くにさくロゴ
1955/12/06 第23回国会 参議院 参議院会議録情報 第023回国会 文教委員会 第1号
姉妹サイト
 
1955/12/06 第23回国会 参議院

参議院会議録情報 第023回国会 文教委員会 第1号

#1
第023回国会 文教委員会 第1号
昭和三十年十二月六日(火曜日)
   午前十時三十五分開会
    ―――――――――――――
  委員氏名
   委員長     笹森 順造君
   理事      雨森 常夫君
   理事      荒木正三郎君
   理事      竹下 豐次君
           大谷 瑩潤君
           川口爲之助君
           木村 守江君
           佐藤清一郎君
           堀  末治君
           松原 一彦君
           吉田 萬次君
           安部キミ子君
           高田なほ子君
           村尾 重雄君
           矢嶋 三義君
           山田 節男君
           加賀山之雄君
           河井 彌八君
           高橋 道男君
           大山 郁夫君
    ―――――――――――――
  委員の異動
十一月二十二日委員松原一彦君辞任に
つき、その補欠として紅露みつ君を議
長において指名した。
十一月三十日委員大山郁夫君死去され
た。
十二月二日委員笹森順造君、雨森常夫
君、大谷瑩潤君、紅露みつ君、高田な
ほ子君及び河井彌八君辞任につき、そ
の補欠として剱木亨弘君、中川幸平
君、有馬英二君、松原一彦君、成瀬幡
治君及び飯島連次郎君を議長において
指名した。
本日委員成瀬幡治君及び山田節男君辞
任につき、その補欠として秋山長造君
及び湯山勇君を議長において指名し
た。
  委員長の補欠
十二月二日笹森順造君委員長辞任につ
き、その補欠として飯島連次郎君を議
長において委員長に指名した。
    ―――――――――――――
出席者は左の通り。
   委員長     飯島連次郎君
   理事
           有馬 英二君
           川口爲之助君
           湯山  勇君
  委員
           木村 守江君
           剱木 亨弘君
           佐藤清一郎君
           堀  末治君
           松原 一彦君
           吉田 萬次君
           秋山 長造君
           安部キミ子君
           荒木正三郎君
           矢嶋 三義君
 国務大臣
   文 部 大 臣 清瀬 一郎君
 政府委員
   文部政務次官  竹尾  弌君
 事務局側
   常任委員会専門
   員       工楽 英二君
    ―――――――――――――
 本日の会議に付した案件
○調査報告書に関する件
○理事の補欠互選
○調査承認要求の件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(飯島連次郎君) それではただいまから文教委員会を開きます。
 まず前委員長の引き継ぎ事項について御報告をいたします。前国会閉会中継続調査を行いました教育、文化及び学術に関する調査未了報告書を議長に提出しなければなりません。これは本来閉会中に委員会において決定するのでありますが、閉会中末期に本件のみについて委員の方にお集まりいただくのもいかがかと思われましたので、前委員長において未了の旨の報告書を提出いたしたわけであります。右御了承いただきたいと存じます。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#3
○委員長(飯島連次郎君) 次に理事の補欠互選を議題といたします。現在理事が三名欠員になっております。互選は先例により委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。速記をとめて。
  〔速記中止〕
#4
○委員長(飯島連次郎君) それでは速記を始めて。
 御異議がなければ委員長は理事に、有馬英二君、川口爲之助君、湯山勇君、以上三名を指名いたします。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(飯島連次郎君) 次に調査承認要求についてお諮りをいたします。当委員会におきましては、教育、文化及び学術に関し、従来から調査を行なって来ました。今期国会においても本件に関する調査を行うことといたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(飯島連次郎君) それではさよう決定いたします。つきましては議長に提出する調査承認要求書の作成につきましては、これを委員長に御一任願います。
  〔「賛成」「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#7
○委員長(飯島連次郎君) 次に今期国会における委員会の運営についてお諮りをいたしたいと存じます。速記をちょっとやめて。
  〔速記中止〕
#8
○委員長(飯島連次郎君) それでは速記をつけて。
 では、ただいまから文部大臣のごあいさつを願います。
#9
○国務大臣(清瀬一郎君) このたび私が文相の役目を引き受けることになりました。教育文化のことは、今日ただいまでは日本国の一番大切なことと私は考えております。一に力の足らざることを恥じておりますが、どうか諸君の御指導によって、わが国が文化国家を建設し得ることに幾らかでも貢献いたしたいと存じております。何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#10
○委員長(飯島連次郎君) それでは政務次官竹尾弌君(拍手)
#11
○政府委員(竹尾弌君) このたびはからずも、これは言葉の正しい意味におきましてはからずも文部政務次官に就任をいたしました。皆様とはもう前からのおなじみでございまして、その意味におきまして浅学非才の身でございますから、どうぞ一つ御協力、御庇護をお願い申し上げまして、大過なく職責を全うしたいと存じております。どうぞよろしくお願いいたします。
#12
○委員長(飯島連次郎君) ちょっと速をやめて。
  〔速記中止〕
#13
○委員長(飯島連次郎君) 速記を始めて。
 それでは暫時休憩いたします。
   午前十時五十六分休憩
  〔休憩後開会に至らなかった。〕
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト