くにさくロゴ
1953/05/28 第19回国会 参議院 参議院会議録情報 第019回国会 通商産業委員会 第49号
姉妹サイト
 
1953/05/28 第19回国会 参議院

参議院会議録情報 第019回国会 通商産業委員会 第49号

#1
第019回国会 通商産業委員会 第49号
昭和二十九年五月二十八日(金曜日)
   午後零時三十分開会
  ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     中川 以良君
   理事
           加藤 正人君
           海野 三朗君
           小松 正雄君
   委員
           大谷 贇雄君
           黒川 武雄君
           西川彌平治君
           高橋  衛君
           岸  良一君
           豊田 雅孝君
           三輪 貞治君
           天田 勝正君
           武藤 常介君
           白川 一雄君
  衆議院議員
           川島正次郎君
  政府委員
   通商産業政務次
   官       古池 信三君
   通商産業省軽工
   業局長     中村辰五郎君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       林  誠一君
   常任委員会専門
   員       山本友太郎君
   常任委員会専門
   員       小田橋貞寿君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○小型自動車競走法の一部を改正する
 法律案(衆議院提出)
○小委員長の報告
○技術士法案(海野三朗君外十四名発
 議)
○継続審査要求の件
○硫安工業合理化及び硫安輸出調整臨
 時措置法案(内閣提出、衆議院送
 付)
 (第十八回国会継続)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(中川以良君) 只今より通商産業委員会を開会いたします。
 速記をとめて下さい。
   午後零時三十一分速記中止
   ―――――・―――――
   午後一時九分速記開始
#3
○委員長(中川以良君) 速記を始めて下さい。
 これにて暫時休憩いたします。
   午後一時十分休憩
   ―――――・―――――
   午後二時二十六分開会
#4
○委員長(中川以良君) それでは休憩前に引続きこれより再開いたします。
 最初に小型自動車競走法の一部を改正する法律案を議題といたします。前回に引続きまして質疑をお願いいたします。提案者から前回の御質疑に対する御答弁があるそうでございますから、御発言を願います。
#5
○衆議院議員(川島正次郎君) 前回に豊田委員からの御質疑でありますが、将来小型自動車競走場は全国的に何カ所くらい許可するつもりかということでございますが、これにつきましては通産省当局と打合せをいたしました。この法案が参議院を通過します当時、大体十カ所くらいというその当時の提案者からの説明がございました。私どもこれを尊重いたしまして、全国的に十カ所くらいが適当ではないか。現在はすでに競走場のできておりますのが千葉県、兵庫県、大阪市、山口県、埼玉県の五カ所でありまして、更に最近許可になりまして、近く着工するのが東京都にございまして、合計六カ所になるのでありまするが、これ以外に四カ所程度は増設を許してもいいんじやないか、かようなことでございますので、一応御答弁申上げておきます。
#6
○委員長(中川以良君) 他に御質疑ございませんか。
#7
○海野三朗君 この法案は誠に結構な法案であると存じますが、御趣意は極くいいのでありますけれども、今日までのいろいろな法案見ますると、どうも本来の目的に副わないように横車を押されて、妙な方向に流れて行くのを、今日まで多々そういう例を見ておるのでありますから、この小型自動車競走法の一部を改正する法律案につきましても、私は強く本来の目的に副うように運営せられて行くことをここに期待いたしまして、私はこの法案は誠に結構なものだと思います。
#8
○委員長(中川以良君) ほかに御質疑はございませんか……。
 ちよつと速記をとめて下さい。
   〔速記中止〕
#9
○委員長(中川以良君) 速記を始めて下さい。
#10
○大谷贇雄君 オートレースですね、これは一カ所より許されんわけですが、この愛知県で名古屋市でも競走場を設けたいという意向がまああるわけです。ところがほかの小さい市でもいたしたい、こういうような要望があるわけですが、そういう場合は、これはやはり何ですか、各府県一カ所より許されんということですからいかんわけですか。
#11
○衆議院議員(川島正次郎君) 現在計画いたしておりますのは、名古屋市、浜松市、それから福岡県の八幡若しくは飯塚市などがございますが、全国総体において十カ所程度、こういう考えでございまして、立地条件のいい所を選んであと残りの四カ所を許す、こういうことに相成るわけなんであります。一府県一カ所じやなくて、全国的に見て十カ所程度、こういうことであります。
#12
○大谷贇雄君 そうすると一県に二カ所あり得る場合もあり得るわけですか。
#13
○衆議院議員(川島正次郎君) これまでの法律によりますると主催権を持つているのが道、県庁、それから五大都市、こういうふうになつております。ここに御審議願いまして競走場所在地の市町村にも主催権を与えるようになるのでありますが、併しこれに、改正案出しましても許可はやはり一都道府県一カ所の範囲内に限つている、そうなつております。
#14
○大谷贇雄君 その場合、従来は府県と五大都市が認められているわけですね。例えば愛知県のごときは名古屋市に一カ所、県に一カ所ということが差支えないわけですね、これは……。
#15
○衆議院議員(川島正次郎君) そうじやないのでありまして、競走場が一府県一カ所限りですからして、愛知県として名古屋に設ければ、あと一カ所府県内に競走場を作るということは許されておらんのであります。府県内に一カ所です。その一カ所に主催権が名古屋市と愛知県両方にあるというわけであります。そういうわけです。ですからこれは余り増設しましても弊害が起るのを防ぐために相当数を制限してやつているわけであります。
#16
○大谷贇雄君 それでは、もう結構であります。
#17
○委員長(中川以良君) ちよつと速記とめて下さい。
   〔速記中止〕
#18
○委員長(中川以良君) 速記を始めて下さい。
 それでは格別質疑もないようでございますので、質疑は尽きたものと認めて御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○委員長(中川以良君) 御異議ないものと認めます。
 それではこれより討論に入ります。御意見のおありのかたは賛否を明らかにしてお述べを頂きます。
#20
○海野三朗君 この小型自動車競走法の一部を改正する法律案は、御趣意は誠に結構であると思うものであります。趣意は結構であつても年数のたつに従つて妙な方向にずれて行くのが通例でありますから、特にこの本来の目的を逸脱しないように十分慎重なる態度を以てこの法案を活用せられることを特に期待いたしまして私はこの法案に賛意を表するものでございます。
#21
○豊田雅孝君 私は本法につきましては賛成をいたします。
#22
○委員長(中川以良君) ほかに御発言ございませんか。他に御意見もないようでございますので、討論は終局したものと認めて御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○委員長(中川以良君) 御異議ないと認めます。
 それではこれより採決をいたします。
 小型自動車競走法の一部を改正する法律案について採決をいたします。本案を衆議院送付案通り可決することに賛成の諸君の御挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#24
○委員長(中川以良君) 全会一致であります。よつて本案は全会一致を以て衆議院送付案通り可決することに決定いたしました。
 なお本会議におきます委員長の口頭報告の内容その他事後の処置につきましては、前例によつて委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#25
○委員長(中川以良君) 御異議ないと認めます。
 なお報告書には多数意見者の署名を附することになつておりますので、本案を可とされたかたは順次御署名をお願いいたします。
  多数意見者署名
    西川彌平治  大谷 贇雄
    高橋  衛  酒井 利雄
    黒川 武雄  加藤 正人
    豊田 雅孝  岸  良一
    三輪 貞治  海野 三朗
    武藤 常介  白川 一雄
    小松 正雄
  ―――――――――――――
#26
○委員長(中川以良君) ちよつと速記をとめて下さい。
   〔速記中止〕
#27
○委員長(中川以良君) 速記を始めて下さい。
 それでは本日午前中に小委員会を開きまして、技術士法案について御審議を願つておりましたので、小委員長のこれに対する中間報告を願います。
#28
○西川彌平治君 かねて小委員会に付託されておりました技術士法案に関する小委員会の審査の経過の中間報告を申上げます。
 先ず小委員各位より提出されました本法案に対する問題点を申上げます。
 第一、本法案の所管について、第二、技術士に対する義務、罰則等の過重性について、第三、技術士の名称、第四、技術士の認定基準、第五、試験の方法、第六、登録申請の却下基準、第七、登録のまつ消基準、第八、技術士の懲戒に対する第三者通報制、第九、名称の使用制限、第十、技術士の業務を行う法人について等であります。
 以上の問題点を中心といたしまして関係各方面の意見を聴取の上、慎重なる検討を加えましたところ、大要次のごとき修正要綱を作成したのであります。
 即ち、一、本法案の所管に関しましては、原案通り通商産業大臣の専管とするが、第三十五条の主務大臣との調整規定をより拘束的にするために、「主務大臣の意見をきかなければならない。」とあるのを、主務大臣の同意を得なければならないと改める。
 二、第三条の技術士の認定基準については、認定資格者のうち、大学等の教授、助教授及び博士を特に掲げることをやめると共に、教授等の職務、即ち、研究に従事した期間を実務の経験に加える。
 三、第六条の受験資格については、実務等の経験年数は、原案の七年を五年とし、大学等を卒業しないいわゆる学歴のない者でも、実務又は研究の経験が十五年以上の者には受験資格を与えることとする。
 四、技術士の業務を主たる事業とする法人については、第三十二条の法人に対する技術士設置の義務規定は原案通り存置させるが、これに対する第三十七条の罰則は取りやめる。又法人に関する規定の施行期日を、原案の一年より更に二カ年に延長して公布の日より三年後とする。
 なお、右の修正以外は一応原案通りとすることにいたしたのであります。
 小委員会といたしましては以上のごとく修正試案を作成したのでありまするが、本法案の取扱に関し、目下の客観情勢を判断いたしまするに、特に問題となりました本法所管につきましては、小委員会修正試案を以て関係行政機関と意見の交換をする必要があり、且つ、本法案と密接な関連を持つ科学技術庁設置法案が衆議院において行悩みとなつて、今国会では審議未了の公算が極めて大きいのであります。加うるに今国会も余すところ余日もない状況等を勘案いたしました結果、本法案に関し、小委員会は今後の情勢推移と睨み合せ、より充実せる内容を整備することを前提として、継続審査事案とすべきであると決定いたしました次第であります。
 右御報告を申上げます。
#29
○委員長(中川以良君) 只今の小委員長の報告は、同法案に対しては、この際継続審査をすべきだという結論を持つた報告でありまするが、只今の小委員長報告の通り決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#30
○委員長(中川以良君) 御異議ないと認めます。それでは委員長は所定の手続をとることにいたします。
  ―――――――――――――
#31
○委員長(中川以良君) 次に硫安工業合理化及び硫安輸出調整臨時措置法案を議題に供します。ちよつと速記をとめて下さい。
   午後二時五十七分速記中止
   ―――――・―――――
   午後三時三十五分速記開始
#32
○委員長(中川以良君) 速記を始めて下さい。
 他に御質疑もないようですから、質疑は尽きたものと認めまして御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#33
○委員長(中川以良君) 御異議ないものと認めます。
 それではこれより討論に入ります。御意見のおありのかたは賛否を明らかにしてお述べを頂きます。
#34
○三輪貞治君 私は只今議題になつております硫安工業合理化及び硫安輸出調整臨時措置法案につきまして、社会党第四控室を代表いたしまして、非常に遺憾でありますけれども本法案に対して賛成できない旨を表明いたしたいと思います。
 本法案は表題に示されておりますように、硫安工業の合理化と硫安の輸出会社の設置を一つの狙いとしているのでありますが、硫安工業を合理化し、生産コストの低下を図りまして、一面において低廉な硫安を農民に供給いたしますと共に、他面におきましては輸出の伸長を図り外貨の確保に努めることは、これは何人といえども反対のないところであります。併しながら本法案に示された合理化対策なるものをだんだんと審議いたしまして、その過程において我々承知いたしましたところでは、法三条及び四条に規定されておりますように、企業合理化に対する勧告と一部資金の斡旋にとどまりまして、それ以上の合理化対策は極めて抽象的且つ微力なもので、この程度の対策であるならばあえて本法の制定を待つまでもなく行政措置において十分可能であると考えられる次第であります。従いまして本法の本当の狙いとするところは、独禁法を排除する輸出会社の設立であります。ところで問題の輸出会社でありますが、これを一見いたしましたところ、輸出に生じた赤字分を棚上げすることによりまして、国内価格に対するしわ寄せを避け、消費者、農民層に対するところの調整が考慮されているように考えられます。併しながら輸出会社は棚上げされた赤字が結局どう処理されるかという点につきましては、政府当局よりいろいろと御答弁を頂きましたけれども、それは飽くまでも希望的な観測でございまして、明確な見通しを我々持つことができなかつたのであります。政府当局の説明によりますと、輸出会社出発と共に積上げられるであろう赤字は、その後の合理化による黒字によつて相殺されるということであります。併し前段において指摘いたしましたように、本法に規定している合理化対策程度を以て我が硫安価格を一挙に国際価格並みに引下げるということは、事実不可能ではないかと憂うる次度でございます。時限立法の切れる五年後におきまして、棚上げされた赤字がその後の黒字輸出によつて相殺されるというのは余りにも甘い見通しであると言わなければなりません。若し五年後に赤字が残つたといたしまするならば、その分は一体どうなるか、輸出会社の尻拭いを政府資金を以て行うとすれば、それは国民一般の犠牲において処理されるということ以外の何ものでもありません。又関係メーカーの責任によつて行うといたしますると、それはやがて消費者や農民へのはね返りということになつて来ることは、これはもう理の当然でございます。そういたしますると輸出会社に対する赤字棚上げは、農民への影響をここ暫らくの間、五年の間時間的に引延ばしたということに過ぎないことになるのであります。これを要しまするに、本法案は極言いたしまするならば、硫安工業合理化という羊頭を掲げまして狗肉を売る式の法案であり、最終の受益者は農民にあらずして、むしろ旧財閥資本会社を主軸とする硫安メーカーにあるというところに問題が存すると思うのであります。かような見地から我々は本法案に賛同できがたいことを結論として申上げる次第であります。
#35
○小松正雄君 私は日本社会党第二控室を代表いたしまして本法案に反対をいたすのであります。理由といたしまするところは簡単でありまするが、輸出調整会社というものができましても、何らこれによつて農民が使用するところの硫安価格というものが下るというわけでもありませんし、又半面に、却つてこの会社ができたために赤字が出るといたしまするならば、その赤字を政府で補填せん限りは、国内で消費するところの農民各位にそのしわ寄せが加重されるという虞れが多分にありまするので、私はこの法案に対して反対をするものであります。
#36
○武藤常介君 私は改進党を代表して本案に賛成いたします。理由を簡単に申述べます。本法案は、一面肥料の価格の安定という方面から見ると、一応そういうふうに見られますけれども、一面において目前にダンピングを継続いたしておりまするので、一般の市場価格もこれ又不安定なものでありまするので、その赤字の将来填補ということ、いわゆる企業合理化ということがこれと関連をとりまして必ずしもこの価格が固定されるのではありませんからして、いつ、如何なるときに需要者にその赤字が知らず知らずの間に転嫁されて来るかということを実は心配されるのでありまするが、とにもかくにも今ここに来ましては如何ともなしがたい状態であります。これは私から考えて見ますならば、戦後十年間に亙るところの経済政策の失敗、産業の指導の失敗がいよいよここにこういう操作をしなければならんようになつたことと思いまするが、とにもかくにも現段階においては、これによりましてこの生産の合理化に政府が十分なる指導監督をして所期の目的に邁進されることを希望いたしまして、とにかく本案に賛成いたす次第であります。
#37
○加藤正人君 私はこの法案に残念ながら賛成をいたします。只今私は、硫安輸出会社が硫安工業の合理化によりまして、二重価格を解消するということを目途として設立する会社であります。成るほど硫安工業の合理化によつて逐次経営が合理化され、コストが引下げられ、国際価格に鞘寄せすること、大体五年後には四十何ドルかにしようという目標でありまするが、討論中にも私が申しました通り、諸外国の競争会社におきましては、合理化が日々行われつつあるのであります。現にこれらの各国の肥料工業においては、すでに今日において日本よりも合理化されているために日本より安いのであります。然るに日本が今日出発して合理化をする、諸外国が手をつかねてこれを待つているはずではないのであります。更にこれが合理化される。そういたしますると、赤字がいつの時にか解消されるということも考えられるのであります。併しながら国民としてさようなことを願うわけではないのでありまして、硫安工業の合理化が順調に進捗することを私は大いに祈るのであります。併しながら世の中のことは、事志と反することもあり得るのでありまして、今後この会社の解散の当時において、赤字が累積しておらんということであれば、誠にお目出度いのであるが、万一さような場合が生じたときには、何とか国家がこれを見るというようなことがとかくありやすいのでありまして、これらについて非常な懸念を私は持つております。従つて只今附帯決議を提案をしたのでありますが、これは諸君の同意を得なかつたような結果になつて甚だ残念であります。さような点を大いに憂慮しつつ止むを得ずこの法案に賛成せざるを得ないことは誠に遺憾であります。
#38
○高橋衛君 私はこの法案に賛成でございます。政府は二十九年度予算編成に当りまして、特に国際収支の改善のために緊縮予算を編成をし、且つ金融施策も又引締をいたして参つているのでありまするが、これらの一般的な方策のみを以てしては、到底いわゆる現在するところの二重価格を解消して輸出の振興を図ることが困難であります。硫安工業につきまして、今回それに加えて更に硫安工業の合理化並びに輸出を一本化することによつて輸出力を増進するという方途を講ぜられる法案を提案されたことは、私ども衷心から賛成するところであります。ただこの法案につきましては、先ほど加藤委員から特に指摘されましたように、非常に不安な点が多く感ぜられるのであります。この点に関しましては、先般来の委員会の質疑において、政府当局から赤字を残さないようにあらゆる措置をし、運用をするという御答弁に信頼をいたしまして、その運用を極めて慎重にするという前提の下に本案に賛成するものであります。
#39
○豊田雅孝君 私は、希望条件を附しまして本案に賛成いたします。この輸出会社は、実質的に見ますと、一つのカルテルであると思うのでありますが、かような行き方は輸出入取引法による輸出組合制度の整備を図つて輸出組合制度で行くのが本来の姿であろうと確信するのであります。従つて現在の輸出組合制度の足らざるところがあるならば、これを極力補完整備いたしまして、将来輸出振興を図る際におきましては、輸出組合制度によることとして、かくのごとき特別会社を作るということの例とこれがならないように希望をいたすのであります。右の希望条件を附しまして私は本案に賛成いたします。
#40
○委員長(中川以良君) ほかに御意見もないようでございますので、討論は終局したものと認めて御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#41
○委員長(中川以良君) 御異議ないものと認めます。
 それではこれより採決をいたします。
 硫安工業合理化及び硫安輸出調整臨時措置法案について採決をいたします。本案を衆議院送付案通り可決することに賛成の諸君の御挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#42
○委員長(中川以良君) 多数であります。よつて本案は多数を以て衆議院送付案通り可決することに決定をいたしました。
 なお本会議における委員長の口頭報告の内容並びに事後の処理につきましては、前例によつて委員長に御一任を願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#43
○委員長(中川以良君) 御異議ないものと認めます。
 なお報告書には多数意見者の署名を附することになつておりますので、本案を可とされたかたの順次御署名をお願いいたします。
  多数意見者署名
    西川彌平治  酒井 利雄
    黒川 武雄  高橋  衛
    加藤 正人  豊田 雅孝
    大谷 贇雄  岸  良一
    白川 一雄
#44
○委員長(中川以良君) それでは本日はこれにて散会いたします。
   午後三時四十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト