くにさくロゴ
1947/04/06 第2回国会 参議院 参議院会議録情報 第002回国会 電気委員会 第3号
姉妹サイト
 
1947/04/06 第2回国会 参議院

参議院会議録情報 第002回国会 電気委員会 第3号

#1
第002回国会 電気委員会 第3号
昭和二十三年四月六日(火曜日)
   午後一時三十三分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○電力復興問題に関する調査の件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(佐々木良作君) それではこれから第三回の電氣委員会を開きたいと思います。前回は三月三十日で、陳情と請願に関する件を審議して頂きましたわけですが、今日の第三回の電氣委員会は、電力復興問題に関する調査の件であります。御存じのように、第一回の國会の初めにおきまして、電力復興問題に関する調査をすることを議決されまして、この委員会で決定されまして、その調査を現在まで継続してやつておつたわけでありますが、第一回國会の終了に当りましては、十二月五日に一應の報告書が出ておるわけであります。まだ調査は完了していないけれども、一應ここに多数意見者の署名を添えて、その経過と結果を報告するというわけで、これが出ておるわけでありまして、今回のはそれに引続きましてずつと調査をしました結論、つまり第一回國会から引続きましてやつておつた電力復興問題に関する調査の綜合的な仕上げであるわけであります。丁度電氣問題が非常に緊急な問題になりましたので、最近の数週間掛かつて專門調査員を中心として、殆んど罐詰作業的な作業で一應完成して貰つたところでありまして、今の原稿と附表とがここにあるわけであります。大体原稿の大きさは、普通のプリントにしまして百ページくらい、それに参考表が七、八十表くつ附いておるわけです。項目につきましては、最初の調査報告書を取るときの調査項目につきまして、大体この筋を全部逐つてやつてあるわけであります。その中でただ政治的の問題になりそうなところ及び調査が未完でありましたところ、例えば建設計画に関する点であるとかいう点、一、二ケ所この項目から拔けておるところがあります。或いはこの項目を一緒に綜合したような項目になつておるところもあるわけであります。それで先程ちよつと申上げましたように、電氣問題が急速に問題化しておりますので、この報告書をできるだけ早く議院に報告して、そうして各議員の御檢討を仰ぎたいと思うわけでありますが、この二、三日中に休会にもなりそうでありますので、今日の委員会におきまして、報告書の提出に関する御承認或いは御審議を頂きたいと思うわけです、内容はここに今ずつと回覽に供してありますが、これにつきまして、この処理につきまして御意見はありませんでございましようか。
#3
○門屋盛一君 この調査は、委員長初め両理事その他專門委員の手で十分に調査されておるものであつて、短時間の間に審査をする必要を認め得ないと思いますので、今後のこの問題の処置については、委員長と両理事に御一任したいと思います。
   〔「賛成」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(佐々木良作君) 今の門屋委員の御説に御異議はありませんでございますか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(佐々木良作君) それでは内容は、先程申上げましたように、できるだけ対策的なもの、意見的なものは拔きまして、事実の調査に終始したつもりでありますので、特に問題になりそうなところはそれ程ないと考えます。從いまして、理事の方と十分に相談をいたしまして、同時にまだ御覽になつていない方がありましたならば十分に見て頂きまして、そうして取捨選択しなければならんところがあればそういうふうにして、理事の方と御協議の上、この問題の処置をしたいと考えます。
 尚本院規則の第七十二條によりますと、委員会が、付託又は承認された事件について、審査又は調査を終えたときは、委員長は、報告書を作つて、多数意見者の署名を附して、議院に提出しなければならないことになつております。從いまして、多数意見者の御署名を頂きまして、議長宛報告したいと思いますが、多数意見者の御署名を頂きたいと思います。
   〔多数意見者署名〕
#6
○栗山良夫君 今の異議ありませんが、ただちよつと参考にお伺いして置きたいのは、大体現状を中心として纏めたという話でありますが、その現状に対しての、いろいろな資料とか、データーとか、そういうものが主としてどの方面のものが活用されたか、官廳方面か、或いは民間方面か、或いは事業團体の方面か、そういうような点を或る程度概括的でもよろしいですけれども、ちよつと御発表願つて置いた方がよくはないかと思います。
#7
○委員長(佐々木良作君) 主として官廳、電力局を中心として役所によるものは役所のものにより、その他の新らしいものにつきましては役所にありませんものですから、電氣事業関係者個々に調査を委託しまして、そうして個々から提出された数字によるものが多いと思います。尚具体的なことにつきましては具体的に質問がありましたら專門調査員の方からいたします。尚数字の集め方の調査等につきましてはいつか御審議を頂きましたように電氣事業者に連絡いたしまして、そこから嘱託的な者を送つて頂きまして、この嘱託を通じて各事業者、日発及び九つの配電会社から代表というわけでもありませんけれども、エキスパートを八、九人入れてその審議に俟つたものが殆んどだと思います。他に御質問、御意見がありませんですか。若しありませんようでしたら、今日は外の委員会も大変あるらしいので、一應散会いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(佐々木良作君) それではこれで散会いたします。
   午後一時四十四分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     佐々木良作君
   理事
           石川 一衞君
           飯田精太郎君
   委員
           原口忠次郎君
           水橋 藤作君
           下條 恭兵君
           松嶋 喜作君
           岡本 愛祐君
           加賀  操君
           栗山 良夫君
           門屋 盛一君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト