くにさくロゴ
1947/02/23 第2回国会 参議院 参議院会議録情報 第002回国会 本会議 第14号
姉妹サイト
 
1947/02/23 第2回国会 参議院

参議院会議録情報 第002回国会 本会議 第14号

#1
第002回国会 本会議 第14号
昭和二十三年二月二十三日(月曜日)
   午後一時三十九分開議
 議事日程 第十二号
  昭和二十三年二月二十三日
   午前十時開議
 第一 両院協議会の協議委員の選挙
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○副議長(松本治一郎君) 諸般の報告は御異議がなければ朗読を省略いたします。
     ―――――・―――――
#3
○副議長(松本治一郎君) これより本日の会議を開きます。日程第一、両院協議会の協議委員の選挙を議題といたします。協議委員の数は十人でございます。
#4
○青山正一君 只今議題となりました内閣総理大臣の指名に関する両院協議委員の選挙は、成規の手続を省略いたしまして、その指名を議長に一任するの動議を提出いたします。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○中川幸平君 只今の青山君の動議に賛成いたします。
#6
○副議長(松本治一郎君) 青山正一君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○副議長(松本治一郎君) 御異議ないと認めます。両院協議委員の氏名を参事に朗読いたさせます。
   〔宮坂参事朗讀〕
 両院協議委員
   板谷 順助君  岡本 愛祐君
   河井 彌八君  楠見 義男君
   黒川 武雄君  左藤 義詮君
   下條 康麿君  田中耕太郎君
   東浦 庄治君  山下 義信君
#8
○副議長(松本治一郎君) これより直ちに両院協議委員の正副議長を選挙せられんことを望みます。本日の議事日程はこれにて終了いたしましたが、両院協議会の結果の報告を待つため、暫時休憩いたします。
   午後一時四十一分休憩
     ―――――・―――――
   午後五時五十八分開議
#9
○副議長(松本治一郎君) 報告をいたさせます。
  (寺光参事朗読〕
本日内閣総理大臣の指名に関する両院協議会の協議委員において当選した正副議長の氏名は左の通りである。
       議長  下條 康麿君
       副議長 板谷 順助君本日両院協議委員議長から内閣総理大臣の指名に関する両院協議会の成案を得なかつた旨の報告書を提出した。
     ―――――・―――――
#10
○副議長(松本治一郎君) これより休憩前に引続き会議を開きます。この際、内閣総理大臣の指名につき両院協議委員議長より報告を求められました。両院協議委員議長下條康麿君。
   〔下條康麿君登壇、拍手〕
#11
○下篠康麿君 両院協議会の協議の経過並びに結果につきまして御報告申上げます。先ず両院協議会を開くに先立ちまして、両院の協議委員が打合会を開きました。両院協議会規程第三條によりますと、両院協議会は両院の協議室で開くことになつておりまするが、たまたまその部屋が他の目的に使用されておりますので、これを取片附けまして、規定通り両院協議室において開くことになつたのであります。両院協議会の初会の議長は籤で決めることになつておりますので、協議会が始まりましてから、先ず最初に議長の抽籤を行いました結果、衆議院側の協議委員議長の淺沼君が両院協議会の議長に当選されたのであります。
 議事に入りまして先ず参議院において吉田茂氏を内閣総理大臣に指名した理由につきまして、私からその理由を述べたのであります。その理由を申上げますと、第一に内閣が総辞職をいたした場合におきましては、政権の帰趨は、國民一般が事前に予想し、見通しができ、納得ができるような、從いまして種々の臆測とか疑惑の介入の余地のないような、極めて明朗な筋道によつて、又さような結果に落著くように、内閣首班の指名を行わなくてはならないというように考えるのであります。(拍手)第二には、内閣の首班が例えば病氣その他の個人的理由で辞任した場合は、これは別でありまするが、内閣が諸般の事情から桂冠せざるを得なくなつたような場合におきましては、後継内閣は必ずしも議院に多数を占めている党派、又は連繋が成立して多数を占め得るような政党に対して、内閣の首班を指名すべきものということは必ずしも当然ではない。この種の場合におきましては、辞職した内閣の政権に関俸のなかつたところの、即ち現段階の政治について全然責任のなかつた党派というものは純然たる在野党でありまして、而してその中最も有力な党派が政権を担当すべきものであると考えるのであります。(「一方的解釈だ」と呼ぶ者あり)以上の理由から考えて見ますると、純然たる在野党である自由党の総裁吉田茂氏が次期内閣の首班たる條件を具備しており、その以外にはこの條件を具備する者はないと考えるのであります。(「越権だ」と呼ぶ者あり)前にも申しましたように、この二つの原則、即ち政権の帰趨についてわかり易い明瞭な方式を取るということ(「必要なし」と呼ぶ者あり)並びに責任の政治の原則、この二つは(「参議院の意見でない」と呼ぶ者あり)今後の政治の運用上確立して置きたい。かような趣意を以ちまして吉田茂氏を内閣総理大臣に指名したのであると述べたのであります。(「君の意見だ」「個人の意見だ」と呼ぶ者あり)(拍手起る)
 これに対しまして衆軸議院側から芦田均氏指名の理由が遠べられました。例えば客観的諸情勢、ポツダム宣言の履行、民主主義の徹底化、政爭休戰等の理由が挙げられましたが、協議委員たる我々参議院側においては納得し得なかつたのであります。
 かくて論議が盡きまして採決に入りました。吉田茂氏を可とする者が十名、芦田均氏を可とする者が九名で、いずれも國会法第九十二條第一項に掲げてあります出席協議委員の三分の二の多数を得られなかつたのであります。從いまして成案とならなかつたのであります。誠に残念でありまするが、内閣総理大臣の指名につきましては、結局両院協議会におきましては成案が得ちれなかつたという結果になつたのであります。この段御報告を終ります。(拍手)
#12
○副議長(松本治一君) これにて本日の議事日程は終了いたしました。明日は午後三時より開会いたします。議事日程は決定次第公報を似て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。
   午後六時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト