くにさくロゴ
1947/02/10 第2回国会 参議院 参議院会議録情報 第002回国会 図書館運営委員会 第4号
姉妹サイト
 
1947/02/10 第2回国会 参議院

参議院会議録情報 第002回国会 図書館運営委員会 第4号

#1
第002回国会 図書館運営委員会 第4号
昭和二十三年二月十日(火曜日)
   午前十一時四十九分開會
  ―――――――――――――
  本日の會議に付した事件
○國立國會圖書館長選任に關する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(羽仁五郎君) それでは委員會を開きます。本日お諮り頂きたいことは、先程からこの委員會で協議をして頂きました、新たに設立せられる國立國會圖書館の館長及び副館長の問題でありますが、この委員會といたしましては、昨年數ヶ月に亙つて調査討議の結果、現在の尾道圖書館長中井正一君を國立國會圖書館長として最も適任であるという結論に到達せられ、全會一致を以て中井正一君を館長に推薦せられて、議長にこれを報告いたしたわけであります。その後両院議長において協議の結果、最近に到つて金森徳次郎氏を館長、中井正一君を副館長として働いて頂くというお考えで進んでおられ、委員會の意見を求められたのでありますが、これに對して、この委員會としては議長に對しても、又中井正一君に對しても、どういうふうに考えて行つたらよろしうございましようか。お諮りいたしたいと存じます。
#3
○小林勝馬君 大體参議院の圖書館運營委員會といたしましては、中井君を推薦した手前、多少その案に反對でございますが、中井君を館長として持つて行くのが當然だと私共は考えるのでございます。併し昨日の打合せ會議におきまして、お話がございました通り、これにはいろいろ事情がおありになるようで、尚又館長候補として金森氏を御發表にもなつておるようでございますから、この際衆議院と参議院との候補者が相違いたしましたために、トラブルを起して問題にするということは、今後のこの國立國會圖書館の發足に當りまして、得策じやないと思います。故にこの際先輩でもあられる金森氏を一應館長として、衆議院側の推されておることでもございますから、本委員會もこれを承認することにして、中井君を副館長としてやつて頂く。併し關係方面から御指示、監督のこの仕事の部面、その他におきましては、私共の考えるところでは、このサービスその他を副館長において行い、立法例その他は館長において行うようになつておりますけれども、この點從來の日本のしきたりのように、年配者である金森館長が上におられて、全般的の支配をされ、尚そのアシスタントとして中井氏がこれも全般的に見て頂く、そうして本當に熱を入れてやつて頂く。若い副館長に館長の下におつて本當のアシスタント全般的のアシスタントをやつて貰いたいと、こういうふうにお願いできれば、この館長、副館長の問題も圓滿に解決するのじやないかと私は思うのでございますが、この點皆さんの御意見もございましようから、一つお諮り願いたいと思います。
#4
○堀眞琴君 只今小林さんの御意見に至極贊成でございます。金森さんを館長にするということは、諸般の事情から見て止むを得ないものと私たちも承認するのでありますが、副館長としては若い能力のある中井君を是非御承認願つて、そうしてこの圖書館の運營に、一方においては金森さんといつたような、前國務大臣の肩書を持つ立派な方が總括的に仕事を見られ、それを助ける意味において、中井君が新らしい感覺、新らしい意識を持つてこれに當られて、少なくとも日本におけるこの圖書館事業に對して一つの益になる仕事をやられるようになすつた方が最もよいのじやないか、殊に國會圖書館は國會圖書館法の前文に規定してあるように、今後日本の文化國家として立つて行く上において、非常に大きな働らきをするのでありますから、そういう點から見ましても、私は中井君の活動に非常に多く期待されるものがあるのじやないか、こう思うので贊成であります。
 それから今小林さんから圖書館の機構についてのお話がありましたが、これも私は贊成であります。從來の日本の慣例から申しますというと、館長、その下に副館長がございますが、館長、副館長がそれぞれの職務を分擔するという形式は日本では餘り採つておりませんので、館長を補佐して、副館長も全般的に事務の統括をするというように、その機構を變えて行くように、若しお願いできるならば是非そうして頂きたい、こう思うのであります。
#5
○小林勝馬君 この問題は法文的に何かもうこの副館長の職務と館長の職務が決つておつたのでございますか。
#6
○委員長(羽仁五郎君) いや、それは法文の上では別に規定はございません……………………他に御意見ございませんか。
#7
○山田佐一君 大體御兩君の意見に贊成でございます。
#8
○小串清一君 私も贊成でございますが、法の上に同じような資格でやるというような意味には解されないのじやないのですか。又そういう希望をつけることは私も同感ですけれども。
#9
○小林勝馬君 本日山本議員並びに金子議員が止むを得ない事情で御缺席でございますけれども、昨日このことにつきましてお話申上げましたときに、私の案に非常に贊同するということを皆さんにお傳え願いたい、と、こういう御意見でございましたから、一應お傳えいたします。
#10
○徳川宗敬君 皆さんの御意見の御開陳を承わりまして、誠に御尤もと存じます。皆さんの御希望通り館長に金森さん、副館長に中井さん、こういうことでこの本委員會は御決議になることを私も希望いたします。尚機構の點につきましても、皆さんの御意見も結構と思いますから、然るべくその方向に向つて委員長でお取計らい願いたい、かように考えております。
#11
○小串清一君 私途中から参りましたのですが衆議院の方ではすでに金森さんを推して、すでにこちらへ相談に來られたということはないんですか。
#12
○委員長(羽仁五郎君) そうでございます。
#13
○小串清一君 これから双方の交渉を開くわけでございますか。
#14
○委員長(羽仁五郎君) すでに兩院議長の間で懇談を進めておられます。
#15
○小串清一君 分りました。それならば今のようにやつて頂きたいと思います。
#16
○委員長(羽仁五郎君) それでは參議院の圖書館運營委員會といたしましては、昨年以來数ヶ月に亙つて討議の結果、新らしく日本に生れる國立國會圖書館の任務とその使命というものが、在來の日本のいろいろな弊風を脱却して、全く新らしく國立國會圖書館法の前文に明記されておる「直理が我らを自由にするという確信に立つて、憲法の誓約する日本の民主化と世界平和とに寄與することを使命として、ここにこれを設立する。」というこの使命から考えて、在來の日本にとかく行なわれておりました人事の弊風を断つて、若い、そうして民主的な、そうして能力あり且つ創造力を持ち、而も手腕を持つておる人として日本においては最も適任な候補者として中井正一君を館長に推薦せられて、そうして數ヶ月に亙つて一囘も動揺せられることなく、終始一貫この方針で進んで參つたわけでありますが、現在の日本の状況を考慮に入れて衆議院側で推薦せられた金森徳次郎君を館長として承認する、と同時に今までの我々の方針というものを最大限に生かされるために、中井正一君が副館長として起用せられるいとを希望するということを御決定になつたわけであります。
 それから第二に、その趣旨に基いて國立國會圖書館の機構の上においても、先般一應考えらました副館長が主として技術的方面を擔當し、立法、調査方面というものを館長が直接擔當するということは、非常に若い館長がやられた場合には、その方針で進むことが結構であつたわけですが、現在の状態においては、若い副館長としての中井正一君が、金森徳次郎君を館長として立法、調査局その他全般的に各面において補助せられることが適當であるというふうに御決定になりましたが、それでは只今の御決定を參議院議長に報告いたしまして、その趣旨で進んで頂くようにお願いをいたしたいと考えます。
   〔「賛成」と呼ぶ者あり〕
#17
○委員長(羽仁五郎君) それではさように取計らいます。それでは本日の委員會はこれで終ります。
   午前十一時四十九分散會
 出席者は左の通り。
   委員長     羽仁 五郎君
   理事      徳川 宗敬君
   委員
           堀  眞琴君
           小串 清一君
           山田 佐一君
           小林 勝馬君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト