くにさくロゴ
1956/11/17 第25回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第025回国会 議院運営委員会 第5号
姉妹サイト
 
1956/11/17 第25回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第025回国会 議院運営委員会 第5号

#1
第025回国会 議院運営委員会 第5号
昭和三十一年十一月十七日(土曜日)
   午後零時五十八分開議
 出席委員
   委員長 椎熊 三郎君
   理事 荒舩清十郎君 理事 園田  直君
   理事 福永 健司君 理事 松岡 松平君
   理事 井上 良二君 理事 野原  覺君
      荻野 豊平君    松澤 雄藏君
      山中 貞則君    池田 禎治君
      小牧 次生君    八木  昇君
      渡邊 惣蔵君    小山  亮君
 委員外の出席者
        議     長 益谷 秀次君
        副  議  長 杉山元治郎君
        事 務 総 長 鈴木 隆夫君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 議員三輪壽莊君逝去につき弔詞贈呈の件
 本院予備経費支出承認に関する件
 国務大臣の演説及び日本国とソヴィエト社会主
 義共和国連邦との共同宣言の批准について承認
 を求めるの件
 外三件の趣旨説明に対する質疑の件
 緊急質問の取扱いの件
 本日の本会議の議事に関する件
    ―――――――――――――
#2
○椎熊委員長 それでは会議を開きます。
 本日の本会議は、定刻一時ということでありましたが、参議院はまだ散会いたしませんので、多少開会をおくらせなければならぬことを御了承願います。
 本日は、昨日行われましたる総理大臣の所信の披瀝、外務大臣の一般外交上の報告並びに日ソ共同宣言外三件の案件に対して、これらを一括して質疑の対象といたします。質疑の通告がございます。自由党須磨彌吉郎君、社会党水谷長三郎君、社会党穗積七郎君、社会党日野吉夫君、小会派クラブ志賀義雄君の五人でございます。先刻、理事会で、この、ただいま朗読いたしましたる順位によって質疑を許すことに意見が一致いたしました。なお、質疑の時間は、須磨彌吉郎君三十分以内、水谷長三郎君四十分以内、穗積七郎君三十分以内、日野吉夫君三十分以内、志賀義雄君十五分以内、そういうことに意見の一致を見ましたが、さよう決定して御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○椎熊委員長 さよう決定いたしました。
 なお、須磨君の要求大臣は、総理、外務、農林、大麻国務相、それから牧野法相、通産、経企、以上の大臣でございます。水谷長三郎君は、総理大臣、外務大臣、大蔵大臣、農林、労働、防衛庁長官、穗積七郎君は、総理大臣、外務大臣、農林大臣、経企長官、日野吉夫君は、外務大臣、農林大臣、志賀義雄君は、総理大臣、外務大臣、農林大臣、以上でございます。
#4
○野原委員 社会党の質問時間ですが、これは議運のわれわれとして責任を持ちますから、合計一時間四十分以内で三名が終了するように御了解願いたいと思います。
#5
○椎熊委員長 社会党の持ち時間は、三人で一時間四十分でございますから、これを三人がどのようにお使いになるかということは、社会党の御自由におまかせすることにして、合計一時間四十分、さよう決定して御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○椎熊委員長 さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#7
○椎熊委員長 次に、議員、三輪寿壮君が逝去せられました。まことに哀悼痛惜の念にたえません。来たる二十二日をもって葬儀が行われるとのことでございます。前例によりまして本院から弔詞を差し上げることになっております。十年以上の勤続者と、それ以下の方では、弔詞の内容が違うのでありますが、三輪君は九年に余り、まさに十年になんなんとしておりますし、しかも長きにわたって憲政の功労顕著なるものがありましたので、特に弔詞の案文を普通とは変えてあります。朗読いたします。
  衆議院ハ多年憲政ノ為二尽瘁セラレタル議員従四位勲三等三輪寿壮君ノ長逝ヲ哀悼シ恭シク弔詞ヲ呈スこの案文で御了解願われますか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○椎熊委員長 さよう決定いたしました。
 慣例による追悼演説の日取りを、理事会では次の本会議の日、すなわち来週火曜日にいたしたい。追悼演説者は、社会党のお考え方もありますようですから、自由民主党の方から出ます演説者については、どうか当日までに御決定を願います。
 弔慰金支出の件は従前通り、議員一同からの香典につきましても、従前通りと決定してよろしゅうございますか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○椎熊委員長 さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#10
○椎熊委員長 次は緊急質問の件でございます。今回の臨時国会に際しまして、社会党からは冷害対策の問題、公務員給与の問題等について、総理大臣の所信の披瀝、外務大臣の外交演説とともに、臨時国会傍頭に大蔵大臣より発言すべしとの要求がございましたが、その際、本委員会におきましていろいろ相談の結果、この冷害対策、公務員給与に関する問題は、緊急質問としてやるべきであるということに決定いたしております。本日緊急質問が出て参りました。北海道冷害並びに十二号、十五号台風被害対策に関する緊急質問、社会党永井勝次郎君、公務員給与に関する緊急質問、社会党受田新吉君、この両件の緊急質問を、次回の本会議傍頭にやることに理事会では意見の一致を見ましたが、さよう決定してよろしゅうございますか。
 、〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#11
○椎熊委員長 さよう決定いたしました。
#12
○椎熊委員長 次に、お手元に差し上げておきました社会保険審査会委員長任命につき事後の承認を求めるの件外十数件ございます。これらは理事会では詳しく説明申し上げましたが、理由書その他も添えてございますので、党に持ち帰られまして、次の運営委員会までに党の方針をきめられてお持ち寄りを願いたいと思います。
    ―――――――――――――
#13
○椎熊委員長 本日の本会議は二時でよろしゅうございますか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○椎熊委員長 それでは大体二時としておきます。十分前に予備振鈴、そうして二時に開く。これは大体の予定でございまして、その間、時間が狂いますれば、各党に御連絡申し上げます。
 次回の本会議は来週火曜日、二十日でございます。運営委員会、理事会等は、本会議のある日の午前十時より理事会を開き、引き続き運営委員会を開きます。本日御相談申し上げる件は以上でございます。
 これをもって散会いたします。
   午後一時六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト