くにさくロゴ
1956/11/20 第25回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第025回国会 議院運営委員会 第6号
姉妹サイト
 
1956/11/20 第25回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第025回国会 議院運営委員会 第6号

#1
第025回国会 議院運営委員会 第6号
昭和三十一年十一月二十日(火曜日)
   午前十一時三十九分開議
 出席委員
   委員長 椎熊 三郎君
   理事 荒舩清十郎君 理事 長谷川四郎君
   理事 福永 健司君 理事 松岡 松平君
   理事 井上 良二君 理事 野原  覺君
      荻野 豊平君    薩摩 雄次君
      坊  秀男君    山中 貞則君
      石山 權作君    栗原 俊夫君
 委員外の出席者
        議     長 益谷 秀次君
        副  議  長 杉山元治郎君
        事 務 総 長 鈴木 隆夫君
    ―――――――――――――
十一月十九日
 委員渡邊惣蔵君辞任につき、その補欠として石
 山權作君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 緊急質問の取扱いの件
 検察官適格審査会委員指名の件
 首都圏整備審議会委員指名の件
 本日の本会議の議事等に関する件
    ―――――――――――――
#2
○椎熊委員長 これより会議を開きます。
 本日の本会議の日程でございます。お手元に順序等差し上げてございますが、理事会では、四番目にある議員三輪壽荘君逝去につき院議をもって弔詞贈呈の件、これを前例等もありますから、本会議の勢頭にやり、弔辞演説は、自由民主党廣川弘輝君、それが済んでから緊急質問に移りまして、北海道冷害並びに九号、十二号、十五号台風被害対策に関する緊急質問、永井勝次郎君、要求大臣は、総理、大蔵、農林、厚生、建設、自治庁、正力国務相、通産相、それが終りましたら、今日出て参りました奄美大島の台風被害に関する緊急質問、伊東隆治君、本人からは、台風被害と疲弊せる現状とありましたが、それは質問の内容に入れて、命題としてはおもしろくないから訂正いたしました。奄美大島の台風被害に関する緊急質問、要求大臣は、大蔵大臣、自治庁長官、農林大臣、建設大臣、それだけであります。それが終ってから、公務員給与に関する緊急質問、社会党の受田新吉君、要求大臣は、総理、大蔵、労働、郵政、厚生、自治庁長官、人事院総裁、以上でございます。その緊急質問を終ってから、検察官適格審査会委員の選挙、これは先般熊谷憲一君がなくなりまして、後任として、自民党から杉浦武雄君を推薦して参りました。この選挙をなすべきところですが、動議をもって選挙の煩を省いて、議長から指名していただきます。なお予備委員の問題ですが、八田貞義君が熊谷君の予備委員でありましたが、杉浦君が適格審査会委員になりましたら、さらに八田君を予備委員にすることも議長から発言をいたします。御了承を願います。それが済みましたら、三輪さんがなくなりまして、首都圏整備審議会の委員として、三輪さんのかわりに、社会党中村高一さんを推薦して参りました。これも選挙の煩を省いて、議長毒名で御決定を願いたい。今日の本会議は以上でございます。
    ―――――――――――――
#3
○椎熊委員長 なお今週は、目下のところ本会議を開くべき案件がございません。しかし、来たる二十四日土曜日は、議運の理事会、運営委員会等を開きまして、もしそれまでに緊急質問等が出ましたら、その日本会議ができるような状態にしておいて、今のところは本会議を開くに至らざる状況かと思われます。二十三日は、勤労感謝の日でございますので、委員会等も休みでございますから、本会議も開かないことにしたい。そのように取りきめてよろしゅうございましょうか。
#4
○野原委員 だから、委員長、二十二日に議運の理事会でも開いて、情勢を見て相談があればする。二十四日は、何にもなかったら……。
#5
○椎熊委員長 二十二日に理事会、運営委員会を開いて……。
#6
○長谷川(四)委員 二十二日も、二十四日も、一応やることにしておいて下さい。
#7
○椎熊委員長 二十二日に開けば、そのときわかりますね。二十四日のことは、まだきめないでおこう。二十二日に理事会、運営委員会を開く。
#8
○野原委員 それでいい。
    ―――――――――――――
#9
○椎熊委員長 それから、先刻理事会にお諮り申し上げまして御了承を願ったのですが、先般来問題となっておりますことで、外務大臣歩御自身私の部屋へ参号まして、先般の発言中申し落した点があるので、速記録に追加を願いたいということの、本人からの申し出でございます。内容は、皆さん御承知の通りですが、理事会では、この場合やむを得なかろうということでありました。御了承を願いたいと思います。外務大臣の演説、速記録に追加の件は了承するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○椎熊委員長 それでは、さよう決定いたしました。申し出通り、会議録に追加を許すことにいたします。
    ―――――――――――――
#11
○長谷川(四)委員 この間庶務小委員会にかけまして、庶務小委員会で決定した事項でございますので、これだけは一つ皆様にお含みおき願わなければなりません。市外電話通話料の件ですが、今まで各個人々々に会館の事務員が集金して歩いたのでございますけれども、非常に金額が大きいので、この大きい金額を一事務員にゆだねておくことは、非常な危険があるじゃないか、こういうようなことで、いろいろ注意もありましたし、ごもっともなことだと思うので、今度十一月からこれを歳費の中から引く、こういうことに決定いたしましたので、さよう御承知を願います。なおもう一つ、たとえば近距離の大宮とか浦和とかの問題もしかりですが、神戸、大阪まで今の電話機そのままでもって零番を回すと、かかっていくのであります。そういうことで、だれが通話をしたかわからない、その立てかえ金が非常に多くなりますので、これを今度新たに一応交換台を通して市外を申し込んでもらおう、こういうことにきめましたから、その点も御承知願います。
#12
○椎熊委員長 よろしいでしょうね。
    ―――――――――――――
#13
○椎熊委員長 なお、ただいま相談申し上げました緊急質問は、前例によりまして三君とも十分程度、多少延びても文句を言わない。そのかわりだらだら長くやらない。そういうことにお願いいたします。
    ―――――――――――――
#14
○福永(健)委員 例年のことなんでございますが、まだ時期は早いのでございますけれども、私ども党内にも、そういうことで今年はどうなるのだということを聞く人がありますので、皆さんにお諮り申し上げたいのです。歳末年始の虚礼廃止等については、毎年適当な申し合せをいたしておるわけなんですが、ことに歳末に近づいて参りますと、年賀状とかなんとかいうことで、方針がきまっておりますれば、その方針によって善処できるので、なるたけ早く例年のような申し合せを願いたいということを、正式にここで申し上げておきます。どうぞ庶務小委員長等におきまして、できるだけすみやかに例年のような申し合せを願いたい。
#15
○荒舩委員 それは今まで全体でやったんでしょう。
#16
○野原委員 まず理事会で……。
#17
○福永(健)委員 そういう話が出ておるので、例年のような方針におそらくなるだろうということで……。
#18
○椎熊委員長 今日のところは、福永君の申し出によりまして、例年通りの自粛をするということにして、二十二日の理事会までに、事務局は議長から出す案文等を御決定願います。二十二日にまた御相談申し上げたいと思います。
 本日は定刻正一時より本会議を開きます。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○椎熊委員長 それでは、これをもって散会いたします。
   午前十一時四十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト