くにさくロゴ
1955/05/08 第24回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第024回国会 議院運営委員会 第45号
姉妹サイト
 
1955/05/08 第24回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第024回国会 議院運営委員会 第45号

#1
第024回国会 議院運営委員会 第45号
昭和三十一年五月八日(火曜日)
    午後零時三十分開議
 出席委員
   委員長 椎熊 三郎君
   理事 園田  直君 理事 長谷川四郎君
   理事 福永 健司君 理事 松岡 松平君
   理事 井上 良二君 理事 野原  覺君
      荻野 豊平君    薩摩 雄次君
      山中 貞則君    池田 禎治君
      小牧 次生君    渡辺 惣蔵君
 委員外の出席者
        議     長 益谷 秀次君
        副  議  長 杉山元治郎君
        事 務 総 長 鈴木 隆夫君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国会法第五十六条の二による本会議における議
 案の趣旨説明聴取の件
 請願の紹介提出期限に関する件
 帝国憲法改正案委員小委員会速記録閲覧の件
 在外財産問題審議会委員任命につき国会法第三
 十九条但書の規定により議決を求めるの件
 緊急質問の取扱いの件
 本日の本会議の議事等に関する件
    ―――――――――――――
#2
○椎熊委員長 それでは議運の委員会を開きます。
 会期は本月十七日で終りますので、請願受理の期間を今週一ぱいと一応きめておきたいと思います。御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○椎熊委員長 さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○椎熊委員長 憲法小委員会の速記愚閲覧の件でございますが、先刻理事会で相談の結果、国会議員に限り閲覧を許す、ただし、ノートをとるとか、頒布するとか、世間に公表するとか、そういうことは厳重に禁ずる、そういうことであります。希望者は、議長の許可を得て、適当な部屋で、適当な措置を講じて閲覧を許す、そういうことに理事会ではきまりました。そのように決定して御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○椎熊委員長 御異議なしと認めましてそのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#6
○椎熊委員長 本日の議事についてお諮りいたします。人事承認の件が第一でございまして、先般来留保になっておりました在外財産問題審議会委員任命につき国会法第三十九条但書の規定により議決を求めるの件は、参議院と衆議院との人数の割り振りについて異議がありました。そこで衆議院側を二名ふやすことにいたしまして、先日の本院議員、愛知揆一君、大平正芳君、古屋貞雄君、参議院議員、遠藤柳作君、小西英雄君、田畑金光君、竹下豐次君、それに新たに受田新吉君、藤枝泉介君、二名が衆議院から出る委員に増員されたわけでございます。それで、あわせてお手元にあります委員全部御承認願うことに……。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○椎熊委員長 それは本会議劈頭にいたします。
    ―――――――――――――
#8
○椎熊委員長 次は緊急質問でございますが、全国的霜害対策に関する緊急質問、社会党神田大作君から出ております。答弁要求は総理大臣、農林大臣、大蔵大臣、それから自治庁長官、以上でございます。総理大臣は参議院との関係もありまするので、なるべく出てもらうように連絡はいたしますが、不可能の場合はお許しを願います、そういうことでございます。質問の時間は……。
#9
○長谷川(四)委員 十分程度。
#10
○椎熊委員長 十分程度。緊急質問はそれ一件でございます。なお緊急質問の申し出の問題がありますが、本日はこれを留保いたします。さよう決定して御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○椎熊委員長 さよう決定いたします。
#12
○野原委員 売春防止法の提案遅延の責任に関する緊急質問は、これを撤回いたします。
#13
○椎熊委員長 売春防止法の提案遅延の責任に関する緊急質問は撤回されました。
    ―――――――――――――
#14
○椎熊委員長 次は本会議において趣旨説明を聴取する案件でございます。経済企画庁設置法の一部を改正する法律案、北海道開発庁設置法案、この両案の趣旨説明を聞きまして、これには質疑の申し出があります。社会党渡邊惣藏君。答弁要求は総理大臣、農林大臣、建設大臣、正力国務相、経済企画庁長官、行政管理庁長官、通産大臣、運輸大臣、自治庁長官、以上でございますが、総理大臣につきましては先刻と同様、参議院との関係をにらみ合せて、なるべく出ていただく、こういうことでございます。
#15
○山中委員 時間は……。
#16
○長谷川(四)委員 時間は十五分。
#17
○椎熊委員長 それでは質問の時間は十五分程度。
    ―――――――――――――
#18
○椎熊委員長 次は日程でございます。日程第一、公共企業体職員等共済組合法案、大蔵委員長松原喜之次君の報告があって、全会一致でございます。
 次は緊急上程でございます。内閣委員会から運輸省設置法の一部を改正する法律案が上って参りました。全会一致でございます。それからなお、外務委員会から上って参りました千九百五十五年五月三十一日に東京で署名された農産物に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定第三条を改正する議正書の締結について承認を求めるの件、並びに農産物に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件、これには討論の申し出がございます。反対討論、社会党福田昌子君、賛成討論、自民党伊本降治君、いずれも持ち時間十分、そのように決定してよろしゅうございますか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○椎熊委員長 これは採決は起立採決。
#20
○鈴木事務総長 小会派の態度がまだわかりませんそうですが、反対がありますから、起立採決……。
#21
○椎熊委員長 以上であります。
#22
○池田(禎)委員 渡邊君の順序はどこでやりますか。
#23
○椎熊委員長 順序は緊急質問、趣旨説明、それの質疑、それから日程、緊急上程。
 それで開会は……。
#24
○福永(健)委員 午後一時予鈴でいい。
#25
○椎熊委員長 午後一時予鈴、一時十分開会、そういうことに決定いたします。次回の本会議は定例日、それでは、本日の運営委員会は以上でございます。
 これをもって散会いたします。
  午後零時三十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト