くにさくロゴ
1955/12/06 第23回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第023回国会 大蔵委員会 第2号
姉妹サイト
 
1955/12/06 第23回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第023回国会 大蔵委員会 第2号

#1
第023回国会 大蔵委員会 第2号
昭和三十年十二月六日(火曜日)
   午前十一時四分開議
 出席委員
   委員長 松原喜之次君
   理事 奥村又十郎君 理事 加藤 高藏君
   理事 内藤 友明君 理事 藤枝 泉介君
   理事 春日 一幸君 理事 横路 節雄君
      有馬 英治君    川島正次郎君
      黒金 泰美君    小山 長規君
      高見 三郎君    中山 榮一君
      古川 丈吉君    坊  秀男君
      前田房之助君    山本 勝市君
      石村 英雄君    石山 權作君
      井上 良二君    小川 豊明君
      木原津與志君    田万 廣文君
      平岡忠次郎君    横山 利秋君
 出席政府委員
        大蔵政務次官  山手 滿男君
 委員外の出席者
        専  門  員 椎木 文也君
  ―――――――――――――
十二月一日
 委員川野芳満君及び薄田美朝君辞任につき、そ
 の補欠として生田宏一君及び吉川久衛君が議長
 の指名で委員に選任された。
同月三日
 委員木下哲君及び横路節雄君辞任につき、その
 補欠として横山利秋君及び栗原俊夫君が議長の
 指名で委員に選任された。
同日
 委員栗原俊夫君辞任につき、その補欠として横
 路節雄君が議長の指名で委員に選任された。
同月六日
 理事横路節雄君委員辞任につき、その補欠とし
 て同君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十二月三日
 食糧管理特別会計法の一部を改正する法律案(
 内閣提出第二号)
同月五日
 三級清酒設定反対に関する請願外四件(岸信介
 君紹介)(第七号)
 同(松山義雄君紹介)(第八号)
 同(三田村武夫君紹介)(第九号)
 同(小西寅松君紹介)(第五〇号)
 同外五件(柳田秀一君紹介)(第五一号)
 同(楯兼次郎君紹介)(第五二号)
 同(平岡忠次郎君紹介)(第五三号)
 同(滝井義高君紹介)(第五四号)
 同(川島金次君紹介)(第五五号)
 同(荒舩清十郎君紹介)(第九六号)
 在外資産の処理促進に関する請願(内海安吉君
 外一名紹介)(第一〇号)
 葉たばこ耕作振興に関する請願(上林山榮吉君
 紹介)(第一八号)
 百円硬貨鋳造反対に関する請願(櫻内義雄君紹
 介)(第五六号)
 同(小枝一雄君紹介)(第九八号)山林所得税
 の一部を山林所在町村へ
 還元に関する請願(世耕弘一君紹介)(第六九
 号)
 津山市に国民金融公庫支所設置の請願(小枝一
 雄君紹介)(第九七号)
 資金運用部資金の地方還元に関する請願(鈴木
 周次郎君紹介)(第一〇二号)
の審査を本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 食糧管理特別会計漁の一部を改正する法律案(
 内閣提出第二号)
    ―――――――――――――
#2
○松原委員長 これより会議を開きます。
 理事の補欠選任についてお諮りいたします。理事でありました横路節雄君が去る三日に一たん委員を辞任いたしましたことがありますので、理事一名が欠員となっております。この際理事の補欠選任を行いたいと存じますが、その方法は、先例によりまして委員長より御指名いたすことに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○松原委員長 御異議なしと認めます。それでは、委員長におきましては横路節雄君を再び理事に指名いたします。
    ―――――――――――――
#4
○松原委員長 次に、去る三日当委員会に審査を付託されました食糧管理特別会計法の一部を改正する法律案を議題として審査に入ります。
 まず政府側より提案理由の説明を聴取いたします。大蔵政務次官山手滿男君。
    ―――――――――――――
  食糧管理特別会計法の一部を改正する法律案   食糧管理特別会計法の一部を改正する法律  食糧管理特別会計法(大正十年能率第三十七号)の一部を次のように改正する。
  第四条ノ二中「二千六百億円」を「三千五百億円」に改める。
   附則
  この法律は、公布の日から施行する。
    ―――――――――――――
#5
○山手政府委員 ただいま議題となりました食糧管理特別会計法の一部を改正する法律案の提案の理由を御説明申し上げます。
 この法律案の内容は、現在、食糧管理特別会計法第四条の二によりまして、この会計の負担に属する証券、借入金及び一時借入金の限度が二千六百億円と定められておりますのを、三千五百億円に引き上げようとするものであります。
 食糧管理特別会計における借入金等のピークは、例年十二月ないし一月となっている現状でありまして、本年度におきましても、この会計の収入、支出の状況から見まして、そのピークは十二月になるものと予想されるのであります。
 すなわち、本年度におきましては、米の増収等によりまして十二月末において借入金等の残額は約三千四百億円となることが予想されるのでありますが、これに若干の余裕を見込む必要があると考えられますので、この際、この会計の借入金等の限度を三千五百億円にいたしたいと存ずるのであります。
 何とぞ御審議の上、すみやかに御賛成あらんことをお願い申し上げます。
#6
○松原委員長 これにて提案理由の説明は終りました。本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。
 本日はこの程度にとどめ、次会は追って公報をもって御通知することといたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十一時七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト