしていわゆるダレスの戦争瀬戸際政策、力を向き出しにして、これでおどして問題を解決しようという政策が引っ込められて、アイクのあくまでも力を使わない、平和方式で、従って国連中心の方向にというふうに変ってきている。しかもその国連でやる場合にでも、問題は国連の中におけるAAグループの非常な重要な比重、最近における重要な比重を考慮に入れて、アメリカもそういう方向に切りかえてきつつある。アメリカがこれまで英仏とあるいはNATOやバクダッド条約加盟国と、そうして中南米、それらをせいぜい抱き込んで国連を牛耳ろうとしていた態度がだんだん変えられてきて、むしろAA諸国と手を組みながら、同調しながら、国連における主導権を確保しようという方向に来ておる。アメリカですらこういう方向になっているとすれば、もちろんAAグループの一人として、ならなければならない日本としては、これをもっと強く大きく打ち出さなければならない形になり、こういう方向こそ武力のない中小国の外交方針として、国の国際的な地位を高めるゆえんであると思うのです。これは、たとえばインドしかり、あるいはペルーしかり、あるいはイランしかり、これらの働きを見てもそのことは言えるので、そういう方向として日本の外交方針を推し進めていかなければならない。それならばAA諸国と同調をするということは、さらに進んでは、われわれ社会党が強く主張をしておるように、東西両陣営のいずれにも属しないで、日本の中立外交、自主独立の外交を推し進める、しかも自主独立の外交は、同じ路線をとるAAグループと同調をするということであれば、自主独立の外交方針でありながら、同時に孤立をしない非常に力強い同盟者を持ちつつ問題を進めていって、もって武力がないにかかわらず、残念ながら大国と言えない中小国の一人である日本であるにかかわらず、非常に国際的な地位は高いものとして、発言力の大きなものとして、今後の世界政局に処していくことができると思う。こういう方向が、国連加盟後の日本の外交方針としてとられなければならないと思うのでありますが、こういう方向を鳩山総理はどういうふうにお考えになるか。さらに、今度国連加盟についてのあいさつのときに、外務大臣はどういうふうな態度を表明しようとしておられるか、私、これを最後にしますから、どうぞ一つ正確に、しかも詳細に御説明を願いたい。
#89
○国務大臣(鳩山一郎君) 日本は国連に加入できましたならば、国連を何といいますか、中心といたしまして、平和外交方針の実行をしなくちゃならぬと思います。武力によって国際間の論争を解決するという方針をやめまして、話し合いによって国際間の紛争を解決していく、そうして国際間のあつれきを平和の間に片づけるという方針を、国連を舞台として日本が働かなくちゃならないということは、これは当然のことで申すまでもないことでありますが、そのAAを土台としてとか、あるいは大国はその関係がどうあっても、AAを土台として国際平和主義を実行しようというような点は、ただいまいうべき時代でないと思います。詳細は外務大臣から答弁してもらいます。
#90
○国務大臣(重光葵君) 私も総理の御答弁の通りに考えております。国際連合に加入の後は、あくまでも日本の既定の平和政策を力強く遂行していきたい、こう考えております。今後の施策についていろいろ御意見の御開陳がございましたが、それは十分に伺っておきたいと思います。
#91
○委員長(小滝彬君) 曽祢君、十二時までに済ますことになっておりましたが、延びましたからなるべく早く、三十分ぐらいしていただきます。
#92
○曾祢益君 いよいよわれわれの委員会のこの重要な問題に関する質疑もほとんど終局の段階に近づきつつあると思うのでございますが、各委員の非常な御努力とともに、また、政府の各位も非常によく御出席になって、質疑を十分にかわしてきたつもりでございますが、しかし共同宣言についてその核心であるところの領土問題、この点については遺憾ながら今日までの審議では、まだまだわれわれとしても十分に委曲を尽し、ほんとうに国会議員としての義務を遂行したとは言いかねるように考えるのであります。それはどういうところに帰着するかと申しまするならば、結局、今般のモスクワにおける三全権の交渉の中で、何といいましても、領土の問題に関する最も機微、かつ決定的な交渉は、言うまでもなく、河野・フルシチョフ会談、四回にわたったやに新聞にも伝えられておりますこの数回にわたるところの河野・フルシチョフ会談のこの経緯が何ら明らかにされておらない。それではわれわれがほんとうに、特に国後、択捉を含む、すなわち言いかえるならば、歯舞、色丹以外の領土が、ほんとうに継続審議としてのわが方の主張が生かされている共同宣言の字句であるかどうかを最終的に判断することが、遺憾ながら不可能ではないかと思うのであります。従いまして、これは形式的には一委員にすぎない私に発言の機会をいただいた格好にはなっておりますが、実際はこれは理事会におきましても、また、おそらくはこの委員会全員のこぞっての意思としてこの決定的重要問題に対して、政府がまだほんとうに全貌も明らかにしていないことについては、さらにこの点だけについては、あえて時間の問題ではなく、実質的にこの点を明らかにしてこそ、初めてわれわれが審議を尽した、またその上に立ってこそ、いろいろ政府与党あるいは他の会派の間におきまして決議案を付するとか、付しないとかという問題が起っているようでありますが、そういう問題に入る前にまず審議を尽さなければならない。この点においては、おそらく私から申し上げることは言い過ぎかもしれませんが、各委員の御同感を得られるものと考えるのであります。非常に前置きが長くなりましたが、そういう意味におきまして、どうかこの機会に政府に強く私は要請したいのであります。このフルシチョフ・河野会談の内容を経過的にわれわれが納得いくように御説明を願いたい。特にどういう点か私から見て御説明の中心として希望したい点かということをあらかじめ申し上げておきます。
 第一には、この国後、択捉の引き渡し問題を先方と交渉をされておる過程におきまして、先方からソ連側から、アメリカ関係の日本領土、沖繩などに関する問題を関連せしめてきたことが、どうも新聞報道等を通じてあったようにわれわれは推定するのであります。そういう事実があったのかないのか、あったとすればどういう経過をたどってそれが最終的に落ちておるのか、この点は私が今さら申し上げるまでもなく、きわめて重要でございます。すなわち、ソ連の歯舞、色丹、あるいは国後、択捉を含む日本の旧領土に関する主張は、アメリカと同様な日本の旧領土に対する主張との関連性を持って主張しておるのかいないのかという点は、われわれとしても非常に重要視している点、であります。従いましてどういう牽連関係を持ったのか、この点を明らかにしていただきたい。私は内容を知らずに、非常に勝手でありまするけれども、私自身の考えとしては、ソ連の法律的解釈においては、ソ連のこれら旧日本領土に対する権利の主張は、アメリカ関係を条件としないものである、法律的には……。かように考えております。しかしだからといって、それならば日本政府が、ただ鳩山総理のしばしばの答弁のように、米ソ関係のこの国際緊張の緩和を待っておるという、そういう他動的な態度でいくべきではないのであって、主導的に、今、同僚佐多君からも申し上げましたような自主独立の外交によってみずからなし得る限り米ソ関係の緊張を緩和していく政策をとる。すなわち、これに関連して日本におけるアメリカの基地の問題、あるいは沖繩の問題等を解決することによって、ソ連の法理的解釈がどうであろうとも、国際政局の広範な見地から、やはり国後、択捉等、残された領土の問題の解決に資することが必ずできる、かように二段に考えておるわけであります。従ってこのフルシチョフ・河野会談におけるソ連の出方、これはわれわれの今後の非常に大きな対策上の要件の一つとして、ぜひとも伺っておかなければならないと信ずる理由であります。
 第二の問題は、これのような、いわば第三国にかかわりのあるような、形式論から言えばやや機微な問題とは異なって純然たる政府のおやりになったソ連と日本との間の外交交渉におけるポイントとして、日本が、しばしば政府から御説明があったように、初めは鳩山・ブルガーニン書簡において、領土全体の継続審議ということで交渉に入ろうとし、そのブルガーニンの書簡が必ずしもその点において明確でなかったことから、あらためて松本・グロムイコ交換書簡ができ、その中で領土を含めてのこの継続審議ということが明らかにされたわけであります。そのあとで自民党のいわゆる新党議というものが出て参りましたために、今度は歯舞、色丹だけは切り離して解決してこいという、非常に私は客観的には無理な条件で、三全権が、このモスクワ交渉に行かれたことは、心から私は同情します。その結果の交渉がついにでき上った共同宣言の中では、何と御説明になろうとも、領土の継続審議ということが表現上抜けてしまっている。そこにわれわれが非常な不安を感ずるのはこれは当りまえなんです。従って、この点について日本側としては、三全権は、もとより歯舞、色丹だけは返してくれ、他の領土は継続審議にしたいという、こう建前で交渉されたに違いない。それが何ゆえに他の問題の継続審議という字句が落ちてしまったのか、この経過を明らかにしていただくことが、われわれは絶対に必要だと考えるわけです。この点につきましは、すでに部分的ではございましたけれども、主要の部分について、去る日曜日の本委員会における私の質問に対する鳩山総理の御答弁において、すでにその点に触れた御答弁がなされております。すなわち、私はここに速記録等を持ってきて一々申し上げません。しかし、これはお互いに良識の上に立って簡単にその趣旨だけ申し上げるならば、鳩山総理も領土全体の継続審議という建前で交渉に入った、ところが新党議の線が出てきた、そこで歯舞、色丹は特別に先に返してくれと言った。そうするとソ連は、そういうことならば領土の継続審議ということは困ると言って、遺憾であったけれども、どうしても譲らなかったんです。こういうふうに述べられた。もとよりその結果としてできた共同宣言でも、政府の御解釈によれば、それはグロムイコ・松本書簡という、共同宣言の解釈上きわめて決定的有力なあれもあるから、またいま一つは、純然たる法理論であるけれども、平和条約の継続審議という以上は、平和条約の中に領土問題を含むのは当然であるからという二つの理由で、経過のいかんにかかわらず、でき上った文書に対する政府の責任としては、国後、択捉を含む領土問題については継続審議が可能になっていると考えます。その点については変りませんという御答弁はいただいております。私たちも、すべての国民はそうであることを希望します。でありまするから、私はこの点に触れることは非常に機微であることを十分に承知しつつも、なお国会に課せられたる重大なる責務の上において、今までの河野全権あるいは政府全体のお態度のように、事機微の問題に触れれば、これは単に外交上の機微の問題であるから話せない、こういう態度は、われわれとして断じて了承できません。私はしかし、事、特に第三国関係が機微のものがあるかもしれないと思ったので、あえて委員会にお諮りして、秘密会でもやむを得ないから、秘密会でもやって、この第三国関係等の機微な点を伺いたいということを申し上げたのですが、その後、委員長、理事の打ち合せによれば、第三国関係において特に機微なものがありそうにもない。従って秘密会でなくて、きょうここのこの段階において、これらの全貌をわれわれが納得いくような御説明を賜わりたい、こういうふうに考える次第でございます。
#93
○国務大臣(河野一郎君) 私はフルシチョフ氏とは前後四回にわたって個別会談を行いました。これらの会談におきましては、領土問題のほか、引き揚げの問題、国連加盟等、今次共同宣言の内容をなす幾多の問題につき論議をかわしました。特に領土問題につきましては、自民党の党議の線に沿って、日本の主張の貫徹をはかったのであります。この立場から私といたしましてはいろいろな案を提出いたしました。フルシチョフ氏の力からもまたいろいろの対案の提出がありました。そうして種々論議の末、共同宣言第九項に双方の合意がまとまったのであります。この宣言文中には、平和条約の継続審議を規定するに際し領土問題を含むとい字句が落ちることになりました。しかし、それはしばしば御説明いたしておりまする通り、領土問題に関する双方の意見が明瞭になっている次第、もあり、かつまた、今回の交渉に入りましたのは鳩山・ブルーガニン交換に公文、松本・グロムイコ交換書簡により、平和条約締結の際の領土の継続審議を主体とすることに合意しての上のことでありますから、そうしてまた、今や日ソ間に残された問題は、領土問題のみであり、平和条約は当然に領土問題の解決を含むものでありますから、事の実体に変りはないのであります。
 国連加盟、引揚問題等につきましては、本委員会においてすでに御質問があり、お答をいたしましておりますので、これを省略いたしたいと思う次第でございます。
#94
○曾祢益君 大政治家の河野さんが、事務当局が書いた無味乾燥なものを読み上げられるのは、私としては非常に残念です。そういう形式論議でなくて、二点について御答弁を願いたいと思います。
 第一点は、これは私がお聞きしても、私は、第三国関係等において何ら機微なものにならないと確信しまするからあえて伺いまするが、先方がいろいろ対案を出したその過程において、沖繩等に関するアメリカの領土問題に触れた提案があったと思うのでありますが、それがあったかないのか。またあった場合に、どうしてそれが抜けたのか、この点について御答弁を願います。
#95
○国務大臣(河野一郎君) その経緯につきましては、はなはだ遺憾でございますけれども、申し上げない方が……、申し上げるわけに参らぬのであります。
#96
○曾祢益君 これはまた河野さん御自身の気持ではないと思う。これはしかし、外交の全責任は、いうまでもなく総理にあるわけです。また外務大臣としての御責任もあろうと思う。政府全体として、そういう最終的の態度であるかどうか、この点を総理大臣から伺います。
#97
○国務大臣(鳩山一郎君) アメリカ関係の日本領土の問題と関連せしめたかというさっきの御質問でございました。曽祢君は御自身で問を出して自分で返事をして、法律的には条件としたのではなかろうか、しかし緊張の緩和を拱手傍観せずにやっていかなくちゃいけないのじゃないかという御発言がありました。曽祢君のお話しの通りに、法律的にはこれは条件として話をすべきものではない。けれども緊張緩和を拱手傍観すべきものとは思っておりません。
#98
○曾祢益君 政策論になると、今おっしゃったお言葉だけでは合うのですが、実際、実質的な外交をどうするかという点についてわれわれと意見が違うと思うのですが、そうではなくて、この点ははっきり申し上げますれば、歯舞、色丹を返す条件に、このアメリカの一部の日本関係領土の返還ということにからめた対案がソ連からなされたということが当時の新聞には載っておるのです。私はそういうことがあったのではないか、あったならあったで、しかし、それがどうして落ちたのかということは非常に重要であるから、そういうことはかえって隠しだてしない方が、国民全体が問題の真相にぶつかる上においてけっこうだと思うのですが、その点についてのはっきりした御答弁を願います。
#99
○国務大臣(河野一郎君) だんだんの御意見でございますけれども、私はこの点につきましては、特に私の考えといたしましても、国際緊張緩和の上からいたしまして、経緯は申し上げない方が適切だろうと考えております。
#100
○曾祢益君 そいう御答弁だと、私は非常に、不満足でございますので、しからば委員会としてその問題をこのままで過ごしていいかどうか、この問題についてはさっそく理事会を開いて、あるいは委員会で直接やってもよいですけれども、実際問題としては、われわれが建設的にものを考えるならば、再び理事会を開いて、委員会としてこの答弁を要求するということで、あるいは秘密会の問題をからめていろいろと御審議を願いたいと思います。従ってその点を留保いたしまして、第二の点についてさらに伺います。
 この点は、私は第三国関係――日米関係等に何ら累を及ぼすものではない、隠しておる方がかえって内外の疑惑の種であるから、明らかにした方がよいという信念を持っておりますが、遺憾ながら見解が政府と違うようであります。しかし、その点は今申し上げたように、別に委員会としての態度を御協議願うことといたしますが、第二の点は、ただいまの河野全権のお話で、すでにほぼ明らかになったようでございますが、念のために伺います。これはアメリカ関係も何もないわけです。
 河野さんのお話だと、領土の問題についてもとより日本側はいろいろな案を出した。それに関連して先方からの態度が出た。そうしてその結果、領土の問題の継続審議という字句が落ちてしまった。以下はとにかく政府の御答弁はない。こういう趣旨であるということと同じ趣旨を述べられた。その結果どう解釈するかは別として、私が伺っておるのは、ただ事実そのものを伺っておるのですが、そういたしますと、もとより河野さんがソ連にお出しになった案の中には、原案の中には、歯舞、色丹はこれを即時引き渡してもらいたいということと、これはあとどういう表現を使っておられるかは知りませんが、簡単に申し上げるならば、国後、択捉を含む領土ということになっております。あるいは国後、択捉については……というのかは知りませんが、あるいはそういうことを言わずに、他の領土ということになりましたか、とにかく他の領土については継続審議にする、平和条約の締結まで継続審議とする、こういう原案を持ってお臨みになったということを思うわけであります。果してそういう趣旨の御提案であったかどうかを伺います。
#101
○国務大臣(河野一郎君) ただいま申し上げました通りに、たびたびの会見であり、先方からもそのたびに数次変った提案もありましたので、それをだんだん談合いたしたのでありますから、案はいろいろであります。それは交渉の経過でございますので、これを差し控えさしていただきたいと思います。
#102
○曾祢益君 私は、交渉の経過の全貌という言葉も使っておりましたけれども、何もわれわれは重箱のすみをほじくるのがわれわれの機能とは思っておりません。要点だけを、さっきみたいな向う勝手なあれではなくて、ぜひこの委員会でお話を願いたい。私の直接の質問にお答えになって私は内外に一つも悪いことはないと思う。日本の原案としては、新党議の線を尊重して御交渉になったというのですから、いうまでもなく歯舞、色丹は即時引き渡す、他の領土は継続審議、こういう趣旨で、この案が日本の原案であったのではないか、こういうことを伺っているんです。
#103
○国務大臣(河野一郎君) ただいまお述べになりました通り、また私がお答えいたしました通りに、私が最初フルシチョフ氏とく会談いたしましたときには、われわれの既定の方針、すなわちわが党の決定した党議の線に向って話し合いを始めました。話し合いを始めました結果、第二回、第三回と経過をたどるにつきまして、先方からも、またそれに対して先方の趣旨を、たとえて申しますれば、歯舞、色丹を譲歩するということは先方にはなかったわけでございますが、そういう点をわが方の主張を入れる。ただし、それは平和条約締結の後だというようなふうにだんだん変って参りましたのでございまして、それが最終的に共同宣言の案になったわけでございます。で、この間におきまして、交渉の経緯からいたしまして、私は総理大臣、外務大臣からしばしばこの委員会でお述べになりました通りに、歯舞、色丹については明瞭に明記いたしてあります通り、その他の領土、国後、択捉につきましては、当然、平和条約締結の際にこれは領土問題として継続審議されるということは、私はこれは絶対間違いないと、思う。また私がお答え申しました通りに、将来領土問題を交渉する際に、一部御疑念のありまする国後、択捉について、これは交渉の対象にないんじゃないか、そういうことを交渉しないという約束があるんじゃないかというようなことをいわれる向きもございますけれども、絶対にそういうことはございません。これは今後どなたが平和条約交渉されます際に、一切の拘束を受けずに、全く歯舞、色丹をわが方が譲り受けるということだけきまっておりましては、その他のことにつきましては白紙の立場に立って交渉をすることができるということを、私はしばしば申し上げておる通りでございます。その点は一つさよう御承知を願いたいと思います。
#104
○曾祢益君 私もすでに一委員として、非常に重要な責任を感じておりまする一員として、河野さんにはっきり申し上げたことは、世間ではあなたがこの交渉において、あるいは五月の交渉において、国後、択捉島に関する主張を曲げて、それを捨ててくるというような言質を与えているというようなことは、これは間違いである、そんなことはない、そう信じております。その点が問題ではなくて、また交渉の結果、あの第九項をどうわれわれが解釈していくか、この問題もいろいろ解釈はあろうと思います。ただ私たちが懸念することは、これも先ほど私は申し上げましたように、元来が領土全体の継続審議という建前で交渉に入られ、それからそのあとで歯舞、色丹だけをいわゆる新党議の線に沿うて、これだけを早く返してくれ、他の領土は継続審議だということで、河野さんはそういうことでやられた、案文の話はしていませんが、そういう態度で強く主張された、これはわれわれも認める。ところがソ連の対案がいろいろ出てきた過程において、ソ連の方は、歯舞、色丹の方は特記する――特に書くことは第九項で認めた。しかし、まあ言葉は悪いですけれども、それと引きかえ的に、あなたも今お読み上げになった御発言の中にあるように、領土に関する継続審議という言葉を結局落さざるを得なくなったんだ。これが簡単に言えば、要するにこの領土問題に関する河野・フルシチョフ会談の経過の荒筋と結果ではないかと思う。そうなってくると、われわれが心配するのは、どだい歯舞、色丹を、領土全体を継続審議とまず言っておって、そのあとで歯舞、色丹を無理に持っていった。内政上の理由もありましょう。党内上の理由もありましょう。非常に私はやりにくい交渉であったと御同情申し上げる。その交渉をやられた結果、残念であるけれども、おそらくいずれをとるかということに私は考えざるを御ない。全体の継続審議でいくのか、それならばグロムイコ・松本書簡があるのであるから、これはもう確認でいいのでありまするけれども、しかしあえて党内あるいは国内の一部のことをお考えになって、まあ涙をのんで歯舞、色丹を特記するために、領土の継続審議というものは落さざるを得なかったのだ、残念であるけれどもそういうことであった、私はこういうような事実に――私は別に推理学の大家でも何でもないですけれども、そう解釈せざるを得ないんです。そういう解釈で誤まりないかどうかを伺いたい。
 特に申し上げまするが、だからといって継続審議ができるという政府の解釈というものは、政府が持っておられることを承知の上、しかし非常に不利に、歯舞、色丹特記という新党議の線に立つために非常に無理をして、その点は損をした形になっておると私は思う。まあ損したしないということは別として、やはり歯舞、色丹を特記するか、そのためには領土の継続審議というものは落ちる、新党議を生かさんとすれば領土の継続審議は落ちる、それとも領土全体の継続審議ということにすれば新党議の線がくずれる、こういうようなジレンマにお置かれになったように考えるのですが、その点はどうですか。
#105
○国務大臣(河野一郎君) 私はこの際はなはだ潜越なことを申して恐縮かもしれませんが、領土問題は、御承知の通りソ連側にはソ連側の主張もあり立場もあろうわけでありますから申し上げる何はありません。これは皆さんよく日本の国民諸君も御承知の通りであります。またわが国といたしましても絶対に譲れない一線がある。これも十分政府並びに国民各位も御承知のことであります。この問題を、ソ連側の主張も主張として、またわが方の絶対に譲れない線を十分向うに了承せしめつつ、双方の意見をまとめ上げたのが共同宣言案でございます。そこでこの案文の読み方、今後の解釈につきましては、ただいままで申し上げました通り、歯舞、色丹につきましては平和条約締結後わが方に譲り渡すということをまず決定しつつ、領土の問題については、これを平和条約の際に譲るというその精神は少しもこれによって譲歩したわけでもなければ、先方に対して予約をしたわけでもないということを、自由の立場において、領土問題の解決には平和条約討議の際に、わが方としては立ち得る立場を確保いたしてありますということを責任を持って私は申し上げておるのでございます。
 ところがはなはだ遺憾なことに、たとえば五月のブルガーニンと私の会談の際にも絶対に私はそういうことはありませんし、約束いたしません。先方もまた私のこの言明に対して何らの意思表示をしておりませんし、また私は意思表示を受けておりません。その後もしばしばそういう機会を御ておりますが、先方はそれに対して何らの反駁もいたしておりません。そういう国際関係にある問題に対して、わが国の一部の方々からこの問題について疑いがあり、もしくは疑惑があるかのごとく言われますことは、はなはだ両国外交の将来に私は非常に遺憾のことであろう。こういう点については、むしろわが方こそ強力に私の立場を支持していただかなければ国家のためにならぬ。先方がそれに対して疑惑を持つなら、これは多少、時には仕方がない場合もあるかもしれませんけれども、先方はいやしくも疑惑を持っていないにもかかわらず、わが方にそういう疑惑を持つ人人があるということは、私は非常に遺憾に思うのであります。それがこの日ソ交渉妥結に全面的に反対だと、こわしてやろうということなら、これはもう何をか言わんやであります。領土問題を有利に解決しようという立場に立っておられる諸君であるならば、私はこの立場は支持していただきたい、こうお願いしたいんであります。
 今回のフルシチョフ氏と私の会談におきましても、会談の経緯につきましては、外交上これを申し上げない方が妥当である、また、ただいまのお尋ねにつきましても、第三国関係において、これを国際間の緊張を緩和する上におきましては、双方のために私は適当でなかろうという判断に立ってこれは申し上げたくありませんと申しておるのであります。しこうして、これが将来の領土問題解決に当って、少しも私はわが方の立場を拘束し、もしくは先方をしてわれわれが予約的な態度をとっておりませんということを責任をもつて申しておるのでありますから、この言明に対して、ソ連側から疑義がある、ソ連側から異論があるというようなことがあるなら別であります。この国会においてわれわれが説明をし、しばしば、もう十数日にわたって総理並びに外務大臣、私から申しておるのでありますから、もしこれに対して疑義がある、異論があるならば、ソ連邦においてこれに対して疑義があろうと私は思うのであります。ソ連邦から何らの疑義がないにもかかわらず、わが国民、もしくは国内において疑義があるがごとき立場をとることは、将来わが国の立場として私は適当でないと思います。そういう意味において、はなはだぶしつけなことを申し上げまして恐縮でございますが、わが国内におきましては、一致団結、この政府の立場に対して御協力をわずらわしたいし、御信頼を願いたい。そうしてわが国は一致して、将来この領土問題の解決に当っていただきたいとお願い申し上げる次第であります。
#106
○曾祢益君 河野さんがそういう政況論をおっしゃるんなら、私にも言い分がある。私はみずから、これは非常に個人的なことになるようで悪いですけれども、私は河野さんに、何といいまするか、歯舞、色丹以外の領土について言質を与えたとかいう、全くのいわゆる悪罵を放つようなことは非常に不愉快であるし、またけしからん、私はそういうことを言っているのではございません。それは先ほどはっきり申し上げたでしょう。ただあなたがそう大上段にかぶって、まあ、そうは言われなかったですけれども、社会党の一員としてこの条約に賛成しているのであろう、それならほじくり返さない方が国のためである、それは少しお言葉が過ぎやしませんか。私どもは、皆さんがやってくれたことについて、事実は事実として、これは明らかにしておくことが、いかなる内閣がこのあとを、平和条約をやる場合においても、これは国会議員としての当然の責務でなければならない。かような見地に立って、純粋曇りのない見地でこの点を明らかにされる方がいいということを言っている。そうして私の言っていることは、国後、択捉を捨ててきたのじゃないかというようなことを一言も言っておりません。ただ歯舞、色丹を特記することを非常に重点に置かれた結果、事、表現においては、日本として当然要求し、最後までおそらく主張されたであろうところの他の領土に関する継続審議という表現は落ちた、こういう事実があるんではないか。そうならば、日本政府としては、それにもかかわらず、先ほど来申し上げておるように、松本・グロムイコ書簡という有力な解釈があるとか、あるいは平和条約の審議という以上は、領土問題をおくのは当りまえじゃないか。そういうこととは違った、どうもそこに日本の主張を捨ててはこないけれども、半分譲ったといいまするか、弱みを……、少くとも領土の継続審議ということが落ちたという経緯はあるのだ。それだけわが国にとって残念だけれども、不利な条件で、共同宣言を結ばなければならなかったのじゃないか、こういうことを国民は心配しているのです。それにもかかわらず、国民の気持としては、いかなる経緯があろうとも、国後、択捉等の領土については、これは与党も野党もない、これは継続審議といいまするか、だからこそ暫定協定をやったのだから、われわれの主張を続けるのが当然である、その余地があると解釈したいと思います。また解釈していいと思いまするけれども、遺憾ながらその点について一つのよりどころが、共同宣言の形においては、希望にかかわらず落ちている。条件はむずかしい、決して簡単なものでない、こういう国民に自覚を持たせつつゆくのが正しいのではないか。河野さんのように、すぐにおれのやったことを信用せんかとか……。
#107
○委員長(小滝彬君) なるべく簡単に願います。
#108
○曾祢益君 重要なことですから少しお願いします。
#109
○委員長(小滝彬君) 重要なことですが、同じような言葉がありますから、なるべく早く済まして下さい。
#110
○曾祢益君 同じような言葉はむしろ政府の力にあるのですが。
#111
○委員長(小滝彬君) 三十分というのが、もう一時に近くなっている。
#112
○曾祢益君 三十分とか何とかいいますが、こういうようなことでフイリバスターするというけちな気持はありません。せっかく私が重要な問題を質問しているときに、せめて私の発言の前か何か適当なときに御注意下さるのならばいいけれども、話の腰を折るようなことはやめて下さい。
#113
○委員長(小滝彬君) いや同じようなことを繰り返しておられるのに気がつきましたからそれを……、話を続行して下さい。(「委員長、干渉するな」と呼ぶ者あり)
#114
○曾祢益君 こういうような状況でございますので、河野さんは、すぐに自分がやったことについてあらぬ疑いをかける、それは私も全然あなたと同感で、そういうやり方は最も卑劣なやり方だと思う。そんなことは言っておらない。それから日本の主張を捨てて帰ったとは言っておらない。国後、択捉等の主張を捨てて帰ったと言うのじゃない。ただ領土継続審議といういわゆる一つの突っかい棒を残して置きたかったに違いない、あった方がいいにきまっている。しかし、それは諸般の関係上とうとう向うが聞き入れなかったのだ、こういう事実がある。このことを申し上げると、すぐかさに着て、そんなことをもう突っつくと日本のためにならない、ソ連の方から何も抗議は出てないじゃないか言う。ソ連の気持は、これはわかりませんよ、ソ連の気持は。しかしあなた及び政府の解釈についてソ連が黙っていることは、外交交渉もしていないのですから、ソ連は別の解釈をしてないのだということを断定する材料にはなりません。なりませんよ、これは。これは日本の一方的解釈である。国内にこれを通すために一方的解釈をやっておっても、今そいつに水をかけることはないじゃないかという解釈だって、理論的には成り立つのです。しかし私はそう解釈したくないのです。だからそうかさに着たような態度でおっしゃらずに、われわれ委員全体がこの問題をどう真剣に考えているかということをお考えになって、そうして御答弁を願いたい。
#115
○国務大臣(河野一郎君) 御意見、御注意のほど十分了承いたしました。しかし、少くとも歯舞、色丹を、この案文の中に入れるという交渉を先方が了承いたしました経緯、それから領土問題という字を省いた経緯との間におきましては、同一の会談においてまとめたのじゃないということだけを申し上げまして、私は御了承願いたいと思います。ただいま曽祢さんのおっしゃった点、その点がそのまま当っていないということだけ申し上げ、あとは御注意の点、御意見の点は十分私も承わりましたが、しかし少くとも先ほど私が申し上げましたことは、少しなまいきだったかもしれませんが、お許しを御まして、どうかそういう意味合いにおいて、しばしば衆参両院のこの当該委員会において総理並びに外務大臣から御発言がありました通り、少しも将来にわたって領土問題解決に当って制約されることはないということで御了承いただきたいと思います。
#116
○委員長(小滝彬君) 簡単にお願いいたします。
#117
○曾祢益君 私はもうこれ以上は意見になるようですから申しませんが、この際、はっきりしておきたいことは、歯舞、色丹を特記するために、会談が第二次、第三次とどう変ったか知りませんけれども、ソ連の方では、それと代案的に、ついにわれわれの国民の希望であった領土については、つまり他の領土についての継続審議という表現はついに断わり切ってしまったという事実はある。これが第一点。そこでわれわれとしては、われわれの日本の主張を捨ててきはしないけれども、われわれがいかなる解釈を加えても、ソ連に対する拘束力において弱い点がありませんかという懸念は、これは払拭できない。それにもかかわらず――その経緯は明かになりましたから、これはあとは、各委員として、あるいは国会として、これをどう見るか、どう解釈するかということですから、私はもう申しません。
 しかし最後に、政府に伺いたいことは、そういう、私から言わせれば歯舞、色丹等の継続審議については、河野・フルシチョフ会談、つまり第九項になった作文の経緯からいうと、不利な点もある。私は率直にあると言わなければいけない。しかしそれにもかかわらず、日本側はただこう解釈をするだけではなくて、ソ連に対して、ソ連を拘束する解釈として、歯舞、色丹等の領土に関する継続審議は、ソ連を拘束する約束として、はっきりできているか、いないか、この一点だけ総理大臣から明確な御答弁を求めます。
#118
○国務大臣(鳩山一郎君) 曽祢君に伺いますが、国後、択捉が継続審議になっているということが確かかということですか。
#119
○曾祢益君 国後、択捉を含む領土問題の継続審議が……。
#120
○国務大臣(鳩山一郎君) 今、歯舞、色丹とおっしゃいましたが。
#121
○曾祢益君 それは国後、択捉の間違いです。
#122
○国務大臣(鳩山一郎君) ただいまの曽祢君の御質問は、御質問通りでありまして、国後、択捉が継続審議になっているということは、私自身としては、前後のブルガーニンとの話し合いの上においては、決して間違いはないと確信をしております。
#123
○小林武治君 議事進行。私はこの際、議題各案に対する質疑を終局し、直ちに討論、採決に入るべしとの動議を提出いたします。
#124
○委員長(小滝彬君) ただいまの小林君の動機に御賛成の方の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕
  〔「反対々々」と呼ぶ者あり、その他発言する者多し〕
#125
○委員長(小滝彬君) 起立多数。よってただいまの動議は可決せられました。(「何だこのやり方は」と呼ぶ者あり)
 ここでしばらく休憩して、一時半から討論に入ります。
   午後零時五十四分休憩
     ―――――・―――――
   午後八時十三分開会
#126
○委員長(小滝彬君) 委員会を再開いたします。
 休憩前の委員会が混乱いたしましたことはまことに遺憾に存じます。
 日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との共同宣言の批准について承認を求めるの件ほか三件を議題に供します。
 この際、曽祢君から特に発言を求められておりますので、許可いたします。
#127
○曾祢益君 午前の私の質疑のまだ終らない前に混乱が起ったことは、ただいまも委員長の言われましたように、非常に遺憾なことでありましたが、私はきわめて簡単に、ただ二点だけを最後に政府に伺いたかったわけであります。そのことを今申し上げまして、それぞれ河野全権及び鳩山総理から明確な御回答をお願いいたしたいと思います。
 第一点は、河野全権に対しまする質問でございまするが、これはけさほども申し上げましたように、河野・フルシチョフ会談の際に、わが方の領土の問題、はっきり申し上げれば歯舞、色丹に関連いたしまして、アメリカの領土に関係あるソ連が対案的な主張をしたことがあると私は考えておるのでありまするが、その点につきましては秘密会によらず、この本委員会においてその実情を明らかにしていただきたいと存じます。
 それから第二点は、これは総理に私が……、この河野・フルシチョフ会談の経緯から見て、わが方の国後、択捉を含む領土の継続審議について、残念であるけれども領土の継続審議という表現が抜けてしまった共同宣言第九項になっているが、それらの経緯にかかわらず、この条約全体から見て、やはり国後、択捉を含む領土の継続審議については、十分に政府において自信がある、またソ連を加えての意思としての、共通の意思としてのはっきりした成算がある、こういうことの確定的な御返事、御答弁が願いたい。こういうことを申し上げたのであります。それに対する総理の御答弁がややあいまいでありましたので、そこで私がもう一回総理に答弁を求めようと思ったときに、いわゆる混乱が起った。従って、この際今の点を、このわれわれの委員会における最終の段階において政府の明確なる御答弁を願いたいと思います。
#128
○委員長(小滝彬君) ただいまの曽祢君の発言につきまして、この際特に政府側の発言を許可いたします。
#129
○国務大臣(河野一郎君) 第三国関係の問題につきましては、私の方からは何ら触れたことはございません。しかし交渉の過程において先方はちょっとだけこれに触れたことはございます。それは軽く触れたのみで、先方はそれ以上言及いたしませんでした。またたとえこの角度からの話を取り上げることとしても、今回の交渉においては、領土問題の解決をわが方に有利にするに資するものでないことと看取せられたのであります。
 以上、御了承いだきたいと思います。
#130
○国務大臣(鳩山一郎君) お答えをいたします。
 国後、択捉を含む領土の継続審議については、十分先方と話した結果、双方において継続審議を了解しております。
#131
○曾祢益君 これで私の質問を終ります。
#132
○委員長(小滝彬君) これより討論に入ります。御意見のおありの方は賛否を明らかにしてお述べを願います。
#133
○小林武治君 私は参議院自由民主党を代表いたしまして、日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との共同宣言の批准について承認を求めるの件ほか三件は、それぞれ承認を与えるべきものであるとの意見を表明するものであります。
 戦後十一年、日本とソ連との間には依然として戦争状態が続いておりまするが、これはいかにも不自然なことであり、両国の関係を正常なる状態に引き戻すことは、世界平和への大なる寄与であるのであります。今回の共同宣言ほか三件は、これによって両国の関係が正常化されるのでありまして、時宜に適した措置であると信じます。日ソ両国の国交回復によりまして、わが国に国連加入の道が開かれ、また多年異境にあって苦難をなめてきた千余名の抑留者の送還が実現されるのであります。さらに北洋漁業の操業の安全が確保され、また日ソ間の通商関係が正常化されるのであります。これらは共同宣言ほか三件の最も重要なる効果であるのであります。
 領土問題につきましては、領土の確定を今後の交渉に譲ることとしておりまする点は原則的に了承いたします。ただ共同宣言は、領土問題の今後の取扱いについて若干明瞭を欠くきらいのあるのはわれわれの遺憾とするところであります。よって、私は本委員会が次の付帯決議を付することをこの機会に緑風会とともに提案いたすものであります。
 付帯決議を朗読いたします。
   付帯決議
  日ソ共同宣言ほか三件の批准についての承認を与えるに当り次の通り決議する。
 一、日ソ共同宣言第九項に規定する平和条約締結に関する継続交渉には、国後、択捉を含む領土問題に関する交渉が当然含まれるものと了解する。
 二、政府は日ソ共同宣言第九項に規定する継続交渉において国後、択捉を含む領土問題についての国民的要望を達成するため最善の努力を尽すべきことを要望する。
 以上であります。
#134
○曾祢益君 私は日本社会党を代表いたしまして、日ソ共同覚書ほか三件に対しまして賛成の討論を行いたいと存じます。
 その第一の理由は、申し上げるまでもなく、サンフランシスコ平和条約が不幸にして片面講和となりまして以来、わが党は終始一貫日ソの国交の正常化を主張して参ったのであります。これは言うまでもなく、日本の完全なる自主独立の外交を展開する上において、ことに日本の国際関係を平和な環境に置きかえるためにおいて絶対に必要であるからであります。
 第二の理由は、この日ソの国交回復が原則として、もとより正式の平和条約で、領土問題を含めて最終的に解決されることが望ましいのでございまするが、不幸にいたしまして、日ソ両国の間に領土問題に関する意見の食い違いがある等の関係から、もし平和条約方式が停頓するような場合には、われわれはやむなく領土問題を継続審議のままとして、国交調整を他の方式、いわゆる暫定方式ででもやるべきであるということが社会党の主張であったわけであります。この主張が結局遺憾ながらこういう形において、すなわち政府のいろいろな努力はありましたけれども、ついに平和条約方式において行き詰った。その結果、保守党である鳩山内閣の手によって、私たちが申し上げた暫定方式をとったにおきましては、われわれとしては、この暫定方式による国交回復に当然にわれわれとしても責務を感じ、またこれに賛成するのが自然であるからであります。いわんや、あとで申し上げまするように、この四件の外交文書においていろいろ不満な点がございます。疑問の点なきといたしません、しかしこの国交回復によりまして、第一に申し上げた基本的な平和と自主独立の外交に大きくプラスする。第二にはさらに付帯的の効果といたしまして、ただいま小林委員も言われましたごとく、まずもっていわゆる処刑を宣告された同胞の帰還が実現する。日本の国連参加も道が開けるものと考えます。通商の拡大その他諸般の付帯的な利益があることも当然予想されることであります。従いまして、私どもは基本的にこの四件に対する態度は賛成であったわけでございます。しかし私どもがはなはだ遺憾に存じますることは、鳩山内閣が日ソの国交回復の問題について十分なる事前の準備をなさず、また思いつき的にこの問題を取り上げたきらいが大いにあったと思います。すなわち、まず保守党の立場からいたしましても、領土問題を真剣に討議するからには、当然にまずもってアメリカ関係の領土問題についての話し合いも進めて行くような措置がとられても当然ではなかったか、それらの措置も何らとられておりません。しかもこの日ソ国交回復の方式、積極的な意見、消極的な意見、これが常に党内において二つの対立をなして参りました、ついには最終段階においては、全く党内の派閥争いのような見地から十分なる首脳部間の話し合い、党内の意見の調整を行わずして重光全権が出られたり、あるいは鳩山首相みずから出られる場合においても、そういうような、不幸にして党内の態勢すら一致しておらなかった。いわんや民主的なルールに沿って国会を開いて、世論のバックのもとに一貫した交渉が行われなかったことは、この交渉がじんぜん日をむなしゅうし、その問いろいろな不測の事態、あるいは予想すべき事態であったかもしれませんが、漁業に対する圧迫等々の、日本に対して少なからざる損害を与えたことは、はなはだ遺憾千万に存ずるのであります。しかしながら、私どもはそれらの過去の経緯は経緯といたしまして、国会の立場から慎重かつ十分に、しかもすみやかに国会の承認を与える目途を持ちながら、この審議に当って参ったのであります。審議の過程を通じまして、特にわれわれが注視いたしました領土問題につきましては、はなはだ遺憾であるけれども、これまた自民党の党内情勢から、暫定方式に切りかえる際において、歯舞、色丹の特別な取扱いということを明らかにせずに、領土問題全部を継続審議の形としようという話しをしておき、そのあとになって新党議の線というものを出して、そうして歯舞、色丹だけはあとで持ち出して、これを特別に切り離して早く返せというような措置をとられたのであります。その結果、われわれの審議の過程におきまして明らかになったように、歯舞、色丹ははなはだ遺憾であるけれども引き渡しの原則がきまっただけである。領土問題を含めた平和条約ができなければ実質的の引き渡しはできない、こういうことになりました。しかもそれと引きかえに国後、択捉を含む領土の継続審議については、せっかくグロムイコ・松本書簡において明確にされておるにかかわらず、最終的にでき上った共同宣言第九項においては、少くとも字句表現の上においては、領土に関する継続審議という言葉が落ちておるというような、まことに遺憾千万なる結果に到来したのであります。しかし私どもはこれらの経緯にかかわらず、私の最終的な質問に対しまして、総理大臣鳩山一郎氏が、この委員会を通じて中外に発表いたしましたように、いかなる経過があったにせよ、政府としてはソ連との間にも、すなわち政府の単なる一方的な見解でなく、ソ連を含めた共同の意思として歯舞、色丹等の領土の継続審議については自信がある、こういう言明をしておるのでございまするから、私どもは、その点を了として参って行きたいと存ずるのであります。
 なおまた、その他の国連の加入等につきましても、われわれは、遺憾ながらこの外交文書そのものから受ける確実な約束としては、日本の無条件即時加盟の約束にはなっておりませんけれども、これまた総理対ブルガーニンの会談の経過をしさいに御説明になったことによって、私どもは必ずやそのことが近く実現できるものと期待いたしたいと存ずるのであります。さらにまた抑留同胞の引き揚げにつきましても、審議の過程を通じまして明らかにいたしましたように、この共同宣言ではまことに不十分きわまる、不親切きわまることになっております。当然にいわゆる処刑を受けた方、消息不明の方、消息はわかっておるけれども処刑者でない方、これらの方々が全部すみやかに帰されるというようなことを、明確に打ち出してもらうことを期待しておったのでありますが、これまたできておりません。しかしこの点につきましても、われわれはいたずらに審議を延ばすことにより、少くともいわゆる戦犯リストに載っておられる方々の帰還をおくらせるようなことがあっては断じてならない、かような意味におきまして、これを了承することにいたした次第でございます。
 なおまた漁業条約、ことに漁業条約に至る本年度の暫定的な取りきめ等についてもいろいろな不満がございます。しかしそれらのことを申しても、私はやはり基本においては日ソの国交調整を早くやる、領土の問題については、すべてこれを継続審議としておく、これはもとより外務大臣の言われるところのいわゆる固有の領土である国後、択捉のみならず、南樺太、千島についても、日本の領土主権は、これは継続審議として主張の余地が残されておるものと私どもは考える。また、そうでなければならぬと社会党は強く考えておる次第であります。
 以上のような観点から、この四件に対して賛成をするものでありまするが、特にこの際申し上げたいことは、今度のこの日ソの国交回復に当って、特に社会党として遺憾千万に存ずることは、同僚佐多委員も指摘されたように、今度の国交調整は、いわば両国それぞれの国際的な約束、現状等をそのまま認め合ったところのいわゆる現状維持の方式によって終始一貫している点であります。われわれはこの点をはなはだ遺憾千万と存じます。と申しますのは、日ソの国交回復は、もとより戦争の跡始末という意味がございます。しかし、ただ単にそういうような消極的な意味ではなく、国際情勢の新しい転換に応じ、日本がソ連との国交調整を開く以上は、真に画期的な、新しい、平和な、緊張緩和的な日本附近の情勢をみずから作って行くところのきっかけとしなければなりません。日ソ国交調整は単なる過去の跡始末であっては断じてなりません。これは、これから日本の自主独立の外交の再スタートという意味において特に私たちは重要視しておるものであります。その意味から申し上げるならば、われわれは領土の問題につきましても、アメリカ関係の領土の問題も始末しない、そうして日米安全保障条約を、あの朝鮮動乱当時そのまま継承して行こうという、こういう態度であったり、さらにはまた同じく、あの朝鮮動乱の産物ともいうべき敗戦国日本に対する一つのこれを仮想敵国とする中ソ友好同盟条約もそのままにしておく、こういうような態度で終始されたことは、事少くとも日本の総理大臣鳩山一郎氏が、わざわざモスコーに乗り込んだこの会議の結果としてはまことに残念しごくである。もっと積極的な新しい関係を打ち出すべき重大なるチャンスを失ったと考えるのであります。この意味において、非常に私どもは不満であります。また日本の外交全体を、この際完全に建直すというような気魄については、遺憾ながら審議の過程を通じて一言も伺えなかった。依然としていわゆる自由諸国との関係をたてとしてやって行く、そういうことではなくて、私が繰り返し申し上げるように、日ソ国交回復は単なるスタートにすぎない。日本の自主独立の外交を展開するには、殊に国際連合に加入するからには、われわれは対米関係を根本的に再検討する。そうしてあわせて日中国交回復、中共との国交調整、この問題を積極的に取り上げる。日本の力によって中国とアメリカとの緊張に緩和をするような主導的な、積極的な措置が断じてなされなければならない。あわせてスエズ運河会議、あるいはバンドン会議等におけるごとき日本外交、過去の日本外交が鳥であるか獣であるかわからないコウモリ的な態度をもって終始したことは遺憾千万である。われわれとしては、いわゆるAAグループ、なかんずくいずれの陣営にも属せざるこの私たちのアジア諸国と、真にわれわれの連帯関係を強く打ち出すような外交の展開がなされなければならないと信ずるのであります。
 以上の点において、はなはだ遺憾でございまするがこの三件に対する賛成の討論といたしたいと思います。
 最後に、ただいま小林委員の討論の過程におきまして、いわゆる付帯決議の案が出されたのであります。私どもは、実は、これが自民党と緑風会の共同提案なることを今の今まで知りませんでした。私どもは理事会においては緑風会から同じ御提案があったことを知っておりまするけれども、いつのまにか自民党と緑風会の共同提案が出ているそうでありますが、その経緯は私はさして問題にしたくないのでありまするが、自由党と社会党との政党対政党との関係において、衆議院の段階においては一切の付帯決議は、作った公党と公党の約束がついておる。もとより参議院は別な院である、しかも緑風会という両院にまたがらない会派の方がおられることは承知しておりますが、緑風会の態度でなく、自民党の態度として、参議院においてはこの付帯決議をわれわれに何らの相談なしにこれをきめて行くということは、われわれとしては断じて賛成できません。また政府の態度としても、われわれとしてはまことにふしだらきわまる話ではないかと思うのであります。私どもはこの付帯決議の案は、そういう意味においてまずこれを引っ込めるべきである。自民党としては当然にわが党の了解なしに、このようなもののはっきり最後には首唱者になっておられるのですから、まことにこれはけしからぬ話だ、私はその問題を申し上げるとともに、内容についても社会党の立場を明らかにしておきたいと思います。
 私のはなはだつたない討論でございましたが、社会党の領土問題に対する態度につきましては、すでに申し上げた通りでございます。歯舞、色丹はもとより即座に返還してもらいたい、国後、択捉は、これはいわゆる外相の言葉を使うならば、日本の固有の領土である。かつて外国に譲ったことすらない日本の領土である。従ってこれも平和条約の締結の際には、当然に日本の領土として完全に返ってこなければならない。なおまたサンフランシスコ平和条約におきまして、日本が放棄を約束いたしました千島、南樺太についても、これはわれわれの責任ではない。われわれとしてはこれは日本の領土として、平和条約の際には当然にこれを主張すべきものである、かような見解を持っておるものでございます。それにもかかわらず、なぜこの自民、緑風両党の提案に反対するか。それはただいま申し上げましたような、自民党、政府の不信行為に対する反対だけでなく、少くともこのうち第一項は、これは私が今この場において総理大臣と最終的な質疑応答を取りかわしましたように、はなはだ、第九項の字句の中に領土の継続審議が明確に出ておらないのは、政府の怠慢であり、失態である。これは相手方があることであるけれども遺憾千万である。その分において日本の主張に暗影を投ずるおそれなしとしないと考えまするけれども、しかし、だからといって政府がここにはっきりと、日本政府の一方的解釈だけでなく、ソ連との間にも歯舞、色丹を含む領土の継続審議は了解がついておる、こういう言明も、これは私たちは事実として受け取らなければなりません。かてて加えて、院において、政府の言明にかかわらずわざわざこの問題を取り上げて、そうして第九項の継続審議はできると了解するという表現を使うことは、これはまことに、かえって今度は国際的に日本の主張に暗影を投ずるようなことを院の意思として決定するというマイナス面があります。またでき方の悪い政府に対して、悪い政党に対して、いい点をわざわざつけてやることになって、われわれとしては納得できません。さような意味において特にこの第一項は有害無益である、この意味において私どもは反対するものでございますから、この点を明確にいたしまして、特に委員長にお願いたしまするが社会党のこの委員会におけるただいま私の申し上げた点については、なし得る限り、これを詳細に委員長報告の中に加えて、本会議において御報告されんことを特に希望いたしまして、私の討論を終りたいと存じます。(拍手)
#135
○梶原茂嘉君 私は緑風会を代表いたしまして、日ソ共同宣言ほか三件につきまして、賛成の討論をいたすものでございます。
 終戦後、御承知の通りに日ソ間の国交の再開、平和の回復、このことは時期のよしあしはこれは別にいたしまして、当然の筋道であって、これを拒否すべき何らの理由はないと思うのであります。一面、これを機会に、わが国が新たに国際関係において本格的な地位に立つことになるのであって、このことはわが国にとってまことに重大な意義を持っておるものであります。私が本件に賛意を表しまする最大の理由をここに見出すわけであります。
 わが国の国連加盟の問題は、本来国交再開と関連するものではもとよりないのでありまして、今日までこのことがおくれておりましたことは、まことに遺憾なことであります。しかしながら、この際解決の見通しを得るに至りましたことは、まことに喜びにたえないところであります。また抑留日本人の返還の問題にいたしましても、事は人道の問題であります。国交再開の条件となすべきものではないのでありますが、多年にわたりまする抑留邦人の苦難も今回解けまして、年内帰還の見通しを持つことができることになりましたことは、何といたしましても全国民とともに喜ばしい限りであります。
 漁業条約は、北西太平洋におきまする漁業が世界的の重要性を持っておるのにかんがみまして、その資源を維推し保護して参るということは、これは日ソ両国の私は共同責任と思うのであります。従って本条約の趣旨といたしまするところは、もとより適切であって緊要のことと考えるのであります。特にしかしながら、これに対しましてわが国の科学的の調査等の施策が十分拡充されることが緊要と考えられるのであります。
 海難に際して人命救助に関する協定は、これも人道的の立場よりいたしましても、その必要性は自明のことであります。
 日ソ国交の再開に伴いまして、両国間の貿易が増進するということはこれは望ましいことであり、かつ必要なことと思うのであります。従いまして、今回の貿易増進等に関しまする協定も、もとよりその必要性は認め得るところであります。ただ両国間の貿易の体制、性格なり態様が相当違うのであります。またソ連の実体が必ずしも明確に把握されておらない現段階におきましては、その運営の面においては、相当慎重な態度が必要かと存ずるのであります。
 共同宣言の眼目は、何といたしましても国交の再開と領土問題の処理に存するということは言うまでもないところであります。国後、択捉の領土問題が平和条約の継続交渉の対象に含まれるや否やにつきまして、いやしくも疑念が残るようなことがあっては断じて相ならぬと信ずすのであります。あくまでこれを明確にいたしておきますことが将来にわたって非常に緊要なことであるのであります。国後、択捉等のわが領土が平和条約の継続交渉に含まれているという了解が批准承認の私は前提であると思うのであります。同時に正当なわが領土に対する国民の要望は、できる限りすみやかにこれを達成されなければならぬと思います。そのためには不断の、そうしてまた最善の努力を払わなければならぬことは、政府の当然の、また最大の責務であると思います。この趣旨を明確ならしめるために、縁風会は付帯決議の提案をいたしたのであります。
 平和外交という言葉にだれしも異論はないと思います。しかしながら、平和あるいはまた従って平和外交ということも、あくまで正義を基調として初めて成り立つものと思うのであります。わが国有の領土、特に歯舞、色丹の島々までも、理不尽に占拠せられているという状態を認めざるを得ない今回のこの共同宣言をもっていたしましても、果して共同宣言の第一項でうたわれておりますところの平和回復が、真の意味での平和回復かどうか、疑いなきを得ないのであります。また第一項に言っておりまする善隣友好を真に期待し得るや、遺憾ながら事は相当困難ではないかと思われるのであります。国交正常化の道はあるいは遠いかもしれない。かつ相当の困難が伴うものと思われるのでありますが、政府はもちろん、国民全体の真剣な今後の努力が要請せられると思う次第であります。共同宣言の発効を機といたしまして、東西対立のこの激動いたしておりまするただ中に、わが国は一歩を進めることになるのであります。これをもちまして直ちに、かつ急激に、いわゆる中立主義の立場に転換すべきものでは私はないと思います。国連の中核として正義を基調とする平和外交、日本の国際的地位の向上、これをすべきものと信ずるのであります。
 以上をもちまして私の賛成討論とする次第であります。(拍子)
#136
○委員長(小滝彬君) これにて討論は終局いたしました。
 これより採決に入ります。四件を一括して問題に供します。四件を承認することに賛成の方の起立を願います。
  〔賛成者起立〕
#137
○委員長(小滝彬君) 総員起立、全会一致でございます。よって本案は全会一致をもって承認すべきものと決定いたしました。
 次に、討論中に述べられました小林君提出の付帯決議案を議題といたします。
 小林君提出の付帯決議案を本委員会の決議とすることに賛成の方の起立を願います。(「反対」と呼ぶ者あり)
  〔賛成者起立〕
#138
○委員長(小滝彬君) 多数と認め映す。よって小林君提出の付帯決議案は多数をもって本委員会の決議とすることに決定いたしました。
 なお、本院規則第百四条による本会議における口頭報告の内容、第七十二条により議長に提出すべき報告書の作成、その他自後の手続につきましては、慣例により、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#139
○曾祢益君 異議はございませんが、先ほどの私の申し上げた点、付帯決議に対するわが党の反対の理由について適当なる御報告を願いたいと思います。
#140
○委員長(小滝彬君) 了承いたしました。
 御異議ないと認めます。よってさよう決定いたしました。
 それから報告書には多数意見者の署名を付することになっておりますから、本案を承認された方は順次御署名を願います。
  多数意見者署名
    川村 松助  杉原 荒太
    曽祢  益  梶原 茂嘉
    鹿島守之助  小林 武治
    重宗 雄三  津島 壽一
    鶴見 祐輔  永野  護
    野村吉三郎  加藤シヅエ
    佐多 忠隆  竹中 勝男
    森 元治郎  山下 義信
    吉田 法晴  石黒 忠篤
#141
○委員長(小滝彬君) 最後に、この四件の審議に当りまして、皆さんが連日熱心に審議に参画せられ、よく御協力下さいましたことを感謝いたします。
 それでは本日はこれにて散会いたします。
   午後八時五十四分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト