くにさくロゴ
1956/11/21 第25回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第025回国会 法務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1956/11/21 第25回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第025回国会 法務委員会 第1号

#1
第025回国会 法務委員会 第1号
昭和三十一年十一月二十一日(水曜日)
    午前十一時十七分開議
 出席委員
   委員長代理 理事 椎名  隆君
   理事 福井 盛太君 理事 猪俣 浩三君
   理事 菊地養之輔君
      小島 徹三君    小林かなえ君
      戸塚九一郎君    高橋 禎一君
      林   博君    宮澤 胤勇君
      横井 太郎君    横川 重次君
      神近 市子君    佐竹 晴記君
      志賀 義雄君
 委員外の出席者
        専  門  員 小木 貞一君
    ―――――――――――――
七月十三日
 委員細田綱吉君辞任につき、その補欠として武
 藤運十郎君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十三日
 委員勝間田清一君辞任につき、その補欠として
 穗積七郎君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十八日
 委員穗積七郎君辞任につき、その補欠として勝
 間田清一君が議長の指名で委員に選任された。
九月七日
 委員椎名隆君辞任につき、その補欠として松野
 頼三君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員松野頼三君辞任につき、その補欠として椎
 名隆君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十一日
 委員神近市子君辞任につき、その補欠として原
 彪君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十四日
 委員福井盛太君及び三田村武夫君辞任につき、
 その補欠として山本正一君及び古川丈吉君が議
 長の指名で委員に選任された。
同日
 委員古川丈吉君及び山本正一君辞任につき、そ
 の補欠として三田村武夫君及び福井盛太君が議
 長の指名で委員に選任された。
同月二十五日
 委員三田村武夫君辞任につき、その補欠として
 古川丈吉君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員古川丈吉君辞任につき、その補欠として三
 田村武夫君が議長の指名で委員に選任された。
十月十一日
 委員三田村武夫君辞任につき、その補欠として
 高村坂彦君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員高村坂彦君辞任につき、その補欠として三
 田村武夫君が議長の指名で委員に選任された。
同月十二日
 委員高瀬傳君及び三田村武夫君辞任につき、そ
 の補欠として松岡松平君及び古川丈吉君が議長
 の指名で委員に選任された。
同日
 委員古川丈吉君及び松岡松平君辞任につき、そ
 の補欠として三田村武夫君及び高瀬傳君が議長
 の指名で委員に選任された。
同月十三日
 委員淺沼稻次郎君辞任につき、その補欠として
 田中織之進君が議長の指名で委員に選任された。
同月十五日
 委員古屋貞雄君辞任につき、その補欠として田
 中武夫君が議長の指名で委員に選任された。
同月十七日
 委員田中武夫君辞任につき、その補欠として加
 賀田進君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十五日
 委員加賀田進君辞任につき、その補欠として田
 中織之進君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員田中織之進君辞任につき、その補欠として
 古屋貞雄君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十六日
 委員横川重次君辞任につき、その補欠として松
 野頼三君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員松野頼三君辞任につき、その補欠として横
 川重次君が議長の指名で委員に選任された。
十一月十日
 委員青野武一君、田中織之進君、原彪君及び古
 屋貞雄君辞任につき、その補欠として風見章君
 、淺沼稻次郎君、片山哲君及び神近市子君が議
 長の指名で委員に選任された。
同月二十一日
 理事椎名隆君委員辞任につき、その補欠として
 同君が理事に当選した。
同日
 理事福井盛太君及び三田村武夫君委員辞任につ
 き、その補欠として福井盛太君及び三田村武夫
 君が理事に当選した。
同日
 理事高瀬傳君委員辞任につき、その補欠として
 同君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十一月二十日
 松江地方簡易家庭裁判所庁舎新築の請願(櫻内
 義雄君紹介)(第九号)
 法務省所管の更生保護会の窮状打開に関する請
 願(藤本捨助君紹介)(第一〇号)
 下級裁判所の設立及び管轄区域に関する法律の
 一部改正に関する請願(古屋貞雄君紹介)(第
 三三号)
 印章法及び印章師法制定に関する請願(奥村又
 十郎君紹介)(第六三号)
の審査を本委員会に付託された。
同月十七日
 B・C級戦犯の釈放に関する陳情書(横浜市議
 会議長津村峯男)(第六六号)
 戸籍関係法令の一部改正に関する陳情書(東京
 都千代田区九段一丁目十四番地全国市長会長原
 口忠次郎)(第一〇二号)
 外国人登録法の一部改正に関する陳情書(東京
 都千代田区九段一丁目十四番地全国市長会長原
 口忠次郎)(第一〇三号)
を本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 連合審査会開会申入れに関する件
 国政調査承認要求に関する件
 小委員会設置に関する件
    ―――――――――――――
#2
○椎名(隆)委員長代理 これより法務委員会を開会いたします。
 本日は、委員長が所用のため、理事の私が委員長の職務を行います。
 本日はまず国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。すなわち、衆議院規則第九十四条により、常任委員会は会期中に限り議長の承認を得てその所管に属する事項について国政に関する調査をすることができることに相なっております。本委員会といたしましては、一、裁判所の司法行政に関する事項、二、法務行政及び検察行政に関する事項、三、国内治安及び人権擁護に関する事項、四、上訴制度(最高裁判所機構改革を含む)に関する事項、五、外国人の出入国に関する事項、六、交通輸送犯罪に関する事項、七、売春防止法の施行に関する事項、八、戦犯に関する事項、以上の各事項につきまして、議長に対し国政調査承認を要求いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○椎名(隆)委員長代理 御異議なしと認めて、さよう決定いたします。
 なお、国政調査承認要求書の作成並びに提出手続等につきましては委員長に御一任願います。
    ―――――――――――――
#4
○椎名(隆)委員長代理 次に理事の補欠選任についてお諮りいたします。すなわち、委員の異動に伴い理事が四名欠員となっております。理事に椎名隆君、高瀬博君、福井盛太君及び三田村武夫君を委員長より指名するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○椎名(隆)委員長代理 御異議なしと認め、以上の四君を理事に御指名申し上げます。
    ―――――――――――――
#6
○椎名(隆)委員長代理 次に小委員会設置に関しお諮りいたします。すなわち、最高裁判所機構改革に関する小委員会を設置することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○椎名(隆)委員長代理 御異議なければ、さよう決定いたします。
 なお、ただいま設置いたしました小委員会の小委員及び小委員長の選任については、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○椎名(隆)委員長代理 御異議なければ、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#9
○椎名(隆)委員長代理 次に連合審査会開会についてお諮りいたします。すなわち、ただいま社会労働委員会に付託されております電気事業及び石炭鉱業における争議行為の方法の規制に関する法律附則第二項の規定により、同法を存続させるについて、国会の議決を求めるの件についてでありますが、本件は当委員会にも重大なる関係がありますので、社会労働委員会に連合審査会開会を申し入れたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○椎名(隆)委員長代理 御異議なければ、さよう決定いたします。
 なお、連合審査会開会日時は明二十二日午後一時を予定いたしております。
 それでは、次会は公報をもってお知らせすることといたしまして、本日はこれにて散会いたします。
   午前十一時二十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト