くにさくロゴ
1955/12/14 第23回国会 参議院 参議院会議録情報 第023回国会 議院運営委員会 第11号
姉妹サイト
 
1955/12/14 第23回国会 参議院

参議院会議録情報 第023回国会 議院運営委員会 第11号

#1
第023回国会 議院運営委員会 第11号
昭和三十年十二月十四日(水曜日)
   午前十時二十一分開会
    ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     石原幹市郎君
   理事
           剱木 亨弘君
           寺本 広作君
           天田 勝正君
           藤田  進君
           加賀山之雄君
   委員
           雨森 常夫君
           石井  桂君
           木島 虎藏君
           斎藤  昇君
           榊原  亨君
           佐藤清一郎君
           高野 一夫君
           宮田 重文君
           横川 信夫君
           東   隆君
           上林 忠次君
           河野 謙三君
           森田 義衞君
    ―――――――――――――
   議長      河井 彌八君
    ―――――――――――――
  事務局側
   事 務 総 長 芥川  治君
   参     事
   (事務次長)  河野 義克君
   参     事
   (委員部長)  宮坂 完孝君
   参     事
   (記録部長)  丹羽 寒月君
   参     事
   (庶務部長)  渡辺  猛君
   参     事
   (議事課長)  海保 勇三君
  法制局側
   法 制 局 長 奥野 健一君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○常任委員の辞任及び補欠に関する件
○文化財保護委員会委員任命につき本
 院の同意を求めるの件
○議院の運営に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(石原幹市郎君) ただいまより議院運営委員会を開会いたします。
 第一、常任委員の辞任及び補欠に関する件を議題にいたします。
#3
○参事(海保勇三君) 自由民主党から、内閣委員の西川彌平治君、中川幸平君、三木與吉郎君、文教委員の佐藤清一郎君、植竹春彦君、農林水産委員の深川タマエ君、社会労働委員の大野木秀次郎君、青山正一君、運輸委員の酒井利雄君、商工委員の遠藤柳作君、予算委員の小野義夫君、懲罰委員の高橋進太郎君が辞任されまして、内閣委員に遠藤柳作君、植竹春彦君、大野木秀次郎君、文教委員に三木與吉郎君、中川幸平君、農林水産委員に青山正一君、社会労働委員に佐藤清一郎君、深川タマエ君、運輸委員に三木與吉郎君、商工委員に西川彌平治君、予算委員に高橋進太郎君、懲罰委員に小野義夫君。
 社会党から、内閣委員の松本治一郎君、大蔵委員の吉田法晴君が辞任されまして、内閣委員に吉田法晴君、大蔵委員に松本治一郎君を指名されたいという申し出がございます。
 緑風会から、運輸委員の森田義衛君、社会労働委員の高良とみ君が辞任されまして、運輸委員に高良とみ君、社会労働委員に森田義衛君を指名されたいという申し出がございます。
#4
○委員長(石原幹市郎君) ただいま報告の通り決することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(石原幹市郎君) 御異議ないと認めます。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(石原幹市郎君) 次に、文化財保護委員会委員任命につき本院の同意を求めるの件。
 先般政府からの説明も聞いているのでありますが、本件の取り扱いいかがいたしましょうか。
#7
○天田勝正君 これは細川護立君と川北禎一君の両君に対する同意でございますが、両君とも、まことに文化財保護については堪能でございますので、わが党は承認することに異議ございません。ただ川北君は、御承知の通り経済人でありまして、かなり多くの各種委員に就任されまして、むしろこうした方には、逆に政府側から頼みこんで、無理に就任していただいているという傾向もあるのでありまして、今後は、そういうことはやめて十分検討されて、一つのことに適任であっても、あまりに数多くの委員を兼ねていただきますと、十分の仕事ができないということもありますので、そうしたことのないように今後配慮されることにいたしまして、これに同意いたしたいと思います。
#8
○委員長(石原幹市郎君) ほかに御発言もなければ、政府要求の通り川北顧一君及び細川護立君の任命につき同意を与えることに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(石原幹市郎君) 御異議ないと認めます。
    ―――――――――――――
#10
○委員長(石原幹市郎君) 次は、次回の本会議のことでありまするが、明十五日は定例日ではございませんが、会期切迫の折柄上程すべき案件もございますので、本会議を開くことに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(石原幹市郎君) 御異議ないものと認めます。
 本日は、これにて散会いたします。
   午前十時二十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト