くにさくロゴ
1955/11/22 第23回国会 参議院 参議院会議録情報 第023回国会 本会議 第1号
姉妹サイト
 
1955/11/22 第23回国会 参議院

参議院会議録情報 第023回国会 本会議 第1号

#1
第023回国会 本会議 第1号
昭和三十年十一月二十二日(火曜日)
   午前十時六分開議
    ―――――――――――――
 議事日程 第一号
  昭和三十年十一月二十二日
   午前十時開議
 第一 議席の指定
 第二 会期の件
 第三 内閣総理大臣の指名
    ―――――――――――――
#2
○議長(河井彌八君) 第二十二回国会閉会後の諸般の報告は、朗読を省略いたします。
     ―――――・―――――
#3
○議長(河井彌八君) これより本日の会議を開きます。
 日程第一、議席の指定。
 議長は、本院規則第十四条により、諸君の議席をただいま御着席の通り指定いたします。
     ―――――・―――――
#4
○議長(河井彌八君) この際、新たに議席に着かれました議員を御紹介いたします。
 議席第百六番、地方選出議員三重県選出、斎藤昇君。
   〔斎藤昇君起立、拍手〕
    ―――――――――――――
#5
○議長(河井彌八君) 議席第百七番、地方選出議員島根県選出、佐野廣君。
   〔佐野廣君起立、拍手〕
     ―――――・―――――
#6
○議長(河井彌八君) 議長は、本院規則第三十条により、斎藤昇君を建設委員に、佐野廣君を法務委員に指名いたします。
     ―――――・―――――
#7
○議長(河井彌八君) 議員大達茂堆君は、九月二十五日逝去せられました。まことに痛惜哀悼の至りにたえません。同君に対しましては、議長は、すでに弔詞を贈呈いたしました。
 成瀬幡治君から、発言を求められました。この際発言を許します。成瀬幡治君。
   〔成瀬幡治君登壇、拍手〕
#8
○成瀬幡治君 ただいま議長より御報告がありました通り、議員大豊茂推君には、去る九月二十五日、胃ガンのため東京大学付属病院で逝去されました。私ども同僚議員といたしまして、まことに痛惜のきわみであります。ここに同君の生前を回顧いたしまして、哀悼の辞を捧げたい、と存じます。
 大達君は、明治二十五年一月島根県浜田市に生まれ、東京帝国大学校科大学政治科を卒業後、内務省に職を奉ぜられまして、福井県知事、満州国国務院法制局長、同総務長官、陸軍嘱託北支派進軍顧問、内務次官、昭南市長、東京都長官、内務大臣等の要職を歴任され、さらに、戦後においては、昭和二十八年、島根県民の輿望をになってめでたく本院議員に当選せられて以来、法務委員、地方行政委員等を務められる一方、第五次吉田内閣の文部大臣として大いに活躍せられたのであります。
 同君は、実行力に富んだ信念の人でありましたが、他面、情にきわめて厚い人でありました。戦後、シンガポールのマレー人から、同君に対する追放解除の嘆願書が届いて、関係者をほろりとさせたという一事は、その人柄を如実に物語っておると思います。
 今や内外の諸情参にかんがみ国会の責務いよいよ重大を加えますときに、同君のごとき高潔にして、洗練の士を失うことは本院のためまことに惜しみても余りあるところであります。
 ここにつつしんで哀悼の辞を捧げる次第であります。(拍手)
#9
○議長(河井彌八君) これにて、暫時休憩いたします。
   午前十時十一分休憩
     ―――――・―――――
   午後零時三十一分開議
#10
○議長(河井彌八君) 休憩前に引き続き、これより会議を開きます。
 日程第二、会期の件。本院規則第二十二条により、議長は、衆議院議長と協議の結果、会期を二十五日間と協定いたしました。議長が協定いたしました通り、会期を二十五日間とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○議長(河井彌八君) 御異議ないと認めます。よって会期は、二十五日間と決定いたしました。
     ―――――・―――――
#12
○議長(河井彌八君) 日程第三、内閣総理大臣の指名。
 本院規則第二十条により、これより内閣総理大臣の指名を記名投票をもって行います。議席に配付してあります赤色の記名投票用紙に、国会議員のうち一人を記入して、御登壇の上御投票を願います。氏名点呼を行います。
   〔参事氏名を点呼〕
   〔投票執行〕
#13
○議長(河井彌八君) 宇垣一成君から、歩行不自由により登壇することが困難であるため、投票の投函を参事に委託いたしたいとの申し出がございました。よってこれを許可いたします。……投票漏れはございませんか……投票漏れないと認めます。投票箱閉鎖。
   〔投票箱閉鎖〕
#14
○議長(河井彌八君) これより開票いたします。投票を参事に点検させます。
   〔参事投票を計算、点検〕
#15
○議長(河井彌八君) 投票の結果を報告いたします。
 投票総数二百十五票、投票の過半数は百八票でございます。
 鳩山一郎君 百四十九票
   〔拍手〕
 鈴木茂三郎君 六十四票
   〔拍手〕
 白票       二票
 よって本院は、鳩山一郎君を内閣総理大臣に指名することに決しました。
    ―――――――――――――
 鳩山一郎君に投票した者の氏名次の通り。
   上林 忠次君  片柳 眞吉君
   加賀山之雄君  梶原 茂嘉君
   柏木 庫治君  奥 むめお君
   飯島連次郎君  井野 碩哉君
   山川 良一君  赤木 正雄君
   森田 義衞君  森 八三一君
   村上 義一君  宮城タマヨ君
   溝口 三郎君  三木與吉郎君
   三浦 辰雄君  前田 久吉君
   廣瀬 久忠君  早川 愼一君
   野田 俊作君  野本 品吉君
   中山 福藏君  豊田 雅孝君
   土田國太郎君  田村 文吉君
   館  哲二君  竹下 豐次君
   高橋 道男君  高瀬荘太郎君
   高木 正夫君  杉山 昌作君
   新谷寅三郎君  島村 軍次君
   宇垣 一成君  佐藤 尚武君
   河野 謙三君  小林 武治君
   小林 政夫君  後藤 文夫君
   岸  良一君  遠藤 柳作君
   関根 久藏君  石川 榮一君
   瀧井治三郎君  伊能 芳雄君
   青柳 秀夫君  高野 一夫君
   西川彌平治君  石井  桂君
   森田 豊壽君  白井  勇君
   川口爲之助君  吉田 萬次君
   酒井 利雄君  佐藤清一郎君
   高橋  衛君  谷口弥三郎君
   長島 銀藏君  安井  謙君
   宮田 重文君  長谷山行毅君
   横川 信夫君  大矢半次郎君
   石村 幸作君  木内 四郎君
   石原幹市郎君  植竹 春彦君
   松岡 平市君  剱木 亨弘君
   大谷 瑩潤君  一松 政二君
   山本 米治君  西郷吉之助君
   木村篤太郎君  左藤 義詮君
   郡  祐一君  寺尾  豊君
   中山 壽彦君  小林 英三君
   山縣 勝見君  草葉 隆圓君
   重宗 雄三君  大屋 晋三君
   津島 壽一君  青木 一男君
  大野木秀次郎君  深川タマヱ君
   島津 忠彦君  平林 太一君
   斎藤  昇君  佐野  廣君
   大谷 贇雄君  雨森 常夫君
   宮澤 喜一君  西岡 ハル君
   横山 フク君  最上 英子君
   重政 庸徳君  深水 六郎君
   藤野 繁雄君  紅露 みつ君
   加藤 武徳君  青山 正一君
   入交 太藏君  榊原  亨君
   高橋進太郎君  上原 正吉君
   寺本 広作君  伊能繁次郎君
   仁田 竹一君  田中 啓一君
   岡田 信次君  小滝  彬君
   小野 義夫君  古池 信三君
   井村 徳二君  平井 太郎君
   川村 松助君  堀  末治君
   西川甚五郎君  秋山俊一郎君
   西田 隆男君  鶴見 祐輔君
   松野 鶴平君  中川 以良君
   吉野 信次君  泉山 三六君
   黒川 武雄君  井上 知治君
  池田宇右衞門君  石坂 豊一君
   一松 定吉君  有馬 英二君
   木島 虎藏君  白川 一雄君
   菊田 七平君  鈴木 強平君
   中川 幸平君  堀木 鎌三君
   三浦 義男君  小柳 牧衞君
   武藤 常介君  松原 一彦君
   笹森 順造君  苫米地義三君
   野村吉三郎君  鮎川 義介君
   八木 秀次君
 鈴木茂三郎君に投票した者の氏名次の通り。
   岡  三郎君  久保  等君
   清澤 俊英君  山本 經勝君
   山口 重彦君  安部キミ子君
   高田なほ子君  海野 三朗君
   河合 義一君  三輪 貞治君
   永井純一郎君  上條 愛一君
   東   隆君  三橋八次郎君
   平林  剛君  内村 清次君
   赤松 常子君  山下 義信君
   木下 源吾君  藤原 道子君
   野溝  勝君  相馬 助治君
   佐多 忠隆君  須藤 五郎君
   堀  眞琴君  鈴木  一君
   成瀬 幡治君  若木 勝藏君
   森崎  隆君  長谷部ひろ君
   千田  正君  江田 三郎君
   亀田 得治君  小林 孝平君
   矢嶋 三義君  菊川 孝夫君
   片岡 文重君  小林 亦治君
   小松 正雄君  重盛 壽治君
   吉田 法晴君  大和 与一君
   加瀬  完君  藤田  進君
   湯山  勇君  千葉  信君
   近藤 信一君  田畑 金光君
   大倉 精一君  永岡 光治君
   阿具根 登君  天田 勝正君
   松浦 清一君  秋山 長造君
   棚橋 小虎君  羽生 三七君
   曾祢  益君  松澤 兼人君
   中田 吉雄君  森下 政一君
   岡田 宗司君  小酒井義男君
   戸叶  武君  三木 治朗君
 白票
   市川 房枝君  八木 幸吉君
    ―――――――――――――
#16
○議長(河井彌八君) 本日の議事日程は、これにて終了いたしました。
 次会の議事日程は、決定次第公報をもって御通知いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
   午後零時四十七分散会
     ─────・─────
○本日の会議に付した案件
 一、日程第一 議席の指定
 一、新議員の紹介
 一、故議員大達茂雄君に対する哀悼の辞
 一、日程第二 会期の件
 一、日程第三 内閣総理大臣の指名
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト