くにさくロゴ
1955/12/12 第23回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第023回国会 議院運営委員会 第10号
姉妹サイト
 
1955/12/12 第23回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第023回国会 議院運営委員会 第10号

#1
第023回国会 議院運営委員会 第10号
昭和三十年十二月十二日(月曜日)
    午前十一時五十七分開議
 出席委員
   委員長 椎熊 三郎君
   理事 園田  直君 理事 長谷川四郎君
   理事 福永 健司君 理事 松岡 松平君
   理事 井上 良二君 理事 山本 幸一君
      内田 常雄君    荻野 豊平君
      菅  太郎君    山中 貞則君
      池田 禎治君    栗原 俊夫君
      中村 英男君    矢尾喜三郎君
 委員外の出席者
        議     長 益谷 秀次君
        副  議  長 杉山元治郎君
        事 務 総 長 鈴木 隆夫君
    ―――――――――――――
十二月十日
 委員山本正一君辞任につき、その補欠として河
 本敏夫君が議長の指名で委員に選任された。
同月十二日
 委員河本敏夫君辞任につき、その補欠として山
 本正一君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律
 の一部を改正する法律案の起草に関する件
 地方財政審議会委員任命につき事後同意を求め
 るの件
 中央更生保護審査会委員任命につき同意を求め
 るの件
 日本銀行政策委員会委員任命につき同意を求め
 るの件
 選挙制度調査会委員任命につき国会法第三十九
 条但書の規定により議決を求めるの件
 検察官適格審査会委員、同予備委員指名の件
 鉄道建設審議会委員指名の件
 決議案の取扱いの件
 緊急質問の取扱いの件
 本日の本会議の議事等に関する件
    ―――――――――――――
#2
○椎熊委員長 これより会議を開きます。
 第一に、先般来留保してありました地方財政審議会委員任命につき事後同意を求めるの件、第二に、中央更生保護審査会委員任命につき同意を求めるの件、第三に、日本銀行政策委員会委員任命につき同意を求めるの件、以上三件は、社会党の方の相談がまだ結論に達していないとのことですから、本日のところこれを留保いたします。
    ―――――――――――――
#3
○椎熊委員長 第四の文化財保護委員会委員任命につき同意を求めるの件、これは川北禎一君、細川護立君の両君を、任期満了につき再任したいとの政府の申し出でございます。第五に、海外移住審議会委員任命につき国会法第三十九条但書の規定により議決を求めるの件、本院議員大橋忠一君、楠美省吾君、参議院議員石黒忠篤君、以上三君。この四、五はいかがいたしますか。
#4
○山本(幸)委員 今日は留保。
#5
○椎熊委員長 それでは第四の文化財保護委員会委員任命につき同意を求めるの件、第五の海外移住審議会委員任命につき国会法第三十九条但書の規定により議決を求めるの件は、いずれも留保いたします。
    ―――――――――――――
#6
○椎熊委員長 第六は、選挙制度調査会委員任命につき国会法第三十九条但書の規定により議決を求めるの件、本院議員大村清一君、参議院議員郡祐一君、これは与党のワク内の人事でございます。また七の検察官適格審査会委員、同予備委員及び鉄道建設審議会委員の選挙の件、これも与党のワク内の問題でございますから、いずれもこれを本日上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○椎熊委員長 御異議なしと認めて、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#8
○椎熊委員長 次は決議案の取扱いでございます。先般来出ております昭和三十年度一般会計予算補正及び昭和三十年度政府関係機関予算補正の提出を求める決議案、これは本日留保と理事会できまりました。なお、引揚者の在外資産処理に関する緊急質問が一昨日自由民主党から、さらに本日社会党からも出ております。いずれも先刻の理事会では、本日のところ留保することに話し合いがつきました。これを留保するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○椎熊委員長 御異議ないものと認めまして、本日のところこれを留保いたします。
    ―――――――――――――
#10
○椎熊委員長 次は、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案起草の件について御協議を願いたいと思います。お手元に事務局で作成いたしました案が配付してございますから、それによりまして事務当局より説明を願うことにいたします。
#11
○鈴木事務総長 先般政府より一般公務員に対する期末手当〇・二五カ月分増額支給に関する法律案が提案されまして、委員会では満場一致可決され、本日日程に掲げてございますように、本会議に上程されることになっておりますが、これと均衡をとるために、議員及び秘書の期末手当の増額に関する法律案を提出する必要がありますので、事務局においてこれが準備をいたしました。その内容は政府案と全く同一でございます。ただこの実施にあたりましては、本年度分に限りまして、一般公務員と同じく既定経費の範囲内で支出する建前でありますから、特に附則第二項を設けたわけであります。本院関係の予算についてその財源を検討いたしました結果、経費の節約などによりまして、本年度分も、明年度以降と同様の率を支給し得る見通しがつきましたので、本案が成立公布されました上は、来たる十二月十五日に支給の期末手当は〇・七五に〇・二五を加えたものをお支払いするという予定でございます。附則第三項は、本案の成立公布がおくれた場合の処理方法を規定したものでありますが、これも法律が支給日以前に成立いたしました場合には、十五日に一括して支給できるよう準備いたしております。なお、この法律案の提出方につきましては、当委員会がその所管でございますので、当委員会提出案として提出するようにお運びをいただきたいと思います。これは皆さん御異議がなければ、議長発議として本日の本会議で取り扱いたいと存じます。なおその際、これは事理があまりに明白でございますので、趣旨の説明をも省略することにいたしたいと思います。
#12
○椎熊委員長 ただいまの事務総長の説明につきまして、何か御質疑がありませんか。御質疑ないものと認めます。衆議院規則第四十八条の二によりますと、委員会が予算を伴う法律案を提出しようとするときは、その決定の前に内閣に対して意見を述べる機会を与えなければならないことになっておりますが、この点に関しましては、委員長から内閣の意見を求めることに御委託を願いたいと存じます。御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○椎熊委員長 御異議ないものと認めます。さよう取り計らうことにいたします。
 それではお諮りいたします。お手元に配布いたしてあります案を成案と決定し、これを本委員会提出法律案とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○椎熊委員長 御異議ないものと認めます。さよう決定いたしました。
#15
○山本(幸)委員 はなはだ失礼ですが、先ほど留保になった同意を求めるの件の一、二、三は、与党側に対して御迷惑だからというので、ただいま党の方で至急協議していただきまして、本日承認ということにきまりましたから、そういうふうに願います。
#16
○椎熊委員長 それでは、先刻留保に決定しておりました地方財政審議会委員、中央更生保護審査会委員及び日本銀行政策委員会委員の同意を求める件は、いずれも両党の意見が一致いたしましたので、本日適当の機会に本会議で御了承願うことにいたします。
    ―――――――――――――
#17
○椎熊委員長 次は緊急上程の問題でございます。地方行政委員会から、昭和三十年度の地方財政に関する特別措置法案が上って参りましたが、社会党の御意見等もありまして、本日のところ本会議に上程せず、明日本会議を開いて上程するようにとのことであります。さよう決定するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○椎熊委員長 御異議なしと認めまして、さよう決定いたしました。
 法務委員会から上って参りました罹災都市借地借家臨時処理法第二十五条の二の災害及び同条の規定を適用する地区を定める法律案、これは先般新潟市の火災のときにやりましたのと同じことでございますので、緊急を要する問題でもございますし、両党とも異議ない問題でございますから、本日上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○椎熊委員長 さよう決定いたしました。
 次は外務委員会から、万国著作権条約の批准について承認を求めるの件、万国著作権条約の条件附の批准、又は加入に関する同条約の第三附属議定書の批准について承認を求めるの件、無国籍者及び亡命者の著作物に対する万国著作権条約の適用に関する同条約の第一附属議定書の批准について承認を求めるの件、ある種の国際機関の著作物に対する万国著作権条約の適用に関する同条約の第二附属議定書の批准について承認を求めるの件が上って参りました。緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○椎熊委員長 御異議なしと認めまして、さよう決定いたしました。
#21
○園田委員 緊急上程で御相談を願いました外務委員会からの法案の本会議の上程に際して、本日外務大臣は、午後二時半から渉外事項で約束しております。従って、委員会も二時で打ち切って出席する予定になっておりますので、本日の本会議上程に際しては、政務次官で御了承を願いたいと思います。
#22
○椎熊委員長 園田君からのお話もありましたが、もし二時までの間、院内におられる状態にあるなら、なるべく御出席を願いたい。
#23
○山本(幸)委員 この機会に、たびたび出ることですから、ことさらに私からくどく申し上げる必要はないが、特に予算等の重要な本会議なんですから、もし外務委員会等をおやりになって、そこに出席されておるなら、外務委員会はやはり一時休んで、委員も本会議へ出席するが、外務大臣も出席する。しかし、今園田君のおっしゃったような二時半からの外交上の問題については、その間、もしおそくなるようだったら差しつかえありませんが、いらっしゃるんだったらぜひ出てもらいたい。
#24
○椎熊委員長 今、山本君御発言の問題は、私から特にお諮りしようと思っておりましたが、重要な予算案等の本会議上程の際は、ひとり外務委員会のみならず、各委員会とも休憩を願って、予算審議結了後再開してもらうことに各党とも御了承願いたい。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#25
○椎熊委員長 さよう決定いたします。
 次は、予算委員会から昭和三十年度特別会計予算補正(特第2号)が午前中に上って参りました。これを上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#26
○椎熊委員長 さよう決定いたします。
 そこで上程は、参議院の関係で、非常に参議院も急いでおるようでございますから、日程を変更いたしまして、埠頭予算案の上程をいたしたいと思います。さよう決定するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#27
○椎熊委員長 御異議なしと認めます。さよう決定いたします。
 そこで予算案審議の順序についてお諮りいたします。予算案が上程されまして、第一に予算委員長の報告、三浦一雄君、第二に、昭和三十年度特別会計予算補正の編成替を求めるの動議、赤松勇君外十五名提出、動議の趣旨弁明、田中織之進君。委員長の報告と組みかえ動議の趣旨弁明、それから討論に入ります。討論は、田中織之進君の編成がえの動議がありますから、それに対抗する賛成討論から始まります。賛成討論は自由民主党の床次徳二君、反対討論が社会党の柳田秀一君でございます。そこで討論の時間を決定していただきたい。前国会の例等もございますので、いずれも十五分程度でいかがでございましょうか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#28
○椎熊委員長 十五分と決定いたします。
 採決の方法についてお諮りいたします。採決は、まず本案に反対的立場になっております編成がえを求める動議から採決いたします。次に委員長の報告に対して採決いたします。そこで採決の方法は、前国会の前例等もありますので、補正予算でございますから、起立採決でいかがでございましょう。
#29
○池田(禎)委員 私の方は、今国会対策委員長から、原則としては記名採決をやってもらいたい、こういうことでございますので、一応原則はそういうふうに申し上げて、あとで党とは打ち合せたいと思っています。
#30
○福永(健)委員 そういった場合に、二度堂々めぐりもおかしいから、もしどっかでやる場合には、本案に対しての態度をきめるというところで記名投票というのがほんとうだろうと思います。順序はあとになりますけれども……。
#31
○山本(幸)委員 もしやる場合には、一方だけでいいということだ。
#32
○椎熊委員長 両方とも起立採決にしないで、一方だけということですね。
#33
○福永(健)委員 一方をやる場合には、なるべく原案についてやる。
#34
○椎熊委員長 委員長報告の方を記名採決する。やるかやらぬかは、本会議開会前までに決定願います。自由民主党は、両方とも起立採決を主張しておりますが、社会党は記名採決を要求しておりますから、本会議開会前までに御決定を願います。両党の意見が一致しなかった場合はどうしましょう。
#35
○福永(健)委員 それは衆議院規則で、五分の一以上の要求があれば記名投票をせざるを得ない。
#36
○池田(禎)委員 今福永さんのお話のように、やむを得ない場合はどっちかということには、われわれも極力努力して党と相談していたしたいと思っておりますので、本会議までに場内交渉で願います。
#37
○椎熊委員長 本会議までに場内交渉で決定することにいたします。
    ―――――――――――――
#38
○椎熊委員長 本日の議事順序について、事務総長から説明がございます。
#39
○鈴木事務総長 ただいまおきめ願いました順序によりまして、まず最初に人事の承認の件をお諮りいたします。地方財政と、中央更生と、日銀の三件を諮りまして、その次に六の選挙制度に関する議決を求めまして、それから七の検察官適格審査会委員、これは選挙でございますけれども、先例によりまして選挙の手続を省きまして、指名にしていただきたい。この人事の件が終りますと、ただいまのおきめによりまして予算を上程していただく。予算は、委員長の報告に次いで組みかえ動議の趣旨弁明がありまして、それから討論に入ります。採決は、お申し出によって記名にするか、起立にするか、どっちかになります。それが終わりまして日程に入り、日程の一、二を済ませまして、それから緊急上程になりますが、緊急上程は、法務委員会のただいまの名瀬市の災害法案と、外務委員会から上ってきたものをやりまして、最後に議長発議で今の期末手当の法案を上程していただく、こういう順序になります。
#40
○椎熊委員長 議事の順序は、ただいま御説明の通りでございます。さよう決定いたします。
 そこで明日からの本会議の件についてお諮りしたい。会期も余すところ幾ばくもありませんので、明日から最終日十六日までは、連日本会議を開くことに決定しておいていただきたい。各委員会からいつ上ってくるかわかりませんので、本会議は明日より十六日まで連日定刻より開く、その日は当然理事会なり議運は、いつもの通りの時間に開きます。
 本日の本会議は正一時でいかがでしよう。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#41
○椎熊委員長 それでは定刻に本会議を開きます。
 本日はこれにて散会いたします。
    午後零時十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト