くにさくロゴ
1947/05/27 第2回国会 参議院 参議院会議録情報 第002回国会 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第8号
姉妹サイト
 
1947/05/27 第2回国会 参議院

参議院会議録情報 第002回国会 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第8号

#1
第002回国会 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第8号
昭和二十三年五月二十七日(木曜日)
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○理事補欠互選の件
○引揚者厚生対策に関する件
  ―――――――――――――
   午後零時十三分開会
#2
○委員長(中平常太郎君) 只今より開会致します。星野君より理事辞任の申出がありました。これを許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(中平常太郎君) つきましては理事の補欠選任についてお諮りいたします。
#4
○北條秀一君 互選の手続を省略しまして、理事の選任を委員長の御指名に一任したいと思ひます。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(中平常太郎君) それでは私から千田正君を理事に指名致します。(拍手)
 引揚援護院の指導課長が見えていますが、御質問があれば……。
#6
○木下源吾君 樺太より引揚げた無縁故者はどうしていますか。
#7
○説明員(岡田好治君) 第一船及び第二船は比較的無縁故者は多かつたのですが、三船、四船は少くなつております。無縁故の人は北海道及び青森、岩手、宮城、福島、秋田の各縣に受入れて居ります。又住宅は一千七百戸準備すべき予算要求中であります。予算は北海道の民政部長を呼んで一週間で至急作成いたしたのでありますが、大体十億ぐらいを見積つております。早く枠だけでも取り、それができたら、すぐに市中銀行からでも融資させるつもりでおります。
#8
○木下源吾君 金を出す、出さぬの呑気なときでない。現在上陸して困つている状況なのですから……。
#9
○説明員(岡田好治君) それはよく分つています。二三日中に片を付けたいと思つております。
#10
○木下源吾君 引揚者の食料に関しても枠が取つてあるか、毎日食ふことであり、食料、住宅は絶対確保する必要があります。昨日も決議したのだからどんどん施策をやつてほしい。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○北條秀一君 外地よりの帰還者は一万八千五百戸と予定され、尚樺太の五千戸も受入れる予定というけれども、五千三百戸が安本案ださうですが、是非一万八千五百戸入植できるよう切望いたします。
#12
○政府委員(平野善治郎君) 引揚者の職業と食糧増産という点より入植して貰つているのでありますが、当初一万九千戸の予定で予算を請求しましたところ、五千戸しか入れない予算に減少されましたので、嚴重に大藏省、安本と交渉中であります。現在では、我々の意見が認められ、大体「二倍」の一万戸近く入植させる予算が認められる形勢であります。我々としましては一万九千戸を最後迄固持して努力、決定させるつもりでおります。
#13
○木下源吾君 四千戸が一方戸になつたのは嬉しいが、もう一つ頑張つて、その倍にするよう努力を望みます。引揚者の力によつて日本の民主化の一端を担いだいむのであります。
#14
○矢野酉雄君 平野次官に、今日からでも実行出來ることを希望致します。第一は引揚者には砂糖の代替配給は止めてほしい。そして次々と一般に及ぼしてほしい。ということであります。第二は、入植は必ず山林地開墾という観念を捨ててほしい。山林を裸にして洪水になる慮れのある入植者には住宅を與へ、開墾に専念させたいということ。第三は、干拓事業をやつてほしい。第四は、すでに引揚げた人々を以て住宅組合を作り、その費用は復金より融資してもらいたい。以上であります。
#15
○穗積眞六郎君 入植問題は是非満洲、樺太引揚者の入植出來るように一万八千五百戸を通して貰いたいと思います。万一駄目ならば追加予算でも計上して取つてほしい。
#16
○千田正君 農林施策について、現在の府縣では引揚者を受入れても、それを租借する力がないわけでありますから、國営開拓事業に引揚者を受入れて貰いたいと思います。國営開拓事業は打切りとかいうことも聞きましたが、如何ですか。
#17
○政府委員(平野善治郎君) 皆様の熱心な努力を有難く思います。今後とも御支援をお願いいたします。主食代替の件は尤もであります。輸入食料の関係上うまく行きませんが、今後よく勘案しまして善処する考えでございます。山林地入植は山林伐採上下流地帯への影響も大きいので充分考慮いたしております。干拓事業に関しても同感で本年度も計画しております、住宅組合も建設院等関係官廰と連絡して努力いたしたいと存じております。
 千田さんの、開拓は國営でないとできないと言はれましたのは御尤もであります。國営開拓事業は全然やらんのではありません。本年も計画していますし、地方に移管してもやつております。
 穗積委員の一万八千五百戸の件、万一駄目ならば、追加予算に必ず計上するよう努力いたしたいと思います。
#18
○北條秀一君 入植一万九千戸の件は必ず本予算に入れて頂きたいと思いますが、如何ですか。
#19
○政府委員(平野善治郎君) 万一の折は追加といたしまして、本予算に組入れるように努力します。
#20
○委員長(中平常太郎君) では、本日は時間も過ぎておりますから、これで散会致します。
   午後一時零分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     中平常太郎君
   理事
           山田 節男君
           淺岡 信夫君
           北條 秀一君
           星野 芳樹君
   委員
           木下 源吾君
           草葉 隆圓君
           木内キヤウ君
           紅露 みつ君
           岡元 義人君
           穗積眞六郎君
           千田  正君
  政府委員
   外務政務次官  伊東 隆治君
   外務事務官
   (管理局長)  倭島 英二君
   大藏事務官
   (國有財産局
   長)      舟山 正吉君
   農林政務次官  平野善治郎君
  説明員
   大藏省管理局管
   理課長     前野 直定君
   引揚救護院指導
   課長      岡田 好治君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト