くにさくロゴ
1947/06/07 第2回国会 参議院 参議院会議録情報 第002回国会 財政及び金融委員会 第32号
姉妹サイト
 
1947/06/07 第2回国会 参議院

参議院会議録情報 第002回国会 財政及び金融委員会 第32号

#1
第002回国会 財政及び金融委員会 第32号
昭和二十三年六月七日(月曜日)
   午後三時三十一分開會
  ―――――――――――――
  本日の會議に付した事件
○連合委員會開會に關する件
○請願及び陳情に關する小委員長報告
○靜岡地方專賣局設置に關する請願
 (第十八號)
○元鹿兒島縣指宿海軍航空隊跡用水道
 拂下げに關する請願(第三十八號)
○海産物移入に要する金融措置變更に
 關する請願(第九十一號)
○舊光海軍工廠用地の拂下げにする請
 願(第百號)
○舊軍港地の建物拂下げに關する請願
 (第百三十二號)
○しよう腦製造業界の民主化に關する
 請願(第百四十七號)
○煙草耕作者に對する鹽特配に關する
 請願(第百八十二號)
○煙草耕作永年許可制實現にする請願
 (第百八十三號)
○福島市に煙草製造工場を設置するこ
 とに關する請願(第二百四十一號)
○庶民銀行設立促進に關する請願(第
 二百六十七號)
○農機具工業の生業資金確保に關する
 請願(第三百四十五號)
○長岡專賣局煙草工場設置に關する請
 願(第四百號)
○吾野村森林組合第二封鎖預金運用に
 關する陳情(第九號)
○しよう腦製造業界の民主化に關する
 陳情(第九十五號)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(黒田英雄君) これより財政及び金融委員會を開會いたします。最初にお諮りいたしたいことがありますが、それは[會社の配當する利益又は利息の支拂に關する法律案」、これが商業委員會に付託になつたのでありまするが、商業委員會に對しまして、こちらは連合委員會を開いて貰うように、委員長に要求いたすべきか否かということの御意見を伺いたいのです。
#3
○松嶋喜作君 それは新取引所法ができて、それから證券民主化というものから派生して來たのだから、當然こちらへ付託さるべきものが、何かの關係で商業委員會の方へ行つたのでしよう。ですから一遍くらい連合委員會を開いて、それでしないとちよつと工合が悪いのじやないですか。
#4
○委員長(黒田英雄君) 如何ですか、松嶋委員の御意見もありますが、衆議院は財政金融委員會にやつております。それではとにかく連合委員會を開いて貰うように要求することにいたしましようか。
   〔「贊成」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(黒田英雄君) 御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(黒田英雄君) それでは御異議ないと認めまして、さようにいたします。それでは速記を止めて。
   〔速記中止〕
#7
○委員長(黒田英雄君) 速記を始めて。
 それではこれから請願及び陳情に關する小委員長の御報告を聽くことにいたしたいと思います。伊藤小委員長。
#8
○伊藤保平君 御報告申上げます。請願第三十八號「元鹿兒島縣指宿海軍航空隊用水道拂下げに關する請願」。これは元鹿兒島縣指宿海軍航空隊用水道設備として、六インチ・エタニツト管二千メートル、六インチ鑄鐵管四千メートルを山川町鰻池を水源として敷設されたもので、現在は全く使用不可能の状態で放置されており、地元指宿町は、航空隊設備のため、田良部落百三十五戸の強制移轉、農耕地四十町歩の潰滅、魚見岳山林七十町歩の買収等を犠牲にし、且つ戰災家屋六百戸、小學校一校、爆死者六十名を出し、その復興に努力しているが、古來の温泉地帶であり、近時泉源が涸渇しつつある現状であつて、山手方面より湧泉を誘導する必要があり、特に國立公園指定候補地の中心都市として復舊の必要上、該水道管を無償拂下相成りたいとの趣旨であつて、本委員會は願意の大體は妥當なるものなりと思いまするが、現在の事情からいたしまして無償拂下は困難であるから、成るべく低價な有償拂下でよかろう、こういうことで、内閣は鋭意これが實現に努力せられたい。ここに國會法第八十一條により別册を送付する、こういう意味でこれを採擇いたしました。
 それから請願第九十一號「海産物移入に要する金融措置變更に關する請願」。これは大藏省告示金融機關資金融通準則により、山形縣の荷受資金は丙となつておりまして、資金梗塞を來している現状であつて、山形縣は海産物の七〇%を移入に依存しているので、六大都市と同樣取扱を以て資金貸出順位を甲とされたいとの趣旨でありまして、これは又願意を採澤することにいたしたのであります。
 請願百號「舊光海軍工しよう用地の拂下げに關する請願」。山口縣熊毛郡島田村の開作、二軒屋及び島田市の三部落を包含する約百萬坪の土地は、昭和十五年三月、光海軍工廠建設地として強制買収されたものであります。同工廠は終戰直前、昭和二十年八月十四日空襲を受け廢墟となり、土地は草原となつている現状であり、右土地を前記所有者に拂下られたいとの趣旨であります。これも亦願意は了承して採擇することに決定いたしたのであります。
 次は請願第百八十二號「煙草耕作者に對する鹽特配に關する請願」。煙草耕作者の炎天下の勞働は、炭鑛勞務者の坑内作業に比して決して劣らないという本質的重勞働であつて、鹽分に對する生理上の必要は又同樣でありまして、配給量は極めて少いので、鹽の闇買いの必要をなくし、原料葉煙草横流しを防止する意味においても、鹽を特配されたいとの趣旨でありますが、これも採擇することに決定いたしました。
 請願第二百六十七號「庶民銀行設立促進に關する請願」。庶民金庫はわが國民経済に寄與するところ大であるにも拘わらず、資金放出にも一定の限度が豫想されるので、最近二十億圓の政府資金を基とする庶民銀行である國民金融金庫設立案が立てられているが、これは資金的背景の乏しい引揚者等の企業體の生産再建、日本産業復興上效果が甚だ大であるから、早急に實現せられたいとの趣旨であります。これも亦採擇することに決しました。
 請願第十八號「靜岡地方專賣局設置に關する請願」。名古屋地方專賣局管下靜岡專費支局と東京地方專賣局管下甲府專費支局を合併し、新たに靜岡地方專賣局を設置したい趣旨でありますが、政府においては目下既設工場の復舊を主として工場新設は行わない方針でありますが、本委員會の小委員會におきましては、これは會議に付するを必要とせざるものと認め、これは新設しないという方針で、これを設けないで置きましたので、採擇せぬことに決定しました。
 それから請願第百三十二號「舊軍港地の建物拂下げに關する請願」であります。これは横須賀にある舊軍用建物等の拂下基準価格は餘りに高價であるから、企業家保護の立場から、終戰前の國有財産としての帳簿價格を以て基準とされたいとの趣旨であります。同市に對する拂下はすでに多大の便宜が與えられていることでありますので、これ以上はどうかということで、これは議院の會議に付する必要を認めないということに決したのであります。
 請願第百四十七號「しよう腦製造業界の民主化に關する請願」であります。樟腦生産組織の非民主的統制方式を改正すると共に、トンネル會社の利益壟斷と生産阻害の状態を改善されたいとの趣旨でありましたが、現下の統制方式は必要と認められるので、この請願を議院の會議に付する必要を認めないということで、これも不採擇に決したのであります。請願第百八十三號「煙草耕作永年許可制度實現に關する請願」。煙草耕作資格に永續性認め、ひいて煙草耕作組合の法人格を確立されたいとの趣旨であるが、現在煙草耕作は各種の事情を勘案すれば永年許可制は困難であるので、この請願を議院の會議に付する必要を認めないということで、これも不採擇に決したたのであります。
 請願第二百四十一號「福島市に煙草製造工場を設置することに關する請願」。信達煙草の耕作は畫期的であり、福島市に煙草製造工場を設置して利便を圖られたいとの趣旨でありますが、目下政府は既設工場の復舊を主とし、工場新設を行わない方針は前述の通りでありますので、これ亦前のものと同じく、こういう事情を理由といたしまして不採擇にいたしたのであります。
 請願第三百四十五號「農機具工業の生産資金確保に關する請願」。最近の農機器生産は手持資材消費、材料、經費の騰貴のため極度の資金難に陷つているので、速かに融資の措置を講ぜられたいとの趣旨でありますが、同組合は目下閉鎖機關に指定されており、主體が確立されておらず、且つ農機器生産は濫立状態に陷つているような實状でありますので、これも議院の會議に付する必要がないものと認めまして不採擇と決定したのであります。
 請願第四百號「長岡專賣局煙草工場設置に關する請願」。長岡專賣局煙草工場を長岡市呉羽紡績工場跡に設置されたいとの趣旨であつて、政府は目下既設工場の復舊を主とし、工場新設は行わない方針でありますので、これも前と同樣の理由によりまして不採擇と決しました。
 陳情第九號「吾野村森林組合第二封鎖預金運用に關する陳情」。吾野村森林組合は戰時中の伐採立木代金支拂未濟のもののうち百十二萬圓が第二封鎖となつており、立木代金支拂不能のため、これが運用を許可されたいとの趣旨でありますが、これを認めることは影響甚大でありますので、前と同樣の理由によりまして不採擇と決しました。
 陳情第九十五號「しよう腦製造業界民主化に關する陳情」。樟腦製造業界民主化のために、生産者と專賣局との間にある日本樟腦製造株式會社が企業権を獨占しているので、同舎社を解散せしめられたいとの趣旨でありますが、現下の統制方式において同會社は必要と認められますので、前と同樣の理由によりましてこの請願は不採擇に決したのであります。
 以上を以ちまして議院の會議に付するを要すると認めましたものは、先程の請願第三十八號、請願第九十一號、請願第百號、請願第百八十二號、請願第三百六十七號でありまして、議院の會議に付するの必要を認めざるものと決定したものが、請願第十八號、請願第百三十二號、請願第百四十七號、請願第百八十三號、請願第二百四十一號、請願第三百四十五號、請願第四百號、陳情第九號、陳情第九十五號、右の通りであります。右御報告申上げます。
#9
○委員長(黒田英雄君) 只今小委員長より報告がありました請願及び陳情につきましては、小委員長の報告通りを本委員會の決定といたすことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○中西功君 ちよつとここで一言……小委員長の伊藤さんにちよつとお願いして置きたいのです。というのは今税制改革について澤山請願が來ていると思うのです。間もなくこの委員會にも税制問題が出ますから、できる限り税制に關するものを先にやつて貰つて、報告なり、或いは委員會に持出さずにやつて貰えば非常に助かるのでありますが……。
#11
○委員長(黒田英雄君) それでは只今の報告については御異議ないものと認めまして、さように決定いたします。本日はこれにて散會いたします。
   午後三時四十八分散會
 出席者は左の通り。
   委員長     黒田 英雄君
   理事      伊藤 保平君
   委員
           玉屋 喜章君
           西川甚五郎君
           松嶋 喜作君
          尾形六郎兵衞君
           木内 四郎君
           田口政五郎君
           深川タマヱ君
           星   一君
           赤澤 與仁君
           小林米三郎君
           高瀬荘太郎君
           高橋龍太郎君
           中西  功君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト