くにさくロゴ
1954/12/04 第20回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第020回国会 決算委員会 第2号
姉妹サイト
 
1954/12/04 第20回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第020回国会 決算委員会 第2号

#1
第020回国会 決算委員会 第2号
昭和二十九年十二月四日(土曜日)
   午前十時四十六分開議
 出席委員
   委員長 田中 彰治君
   理事 鍛冶 良作君 理事 田中 角榮君
   理事 河野 金昇君 理事 村瀬 宣親君
   理事 柴田 義男君 理事 杉村沖治郎君
      押谷 富三君    徳安 實藏君
      長谷川 峻君    中川 俊思君
      片島  港君    山田 長司君
      佐竹 新市君    吉田 賢一君
      館  俊三君
 委員外の出席者
        専  門  員 大久保忠文君
        専  門  員 岡林 清英君
    ―――――――――――――
十二月一日
 委員天野公義君、三和精一君、高橋禎一君及び
 齋藤憲三君辞任につき、その補欠として長谷川
 峻君、池田正之輔君、中川俊思君及び黒田寿男
 君が議長の指名で委員に選任された。
同月同日
 委員池田正之輔君、大矢省三君及び黒田寿男君
 辞任につき、その補欠として岡田勢一君、吉田
 賢一君及び館俊三君が議長の指名で委員に選任
 された。
同 日
 理事押谷富三君の補欠として村瀬宣親君が理事
 に当選した。
    ―――――――――――――
十二月三十日
 昭和二十六年度一般会計歳入出決算
 昭和二十六年度特別会計歳入出決算
 昭和二十六年度政府関係機関決算報告書
 昭和二十七年度一般会計歳入歳出決算
 昭和二十七年度特別会計歳入歳出決算
 昭和二十七年度政府関係機関決算報告書
の審査を本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 理事の互選
 証人出頭要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○田中委員長 これより決算委員会を開きます。
 この際お諮りいたします。理事押谷富三君より理事を辞任いたしたいとの申出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○田中委員長 御異議なしと認めます。よつて辞任を許可するに決しました。
 その補欠選任をいたしたいと思いますが、先例により委員長から指名するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○田中委員長 御異議なしと認め、村瀬宣親君を理事に指名いたします。
    ―――――――――――――
#5
○田中委員長 前会に引続き政府関係機関の収支のうち日本開発銀行に関する造船融資の件を議題として審議調査を進めます。
 審議に入るに先立ち御報告申し上げます。先に本委員会に対する法務大臣の証言承認拒否の理由の疏明を受諾することができないため内閣に声明を要求いたしたのでありますが、昨三日福永官房長官から、ただいまお手元に配付いたしました通り、内閣から声明があつた旨通知がありましたからお知らせいたします。この声明ついては日をあらためて協議し、かつ御意見を承ることにいたしたいと思いますから御了承願います。
 それでは前会本委員会で決定しました通り、吉田茂君に証人として本日当委員会に出席されるようその要求手続をいたしておきましたか、本日同証人から別項の理由により出頭しがたい旨書面をもつて届出がありましたから、これを朗読いたさせます。岡林専門員朗読してください。
  〔専門員朗読〕
  本日午前九時四十五分吉田茂君より別紙写の通り申出がありましたから御通知いたします。
  昭和二十九年十二月四日
     衆議院議員 堤康次郎
   決算委員長田中彰治殿
  本月四日貴院決算委員会に証人として出頭すべき旨御要求がありましたが、私は病気のため医師の診断により休養を要する状態にありますので出頭いたし兼ねます。
  右お届け致します。
  昭和二十九年十二月四日
          吉田  茂
    衆議院議長堤康次郎殿
     診断書
          吉田  茂
             七十六年
 一病名 急性咽喉加答児及神経痛
  附記 向ふ二日間静養を要す
   右の通り診断します
   昭和二十九年十二月四日
      東京都港区赤坂新町三丁目一五番地
        医師馬場 辰二
#6
○田中委員長 ただいま朗読いたしました通り、証人吉田茂君は病気のため本日ここに出頭できないとあれば、まことにやむを得ないところと思います。つきましては前回本委員会において決定しました通り、証人吉田茂君が病気のため出頭されない場合臨床尋問を行うことになつておりますので、証人と連絡の上委員を派遣して調査を行いたいと存じますが、これを実施いたしますため、議員に対し委員派遣の申請をいたしたいと思います。よつてこれに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕
#7
○田中委員長 起立多数。よつてさよう決しました。
 なお本委員の派遣についての日時、員数及び人選等については委員長に御一任願いたいと存じますが、これに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕
#8
○田中委員長 起立多数。よつてさよう決しました。
 それでは委員長において所要の手続をとる間暫時休憩いたします。
   午前十時五十一分休憩
     ――――◇―――――
   午後四時五十九分開議
#9
○田中委員長 休憩前に引続いて会議を再開いたします。
 証人吉田茂君の臨床尋問に関する委員派遣について、証人吉田茂君に明十二月五日、その病床において証言を求めるため出向する旨連絡し、その同意を求めましたところ、病気療養の理由によってこれを拒否されました。右につき発言があればこの際これを許します。
#10
○柴田委員 われわれは最後的手段といたしまして、どうしても吉田総理に対しまして調査を進めたい、こういうことで再三御出席を願つたのでありますが、つい今日まで何べんとなくいろいろな理由を付されまして出席を見ないのであります。それでどうもやむを得ないということで、明日お休みの中でも伺おう、こういうことであつたのでありますが、それすらも拒否された。こういうことであつては、まつたく国政調査に対する熱情失つておるのか、あるいはどういうお考えかわかりませんが、遂にわれわれの調査に応じない、こういうことでありますると、はなはだ遺憾にたえないのであります。しかし臨時国会も八日までしか開いておらぬのでありますから、少くとも明後日六日の十時から決算委員会に必ず出席していただきたい。もしも六日に御出席がなければ、七日にも御出席を要求したいと思うのであります。それは本日の医師の診断を見ますると、本日と明日二日間の療養で御全快になる、こういうことでありまするから、六日はおそらく健康であられるであろう、こういうことが実に考えられまするので、六日十時、それから重ねて七日十時、それから八日と、この三日間にわたつて喚問を要求いたすのであります。これを動議として提出いたします。
#11
○吉田(賢)委員 ただいまの柴田君の動議に賛成するものであります。
 元来吉田総理に対する証人としての当委員会の喚問は、九月六日を第一回としましてすでに五回にわたるのであります。ことに吉田総理に対して証人として聞かねばならぬことは、ただにいわゆる造船融資に関する内閣の責任に帰する各般の事項のみならず、吉田証人みずからに対する疑惑がかかつておることは、当委員会のしばしばの質疑応答にも現われたのであります。これを明らかにするということは、ひとり内閣の責任を明らかにするだけではなく、国政調査の目的を達する意味において、国会の責任上これを糾明して行くということは最も必要なことであります。しかるにしばしばの不出頭の理由が、あるいは公務に藉口し、あるいは病気と言い、ことに本日提出された病気理由のごときに、またかという感じを与えておるのであります。これはやはり吉田証人におきまして国会を軽視するだけでなく、国会を否認する思想があるのではないであろうか、こうすら考えるのであります。
 この際私はやはり国政調査の目的達成上当委員会の権威を保持する上におきましても、職責を全うする意味におきましても、どうしても証人として喚問することを遂行せねばならぬと考えるのであります。この意味におきまして、柴田君の提案しました動議を満場一致採択されんことを希望するものであります。
#12
○杉村委員 明後日から八日まで吉田総理が来るということになれば、これは短期間の会期でありますから、従つていろいろな委員会に出席しなければならぬだろうと思うのです。そこで本委員会で何回も呼び出しても来ないのでありますから、これをどうしても呼び出すには――与党の人は賛成しないでしようが、野党の人は少くとも野党連合で協議して、吉田総理が出るようなところがあれば、そこの委員会なりと協議して、決算委員会にどうしても出すように委員長から連絡してもらいたい。これを付言して今の動議を可決してもらいたい。
#13
○田中委員長 それでは柴田君の提案について採決いたします。柴田君の提案に賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕
#14
○田中委員長 起立多数。よつて吉田証人に来る十二月六日に出頭を求め、これに出頭できない場合は七日、七日に出頭できない場合には八日に出頭を求めることに決しました。
 その手続きその他については委員長に御一任願います。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○田中委員長 本日はこれにて散会いたします。
   午後五時七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト