くにさくロゴ
1956/11/22 第25回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第025回国会 商工委員会 第1号
姉妹サイト
 
1956/11/22 第25回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第025回国会 商工委員会 第1号

#1
第025回国会 商工委員会 第1号
昭和三十一年十一月二十二日(木曜日)
    午前十時三十九分開議
 出席委員
   委員長 神田  博君
   理事 小笠 公韶君 理事 鹿野 彦吉君
   理事 小平 久雄君 理事 笹本 一雄君
   理事 長谷川四郎君 理事 中崎  敏君
      内田 常雄君    菅  太郎君
      首藤 新八君    田中 龍夫君
      中村庸一郎君    南  好雄君
      森山 欽司君    加藤 清二君
      佐竹 新市君    田中 武夫君
      松尾トシ子君    松平 忠久君
      山口シヅエ君
 出席政府委員
        通商産業政務次
        官       川野 芳滿君
 委員外の出席者
        専  門  員 越田 清七君
    ―――――――――――――
十月二十六日
 委員佐竹新市君及び永井勝次郎君辞任につき、
 その補欠として河野正君及び川村継義君が議長
 の指名で委員に選任された。
同日
 委員川村継義君辞任につき、その補欠として永
 井勝次郎君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十七日
 委員宇田耕一君及び永井勝次郎君辞任につき、
 その補欠として松岡松平君及び神田大作君が議
 長の指名で委員に選任された。
同月三十日
 委員神田大作君辞任につき、その補欠として田
 中幾三郎君が議長の指名で委員に選任された。
同月三十一日
 委員長谷川四郎君辞任につき、その補欠として
 中村梅吉君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員中村梅吉君辞任につき、その補欠として長
 谷川四郎君が議長の指名で委員に選任された。
十一月一日
 委員佐々木良作君辞任につき、その補欠として
 杉山元治郎君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員杉山元治郎君辞任につき、その補欠として
 佐々木良作君が議長の指名で委員に選任された。
同月二日
 委員田中幾三郎君辞任につき、その補欠として
 永井勝次郎君が議長の指名で委員に選任された。
同月五日
 委員山本勝市君辞任につき、その補欠として宇
 田耕一君が議長の指名で委員に選任された。
同月十日
 委員神近市子君及び河野正君辞任につき、その
 補欠として帆足計君及び前田榮之助君が議長の
 指名で委員に選任された。
同日
 委員前田榮之助君辞任につき、その補欠として
 佐竹新市君が議長の指名で委員に選任された。
同月十四日
 委員佐々木良作君及び多賀谷真稔君辞任につ
 き、その補欠として山口シヅエ君及び阿部五郎
 君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十一日
 委員永井勝次郎君辞任につき、その補欠として
 神田大作君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員神田大作君辞任につき、その補欠として永
 井勝次郎君が議長の指名で委員に選任された。
同月五日
 理事長谷川四郎君及び永井勝次郎君委員辞任に
 つき、その補欠として長谷川四郎君及び永井勝
 次郎君が委員長の指名で理事に選任された。
同月二十二日
 理事永井勝次郎君委員辞任につき、その補欠と
 して同君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十一月十二日
 中小企業安定法の一部を改正する法律案(中村
 高一君外三名提出、第二十四回国会衆法第六九
 号)
同月二十日
 飛越特定地区小矢部川水利開発事業促進に関す
 る請願(正力松太郎君紹介)(第二九号)
 ココム制限緩和の請願(原茂君紹介)(第三五
 号)
の審査を本委員会に付託された。
同月十七日
 中国における日本商品展開催助成金交付に関す
 る陳情書(長崎市議会議長脇山寛)(第四〇
 号)
 対中国貿易禁輸制限の緩和等に関する陳情書外
 二件(千代田区丸の内三丁目六番地日本国際貿
 易促進協会長村田省蔵外二名)(第四一号)
 繊維工業設備臨時措置法の一部改正に関する陳
 情書(福井県議会議長寺田常吉)(第四二号)
 四国中央地域開発促進に関する陳情書(松山市
 一番町愛媛県町村会長黒田玄)(第五一号)
 東北地方の開発促進に関する陳情書(新潟県議
 会議長小笠原九一)(第五二号)
 対中共及びソ連等との貿易促進に関する陳情書
 (東京都千代田区九段一丁目十四番地全国市長
 会長原口忠次郎)(第六八号)
 中小企業に対する財政投融資の低金利に関する
 陳情書(石川県議会副議長清谷博文)(第八六
 号)
 化繊原糸価格の安定に関する陳情書(石川県知
 事田谷充実)(第八七号)
 中小企業金融機関の貸付金利引下げに関する陳
 情書(大阪府議会議長梅本敬一)(第八八号)
 特別鉱害復旧臨時措置法の一部改正等に関する
 陳情書(東京都千代田区平河町二丁目六番地全
 国鉱業市町村連合会長平田有造)(第九五号)
 街路燈料金の引下げに関する陳情書(東京都千
 代田区九段一丁目十四番地全国市長会長原口忠
 次郎)(第二七号)
 電気事業設備等の復元に関する陳情書(東京都
 千代田区九段一丁目十四番地全国市長会長原口
 忠次郎)(第一一八号)
 汚染水の専用水路建設に関する陳情書(尾西市
 明地字上平三十六番地尾西市朝日農業協同組合
 佐藤群平)(第一一九号)
を本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 小委員会の設置に関する件
 国政調査承認要求に関する件
 連合審査会開会申入れに関する件
    ―――――――――――――
#2
○神田委員長 これより会議を開きます。
 この際お諮りいたします。委員席は必要のあるとき委員長において適宜変更することにいたしまして、ただいま御着席の通り決定いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○神田委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 次に理事の補欠選任についてお諮りいたします。理事永井勝次郎君は昨二十一日委員を辞任されましたが、同日再び委員に選任されております。この際委員長において、同君を再び理事に指名することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○神田委員長 御異議なしと認め、永井勝次郎君を理事に指名いたします。
    ―――――――――――――
#5
○神田委員長 次に、国政調査承認要求に関してお諮りいたします。
 今国会におきましても、会期中従前の通り、一、日本経済の総合的基本施策に関する事項、二、国土の総合的利用並びに開発等の基本施策に関する事項、三、電気及びガスに関する事項、四、鉱業、鉄鋼業、繊維工業、化学工業、機械工業その他一般鉱工業及び特許に関する事項、五、通商に関する事項、六、中小企業に関する事項、七、私的独占禁止及び公正取引に関する事項、以上の事項につきまして議長に国政調査の承認を要求することにいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○神田委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#7
○神田委員長 この際、連合審査会開会の件についてお諮りいたします。
 社会労働委員会において審査中の、電気事業及び石炭鉱業における争議行為の方法の規制に関する法律附則第二項の規定により、同法を存続させるについて、国会の議決を求めるの件について、社会労働委員会に連合審査会開会の申し入れをいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○神田委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 なお、連合審査会は、本日午後一時より、社会労働、法務、商工の三委員会で開会することになりますので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#9
○神田委員長 次に小委員会設置の件についてお諮りいたします。理事会の協議に基きまして、日本経済の総合的施策並びに国土の総合的利用及び開発等の基本施策に関する調査をなすため、小委員十二名よりなる日本の経済と国土開発の総合的施策に関する小委員会を、中小企業に関する調査をなすため、小委員十二名よりなる中小企業に関する小委員会を、私的独占の禁止並びに公正取引に関する調査をなすため、小委員十二名よりなる私的独占の禁止並びに公正取引に関する小委員会を、木材利用の合理化に関する調査をなすため、小委員十二名よりなる木材利用の合理化に関する小委員会を、総合燃料対策及び地下資源開発に関する調査をなすため、小委員十二名よりなる総合燃料対策及び地下資源開発に関する小委員会を、貿易振興に関する調査をなすため、小委員十五名よりなる貿易振興に関する小委員会を、重化学工業に関する調査をなすため、小委員十二名よりなる重化学工業に関する小委員会をそれぞれ設置することといたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○神田委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 なお、ただいま議決せられました七小委員会の小委員及び小委員長の選任につきましては、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○神田委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 小委員及び小委員長は追って指名いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時四十四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト