くにさくロゴ
1947/07/01 第2回国会 参議院 参議院会議録情報 第002回国会 運輸及び交通委員会 第12号
姉妹サイト
 
1947/07/01 第2回国会 参議院

参議院会議録情報 第002回国会 運輸及び交通委員会 第12号

#1
第002回国会 運輸及び交通委員会 第12号
昭和二十三年七月一日(木曜日)
   午後一時三十八分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○地方自治法第百五十六條第四項の規
 定に基き、海運局の増設に関し承認
 を求めるの件(内閣提出、衆議院送
 付)
○船員職業安定法案(内閣提出、衆議
 院送付)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(板谷順助君) これより会議を開きます。海運局の増設に関し承認を求めるの件につきまして、先般大体予備審査において御承認を得ておきましたわけですが、衆議院を通過して参りました関係から、改めてこの際政府委員より提案理由の御説明を願います。
#3
○政府委員(植竹春彦君) 只今お話の提案理由を御説明申上げます。
 新潟、神戸、高松の海運管理部は、昭和二十一年に行政協議会のございました当時、その区域と調整をとりまするために、海運局廃止後に新たに設置されたものでございまして、海運局をその組織、権限は殆んど同じようでございまして、官制上はいわば海運局の支局の形体になつておつたのでございます。最近の海運復興に関しまする内外情勢の推移に対處いたしまするために、海事行政運営の万全を図りたいと思つて今回昇格いたしたい、こう考えた次第でございます。尚この昇格につきましては、地元の縣及び市が熱烈に昇格を要望しておりますので、この点は地方自治の精神にも反しませんし、又予算定員等の増加をいたさないのでございますから、行政機構整理の趣旨にも反しない次第でございます。どうぞよろしく御承認をお願い申上げます。
#4
○橋本萬右衞門君 ちよつとお伺いしますが、昇格した後に残る管理部はどこですか。
#5
○政府委員(植竹春彦君) これだけを以ちまして、あとに残るものはございません。
#6
○橋本萬右衞門君 高松は昔から海運局はなかつたのですね。神戸と新潟には海運局があつて、高松には最初海運管理部だけですね。
#7
○委員長(板谷順助君) 管理部はあつたのです。そうすると只今政府委員の説明いたしましたる新潟、高松、神戸に海運局設置について承認を得ることについて別に御異議ありませんか。
#8
○加藤常太郎君 本承認の件は、我が國の海運界並びに國民一般が多年要望しておつたことでありまして、今植竹政務次官から御説明があつた通り、行政整理には関係なく海運管理部を海運局に昇格する、これを詳しく申しますと、新潟は日本海における唯一の海事官廳でありまして、これを海運管理部でそのまま置くということは、最近できました海上保安廳とかその他の関係からいいまして、裏日本における海事官廳として海運局の昇格は当然のことであろうと思うのであります。又神戸は御承知の通り管轄区域は一縣でありますけれども、國際港神戸というものの、今後日本の海運の再建における責務は重大でありまして、これも從來の海運管理部を海運局に昇格するということも、我々國民として納得する点であります。又最後の高松港は御承知の通り、四國は周囲が海に繞らされておりますので、本土との連絡とか又は他の産業の関係におきましても、四國に今まで海運局がないということは、運輸当局特に海運総局の政治力が弱かつたということを物語つておるのでありまして、今回海運管理部が海運局に昇格になるということも、これ亦当然でありまして、三海運管理部の海運局に昇格の件は、国会としても妥当と認める点であります。
 併し最後に植竹政務次官から御説明がありましたが、國会として特に要望いたしたいことは、得てして官廳というものは部が局になり又局が廳になるという場合には、人員を殖やすとか又は要らない点に手続その他の関係上複雜化をさして、官僚の機構拡大を図るという点が官廳組織の欠陷でありまして、今後海運管理部が三局とも昇格になりましても、この点、政府におきましてよく戒愼されまして、眞の海運行政の発展のために海運局を設置したという目的に副われんことを、本員は特に切望いたしまして、本案の承認に賛成の意を表します。
#9
○委員長(板谷順助君) 如何でしようか。
   〔「賛成」「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(板谷順助君) それでは滿場一致承認を得たものと決定いたします。
 次に船員職業安定法案を議題といたします。これに対して質疑がありましたら、お申出願います……如何でしよう、別に御質疑ありませんか……御質疑がなければ、これより討論に入ります。御意見がございましたら、お申出願います。
#11
○小泉秀吉君 船員の職業紹介は從來民間でやつておつたものを、いろいろな関係で政府でやるというのですが、私共から見ると、強いて政府でやらなくても、これは從來の通りでいいのだとは思いますけれども、諸船の事情を考察して政府がそういうふうなことにやりたいということについて、強いて反対する必要もなかろうと思います。賛成をする次第であります。
#12
○委員長(板谷順助君) 如何でしようか、外に御意見ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(板谷順助君) 御意見がなければ、討論は終結したものとみなします。これより採決に入ります。本案に対して賛成の諸君の挙手を求めます。
   〔総員挙手〕
#14
○委員長(板谷順助君) 全会一致賛成の上、決定いたします。尚只今可決いたしました法律案につきましては、委員長が本会議におきまする報告は、例によつてお委せ願うことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○委員長(板谷順助君) 御異議ないと認めます。それから議院に提出する報告書について、多數意見書の署名を附することになつておりますから本法案を可とせられました方は順次御署名をお願いいたします。
   〔多數意見者署名〕
#16
○委員長(板谷順助君) それから次に、港域法案はまだ衆議院の方が通つておらんそうでありますが、これに対する質疑がありまするならば、尚継続したいと思います。
#17
○小泉秀吉君 港域法案の質疑は昨日で盡きたと思いますが、外に御発言がなければ、私はあれで結構であります。
#18
○委員長(板谷順助君) 外に何か御質問ありませんか……
 それから実は休会を利用して重要な各方面を視察をしたいという希望がありますので、休会中もこの委員会を継続するということについて、諸君の御意見を承わりわいと思います。休会中と雖もこの委員会を継続して置いて、必要に應じて各地の視察問題その他について協議するということについて、如何ですか。
   〔「賛成」「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○委員長(板谷順助君) この委員会を休会中と雖も継続するということについて、御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○委員長(板谷順助君) そのように決定いたします。本日はこれにて散会いたします。
   午後一時四十九分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     板谷 順助君
   理事
           丹羽 五郎君
          橋本萬右衞門君
           小野  哲君
   委員
           小泉 秀吉君
           淺岡 信夫君
           中村 正雄君
           大隅 憲二君
           加藤常太郎君
           水久保甚作君
           小林 勝馬君
           高橋  啓君
           飯田精太郎君
           新谷寅三郎君
  政府委員
   運輸政務事官  植竹 春彦君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト